文字サイズ

ニュース

Web×IoTメイカーズチャレンジで「グッドで賞」受賞

産業情報学科
2018年12月15日(土)–16日(日)に開催された「Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 沖縄」のハッカソンにおいて、昨年度に続き産業情報学部産業情報学科の学生が「グッドで賞」を受賞しました。

「Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 沖縄」は、IoT、電波や無線通信に関する基礎知識の「座学講習会」、Web 技術を用いたハードウェア制御を実践的に学ぶ「体験講習会」、座学・体験講習会で学んだ技術を活用し、チームごとにIoT作品を制作する「ハッカソン」からなります。

ハッカソンイベントの今回のテーマは「地域に役立つもの」でした。産業情報学科の学生によるチーム「ぼっちチーム」(伊波さん、仲宗根さん、上原さん、浦崎さん)は、作品名「ちょいスマ」としてスマートスピーカーで、料理を注文するシステムを構築しました。
スマートスピーカーで料理を注文するとキッチンのディスプレイに表示されるというものでした。それが評価されて「グッドで賞」の受賞となりました。

琉球朝日放送のQプラス[2018.12.16]にて産業情報学科の学生の参加コメントが放送されました。
 産業情報学科の学生がさまざまな競技会(ハッカソン)に挑戦しています。今後も学生らの取り組みに注目です。

 



関連リンク:
Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 沖縄
https://webiotmakers.github.io/2018/okinawa/

琉球朝日放送Qプラス:「学生らがデバイス開発」
https://www.qab.co.jp/news/20181216109492.html