現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 人間福祉専攻

人間福祉専攻

人間の諸問題に適切に対応できる人材の養成

 人間福祉専攻は、社会福祉学領域と臨床心理学領域の2つの領域から構成され、時代や社会の必要性に応え、現代社会における人間の好ましいあり方について研究できる人材を養成するとともに、そこで起こる諸問題に対して適切に対応し、解決が図れるような専門的人材を養成することを目的としています。

社会人・有職者教育の重視

 人間福祉専攻においては、生涯教育や現場従事者の再教育の必要性を踏まえ、一般社会人や福祉・医療・教育等の現場に従事する有職者を積極的に受け入れています。特に、選抜試験において社会人を重視した入試の方法をとっています。また、講義の開講形態も昼間に仕事を持つ有職者の科目履修が可能となるように夜間での開講を基本としています。ただし、臨床心理実習は昼間の実習を夜間の講義で検討する昼夜の開講となります。

社会に必要とされる実践的カリキュラム

 人間福祉専攻においては、現代社会のニーズや地域性を考慮したカリキュラムの編成と指導体制を重視しています。特に、社会福祉学領域においては、社会福祉施設や地域福祉従事者に必要とされる科目を配置するとともに、専門的な研究ができる研究体制がとられています。また、臨床心理学領域においては、医療・教育・福祉・矯正等の各分野で活躍できる臨床心理士を養成するのに必要な科目をそろえ、特に実習を重視したカリキュラムが用意されています。

基礎となる学科・研究所

人間福祉専攻は、総合文化学部人間福祉学科を基礎として設置されています。

心理相談室とは

心理相談室 プレイルーム

地域文化研究科の附属施設として心理相談室を2003年12月に設置しました。
心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設として設置しています。相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託臨床心理士の指導のもとで大学院生が担当します。さらに担当するケースについて実践記録をまとめ、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。

教育課程の構成

教育課程は、大別して社会福祉学と臨床心理学の2領域から構成されています。

社会福祉学

 社会福祉学領域では、社会福祉に関する専門的知識を深めるとともに、地域社会や施設等における諸問題に対し、科学的な方法をもってその実態を明らかにし、その解決の方策と適切な対応ができる専門的な人材の養成を目的としています。特に、施設や地域におけるソーシャルワーカーとしての資質を高めるとともに、沖縄県の特徴である長寿社会や老年学研究等にも配慮したカリキュラムとなっています。

臨床心理学

 臨床心理学領域では、人間のこころの問題に対して、専門的な立場で具体的・実践的に対処できる専門家を養成することを主眼としています。そのために、臨床心理士養成に必要な科目を中心に据え、理論と実践の両面から豊かな専門的学識を修得できるカリキュラムを編成し、実践力を養成するための指導を行います。臨床心理学領域は、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。第1種指定大学院となったことで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになりました。

専攻内容

基幹領域 授業科目
専攻基礎科目
■人間福祉特論
■精神医学特論
社会福祉学
■人間福祉特殊研究T
■社会福祉原理特論
■社会福祉制度特論
■老年健康科学特論
■高齢者福祉特論
■地域福祉計画特論
■社会心理学特論
■障害児(者)心理学特論
■障害児(者)援助特論
■人間福祉特殊研究U
■ホスピスケア特論
■保健医療政策特論
■児童福祉特論
■地域ケア特論
■障害者福祉特論
■社会倫理学特論
■老年社会科学特論
臨床心理学
■臨床心理学特殊研究IA
■臨床心理学特殊研究IB
■臨床心理学特論T
■臨床心理基礎実習
■臨床心理査定演習T
■臨床心理面接特論T
■心理学研究法特論
■人格心理学特論
■認知心理学特論
■学校臨床心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)心理学特論
■投映法特論
■臨床心理学特殊研究UA
■臨床心理学特殊研究UB
■臨床心理学特論U
■臨床心理実習
■臨床心理査定演習U
■臨床心理面接特論U
■心理統計法特論
■犯罪心理学特論
■心理療法特論
■社会心理学特論
■臨床心理事例検討実習A・B
■障害児(者)援助特論
修士論文又は特定課題の研究成果の提出
修了(学位取得)

院生からのメッセージ

  • Q1. 本大学院を選んだ理由
  • Q2. 実際に入学して良かったところは?
  • Q3. 将来(大学院修了後)の希望など

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 赤嶺 咲

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 赤嶺 咲
A1.

