文字サイズ

ニュース

【語学教育】「第25回学内日本語スピーチコンテスト」を開催しました!

国際交流・語学教育
2019年12月13日(金)に「第25回学内日本語スピーチコンテスト」が行われました。

同コンテストは、本学留学生の日本語学習の成果を披露する場として毎年開催されています。
今年は、私費留学生、交換留学生、県費留学生、外国人科目等履修生の合わせて40名がエントリーし、
個性豊かなテーマで、学校生活やアルバイトで学んだこと、自国と日本の文化の違い、趣味などについて発表しました。
会場には、彼らを応援するために多くの日本人学生も駆けつけ、とても盛り上がりました。

学内日本語スピーチコンテストは、初級、中級、上級の3つの部門に分かれて、スピーチを行います。
上級の部で第一位に輝いたのは、「スーパースター 小沢健二」という題で、自分の好きなシンガーソングライターについて熱弁したゴ ウンドさん(嘉泉大学/韓国)でした。第二位は、何健瑋さん(東海大学/台湾)でした。
中級の部の第一位は、「日本の歩きスマホは安全?」という題で、留学生活で気づいたことを発表したプトゥ アグス エリック マヘンドラさん(外国人科目等履修生/インドネシア)でした。第二位は、パターソン クリスティーナ 真理子さん(県費留学生/カナダ)、第三位は、シュレスタ サラ ソオティーさん(外国人科目等履修生/ネパール)でした。
初級の部の第一位は、「沖縄での珍しい経験」という題で、自国と日本の文化の違いについて発表したソン テミンさん(釜慶大学/韓国)でした。
その他の入賞者は以下のとおりです。

会場賞:ガリエ ビクターさん(レンヌ第二大学/フランス)、イ カデク アンドレ クリスナ ウダヤナさん(外国人科目等履修生/インドネシア)

特別賞:ヘイン テ アウンさん(外国人科目等履修生/ミャンマー)、イ クトゥ アリヤ クラパ ディアナさん(外国人科目等履修生/インドネシア)、シージャン ワンディーさん(外国人科目等履修生/タイ)、マンゲス 英明 エドアルドさん(県費留学生/ブラジル)、イダ アユ デヴィ カルティカ プトリさん(外国人科目等履修生/インドネシア)、ジャン ウネさん(韓南大学/韓国)、タパ チェットリ プカルさん(外国人科目等履修生/ネパール)、オ ウンソクさん(韓南大学/韓国)
第25回学内日本語スピーチコンテスト


【奥山貴之先生(日本文化学科)のメッセージ】
どの学生も熱心に準備、練習をしてきていて審査をするのが大変なくらいでした。日頃、留学生たちがどんなことを感じ、考えているのか、様々なことに気づかせてもらえるスピーチだったと思います。
賞をとった学生も、とれなかった学生もここまで努力をしてきた過程と、出来上がったスピーチという成果は、かけがえのないものだと思います。こういう経験を大切にして欲しいです。