文字サイズ

ニュース

ニュース

第49回エイサーまつり(大阪市大正区)に琉球風車が出演!

TOPICS
去る9月24日に大阪市大正区で行われた第49回エイサーまつりに本学エイサーサークル琉球風車(りゅうきゅうかじまやー)が参加しました!

大阪市大正区は、戦前戦後に沖縄からの移住者が多く現在では2世3世も含めて人口の4分の1が沖縄に関係のある方と言われる、大阪の「沖縄タウン」です。
そんな大正区で沖縄出身者の集いの場として活動する「がじまるの会」が主催するエイサーまつりで、琉球風車の出演は約10年ぶりとなります。

遠征出発前には、事前学習として大正区の成り立ちや特徴、そして沖縄出身者が大正区でどう生活してきたか、などを自ら調べたり大正区出身の先輩に直接話を聞くなど理解を深めました。
また、まつりの準備・片付けもがじまるの会の皆さんと一緒に行うことで、まつりを作り上げる想いに触れる機会となりました。

まつりの前日・当日は同じく沖縄からの出演となっている名桜大学の名桜エイサーと共にエイサーの魅せ方の一つである”エイサーオーラせー”を披露。その後大正区内の至る所でも演舞を披露しました。
また当日の本祭も大阪内外から約1万人以上の方が来場し、沖国大の琉球風車のエイサーを披露しました。

 
 

琉球風車副会長で、今回の遠征の代表を務めた中村俊介さん(法学部地域行政学科4年次/宜野湾高校出身)は、「9月24日に大阪で行われた「第49回エイサーまつり」に約10年ぶりに招待して頂きました。祭りに参加するにあたって、準備から片付けまで手伝わせて頂き、実行委員会のがじまるの会の方々と一丸となってまつりを作り上げました!大正区というリトル沖縄とも呼ばれる地域に、懐かしい三線の音色や力強い太鼓の音を届けられたと思います!」とコメントを寄せました。

今回の大阪大正区でのエイサーまつり出演に際し、琉球風車を応援してくださる皆さま、また様々なご配慮いただいたがじまるの会の皆さまに心より感謝申し上げます。