現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 人間福祉専攻

人間福祉専攻

人間の諸問題に適切に対応できる人材の養成

 人間福祉専攻は、社会福祉学領域と臨床心理学領域の2つの領域から構成され、時代や社会の必要性に応え、現代社会における人間の好ましいあり方について研究できる人材を養成するとともに、そこで起こる諸問題に対して適切に対応し、解決が図れるような専門的人材を養成することを目的としています。

社会人・有職者教育の重視

 人間福祉専攻においては、生涯教育や現場従事者の再教育の必要性を踏まえ、一般社会人や福祉・医療・教育等の現場に従事する有職者を積極的に受け入れています。特に、選抜試験において社会人を重視した入試の方法をとっています。また、講義の開講形態も昼間に仕事を持つ有職者の科目履修が可能となるように夜間での開講を基本としています。ただし、臨床心理実習は昼間の実習を夜間の講義で検討する昼夜の開講となります。

社会に必要とされる実践的カリキュラム

 人間福祉専攻においては、現代社会のニーズや地域性を考慮したカリキュラムの編成と指導体制を重視しています。特に、社会福祉学領域においては、社会福祉施設や地域福祉従事者に必要とされる科目を配置するとともに、専門的な研究ができる研究体制がとられています。また、臨床心理学領域においては、医療・教育・福祉・矯正等の各分野で活躍できる臨床心理士を養成するのに必要な科目をそろえ、特に実習を重視したカリキュラムが用意されています。

基礎となる学科・研究所

人間福祉専攻は、総合文化学部人間福祉学科を基礎として設置されています。

心理相談室とは

心理相談室 プレイルーム

地域文化研究科の附属施設として心理相談室を2003年12月に設置しました。
心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設として設置しています。相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託臨床心理士の指導のもとで大学院生が担当します。さらに担当するケースについて実践記録をまとめ、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。

教育課程の構成

教育課程は、大別して社会福祉学と臨床心理学の2領域から構成されています。

社会福祉学

 社会福祉学領域では、社会福祉に関する専門的知識を深めるとともに、地域社会や施設等における諸問題に対し、科学的な方法をもってその実態を明らかにし、その解決の方策と適切な対応ができる専門的な人材の養成を目的としています。特に、施設や地域におけるソーシャルワーカーとしての資質を高めるとともに、沖縄県の特徴である長寿社会や老年学研究等にも配慮したカリキュラムとなっています。

臨床心理学

 臨床心理学領域では、人間のこころの問題に対して、専門的な立場で具体的・実践的に対処できる専門家を養成することを主眼としています。そのために、臨床心理士養成に必要な科目を中心に据え、理論と実践の両面から豊かな専門的学識を修得できるカリキュラムを編成し、実践力を養成するための指導を行います。臨床心理学領域は、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。第1種指定大学院となったことで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになりました。

ページの先頭へ戻る