文字サイズ

公開講座刊行本詳細

公開講座シリーズ№9 「転換期の法と政治」

公開講座シリーズ
№9
法と政治が開く新世紀への展望
今世紀、世界に吹き荒れた様々な変革。そこに当然のごとくか関わってきた「法」と「政治」は、いったい何をなし得たか。
次世紀への展望を切り開くために何をなすべきか…。転換期に立つ法と政治の動向を、幅広い視点から検証する。

「転換期の法と政治」目次
タイトル著者名
転換期における国際政治と外交松永大介
転換期における医療保障の現状と未来伊達隆英
生面保健契約法の改正について脇坂明紀
人権の国際的保護緑間 榮
日本の外交政策赤阪清隆
安楽死是非論高良阮二
転換期における東欧と民族紛争伊藤知義
転換期の国家法一元論徳永賢治
消費者法の展開阿波連正一
企業再編時代の到来山城将美
21世紀に向けた国際政治の潮流と沖縄江上能義
変わりゆく家族熊谷久世
変貌する少年法制小西由浩
地方分権と行政課題前津榮健
遺伝子鑑定の現実と社会的環境新屋敷文春


発行:2000年3月31日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税
ISBN:4-938984-14-8