文字サイズ

キャンパスライフ

入学から最短修学年限の終期まで、原則全員加入

本学では、教育活動研究中の不慮の災害事故ならびに損害賠償の保証に備えるために、保険制度を導入しています。安心した学生生活を送るために、入学から最短修学年限の終期まで、原則全員加入としています。
この保険で対象となるケガや事故が生じた場合は、学生課窓口に申し出て、手続きを取ってください。

【重要】学籍の異動(再入学、卒業保留等)がある場合は、保険期間変更の手続きが必要です。
    該当する学生は、学生課窓口へ申し出てください。

学生保険

1.学生教育研究災害傷害保険について

教育活動中に生じた急激かつ偶然な外来の事故によって身体に障害を被った場合に、
保険対象内であれば保険金が支払われます。

対 象 次の活動中に被った身体の傷害

1.正課授業、学校行事参加中(治療日数1日目から)

2.正課授業、学校行事以外で学校施設内にいる間・課外活動中(治療日数14日目から)

3.学校施設外で大学に届け出た課外活動中(治療日数14日目から)

4.通学中、学校施設等相互間の移動中(治療日数4日目から)

手続き方法(手続場所:学生課窓口)
ケ  ガ  の  発  生
学 生 課 に 報 告

・「事故通知」を保険会社へ送付します。
治  療  期  間
完治後、学生課で保険金の請求手続

・様式「請求書」「治療状況申告書」を作成し、保険会社へ提出します。
請求内容によっては「診断書」の提出を求められることがあります。
保険金の受領

・本人指定の口座に保険金が振り込まれます。

詳しくは本館2階・学生課厚生係におたずね下さい。

2.学研災付帯賠償責任保険について

日本国内外において、他人にケガをさせたり他人の財物を損壊したことにより発生する法律上の損害賠償をカバーする保険です。

対象となる活動範囲

正課、学校行事または課外活動及びその往復中、インターンシップ、介護体験活動、教育実習、ボランティア活動及びその往復中。
ただし、大学が正課・学校行事、課外活動として認めた場合に限ります。

※原付・バイク・自転車等で通学中の事故は補償の対象外です。
※賠償金は被害者の過失の割合や、他の者の責任割合を勘案して決定されます。賠償事故については、加害者の一方的な過失によるものは少なく、
被害者自身にも過失のあるものや、不可抗力によるものが多いため、示談に際しては事前に保険会社と充分に相談して下さい。

事故処理方法
事  故  発  生
学生本人で、保険会社の損害課へ事故内容連絡
大学へ事故通知、保険会社へ連絡したことも報告
被害者の示談等は加害者本人が行う。
大学で保険金請求書(兼事故証明書)を受け取り

必要事項を記入し、保険会社へ提出。
保険会社は審査の上、保険金を本人の口座へ振り込む。

詳しくは本館2階・学生課厚生係におたずね下さい。