文字サイズ

公開講座刊行本詳細

公開講座シリーズ№11 「沖縄における教育の課題」

公開講座シリーズ
№11
沖縄の教育、その21世紀の展望
学級崩壊、総合的な学習の時間導入、週5日制、少子化、情報化への対応…。多様な課題に直面する教育の全体像を捉えなおし、復帰30年を迎えた今、意欲的に21世紀を展望する。

「沖縄における教育の課題」目次
タイトル著者名
教育崩壊の克服のために遠藤庄治
日本語教育から見たパラダイム・シフト大城朋子
学校教育とカウンセリング逸見敏郎
教育課程改革の動向と教育の課題三村和則
現代沖縄と教育基本法の精神森田満夫
教師に求められる新たな人間観・教育観玉城康雄
「生きる力」を培う開かれた教育津留健二
総合学習と地理教育の役割小川 護
沖縄の国語教育渡辺春美
教育情報化への対応吉田肇吾
情報教育の課題山口真也
平和教育の課題安仁屋政昭
大学の現状と課題阿波連正一
憲法・教育基本法の根本理念垣花豊順
八重山の民話と教育遠藤庄治
学校教育と地域社会教育の連携と教育の再興大城 保


発行:2002年2月24日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税
ISBN:4-938984-21-0