文字サイズ

ニュース

「第20回学内中国語スピーチコンテスト」が開催されました!

国際交流・語学教育
2020年度「第20回学内中国語スピーチコンテスト」がオンラインで行われました!

同コンテストは、本学の学生に中国語で意見発表する場を提供し、中国語力の向上に貢献することを目的として開催されています。
今年は25名の学生がエントリーし、中国語学習のきっかけや、旅行での体験談など独自のテーマで中国語による表現能力を競いました。

1位は、「我喜欢的东西(私の好きなもの)」という題でスピーチした銘苅奈々さん(日本文化学科3年)でした。
2位は、上地桜子さん(地域環境政策学科2年)、3位は、新城佑果さん(日本文化学科2年)、
特別賞は、宇室李穂さん(英米言語文化学科2年)、奨励賞は、松川萌花さん(英米言語文化学科3年)でした。
入賞した皆さん、おめでとうございます。
今回はたくさんの方にオンラインでの投票に参加していただきました。
学内中国語スピーチコンテストを盛り上げてくださり、ありがとうございました!

※写真撮影のみ、マスクを外しました。

コンテスト責任者の兼本敏先生(日本文化学科)より、以下のコメントをいただいております。

今年度は初尽くし。はじめてのオンライン講義、対面ができない環境下で皆さんは自力で原稿を作り、練習に励んでくれました。
コンテスト参加ということで目を見張る進歩を見せてくれた方も少なくありませんでした。
参加者の中から数名を選ばなくてはいけない現実に審査員の先生方も苦慮していました。
今回の体験を活かして中国語の習得に自信をもって励んでください。更なる高みを目指して加油!