現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 英米言語文化専攻

英米言語文化専攻

異文化接触の経験を学術教育研究に活用

 琉球王国時代から、沖縄はヨーロッパやアメリカから渡来した人々との接触を体験してきました。さらに沖縄は、戦後半世紀にわたる南北アメリカとの異文化接触の経験を持っています。このような国際交流の歴史を通して、沖縄には異文化を摂取する意識の面でも、また、異文化接触の実際においても、広く開かれた視野と蓄積されたノウハウがあります。日本の最南端に位置しながらも、沖縄が有する実にユニークかつ有利な文化的特性を、学術教育研究に活用することは極めて有意義であると考えます。

英米言語文化専攻とは

 英米言語文化専攻は、地域文化研究科の一専攻として設置されました。本専攻は、英米文学領域と言語教育学領域の二つの領域から成っています。さらに言語教育学領域には、英語教育関係者の養成と有職者の再教育を目標の一つとする英語教育学系列と、国内外における日本語教育関係者の養成にあたる日本語教育学系列があります。いずれの領域も、地域に軸足を置きながら、それぞれの学術教育研究の推進を意図するものです。

基礎となる学科・研究所

英米言語文化専攻は、総合文化学部の英米言語文化学科、日本文化学科を基礎として設置されています。
総合文化学部附置の南島文化研究所は本専攻と関連する施設です。

教育課程の構成

英米文学領域

 英米文学領域は、文学・詩・演劇について研究します。また、英語という言語を軸とした英米文化についての科目群も開設されています。

言語教育学領域

 言語教育学領域は、言語・文化・教育・社会との関連性を踏まえながら、英語教育および日本語教育について研究します。また、言語教育実習やマルチリンガル教育など、実践的且つ多様な視点から言語教育を考えていきます。

専攻内容

領域 授業科目 共通関連科目
英米文学領域 ■英文学特殊研究T・U
■米文学特殊研究T・U
■英米批評特論T・U
■英米演劇特論T・U
■英米小説特論T・U
■英米詩特論T・U
■英米文学特論
 
言語教育学領域 英語教育学系列 ■英語教育特殊研究T・U
■英語教育学特論T・U
■英語学特論
■言語教育実習T
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論

英米文化特論
ヨーロッパ文化特論
アジア文化特論
多文化間教育特論
言語とメディア
英語論文の書き方T・U
日本語論文の書き方T・U

日本語教育学系列 ■日本語教育学特殊研究T・U
■日本語教育学特論T・U
■日本語学特論
■言語教育実習U
■マルチリンガル教育特論
■社会言語学特論
修士論文又は特定課題の研究成果の提出
修了(学位取得)

院生からのメッセージ

  • Q1. 本大学院を選んだ理由
  • Q2. 実際に入学して良かったところは?
  • Q3. 将来(大学院修了後)の希望など

【英米言語文化専攻 言語教育学領域】 津覇 久子

【英米言語文化専攻 言語教育学領域】 津覇 久子
A1.

本学の学部に在学中、大学院の英米言語文化専攻の言語教育学領域に新しく日本語教育学系列が開講されたことを知りました。そして、新聞を活用した日本語教育向けの読解教材の開発について研究をしたいという思いから、本大学院へ進学することを決意いたしました。

A2.

言語教育学領域の日本語教育学系列では、日本語教育についての専門知識のみならず言語や学術研究などに必要な知識を深めていくことができます。また、先生方との距離が近い環境のもとで指導を受けることができます。さらに、本大学院ではパソコンやコピー機、スキャナーが設置された共同研究室、図書館の研究個室など、研究に必要なハード面の環境が整った中で研究に打ち込めることにも魅力を感じています。

A3.

修士課程修了後は、日本語教育に携わっていきたいと思います。また、今後も本大学院で学んだことを基盤にして研鑽を積んでいきたいと考えています。

修了後の進路

2015(平成27)年度修了生 修士論文テーマ一覧

  • 沖縄県内の日本語学校におけるネパール人学習者の現状と特徴について ーA日本語学校の事例を中心にー
  • English Education for Deaf and Hard-of-Hearing Students in Okinawa
  • 出現条件による「無助詞格」の認識度 ー日本語学習者への提示をめざしてー
  • How to Improve Japanese English Teachers' Competence of Teaching Cross-Cultural Understanding in Japanese English Education

英米言語文化専攻専任教員紹介

ページの先頭へ戻る