文字サイズ

人間福祉専攻

人間福祉専攻の特徴

人間の諸問題に適切に対応できる人材の養成

 人間福祉専攻は、社会福祉学領域と臨床心理学領域の2つの領域から構成され、時代や社会の必要性に応え、現代社会における人間の好ましいあり方について研究できる人材を養成するとともに、そこで起こる諸問題に対して適切に対応し、解決が図れるような専門的人材を養成することを目的としています。

社会人有識者教育の重視

 人間福祉専攻においては、生涯教育や現場従事者の再教育の必要性を踏まえ、一般社会人や福祉・医療・教育等の現場に従事する有職者を積極的に受け入れています。特に、選抜試験において社会人を重視した入試の方法をとっています。また、講義の開講形態も昼間に仕事を持つ有職者の科目履修が可能となるように夜間での開講を基本としています。ただし、臨床心理実習は昼間の実習を夜間の講義で検討する昼夜の開講となります。

社会に必要とされる実践的カリキュラム

 人間福祉専攻においては、現代社会のニーズや地域性を考慮したカリキュラムの編成と指導体制を重視しています。特に、社会福祉学領域においては、社会福祉施設や地域福祉従事者に必要とされる科目を配置するとともに、専門的な研究ができる研究体制がとられています。また、臨床心理学領域においては、医療・教育・福祉・矯正等の各分野で活躍できる臨床心理士を養成するのに必要な科目をそろえ、特に実習を重視したカリキュラムが用意されています。

基礎となる学科・研究所

人間福祉専攻は、総合文化学部人間福祉学科を基礎として設置されています。
基礎となる学科・研究所

心理相談室とは

 地域文化研究科の附属施設として心理相談室を2003年12月に設置しました。心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設として設置しています。相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託臨床心理士の指導のもとで大学院生が担当します。さらに担当するケースについて実践記録をまとめ、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。

教育課程の構成(領域)

社会福祉学領域

 社会福祉学領域では、社会福祉に関する専門的知識を深めるとともに、地域社会や施設等における諸問題に対し、科学的な方法をもってその実態を明らかにし、その解決の方策と適切な対応ができる専門的な人材の養成を目的としています。特に、施設や地域におけるソーシャルワーカーとしての資質を高めるとともに、長寿社会や貧困問題など、沖縄の社会課題について多角的に分析する力を養います。

臨床心理学領域

 臨床心理学領域では、人間のこころの問題に対して、専門的な立場で具体的・実践的に対処できる専門家を養成することを主眼としています。そのために、臨床心理士養成に必要な科目を中心に据え、理論と実践の両面から豊かな専門的学識を修得できるカリキュラムを編成し、実践力を養成するための指導を行います。臨床心理学領域は、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。第1種指定大学院となったことで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになりました。

専攻内容(授業科目)

領域授業科目
専門基礎科目■人間福祉特論
■保健医療分野に関する理論と支援の展開
社会福祉学領域■人間福祉特殊研究ⅠA
■人間福祉特殊研究ⅠB
■人間福祉特殊研究ⅠC
■人間福祉特殊研究ⅠD
■人間福祉特殊研究ⅠE
■人間福祉特殊研究ⅡA
■人間福祉特殊研究ⅡB
■人間福祉特殊研究ⅡC
■人間福祉特殊研究ⅡD
■人間福祉特殊研究ⅡE
■社会福祉原理特論
■ホスピスケア特論
■社会福祉制度特論
■保健医療制作特論
■老年社会科学特論
■高齢者福祉特論
■地域ケア特論
■地域福祉計画特論
■障害者福祉特論
■社会心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)援助特論
■福祉分野に関する理論と支援の展開
臨床心理学領域■臨床心理学特殊研究ⅠA
■臨床心理学特殊研究ⅡA
■臨床心理学特殊研究ⅠB
■臨床心理学特殊研究ⅡB
■臨床心理学特殊研究ⅠC
■臨床心理学特殊研究ⅡC
■臨床心理学特論Ⅰ
■臨床心理学特論Ⅱ
■臨床心理基礎実習
■心理実践実習Ⅰ
■心理実践実習Ⅱ
■心理実践実習Ⅲ
■心理実践実習Ⅳ
■心理的アセスメントに関する理論と実践
■臨床心理査定演習
■心理支援に関する理論と実践
■臨床心理面接特論
■心理学研究法特論
■心理統計法特論
■人格心理学特論
■司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
■認知心理学特論
■心理療法特論
■教育分野に関する理論と支援の展開
■臨床心理実習A
■臨床心理実習B
■社会心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)援助特論
■福祉分野に関する理論と支援の展開
■投映法特論
■家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践
■心の健康教育に関する理論と実践
■産業・労働分野に関する理論と支援の展開

修了後の進路

社会福祉学領域

・社会福祉施設管理者
・社会福祉行政職員
・社会福祉協議会専門員
・一般病院における医療ソーシャルワーカー
・福祉系研究機関における研究者
・他大学博士課程への進学
・海外への留学及び就職
・福祉系専門学校講師

