文字サイズ

ニュース

ニュース

【経環研】友知政樹所員(沖縄国際大学教授)のCOVID-19感染拡大問題関連のワーキングペーパーが公開されました。

経環研
2021年01月26日、researchmapに友知政樹所員と河野光雄先生(中央大学名誉教授)のワーキングペーパーが公開されました。

同ワーキングペーパーは、昨年(2020年)8月7日(金)に沖縄経済環境研究所主催の特別企画研究会で報告した「COVID-19の数理モデル-SIIRモデル:感染拡大と無発症感染者の役割-」に関連するものです。

友知所員と河野先生のワーキングペーパーはこちらからご確認ください。
[ワーキングペーパー] COVID-19の数理モデルⅢ ‐日本におけるCOVID-19拡散の時系列ダイアグラム‐




図を拡大する


NHK によりまとめられたCOVID-19の「都道府県ごとの感染者数の推移」のデータを利用して作成された、日本の47都道府県におけるCOVID-19拡散の時系列ダイアグラム(2020年1月6日から2021年1月25日)
©友知政樹(沖縄国際大学経済学部教授)、河野光雄(中央大学総合政策学部名誉教授)
データ引用元:新型コロナ データ一覧(NHK)

本研究が『琉球新報』と『沖縄タイムス』で取り上げられました(2021.2.1更新)。
「Go Toトラベルを機に沖縄へも飛び火」 友知・沖国大教授と河野・中央大名誉教授ら分析『琉球新報』2021.1.31
無症状者、新型コロナ感染者の16倍近く存在か GoTo「沖縄への飛び火は顕著」 沖国大など調査『沖縄タイムス』2021.2.1
友知所員が琉球放送(RBC)からインタビューを受けました(2021.2.2更新)。
「GoTo後 沖縄に飛び火」コロナ調査で指摘(動画のみ) 
 ※記事と動画の両方が掲載されているページはこちらから