文字サイズ

南島文化専攻

南島文化専攻の特徴

南島の地域特性

 地域とは、われわれが生活を共にしながら生きている、ある程度完結的な地理的社会空間であり、そこには独自の風土、社会、文化、歴史が存在します。それはわれわれの生活と不離一体のものであり、地域住民に共通するエトスの源泉となっています。地域は国家形成に先立つものです。地域文化研究が地域住民の発展に貢献することはいうまでもありません。
 南島文化専攻は、南島地域の文化を教育研究の対象としています。南島地域とは、琉球文化圏を構成する南西諸島の島嶼地域、すなわち屋久島・種子島と奄美諸島の間のトカラ海峡に東西に引かれた生物地理学上の境界線である渡瀬線から、八重山諸島の一つ与那国島と台湾の間に引かれた南先島諸島線までの間の地域をさします。
 南島文化は琉球文化の別称でもあります。この地域は、台湾・中国・韓国・朝鮮・フィリピンと隣接していることから、東アジアおよび東南アジアとの文化交流地点になっていること、琉球王国の形成発展を軸に独自の歴史をたどってきたこと、それ故にこの地域の文化が日本の中でも独自性を有していることは広く知られています。

文化の伝播ルート、地域的個別形態、変容過程の分析

 この地域を研究することは、アジア文化の伝播ルート、地域的個別形態、変容過程を明らかにすることにつながります。この研究成果が南島地域だけでなく、日本の文化や社会の理解に貢献できることは共通した認識といえましょう。文化の正しい理解は、経済活動を含め、あらゆる地域活動の基礎をなします。文化の相互理解は、国際交流の基礎でもあることから、研究成果は沖縄および日本と周辺諸国との交流に役立ち、地域活性化にもつながっていきます。

研究対象の領域と地域

 南島地域は周辺に東アジア、東南アジア、ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアなどの諸地域を有することから、地域文化も多様な広がりを示すことになります。南島文化専攻では言語文化、民俗文化、先史・歴史文化、社会文化の4領域を中心に教育課程が体系化されており、南島地域文化を系統的に研究することができます。

基礎となる学科・研究所

南島文化専攻は、総合文化学部の日本文化学科、社会文化学科を基礎として設置されています。
総合文化学部附置の南島文化研究所は、本研究科を支える重要な関連施設です。
基礎となる学科・研究所

教育課程の構成(領域)

言語文化領域

 言語文化領域では、南島地域の言語と文学を中心にして、日本の古典文学や近現代文学、さらには国語教育学も研究対象とします。教員の専修免許など高度の免許・資格の取得や官庁職員・一般社会人の再教育などを主な目的としています。

民俗文化領域

 民俗文化領域も、研究の主要対象は南島地域ですが、内容的に東アジア、東南アジアなどの周辺地域との関連性も重要になってきます。教育課程や講義内容も、南島地域の民俗文化を深く掘り下げていくと同時に、周辺地域への広がりも持たせたものになっています。

先史・歴史文化領域

 先史・歴史文化領域での一つの柱をなす考古学は、南島地域の先史文化を研究対象としますが、東アジア、東南アジアなどの周辺地域との比較研究を重視します。もう一つの柱である南島史学は、近世の古文書講読および20世紀における資料の伝来の把握を重視し、南島地域史への理解を深めます。

