文字サイズ

ニュース

【語学教育】「2019年度JAL中国語スピーチコンテスト」で本学学生が準優勝しました!

国際交流・語学教育
2019年11月16日(土)にJTA本社ビルにて「2019年度JAL中国語スピーチコンテスト(沖縄大会)」が行われました。
日本航空は、日本と海外の青少年による国際交流を促進し、親善と友好に寄与すべく、毎年さまざまな交流活動を行っており、その一環として毎年「中国語スピーチコンテスト」が開催されています。

今年度の参加者は原稿をしっかりと暗記しており、スピーチでは淀みなく流暢な中国語で、レベルの高さが伺えると審査員も好評で、非常にレベルの高いコンテストでした。
本学からは3名の学生が出場しました。この3人は本学の国外協定校である東海大学(台湾)の派遣留学生候補です。そのうち「私と中国語(私の中国語歴)」という題で、将来、中国語を活かし、沖縄の観光産業の発展に貢献したいという思いを発表した西千裕さん(日本文化学科3年次)が見事2位に輝きました。西千裕さんは「今回、準優勝を頂いたことで自分の中国語に自信を持つことができ、留学への志も高まった。今の自分に納得するのではなく、更に高い目標を持って今後も様々なことに取り組んで行きたい」と感想を述べていました。
今回入賞した西千裕さんも、また惜しくも入賞を逃した二人も、これを糧に留学先の東海大学で、より中国語学習に励んでくれることを期待しています。
尚、副賞としてJALから台湾研修の往復チケットと研修費用が提供されますが、残念ながら派遣留学期間と重なっておりJALの研修は辞退させていただきました


2019年度JAL中国語スピーチコンテスト
左:名嘉真瑠花さん(英米言語文化学科2年次)、中央:西千裕さん(日本文化学科3年次)、右:金谷優里奈さん(英米言語文化学科2年次)