文字サイズ

学生の活動

ブログ

コピー OKIU 青春白書:仲村姫乃さん

学生の活躍


仲村 姫乃
Himeno NAKAMURA
経済学部経済学科 4年次 普天間高校出身
※2023年インタビュー当時


ゴルフを始めたきっかけから教えてください
小学校3年生のころ、祖父が家の近くのゴルフレンジに連れて行ったのがきっかけです。その後も、家族でバッティングセンターのように遊びに行きました。
ゴルフレンジにはジュニアで活動している同世代の子たちもおり、その姿を見て、「自分もやりたい」と祖父に伝えたところ、翌日にはゴルフクラブが準備されていました(笑)。

練習を始めてみてどうでしたか?
最初はすごく楽しかったです。ゴルフアカデミーに入ると、同世代のジュニアの子たちと友だちになり、一緒にゴルフをする楽しさを覚え、どんどんはまっていきました。ただ、ゴルフに競技として向き合い始め、勝つことが重点になると、苦しさも感じるようになりました。

ゴルフの魅力は何ですか?
それは、「頭を使うスポーツ」だと感じているからです。同じゴルフ場でも、天候や芝の状態、自分のコンディションなど毎回条件が違う中で、さまざまなことを計算し最善と思える選択をし、その結果、最短でカップインできたときは、最高です。それが魅力だと思います。

ゴルフに向き合う時に 心がけていることはありますか?
自分の考えだけで進めるのではなく、必ず周りのアドバイスを聞き、色んな選択肢を考えて、最終的に答えを出すよう心がけています。これは、私の中ですべてに当てはまるかもしれません。


すべてに当てはまる、というところをもう少し聞かせてください
父が自営業で、自分で様々なことを調べながら経営している姿を見ています。さまざなことを聞き調べて自分で選択するという姿勢は生きるうえで大事なことであり、すべてに当てはまるなと感じ、ゴルフ以外でも周りの意見を聞き、自分で選択するようにしています。

ゴルフを通じて得たものは?
勉学とゴルフ、バイトなど全てを両立させるために努力し続けることで、メンタルが強くなりました。また、九州学生ゴルフ選手権競技や九州女子学生ゴルフ選手権は他大学がチーム参加の中、本学からは私のみのため、準備から移動などすべて一人でこなします。その中でトラブルとかもあり失敗の連続でしたが、失敗を重ねながら一人でやり遂げることで成長と自信になり、さまざまな大会で優勝を勝ち取っていると感じています。正直、他大学の選手より私の方がメンタルが強い! という自信があります(笑)。

これからの抱負を聞かせてください!
プロゴルファーになることです。
ジュニア時代、大会などでさまざまな場所に送迎してもらいました。現在も活動を続けられているのは、家族の支えと応援があるので、私は恵まれています。
また、バイト先の方々からの理解もあり、練習や大会でシフト調整をしていただいています。家族をはじめ、応援してくれる方々に恩返しもしたいのでプロゴルファーへの夢はとても強いです。

最後に読者へ一言!
大学はとても自由で、自分の好きな道を選択できる場所です。やりたいことはチャレンジして経験を積みながら考えてみることもいいかなって思っています。また、チャレンジしながらも、今のことだけでなく、先のこともよく考えて行動することが大事と伝えたいです。