文字サイズ

人間福祉専攻

人間福祉専攻の特徴

人間の諸問題に適切に対応できる人材の養成

 人間福祉専攻は、社会福祉学領域と臨床心理学領域の2つの領域から構成され、時代や社会の必要性に応え、現代社会における人間の好ましいあり方について研究できる人材を養成するとともに、そこで起こる諸問題に対して適切に対応し、解決が図れるような専門的人材を養成することを目的としています。

社会人有識者教育の重視

 人間福祉専攻においては、生涯教育や現場従事者の再教育の必要性を踏まえ、一般社会人や福祉・医療・教育等の現場に従事する有職者を積極的に受け入れています。特に、選抜試験において社会人を重視した入試の方法をとっています。また、講義の開講形態も昼間に仕事を持つ有職者の科目履修が可能となるように夜間での開講を基本としています。ただし、臨床心理実習は昼間の実習を夜間の講義で検討する昼夜の開講となります。

社会に必要とされる実践的カリキュラム

 人間福祉専攻においては、現代社会のニーズや地域性を考慮したカリキュラムの編成と指導体制を重視しています。特に、社会福祉学領域においては、社会福祉施設や地域福祉従事者に必要とされる科目を配置するとともに、専門的な研究ができる研究体制がとられています。また、臨床心理学領域においては、医療・教育・福祉・矯正等の各分野で活躍できる臨床心理士を養成するのに必要な科目をそろえ、特に実習を重視したカリキュラムが用意されています。

基礎となる学科・研究所

人間福祉専攻は、総合文化学部人間福祉学科を基礎として設置されています。
基礎となる学科・研究所

心理相談室とは

 地域文化研究科の附属施設として心理相談室を2003年12月に設置しました。心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設として設置しています。相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託臨床心理士の指導のもとで大学院生が担当します。さらに担当するケースについて実践記録をまとめ、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。

教育課程の構成(領域)

社会福祉学領域

 社会福祉学領域では、社会福祉に関する専門的知識を深めるとともに、地域社会や施設等における諸問題に対し、科学的な方法をもってその実態を明らかにし、その解決の方策と適切な対応ができる専門的な人材の養成を目的としています。特に、施設や地域におけるソーシャルワーカーとしての資質を高めるとともに、沖縄県の特徴である長寿社会や老年学研究等にも配慮したカリキュラムとなっています。

臨床心理学領域

 臨床心理学領域では、人間のこころの問題に対して、専門的な立場で具体的・実践的に対処できる専門家を養成することを主眼としています。そのために、臨床心理士養成に必要な科目を中心に据え、理論と実践の両面から豊かな専門的学識を修得できるカリキュラムを編成し、実践力を養成するための指導を行います。臨床心理学領域は、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。第1種指定大学院となったことで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになりました。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
専門基礎科目■人間福祉特論
■精神医学特論
社会福祉学領域■人間福祉特殊研究ⅠA
■人間福祉特殊研究ⅠB
■人間福祉特殊研究ⅠC
■人間福祉特殊研究ⅠD
■人間福祉特殊研究ⅠE
■人間福祉特殊研究ⅡA
■人間福祉特殊研究ⅡB
■人間福祉特殊研究ⅡC
■人間福祉特殊研究ⅡD
■人間福祉特殊研究ⅡE
■社会福祉原理特論
■ホスピスケア特論
■社会福祉制度特論
■保健医療制作特論
■老年社会科学特論
■高齢者福祉特論
■地域ケア特論
■地域福祉計画特論
■障害者福祉特論
■社会心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)援助特論
■障害児(社)心理学特論
臨床心理学領域■臨床心理学特殊研究ⅠA
■臨床心理学特殊研究ⅡA
■臨床心理学特殊研究ⅠB
■臨床心理学特殊研究ⅡB
■臨床心理学特殊研究ⅠC
■臨床心理学特殊研究ⅡC
■臨床心理学特論Ⅰ
■臨床心理学特論Ⅱ
■臨床心理基礎実習
■臨床心理実習
■臨床心理査定演習Ⅰ
■臨床心理査定演習Ⅱ
■臨床心理面接特論Ⅰ
■臨床心理面接特論Ⅱ
■心理学研究法特論
■心理統計法特論
■人格心理学特論
■犯罪心理学特論
■認知心理学特論
■心理療法特論
■学校臨床心理学特論
■臨床心理事例検討実習A
■臨床心理事例検討実習B
■社会心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)援助特論
■障害児(者)心理学特論
■投映法特論
■グループアプローチ特論

