文字サイズ

公開講座刊行本詳細

公開講座シリーズ№24 「沖縄を取り巻く経済状況」

公開講座シリーズ
№24
沖縄を取り巻く経済状況
-沖縄に流れている俗説は果たして正しいのか-
我々を取り巻く経済状況は急速に成長を遂げたり、バブル崩壊後の長引く不況が続いたり、さらにグローバル化や高齢化への対応などが求められたり、様々な問題に直面しています。また、大学においてもこれまでの「教育」「研究」といった2つの役割に加え、「社会貢献」という新たな重要な責任が求められています。
経済学部の研究者がそれぞれの専門性と見識に基づき、沖縄に関する経済学各分野の理論、政策、実証、歴史など、多様な切り口から考えていきます。

「沖縄を取り巻く経済状況」目次
タイトル著者名
横断的問題解決手法について浦本 寛史
沖縄経済論:2つの陥穽について宮城 和宏
沖縄の雇用問題名嘉座 元一
沖縄経済と観光湧上 敦夫
沖縄基地経済前泊 博盛
大学の社会的責任 -経済性と社会性に関する非営利組織的アプローチ-村上 了太
沖縄における創造性 -製品発想のための方法論に向けて-金城 敬太
地域資産としての沖縄の文化的景観崎浜  靖
沖縄における金融状況安藤 由美
沖縄における交通産業の生成と発展梅井 道生


発行:2015年3月31日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税
ISBN:978-4-905412-39-7