文字サイズ

地域文化研究科

地域文化研究科

理念・目的

 地域文化研究科は、南島文化専攻、英米言語文化専攻、人間福祉専攻の3つの専攻から構成され、複雑化する地域社会や国際社会の諸問題を適切に分析し、解決する能力を持った高度な専門的職業人の養成を目指しています。
 また、再教育・生涯学習の場として、専門職従事者には系統的な学習の機会を提供し、生涯を通して自己錬磨し、自己形成を目指す人々のニーズに応えるとともに、その成果を十分に生かすことのできる社会の実現を図りたいと考えています。
 特定の地域文化についての研究は、他の地域文化との比較へと広がりを見せます。広い視野で物事を見つめることは、自他を客観的にとらえ、価値観や立場の異なる者への理解を深めることにつながっていきます。
 多文化・多言語が共存し、価値観が多様化した社会にあって、自他の地域文化への知識と理解を基盤とした研究は、地域社会の未来の創出に大いに寄与するものと思います。

地域文化研究科がめざすもの

高度な専門的職業人の養成

 現代社会が直面する諸問題の解決には、大学の学部教育だけでは十分対応できません。高度な専門知識・技術の修得が不可欠です。
 本研究科では、学部で培った知識・技術を一層高め、社会の要請に積極的に対応しながら、教育、文化、行政、民間の各機関で活躍でき、国際感覚を持って今後の社会発展に貢献できるような、より高度な専門的職業人を養成していくことをねらいとしています。
 また、専門的・指導的立場で対応できる資格(専修免許や公認心理師・臨床心理士資格など)を身につけるための系統的な教育、研究、実践の場を提供します。

生涯学習時代における学習機会の提供

 いま人々は、自己の充実・啓発や生活の向上のため、適切かつ豊かな学習の機会を求めています。生涯にわたって学習することができ、その成果を適切に生かすことのできる社会の実現を図ることは大学の使命でもあります。
 専門職従事者には系統的な学習の機会を提供し、また、地域に根ざした文化へ興味を持ち研究を進めたいと希望する者には学びの場を開きながら、一人ひとりが充実した人生を送るための多様なニーズに本研究科は応えていきます。

文化事業推進のための人材育成と地域活性化

 本研究科の教員は、学識経験者として文化教育事業に積極的に関わり、また、本研究科の修了生も各地域の文化教育事業に多数従事するなど、本研究科は、地域の文化事業の推進と、人材育成に深くかかわってきました。
 本研究科では、これまでの実績を踏まえ、地域地域振興に貢献できる専門家を養成し、文化教育事業を通して地域の活性化を推進したいと思います。

地域研究の推進

 本研究科は、生活の土台である地域に根ざした研究・教育を重視しています。それぞれの専攻の理念を実現するために、南島地域文化の研究、英米言語文化の研究、社会福祉や臨床心理の研究を一層推進し、今後の地域発展に貢献するために様々な課題に取り組んでいきます。

教育研究の国際化

 南島地域研究は東アジア、東南アジアとの交流を推進します。また、英米言語文化の研究は、英米を中心とした欧米諸国との交流にとどまらず、広く英語圏諸国との国際研究へとつながり、人間福祉(社会福祉・臨床心理)の研究は、欧米との交流をはじめとして、東アジア、東南アジアとの比較研究にも発展しています。
 また、本研究科では、年ごとに国際交流を拡大してきました。本学の姉妹校である韓国の韓南大学校、台湾の東海大学、中国の澳門大学、オーストラリアのマッコーリー大学、エジプトのカイロ大学、フランスのレンヌ大学からも、大学院生の交流希望が寄せられています。
 本研究科は、多様な文化や背景を持つ者がともに学び、国際的な視点で課題に取り組み、新たな知的発見を見出せるような教育研究の国際化推進のために、一層努力していきたいと考えています。

研究科長メッセージ

地域社会の未来を創出する大学院の役割

 大学院地域文化研究科では、南島文化、英米言語文化、人間福祉(社会福祉学領域・臨床心理学領域)のそれぞれの専攻において、専門的・体系的な教育・研究活動を展開しています。教育研究の主な対象は、地域の文化・生活・社会問題等ですが、沖縄や日本だけではなく、周辺の諸地域にも研究領域は広がっています。南島文化に関する研究はアジアとの交流を推進し、英米言語文化研究は欧米諸国との国際研究へ、また、人間福祉領域は福祉先進国との比較研究にも意欲的に取り組んでいます。
 
 大学院の大きな目標は修士論文の作成にあります。研究に求められるのは独自性と先取性(プライオリティ)ですが、突き詰めれば、「答えがない問題」を考えること、その問題に対処する新しい思考や方法を見つけ出すことだと思います。そのためには、自分のテーマだけではなく、幅広いジャンルや知識に目を配ることが大切です。
 たとえば、環境や基地の問題を考えるには、理科系の知識だけでなく、社会、政治、経済、歴史、文化などの文系の知識が必要です。高齢化の問題には、心理、社会福祉をはじめ、様々な分野の知識が必要になるでしょう。世界中の文学を読めば、異なる歴史や文化的背景をもつ他者の感じ方、多様なものの見方を理解する手がかりになります。
 
 また、大学院は研究者同士の人的交流の場でもあります。専門領域はもちろん、他の領域の教員、研究仲間との交流は自己の視野を広げ、貴重な「気づき」や新しい視点を生んだり、横断的な研究に繋がっていくことでしょう。
 
 本研究科では、院生と教職員が一体となって、教育・研究・実践活動に取り組み、高度な専門性を持った人材を育成し、地域社会に貢献していきたいと考えています。はじめから立派な研究ができる人はいません。私たち教員は、テーマ選定から、情報にたどりつく方法、論文の組み立て、書く方法までを助言し、ていねいにサポートしていきます。ともに学び、研鑽していきましょう。

地域文化研究科 研究科長 
黒澤 亜里子 Ariko Kurosawa