現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 人間福祉専攻

人間福祉専攻

人間福祉専攻 社会福祉学領域3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与方針)

人間福祉専攻社会福祉学領域においては、以下のすべての条件を満たした人物に「社会福祉学修士」の学位を授与します。
1.社会福祉学領域が指定する必要な科目を履修及び単位を取得し、必要な見識を有
すると認められた人物。
2.自らの専門領域について、専門的な見識と研究方法を有すると認められた人物。
3.自らの専門領域における研究課題について、一定以上の条件を満たした研究活動
によって修士論文をまとめ、最終試験に合格した人物。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成方針)

人間福祉専攻社会福祉学領域においては、以下の方針に基づいた教育を行います。
1.学生各自の目指す専門領域について見識を深め、将来個人や社会の福祉問題に関
する適切な研究活動ができるように指導します。
2.各教員の専門領域と関連させ、個別的な指導体制をもって各学生の研究活動を支援する体制をとります。
3.指導においては、理論と実践を関連させるために、現場との連携を重視した指導
を行います。
4.長寿・高齢者領域及び医療・保健に関連する領域を重視したカリキュラムを提供
します。

アドミション・ポリシー (入学者受入方針)

人間福祉専攻社会福祉学領域においては、以下のいずれかの条件を満たす人物を本課程の学生として受け入れます。
1.社会福祉学に関する一定以上の知識と語学力を有すると認められた人物。
2.在職する行政機関、社会福祉施設、社会福祉協議会、医療機関等の長から推薦が
ある人物で、一定以上の社会福祉学に関する知識を有すると認められた人物。
3.学校、教育委員会等の代表者の推薦がある人物で、一定以上の社会福祉学に関する
知識を有すると認められた人物。

ページの先頭へ戻る