現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 人間福祉専攻

人間福祉専攻

目的

人間福祉専攻・社会福祉学領域では、社会福祉学の理論及び実践に関する見識を深めるとともに、社会福祉現場や地域社会における福祉課題などヘの取り組み、学際的かつ実践的教育研究活動を通して、将来、地域社会における諸問題に対して、専門的立場から適切な解決をはかり福祉社会の構築に資することのできる人材を養成することを目的とする。

人間福祉専攻・臨床心理学領域では、複雑な社会に生きる人間の抱える問題に関して、地域に立脚しつつ、心理的な問題の解決に貢献できる高度の知識を備えた専門的職業人の養成を目的とする。

特色

人間の諸問題に適切に対応できる人材の養成

人間福祉専攻は、社会福祉学領域と臨床心理学領域の2つの領域から構成され、時代や社会の必要性に応え、現代社会における人間の好ましいあり方について研究できる人材を養成するとともに、そこで起こる諸問題に対して適切に対応し、解決が図れるような専門的人材を養成することを目的としています。

社会人・有職者教育の重視

人間福祉専攻においては、生涯教育や現場従事者の再教育の必要性を踏まえ、一般社会人や福祉・医療・教育等の現場に従事する有職者を積極的に受け入れています。特に、選抜試験において社会人を重視した入試の方法をとっています。また、講義の開講形態も昼間に仕事を持つ有職者の課程履修が可能となるように夜間での開講を基本としています。ただし、臨床心理実習は昼間の実習を夜間の講義で検討する昼夜の開講となります。

社会に必要とされる実践的カリキュラム

人間福祉専攻においては、現代社会のニーズや地域性を考慮したカリキュラムの編成と指導体制を重視しています。特に、社会福祉学領域においては、社会福祉施設や地域福祉従事者に必要とされる科目を配置するとともに、専門的な研究ができる研究体制がとられています。また、臨床心理学領域においては、医療・教育・福祉・矯正の各分野で活躍できる臨床心理士を養成するのに必要な科目をそろえ、特に実習を重視したカリキュラムが用意されています。

トピック

大学院 臨床心理学領域は「臨床心理士」第1種指定大学院に指定されています

大学院地域文化研究科人間福祉専攻臨床心理学領域が、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。
「臨床心理士」は臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格です。
第1種指定大学院であることで、大学院在学中の実習経験だけで修了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになっています。

基礎となる学科・研究所

人間福祉専攻は、総合文化学部人間福祉学科を基礎として設置されています。

既設の学部及び研究所との内容上の関連図

心理相談室とは

心理相談室

心理相談室プレイルーム

地域文化研究科の附属施設として心理相談室が2003年12月に設置されました。
心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設として設置されています。
相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託臨床心理士の指導のもとで大学院生が担当します。さらに担当するケースについて実践記録をまとめ、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。
[心理相談室]

教育課程の構成

教育課程は、大別して社会福祉学と臨床心理学の2領域から構成されています

社会福祉学

社会福祉学領域では、社会福祉に関する専門的理論を深めるとともに、地域社会や施設等における諸問題に対し、科学的な方法をもってその実態を明らかにし、その解決の方策と適切な対応ができる専門的な人材の養成を目的としています。特に、施設や地域におけるソーシャルワーカーとしての資質を高めるとともに、沖縄県の特徴である長寿社会や老年学研究等にも配慮したカリキュラムとなっています。

臨床心理学

臨床心理学領域では、人間のこころの問題に対して、専門的な立場で具体的・実践的に対処できる専門家を養成することを主眼としています。そのために、臨床心理士養成に必要な科目を中心に据え、理論と実践の両面から豊かな専門的学識を修得できるカリキュラムを編成し、実践力を養成するための指導を行います。
臨床心理学領域は、財団法人・日本臨床心理士資格認定協会の実施する「臨床心理士」の資格試験に関する受験資格を有する大学院(1種)として指定されています。
第1種指定大学院となったことで、大学院在学中の実習経験だけで終了後に臨床心理士試験の受験資格が得られるようになりました。

専攻内容

基幹領域 授業科目
専攻基礎科目
■人間福祉特論
■精神医学特論
社会福祉学
■人間福祉特殊研究T
■社会福祉原理特論
■社会福祉制度特論
■老年健康科学特論
■高齢者福祉特論
■地域福祉計画特論
■社会心理学特論
■障害児(者)心理学特論
■障害児(者)援助特論
■人間福祉特殊研究U
■ホスピスケア特論
■保健医療政策特論
■児童福祉特論
■地域ケア特論
■障害者福祉特論
■社会倫理学特論
■老年社会科学特論
臨床心理学
■臨床心理学特殊研究IA
■臨床心理学特殊研究IB
■臨床心理学特論T
■臨床心理基礎実習
■臨床心理査定演習T
■臨床心理面接特論T
■心理学研究法特論
■人格心理学特論
■認知心理学特論
■学校臨床心理学特論
■社会倫理学特論
■障害児(者)心理学特論
■投映法特論
■臨床心理学特殊研究UA
■臨床心理学特殊研究UB
■臨床心理学特論U
■臨床心理実習
■臨床心理査定演習U
■臨床心理面接特論U
■心理統計法特論
■犯罪心理学特論
■心理療法特論
■社会心理学特論
■臨床心理事例検討実習A・B
■障害児(者)援助特論

