文字サイズ

見出し

学生サポーター制度

沖縄国際大学では、障害のある学生の修学サポートを本学に在籍する学生が行っています。
また、学生支援室では、障害のある学生の立場に立ち、責任をもって支援に取り組む学生を随時募集し、学生のサポートと養成を行っています。

下記のサポート内容に興味・関心があり、やってみたいな!もう少し詳しく説明が聞きたいな!少しでも誰かの役に立ちたいという方、大歓迎です!支援活動は週1コマからでも可能ですので、お気軽にお問合せください。
※学生サポーターへは謝礼が支払われます。詳しくは学生支援室までお尋ねください。

1.代筆サポート

肢体不自由の学生の講義に同行し、講義中の板書、ページめくりなどを行います。
利用学生からの指示をもとにサポートを行います。

2.ノートテイク

聴覚障害を持つ学生の講義に同行し、先生や学生の発言をパソコンや手書きといった方法で、リアルタイムで文字にしていきます。
話していること全てを文字にするのではなく、文章を要約して文字情報にしていきます。

要約技術を学ぶための「ノートテイカー養成講座」を年に2回ほど実施し、定期的に勉強会も行われており、初めての方でも安心して参加することができます。
※オンライン講義の際には、キャプションラインと呼ばれる要約筆記ツールあるいはオンライン会議ツール(ZoomやMicrosoft Teams)のチャット機能を用いて、自宅からでもサポートを行うことが可能です。

3.文字おこしサポート

講義内で使用するDVD等の映像教材の音声情報を、文字におこしていきます。
講義の空き時間や、休日等を利用してできることが特徴です。

学生サポーターの声

私は、大学生活で新しいことに挑戦しようと思い、代筆サポーターを始めました。しかし、これまで障害を持った方と関わる機会がほとんどなかったため、初めは不安が大きかったです。それでも継続してサポートに入っているうちに、相手の立場に立って考えられるようになってきました。
授業では、サポーターとして隣についていますが、自分でできることまで奪わないよう気をつけています。障害の有無にかかわらず1人の人として関われるようになってきたことが、私自身の成長であると感じています。このように、サポート経験が自分の成長のきっかけになるので、今では挑戦してみて良かったと思っています。週1回のサポートでも可能なので、授業やサークル活動、アルバイト等との両立もできています。そのため、「人の役に立ちたい」「何か始めてみたい」「空いている時間を有意義に使いたい」等と少しでも考えている人は、挑戦してみることをオススメします!

人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)3年次
人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)3年次