文字サイズ

南島文化専攻

南島文化専攻の特徴

南島の地域特性

 地域とは、われわれが生活を共にしながら生きている、ある程度完結的な地理的社会空間であり、そこには独自の風土、社会、文化、歴史が存在します。それはわれわれの生活と不離一体のものであり、地域住民に共通するエトスの源泉となっています。地域は国家形成に先立つものです。地域文化研究が地域住民の発展に貢献することはいうまでもありません。
 南島文化専攻は、南島地域の文化を教育研究の対象としています。南島地域とは、琉球文化圏を構成する南西諸島の島嶼地域、すなわち屋久島・種子島と奄美諸島の間のトカラ海峡に東西に引かれた生物地理学上の境界線である渡瀬線から、八重山諸島の一つ与那国島と台湾の間に引かれた南先島諸島線までの間の地域をさします。
 南島文化は琉球文化の別称でもあります。この地域は、台湾・中国・韓国・朝鮮・フィリピンと隣接していることから、東アジアおよび東南アジアとの文化交流地点になっていること、琉球王国の形成発展を軸に独自の歴史をたどってきたこと、それ故にこの地域の文化が日本の中でも独自性を有していることは広く知られています。

文化の伝播ルート、地域的個別形態、変容過程の分析

 この地域を研究することは、アジア文化の伝播ルート、地域的個別形態、変容過程を明らかにすることにつながります。この研究成果が南島地域だけでなく、日本の文化や社会の理解に貢献できることは共通した認識といえましょう。文化の正しい理解は、経済活動を含め、あらゆる地域活動の基礎をなします。文化の相互理解は、国際交流の基礎でもあることから、研究成果は沖縄および日本と周辺諸国との交流に役立ち、地域活性化にもつながっていきます。

研究対象の領域と地域

 南島地域は周辺に東アジア、東南アジア、ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアなどの諸地域を有することから、地域文化も多様な広がりを示すことになります。南島文化専攻では言語文化、民俗文化、先史・歴史文化、社会文化の4領域を中心に教育課程が体系化されており、南島地域文化を系統的に研究することができます。

基礎となる学科・研究所

南島文化専攻は、総合文化学部の日本文化学科、社会文化学科を基礎として設置されています。
総合文化学部附置の南島文化研究所は、本研究科を支える重要な関連施設です。
基礎となる学科・研究所

教育課程の構成(領域)

言語文化領域

 言語文化領域では、南島地域の言語と文学を中心にして、日本の古典文学や近現代文学、さらには国語教育学も研究対象とします。教員の専修免許など高度の免許・資格の取得や官庁職員・一般社会人の再教育などを主な目的としています。

民俗文化領域

 民俗文化領域も、研究の主要対象は南島地域ですが、内容的に東アジア、東南アジアなどの周辺地域との関連性も重要になってきます。教育課程や講義内容も、南島地域の民俗文化を深く掘り下げていくと同時に、周辺地域への広がりも持たせたものになっています。

先史・歴史文化領域

 先史・歴史文化領域での一つの柱をなす考古学は、南島地域の先史文化を研究対象としますが、東アジア、東南アジアなどの周辺地域との比較研究を重視します。もう一つの柱である南島史学は近世史と近現代史に分かれます。近世史は古文書講読を重視し、南島地域史への理解を深めます。