私は、小学生の頃から心理士の仕事に憧れを抱いていました。大学で心理学を学び、心理学の面白さや奥深さ、心理士の仕事について学ぶことを通して、その憧れは将来の目標となりました。そこで、臨床心理士になることを目指して、県内唯一の臨床心理士資格認定の第一種指定大学院である本学への進学を希望しました。

A2.

本学は、学外実習や付属の相談室での実習、ボランティア等、臨床家に求められる対象者との関わりについて体験的に学ぶことができます。講義では心理士に求められる知識を専門領域で経験を積んだ先生方から直接学ぶことができます。また、研究領域の先生方も講義を担当しており、臨床的な知識だけでなく、基礎的な知識も得ることができます。知識と体験の両方の側面から、現場で即戦力となることができるよう、日々研鑽を積むことができることが本学の魅力だと思います。

A3.

大学院終了後は、教育領域で勤務したいと考えています。表面的に表れている問題行動の背後にある、子どもたちが抱えている難しさや気持ちに寄り添い、よりよく生きるためにはどうしたらいいのか、共に考えていけるような心理士になりたいと思っています。将来携わる福祉施設での経験に生かせるよう勉学に励みたいです。また、在学中の活動を通した地域とのつながりを大切にしていきたいと考えています。

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 大城 勇輝

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 大城 勇輝
A1.

私は大学の時にしていたボランティアを通して、人を支援する職業に就きたいと思うようになり、臨床心理士を志すようになりました。大学院を選ぶ中では、臨床心理士として人と関わる上での姿勢や技術の習得と、支援の有効性を説明するために必要である研究手法の習得できる環境であるのかを重視し選択しました。本大学院は学内にある相談室を含めた充実した実習と、図書館や研究室などの施設環境が整っており、上記の条件を満たしていると思い希望しました。

A2.

本大学院に入学して驚いたのが、タテのつながりの強さです。先生方や在籍している先輩方は勿論ですが、修了して現場で働いている先輩方と交流する機会が多くあり、多くの刺激を頂いております。様々な現場で活躍している先輩方が目標となって、決して楽ではない大学院のカリキュラムを乗り切る原動力となっています。

A3.

私は司法・矯正領域に関心を持って入学しました。しかし、実習で様々な領域の現場を見たり、話を聞く中で現在は様々な領域に興味を持つようになりました。どの領域に進むとしても、相手に寄り添い、共に考える事でその人の生活が少しでも良くなる、その御手伝いのできる心理士になりたいと考えています。

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 仲里 沙希子

【人間福祉専攻 臨床心理学領域】 仲里 沙希子
A1.

心理学を初めて勉強した際、とても面白い学問だと素直に感動したのを覚えています。そして、心理学の視点から他者を支援する臨床心理士という仕事に興味を持ちました。本学は、臨床心理士資格認定の第一種指定校であり、学内実習や学外実習、実践的な講義を受講できるのが魅力だと感じ本学で学びたいと考え、選択致しました。

A2.

本学卒業後に即戦力となる人材育成を目指しているため、授業内容が多彩です。また、学内実習、学外実習、さらにはボランティア活動で実習する事ができます。実習では、臨床心理学的視点を持って様々な方と関わる事が大切ですが、迷いながらも日々勉強させて頂いています。悩んだ際に支えてくださる先生方や励ましてくれる院生達はとても心強い存在です。周囲の人達に支えられながら自己研鑽を積めるという点においても、魅力を感じております。

A3.

学部3年の頃に、適応指導教室にて学習支援のボランティア活動をさせて頂いた際、先生や心理士の力を借りながらも生徒の成長する姿を見て感動しました。このような体験は私が心理士を目指すきっかけとなりました。大学院終了後は、臨床心理士の資格を取得し、教育領域で学生の支援をしたいと考えております。

修了後の進路

2015(平成27)年度修了生 修士論文テーマ一覧

  • 医療機関所属のベテランPSWのニーズアセスメント過程の研究
  • 妊娠の捉え方と健康意識の変化が妊婦のセルフケア行動に及ぼす影響 ―喫煙行動変容に着目して―
  • 大学生のセルフケア能力と健康統制の所在が喫煙に対する意識に与える影響について
  • 過剰適応傾向者の自身の心理特性に対する自己認知と精神的健康との関連
  • マインドフルネスとセルフ・コンパッションが大学生の抑うつと認知的反応性および精神・身体的健康に与える影響
    −マインドフルネス瞑想による介入を通じて−

人間福祉専攻専任教員紹介

ページの先頭へ戻る