文字サイズ

ニュース

卒業論文最終発表会を開催しました!

心理カウンセリング専攻
2019年2月13日(水)に「2018年度心理カウンセリング専攻卒論発表会」が、本学3号館ロビーで開催されました。午前9時からの3部構成で、5ゼミ計45タイトルの研究がポスターセッションスタイルで発表されました。

今回で14回目を迎えた卒論発表会は、本専攻の公式行事として発表者の4年次はもとより、全ての専攻学生が聴衆として参加する一大イベントです。発表会は、学生たちが4年間積み上げてきた学びの集大成の場であると同時に、調査や実験、面接等によるデータ収集に協力して下さった多くの方々に、研究成果の公表を通して知見を還元し、ご協力への感謝を表す機会にもなっています。




研究テーマは幅広く、臨床の分野では、人見知りや対人緊張、発達障害、統合失調症、高齢者に焦点を当てた基礎研究・実践研究がありました。また、購買意欲、食の問題行動、色彩や照明、SNSなど身近なテーマを心理学の切り口から研究したテーマも多くみられました。
卒論生たちは、卒業論文の作製と発表を通して、論理性、計画性、分析力、発信力、コミュニケーション能力など今後、社会で必要とされる種々の能力を身につけた実感を得たようです。




2019年3月
人間福祉学科心理カウンセリング専攻