社会文化領域

 社会文化領域は、社会学を中心として南島地域の社会関係の特質、社会構造の維持メカニズムとしての文化問題などを取り上げていきます。この領域は南島社会の基本構造、人間生成、現実の社会問題処理の側面も含みます。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
言語文化■南島言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■日本言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島文学特論ⅠA・ⅠB
■南島文学特論ⅡA・ⅡB
■南島方言学特論Ⅰ・Ⅱ
■日本古典文学特論ⅠA・ⅠB
■日本古典文学特論ⅡA・ⅡB
■日本近現代文学特論ⅠA・ⅠB
■日本近現代文学特論ⅡA・ⅡB
■南島芸能特論Ⅰ・Ⅱ
■国語教育学特論Ⅰ・Ⅱ
■南島言語文化特論
民俗文化■南島民俗文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■東アジア文化人類学ⅠA・ⅠB
■東アジア文化人類学特論Ⅱ・Ⅲ
■南島民俗特論Ⅰ・Ⅱ
■南島民俗宗教特論Ⅰ・Ⅱ
■南島地理学特論Ⅰ・Ⅱ
■地理教育学特論
■民族誌特論
先史・歴史文化■南島先史文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島歴史文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■考古学特論Ⅰ・Ⅱ
■南島史学特論ⅠA・ⅠB
■南島史学特論ⅡA・ⅡB
■南島先史文化特論Ⅰ・Ⅱ
■アジア先史文化特論
■文化財保存特論

社会文化■南島社会文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ
■南島社会特論Ⅰ・Ⅱ
■家族社会学特論Ⅰ・Ⅱ
■植民地社会特論Ⅰ・Ⅱ
■社会心理学特論Ⅰ・Ⅱ
■比較社会文化特論Ⅰ・Ⅱ
■現代社会文化特論
■国際社会学特論
■社会学研究法特論
■社会統計学特論

修了後の進路

・教育現場の管理職
・教育行政の企画立案
・他大学博士課程進学
・上級免許取得
・有職者の再教育
・交流・文化事業企画
・生涯学習

院生からのメッセージ

南島文化専攻 言語文化領域

 私は、本学日本文化学科を卒業しました。学部では、文学史や理論に関する講義、説話や神話、物語に関する講義を通して、文学を学んできました。そのなかで、既存の読み方とは異なる方向から分析して新しいテーマを導き出す、また史実と比較して古典を読みとくといった学問としての文学研究の興味深さを知りました。学部2年の時に、葛綿先生の研究論文を拝見し、感銘を受け、先生の下でより深く学んで研究したいと考え、本学大学院へ進学しました。
 大学院の講義は少人数で行われ、レジュメを発表して、先生や他の院生と議論する時間が多くあるので、そこで自身とは異なる価値観や考え方を知り、多様な視点を身に着けることができます。また他領域の歴史学や民俗学、英米文学に関する講義を受講でき、隣接する学問への視野が広がりました。修士論文を執筆する特殊研究では、自らの問題意識の下で視点を設定して作品を精読しています。文学研究は孤独なように思われますが、研究テーマを指導教員の先生と共有して、共に作品を解釈していくことは、学部時代より先生との距離も近く感じられ、毎時間とても刺激的で楽しく充実しています。今後も文学を学び続け、修了後も研究を続けていきたいと考えています。

志堅原 あさこ
志堅原 あさこ

南島文化専攻 言語文化領域

 学の大学院に進学したのは、聴講していた近現代文学の黒澤亜里子先生に勧められたのが、きっかけです。大学は本土でしたので、仕事をリタイア後は、沖縄文学の勉強をしたいと思っ
ていました。現役時代の20数年前、那覇市主催の文化講座で、担当講師だった黒澤先生の話しに感銘を受け、聴講するなら沖縄国際大学と決めていました。そして、2年前に聴講生となり、昨年院生になりました。
 最初のころ、院生は人数が少ないので、先生方にいろいろ質問をされたらいいですよ、と言われました。しかし、私は何十年ぶりかの大学で、同級生の院生もみんな先生みたいなものでいろいろなことを懇切丁寧に教えてもらいました。
 学びの場から長く離れていた後の大学院は、大変さもありますが、得るものも深いものがあります。まだまだ足りないところは多くありますが、修了ののちは、これまでの経験や院での学習を活かして、社会に向けて発信したいと考えています。

宮里 初枝
宮里 初枝

2020年度修了生 修士論文テーマ一覧

●琉球語の文法注釈について