→修士論文又は特定課題の研究成果の提出→修了(学位取得)

2014(平成26)年度修了生 修士論文テーマ一覧

  • 不登校傾向のある生徒における学級復帰過程の質的研究
  • 聴覚障害を持つ人の心理的適応に関連する要因についての検討
  • がん告知による時間的展望の変化と抑うつ傾向の関連
  • 大学生の学生相談機関への相談過程についての研究
  • 通常学級に在籍する「気になる子」の問題行動に対する機能的アセスメントによる介入 −教師の困り感・学級全体の関連について−
  • ジストロフィン異常症を持つ入院患者の認知機能・コミュニケーションの特徴・被援助場面での感情体験とQOLとの関連

修了後の進路

社会福祉学領域

人間福祉専攻イメージ
  • 社会福祉施設管理者
  • 社会福祉行政職員
  • 社会福祉協議会専門員
  • 一般病院における医療ソーシャルワーカー
  • 福祉系研究機関における研究者
  • 他大学博士課程への進学
  • 海外への留学及び就職

臨床心理学領域

人間福祉専攻イメージ
  • 教育機関における心理職
  • 医療機関における臨床心理士
  • 児童相談所における児童心理司
  • 少年鑑別所等における心理職
  • 民間企業におけるカウンセラー
  • 他大学博士課程への進学
  • 海外への留学及び就職

大学院生からのメッセージ

Q1. 本大学院を選んだ理由
Q2. 実際に入学して良かったところは?
Q3. 将来(大学院修了後)の希望など

角野 大 (人間福祉専攻 社会福祉学領域)

角野 大 (人間福祉専攻 社会福祉学領域)
A1.

私が本学大学院を選んだ理由は、自身の研究成果を上げるために必要な環境が十分に整っていると考えたからです。経験が豊富な教員が揃っていること、九州最大クラスの蔵書量を持つ図書館があること、宜野湾市に立地すること、その他研究をサポートしてくれる為の設備や奨学金等のシステムがあることが大きな理由です。

A2.

研究を進めるにあたり、自分ひとりでできることには限りがあります。教員や先輩、同級生のアドバイスをもらいながら仲間と切磋琢磨できる環境があることは、入学して良かったと思えることの一つです。また、各講義の内容が非常に充実しており、特に、集中講義では県外や海外から講師を招聘し、貴重な時間を過ごせました。

A3.

将来は、必ずこの大学院での経験を生かしたいと考えます。その為に、在学中は自分の将来の目標につながるテーマを設定し、研究を深めます。私の場合は、福祉施設についての研究を行い、自分が将来携わる福祉施設での経験に生かせるよう勉学に励みたいです。また、在学中の活動を通した地域とのつながりを大切にしていきたいと考えています。

比嘉 陽介 (人間福祉専攻 臨床心理学領域)

比嘉 陽介 (人間福祉専攻 臨床心理学領域)
A1.

「臨床心理士」になりたい。私は高校生の頃にその夢を抱き、大学院への入学を志しました。本学は臨床心理士資格認定の第一種指定校という位置付けもさることながら、教鞭をとられている先生方が学部と大学院で共通しており、合わせて6年間をかけて人のこころに関する知識と臨床における姿勢を学べる点が魅力的だと感じ、本学を選択しました。

A2.

心理士になる為に必要なカリキュラムが多角的な面から組まれ、濃い学びができることが本領域の特徴です。臨床家として求められる関わり方を学外実習や附属の相談室業務、ボランティア活動を通して「体験的」に学べます。また、実践だけでなく、研究領域の先生方からもご教授頂けるので、専門家に必要な“科学者と実践者の視点”の両輪を磨き上げることができます。

A3.

院修了後は医療または司法・矯正領域における職務に携わりたいと考えています。相手に寄り添い、各人が生きてこられた人生に敬意を払いながら、「今」をより良く生きる為の支援を当事者の方や他職種と協働して創り上げていけるような心理士を目指しています。また、より質の高い専門性を獲得する為に博士課程への進学も視野に入れています。

與座 詩織 (人間福祉専攻 臨床心理学領域)

與座 詩織 (人間福祉専攻 臨床心理学領域)
A1.

将来、心理学を生かして支援の現場に就きたいと考えた際、より専門的な知識や経験を得たいと思い大学院を目指しました。本大学院は県内唯一の臨床心理士資格認定の第一種指定大学院で学内外での実習や講義内容が充実しており、図書館や研究室などの施設環境も整っていて、学びを深めるのにとても良い環境が揃っている点に強く惹かれました。

A2.

本大学院は、現場で即戦力となるような質の高い臨床家を育てるためのサポートが充実しています。研究領域、臨床領域の先生方に加えて、実習先やボランティア先の先生方も一体となって私たちの学びを応援してくださいます。共に学ぶ院生の皆さんも社会人経験者や他大学から来られた方など様々で、常に新たな視点の発見や学びが得られます。

A3.

私は学部の頃から、子どもの領域や子育て支援に興味があり、大学院でもそうした領域について意識的に学んでいます。院修了後は臨床心理士の資格を取得し、子どもの発達や教育、子育て支援の現場において、お子さんや親御さんがお互いに過ごしやすい生活を築くためのお手伝いができるような心理士になりたいと考えています。

人間福祉専攻

人間福祉専攻専任教員紹介

ページの先頭へ戻る