文字サイズ

英米言語文化専攻

英米言語文化専攻の特徴

異文化接触の経験を学術教育研究に活用

  琉球王国時代から、沖縄はヨーロッパやアメリカから渡来した人々との接触を体験してきました。さらに沖縄は、戦後半世紀にわたる南北アメリカとの異文化接触の経験を持っています。このような国際交流の歴史を通して、沖縄には異文化を摂取する意識の面でも、また、異文化接触の実際においても、広く開かれた視野と蓄積されたノウハウがあります。日本の最南端に位置しながらも、沖縄が有する実にユニークかつ有利な文化的特性を、学術教育研究に活用することは極めて有意義であると考えます。

英米言語文化専攻とは

 英米言語文化専攻は、地域文化研究科の一専攻として設置されました。本専攻は、英米文学領域と言語教育学領域の二つの領域から成っています。さらに言語教育学領域には、英語教育関係者の養成と有職者の再教育を目標の一つとする英語教育学系列と、国内外における日本語教育関係者の養成にあたる日本語教育学系列があります。いずれの領域も、地域に軸足を置きながら、それぞれの学術教育研究の推進を意図するものです。

基礎となる学科・研究所

英米言語文化専攻は、総合文化学部の英米言語文化学科、日本文化学科を基礎として設置されています。
総合文化学部附置の南島文化研究所は本専攻と関連する施設です。
基礎となる学科・研究所

教育課程の構成(領域)

英米文学領域

 英米文学領域は、英米を中心とした英語圏の小説・詩・演劇について研究します。また、英語という言語を軸とした英米文化についての科目群も開設しています。

言語教育学領域

 言語教育学領域は、言語・文化・教育・社会との関連性を踏まえながら、英語教育および日本語教育について研究します。また、言語教育実習やマルチリンガル教育など、実践的且つ多様な視点から言語教育を考えていきます。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
英米文学領域■英米文学特殊研究ⅠA・ⅡA
■英米文学特殊研究ⅠB・ⅡB
■英米批評特論Ⅰ・Ⅱ
■英米演劇特論Ⅰ・Ⅱ
■英米小説特論Ⅰ・Ⅱ
■英米詩特論Ⅰ・Ⅱ
■英米文学特論
言語教育学領域【英語教育学系列】
■言語教育学特殊研究ⅠA・ⅡA
■言語教育学特殊研究ⅠB・ⅡB
■英語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■英語学特論
■言語教育実習Ⅰ
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論
【日本語教育学系列】
■言語教育学特殊研究ⅠC・ⅡC
■言語教育学特殊研究ⅠD・ⅡD
■日本語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■日本語学特論
■言語教育実習Ⅱ
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論
共通選択科目■英米文化特論
■ヨーロッパ文化特論
■アジア文化特論
■多文化間教育特論
■言語とメディア
■英語論文の書き方Ⅰ・Ⅱ
■日本語論文の書き方Ⅰ・Ⅱ

修了後の進路

・教育現場の管理職
・教育行政の企画立案
・上級免許取得
・有職者の再教育
・他大学博士課程進学
・生涯教育
・海外への留学および就職
・交流・文化事業企画

院生からのメッセージ

英米言語文化専攻 言語教育学領域

  私は本学の日本文化学科を卒業後、副専攻課程で日本語教師の資格を取得していたため、1年間マカオ大学でインターン生として経験を積み、その後帰国してからは沖縄にある日本語学校に非常勤講師として勤めています。今後も日本語教育の道を進んでいくためには、もっと知識を増やし、己を高める必要があると感じ大学院への進学を決意し、日本語教育の分野がある沖縄国際大学を選びました。
大学院の講義では、知識を享受するだけでなく、先生やほかの学生と意見交換することで知識を深めつつ様々な考え方に触れ、視野を広げることができます。また、他専攻の講義を受講することで、他領域の院生と交流することができ、自分の研究へ活かせる方法を違う方面から模索することもできます。そして何より、少人数であるため学びたいことを的確に指導してもらうことができ、講義の時間も柔軟に対応してくださるため、働きながらでも通いやすいの
が本学の魅力です。
 今日、公認日本語教師の資格設立など、日本語教師のあり方が変わろうとしています。今後変わっていく日本語教育の道で活躍していけるよう、日々新しい情報に目を向け、大学院で自己研鑽に励みたいと考えています。

我那覇 隆史
我那覇 隆史

英米言語文化専攻 言語教育学領域

  私は、本学の日本文化学科で国語教育と日本語教育を学びました。在学中は日本語教師課程にある日本語教育実習で台湾とタイで、日本語を教える体験をしました。現地の学習者に日本語を教えながら自身も日本語力を磨いていくうちに日本語教育の楽しさに魅了され、卒業後は日本語教師の道へ進みました。これまで、意識していなかった「日本語」について考え、どのように日本語を説明すれば、学習者に理解してもらえるのかを探求している毎日です。彼らのつまずきを探求していく中で、彼らが「わからない」から「わかった」に変化した時の喜びは大きいです。彼らの効果的な手助けをしながら、教師自身もさらに知識を深め技術を高めたいと思い、大学院進学を決意しました。
 現在は、教育の現場で働きながらの両立のため、講義内で学んだことを実践することができます。また現場での新たな発見や課題点など先生方や同じ専攻の院生と論じ合ったり、意見をもらったりと自分が知りたいと思うことを深く学ぶことができるのも大学院の魅力です。今後は日本語を教える立場として、様々な経験を積み、多様化する学習者に貢献できる日本語教師になりたいです。そして国内外問わず海外でも活躍していけるように頑張っていきます。

佐久間 くるみ
佐久間 くるみ

2020年度修了生 修士論文テーマ一覧

●マクベス夫人が戯曲『マクベス』にもたらす悲劇性
●外国人武道家に対する日本語支援の在り方への一考察
●性の多様性からみる日本語教育 -LGBTQに注目して-
●読書力向上のための多読実践の効果と課題 -日本語指導が必要な児童生徒を対象に-