臨床心理学領域

・教育研究機関における心理職
・医療機関における臨床心理士
・児童相談所等における児童心理司
・少年鑑別所等における心理職
・民間企業におけるカウンセラー
・他大学博士課程への進学
・海外への留学及び就職

大学院 臨床心理学領域は公認心理師法に定められた公認心理師養成カリキュラムを設置し、かつ、臨床心理士第1種指定大学院に指定されています 

 大学院地域文化研究科人間福祉専攻臨床心理学領域は、公認心理師法に定められた公認心理師養成カリキュラムを設置するとともに、公益財団法人・日本臨
床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。本領域において、それぞれの資
格に必要な科目を修得すると、公認心理師国家試験の受験資格および臨床心理士試験の受験資格が得られ、どちらも修了した年に受験することができます。
 「公認心理師」は保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、心理に関する支援を要する者および関係者の理
解、心理に関する相談及び助言、指導その他の援助、心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を、行うことを業とする者をいいます。「臨
床心理士」は臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格です。
 なお、公認心理師国家試験の受験資格を得るためには、公認心理師に対応したカリキュラムを持つ大学において公認心理師法に定められた25科目を修得し
卒業する必要があります。2022年までの特例期間は、出身大学で履修した科目を上記25科目に読み替えることが可能とされています。科目の読み替えについ
ては出身大学にお問い合わせください。

院生メッセージ

人間福祉専攻 臨床心理学領域

 私は、糖尿病や癌等の病に苦しむ人々を心理的な面からサポートできるようになりたいと思い、学部で心理学を専攻しました。学部の方では、様々な心理学の理論や技術を学ぶことができました。しかし、ボランティア活動等で多くの人たちと関わるにあたって、学んだ知識を実践に移す難しさや自身の未熟さを痛感し、講義で学んだ知識をさらに実践を通して習得する必要性を感じました。そこで、私はさらなる心理学的知識・技術を習得するため、本大学院に進学を希望しました。
 本大学院は、臨床心理士資格認定の第1種指定校であり、かつ公認心理師育成のためのカリキュラムも近年新たに加わりました。そのため、学内・学外の実習が充実しており、実際の現場を体験しながら学ぶことができます。また、修士論文や事例研究などの研究に関しても各専門の先生方からの指導を受けながら学ぶことができるため、自分で考え、探究し、実践に活かす力を育むことができると思います。
 本大学院修了後は、公認心理師および臨床心理士の資格を取得し、苦悩を抱える人々の支えとなれるような専門家を目指したいと考えています。

島袋 如野
島袋 如野

人間福祉専攻 臨床心理学領域

 私は、一度、他大学を卒業して働いていた中で、臨床心理士やその他の心理職と関わる場面を多く経験しました。そこから、自分自身も臨床心理学のことや心理士のことについて興味を持つようになり、3年次編入で入学した本学学部を卒業した後、大学院に進学しました。
 本学大学院は、公認心理師や臨床心理士の受験資格を得ることができるカリキュラムになっており、実際に現場で活躍なさっている先生方から学ぶことができます。大学院の授業は少人数で行われるため、ディスカッションの機会が多く、色々な視点から物事を捉えることができるようになります。学内及び学外での実習も充実しており、臨床心理学の専門的なことだけでなく、実際の現場の様子やそこで求められることなどを実践的に学ぶことができます。さらに、県内各地で活躍している修了生との繋がりも強く、色々と相談することもできます。授業や実習、研究活動と大変ではありますが、同期や他の大学院生と助け合って取り組んでいます。
 現在は、セルフ・コントロールをテーマに研究しており、大学院修了後は大学院での学びを活かして、子どもたちの非行防止に関する仕事をすることが目標です。

池宮 将貴
池宮 将貴

人間福祉専攻 臨床心理学領域

 私は高校生の時に子どもの貧困に関心を持ったことをきっかけに社会福祉専攻に入学しました。学部では、児童福祉ばかりでなく社会福祉全般を学んできました。また、相談援助実習では児童が直面している課題を学ぶと共に支援方法について学びました。学部での学びを通して、児童福祉をより専門的に深く学ぶことができ、また、社会福祉学研究を丁寧に指導してもらえる本大学院へ進学を希望するようになりました。院では「スクールソーシャルワーク」をキーワードに研究を行っていま
す。学部時代には十分に掘り下げることができなかった内容を少人数の講義の中でディスカッションすることが現在の楽しみです。しっかり研究を重ね、修了後は真の意味で児童に寄り添えるスクールソーシャルワーカーになりたいです。

砂川 芳都
砂川 芳都

2018年度修了生 修士論文テーマ一覧

臨床心理学領域

●注意のコントロールが抑うつ・不安へ及ぼす影響-注意訓練とマインドフルネス瞑想の比較-

●アレキシサイミア傾向の測定 -質問紙法と投映法を用いて-