社会文化領域

 社会文化領域は、社会学を中心として南島地域の社会関係の特質、社会構造の維持メカニズムとしての文化問題などを取り上げていきます。この領域は南島社会の基本構造、人間生成、現実の社会問題処理の側面も含みます。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
言語文化■南島言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■日本言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島文学特論ⅠA・ⅠB
■南島文学特論ⅡA・ⅡB
■南島方言学特論Ⅰ・Ⅱ
■日本古典文学特論ⅠA・ⅠB
■日本古典文学特論ⅡA・ⅡB
■日本近現代文学特論ⅠA・ⅠB
■日本近現代文学特論ⅡA・ⅡB
■南島芸能特論Ⅰ・Ⅱ
■国語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■南島言語文化特論
民俗文化■南島民俗文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■東アジア文化人類学ⅠA・ⅠB
■東アジア文化人類学特論Ⅱ・Ⅲ
■南島民俗特論Ⅰ・Ⅱ
■南島民俗宗教特論Ⅰ・Ⅱ
■南島地理学特論Ⅰ・Ⅱ
■地理教育学特論
■民族誌特論
先史・歴史文化■南島先史文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島歴史文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島史学特論ⅠA・ⅠB
■南島史学特論ⅡA・ⅡB
■南島先史文化特論Ⅰ・Ⅱ
■考古学特論Ⅰ・Ⅱ
■文化財保存特論
■アジア先史文化特論
社会文化■南島社会文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島社会特論Ⅰ・Ⅱ
■家族社会学特論Ⅰ・Ⅱ
■植民地社会特論Ⅰ・Ⅱ
■社会学研究法特論
■社会統計学特論
■社会心理学特論Ⅰ・Ⅱ
■比較社会文化特論Ⅰ・Ⅱ
■国際社会学特論
■現代社会文化特論

修了後の進路

・教育現場の管理職
・教育行政の企画立案
・他大学博士課程進学
・上級免許取得
・有職者の再教育
・交流・文化事業企画
・生涯学習

院生からのメッセージ

南島文化専攻 言語文化領域

  私は本学の日本文化学科を卒業し、琉球語学を主として学びました。ユネスコが危機言語として警鐘を鳴らしていることを知り、地域の言葉の失われ方が普通ではないことに危機感を覚えたことが琉球語を学ぶことになったきっかけです。琉球の言葉の発音や文法、語彙などを学ぶうちに日本語とは違った魅力を感じるようになり、地域の風土や文化に根ざしたしまくとぅばを保存・継承していきたいと考えるようになりました。卒業論文では地元の方言をテーマにフィールド調査・研究を行いましたが、まだまだ多くの調査項目や研究課題があることを実感し、生涯を通して研究を行いたいと思い、より方言研究について学ぶことのできる本大学院に志望するに至りました。また、国語教員を目指していることもあり、より高い国語の専門性を身につけるために専修免許を取得したいと考えました。
 大学院修了後も沖縄県の誇るべき文化の基層である「しまくとぅば」の研究を続けていきたいと思っています。また、大学院での専門的な学びを活かして沖縄県の中学校の教員として地域素材の教材化を行い、沖縄の自然・歴史・文化を踏まえた「生きる力」を身につけられるような教育に携わりたいと考えています。

徳村 利奈子
徳村 利奈子

南島文化専攻 先史・歴史領域

 私は沖縄の民俗・文化に興味があり、学部の4年間を本学で過ごし、考古学を専攻していました。卒業時に大学で学んだことを活かせる専門職に就きたいという想いと学部の4年間で成しえなかった研究を継続したいという想いから大学院進学を志望しました。研究の発展のために南島地域に関する専門知識をより深く学ぶことが必要であると考えるようになり、南島地域の文化研究に多方面から取り組み、南島地域を専門的に学べることが本学大学院を志望した一番の理由です。また社会人の学生も積極的に受け入れ、夜間の講義が多いことも志望した理由のひとつです。
 講義では専門領域のほかに近隣分野の研究にふれる機会も多く、また先生方や学生間の交流から得られる知識も多くあります。学ぶ環境が整っているため、自身の研究テーマについて考える機会が多くなり、日々成長していくのを感じます。
 大学院修了後は本学で培った高い専門知識と実践的な技術を活かし、博物館や生涯学習の現場において南島地域の歴史や文化を多くの人に伝え、また沖縄の文化の向上や振興に貢献したいと思っています。この目標に向け、今できることを全力で取り組みたいと思っています。

楠瀨 康大
楠瀨 康大

2018年度修了生 修士論文テーマ一覧

●又吉栄喜研究 -初期作品を中心に-
●沖縄における境界と異界の変容 -遺老説伝から現代まで-
●全軍労大量解雇撤回闘争で掲げられた「基地撤去」の方針 -1970~72年の状況-
●八重瀬町当銘・小城の「龕甲祭」に関する研究 -村落祭祀と地域組織の関係を中心に-
●竹富島の仮面に関する基礎的研究 -ミルク神・鬼・サルの仮面を中心に-