文字サイズ

英米言語文化専攻

英米言語文化専攻の特徴

異文化接触の経験を学術教育研究に活用

 琉球王国時代から、沖縄はヨーロッパやアメリカから渡来した人々との接触を体験してきました。さらに沖縄は、戦後半世紀にわたる南北アメリカとの異文化接触の経験を持っています。このような国際交流の歴史を通して、沖縄には異文化を摂取する意識の面でも、また、異文化接触の実際においても、広く開かれた視野と蓄積されたノウハウがあります。日本の最南端に位置しながらも、沖縄が有する実にユニークかつ有利な文化的特性を、学術教育研究に活用することは極めて有意義であると考えます。

英米言語文化専攻とは

 英米言語文化専攻は、地域文化研究科の一専攻として設置されました。本専攻は、英米文学領域と言語教育学領域の二つの領域から成っています。さらに言語教育学領域には、英語教育関係者の養成と有職者の再教育を目標の一つとする英語教育学系列と、国内外における日本語教育関係者の養成にあたる日本語教育学系列があります。いずれの領域も、地域に軸足を置きながら、それぞれの学術教育研究の推進を意図するものです。

基礎となる学科・研究所

英米言語文化専攻は、総合文化学部の英米言語文化学科、日本文化学科を基礎として設置されています。
総合文化学部附置の南島文化研究所は本専攻と関連する施設です。
基礎となる学科・研究所

教育課程の構成(領域)

英米文学領域

 英米文学領域は、文学・詩・演劇について研究します。また、英語という言語を軸とした英米文化についての科目群も開設されています。

言語教育学領域

 言語教育学領域は、言語・文化・教育・社会との関連性を踏まえながら、英語教育および日本語教育について研究します。また、言語教育実習やマルチリンガル教育など、実践的且つ多様な視点から言語教育を考えていきます。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
英米文学領域■英米文学特殊研究ⅠA・ⅡA
■英米文学特殊研究ⅠB・ⅡB
■英米批評特論Ⅰ・Ⅱ
■英米演劇特論Ⅰ・Ⅱ
■英米小説特論Ⅰ・Ⅱ
■英米詩特論Ⅰ・Ⅱ
■英米文学特論
言語教育学領域【英語教育学系列】
■言語教育学特殊研究ⅠA・ⅡA
■言語教育学特殊研究ⅠB・ⅡB
■英語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■英語学特論
■言語教育実習Ⅰ
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論
【日本語教育学系列】
■言語教育学特殊研究ⅠC・ⅡC
■言語教育学特殊研究ⅠD・ⅡD
■日本語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■日本語学特論
■言語教育実習Ⅱ
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論
共通選択科目■英米文化特論
■ヨーロッパ文化特論
■アジア文化特論
■多文化間教育特論
■言語とメディア
■英語論文の書き方Ⅰ・Ⅱ
■日本語論文の書き方Ⅰ・Ⅱ

修了後の進路

・教育現場の管理職
・教育行政の企画立案
・上級免許取得
・有職者の再教育
・他大学博士課程進学
・生涯教育
・海外への留学および就職
・交流・文化事業企画

院生からのメッセージ

英米言語文化専攻 言語教育学領域

  私は、小中学校に在籍する「日本語支援を必要とする子どもたち」にかかわったことがきっかけとなり、大学院に進学し専門的に日本語教育を学ぶことを決めました。本学は社会人の入学を積極的に推進しており、夜間の授業も多く開講されているため、仕事と両立しながら専門性を高められると考え、本学への進学を志望しました。
英米言語文化専攻・言語教育学領域では、様々なバックグラウンドを持つ学生が在籍しており、互いに刺激を受けながら日々切磋琢磨して研究に取り組むことができます。また、講義は少人数で行われるため、非常に丁寧に指導していただけることも魅力です。そのほか、図書館の研個室や大学院生専用の共同研究室や資料閲覧室などもあり、研究に集中して取り組むことができる環境が整っていることも魅力の一つだと思います。
 大学院在学中に出産、育児が重なり、修士論文の執筆はとても大変でしたが、担当指導教官の親身な指導と、家族、研究仲間の支えもあり、乗り越えることができました。苦しいときも多々ありましたが、一つのことに集中して取り組み、自分の考えを論文という形にまとめた経験は、私の財産になったと思います。
 修了後は、大学院で学んだことを活かし、沖縄県の小中学校・高校に在籍する日本語支援を必要とする子どもたちの力になれるよう活動していきたいと思います。

杉本 絵美
杉本 絵美

英米言語文化専攻 言語教育学領域

 大学で日本語教育について学び、県内や海外で日本語を教える仕事をしました。海外で、日本の介護施設に就労予定の外国人に対して日本語を教えたことをきっかけに、今後沖縄でも増えるであろうと考えました。外国人が日本の介護施設で就労するためには、日本語教育が重要になると思い、さらに詳しく学びたいと思い大学院進学を決意しました。本学を選んだ理由は、県内で日本語教育について学べる大学院だったことと、県内の日本語教育において著名な先生が所属していたことです。
 社会人として仕事をしながら大学院に通うことに不安はありましたが、入学してその不安は解消されました。先生方が親切で、指導教員は普段から研究内容や今後の計画など細かく相談にのってくれました。他の先生方も講義で会うたびに気軽にいろいろなアドバイスをくれました。そして、一緒にがんばる同期や先輩、後輩の存在もとても心強かったです。
 本学では、パソコン室や自習室、文献資料室などの設備が整っています。私はよく利用していました。設備面でも院生が快適に研究を進められる配慮がされているので、学び、研究できる環境がしっかり整っていると思います。
 修了後は、大学院で学んだことを活かし、沖縄県内の日本語教育に関わる仕事をしたいと考えています。近年、増加している外国人介護福祉士や外国につながりのある子どもへの日本語教育的支援のあり方を考え、沖縄県の多文化共生推進のお手伝いができたらと考えています。

天願 千里佳
天願 千里佳

2018年度修了生 修士論文テーマ一覧

●外国につながる子どもたちの支援体制に関する一考察
 -沖縄県の日本語支援担当者へのインタビューより-

●沖縄県の事例から見るEPA介護福祉士候補者の現状に関する一考察