文字サイズ

ニュース

パソコン初心者からセガ内定までの道~仲里結花さんへインタビュー

産業情報学科
産業情報学科4年次の仲里結花さん(知念高校出身)がゲームメーカー大手の株式会社セガゲームスに就職することが決定しました!

仲里さんは学科でCGアニメーションの技術を学びデザイナーとしての採用に内定しましたが、何と大学に入学するまではパソコンもほとんど触ったことがない初心者だったとのこと。
大学の4年間で何を学び、今回の内定に至ったのか詳しくお話をお聞きしました!


■ゲーム業界で働きたいと思ったのは、いつ頃からですか?
ゲームは小学校からよくやっていたこともあって、「大きくなったらゲーム会社に入ろう!」というふわふわとした感覚はあったんですけど、その時はまだ明確な目標ではなかったですね。映画も好きだったので映像系も楽しそうだなとは思っていました。
きっかけは大学のゼミでCGが学べる授業に参加して、そこでCG作品を作ることが楽しいと思うようになり、デザイナーとしてゲーム会社で働きたいと思うようになりました。


■沖国大に進学した理由は何ですか?
姉が沖国大に在籍していたので話を聞いていたのと、オープンキャンパスで簡単なゲームを作る体験講座があったんですけど、そこで「ゲームってこんな簡単に作れるんだ」と思ったのがきっかけです。そこから学科について調べて、プログラミングなどゲーム開発に関わることが学べると分かり、進学を決めました。


■大学に入るまではパソコンをほとんど触ったことがなかったと聞きましたが―
高校で情報の授業はあったんですけど、ほぼタイピングで。最初はひとさし指でしか出来なかったんですよ(笑)大学の授業でタイピングの練習をたくさんしたのでブラインドタッチも出来るようにはなったんですけど。そこから教えてくれるので、ありがたかったです。


■いざ入学して講義を受けた感想はどうでしたか?
難しかったです(笑)プログラミングなどは初めて触るものだったので。でもPhotoshopやillustratorなどのソフトを使うデザイン系の授業があって、それはすごく面白いと思いました。
2年生の後期から初めてCGを作る授業があって、球体を変形させたり拡大したり…など基礎から教えてもらいました。


■就職活動はどのように対策したのですか?
就活を始めたのは遅くて、3年生の2月から説明会に参加し始めました。大学のキャリア支援課で模擬面接をやってもらいましたが、時間もあまりなかったので自分で色々マナーなど調べて臨みました。
ポートフォリオという作品集を会社に提出しないといけなかったのですが、就活しながら作品を作っていたのでそれが大変でした。
説明会で県外に行くので金銭面も大変でしたが、キャリア支援課の県外就職活動補助金サポートを受けたりして、だいぶ助かりました。

(仲里さんがポートフォリオのため制作したCG作品)




■今から就職活動をする後輩たちにアドバイスはありますか?
就活するにあたって、やっぱり早めに行動していた方が良いというのは心から思います。自分がすごくギリギリだったので(笑)もしゲーム会社やデザイン系を希望しているのであれば、作品作りも2、3年生のうちから取り掛かった方が良いと思います。何にせよ、早めに行動していた方が良いと思います。


パソコン初心者だったけれども「ゲームが好き」という気持ちを持ち続け、みごと夢を叶えた仲里さん。進路に悩む高校生の皆さんにとっても、大変励みになるのではないでしょうか。
産業情報学科では3DCGアニメーション、スマートフォンのアプリ開発やゲーム開発などのカリキュラムを導入しています。興味のある皆さんはぜひ3月のオープンキャンパスで産業情報学科に足を運んでみてください!