修了後の進路

社会福祉学領域

・社会福祉施設管理者
・社会福祉行政職員
・社会福祉協議会専門員
・一般病院における医療ソーシャルワーカー
・福祉系研究機関における研究者
・他大学博士課程への進学
・海外への留学及び就職

臨床心理学領域

・教育研究機関における心理職
・医療機関における臨床心理士
・児童相談所等における児童心理司
・少年鑑別所等における心理職
・民間企業におけるカウンセラー
・他大学博士課程への進学
・海外への留学及び就職

大学院臨床心理学領域は「臨床心理士」第1種指定大学院に指定されています

 大学院地域文化研究科人間福祉専攻臨床心理学領域は、公益財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。
 「臨床心理士」は臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格です。
 第1種指定大学院であることで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになっています。

院生メッセージ

人間福祉専攻 臨床心理学領域

 中学生の頃に臨床心理士に出会ったことがきっかけで、こころについて学びたいと思い、学部で心理学を専攻しました。学部時代はひとくちに心理学と言っても、多くの専門領域があることを知りました。特にボランティア活動を通して、知識だけでなく実際に体験することの大切さを知ることができました。そして私は、臨床心理士になるという目標を持ち、日本臨床心理士資格認定協会が指定する第1種指定大学院である本大学院への進学を希望しました。 本大学院は、臨床心理士として現場で活躍できる実践力養成のためのカリキュラム構成となっており、実習を重視しています。また、臨床領域だけでなく、臨床現場で用いられる技法や理論を支えている心理学の研究手法についても学ぶことができます。ボランティア活動や学外実習を通して様々な領域で経験を積むこともでき、さらに、同じ目標をもった仲間と切磋琢磨しながら学びあえる環境にとても満足しています。
 大学院修了後は臨床心理士資格、公認心理師資格を取得して、医療機関で働きたいと考えています。在学中に出来るだけ多くのことを吸収して、そしてそれを地域社会へ還元していける専門家を目指して励みたいと思います。

新里 知香
新里 知香

人間福祉専攻 臨床心理学領域

 沖縄で生まれ育った私は、一度沖縄を離れ、外側から沖縄を眺めてみたいと考えていました。高校生の頃から心理学に興味を持っていたので、心理学が学べる県外大学に進学しました。学部で心理学を学びながら、県外での生活体験を重ねる中で人々が抱える問題は、地域によっても変わるのだと実感しました。そこで、将来、沖縄で心理の専門職に就くには私が沖縄で生活し学ぶことにより、地域の方々が抱える問題を感じながら、地域にあった支援の在り方を考えられる環境が必要だと思い、本学への進学を希望しました。
 本学は臨床心理士資格認定の第1種指定校であり、公認心理師資格に向けたカリキュラムも加わりました。社会のニーズに即した人材育成の環境が整っていることに魅力を感じています。特に、臨床実習における細かい指導だけでなく、修士論文の研究の進め方や臨床から基礎までの心理の知識についても、各専門の先生方からのご指導をいただける環境が整っています。
 大学院修了後は、臨床心理士および公認心理師の資格取得を目指しています。本学で学んだことを基に、支援を必要とする方々に寄り添えるような仕事ができる心理臨床の専門家を目指したいと考えています。

髙良 美帆
髙良 美帆

2017年度修了生 修士論文テーマ一覧

●青少年センター等の教育相談員が認知する困難さとキャリア展望

●動作法による自主訓練が自体感と精神的健康に与える影響 -漸進的筋弛緩法との比較を通して-

●女子青年における「個」と「関係性」のアイディンティティ形成 -母娘関係における精神的自立との関連-

●筋ジストロフィー患者の病の捉え方と自己決定における心理的プロセスの検討