文字サイズ

公開講座刊行本詳細

公開講座シリーズ№14 「沖縄芸能の可能性」

公開講座シリーズ
№14
沖縄芸能の伝統と創造-経済効果を探る
伝統を継承し、新来の風と共に生きる沖縄の伝統。多様化した現代社会において、沖縄芸能が果たしうるべき役割とは…。
研究者、芸能化などの各界人が、沖縄の芸能の魅力を語るとともに、その課題と可能性に迫る。

「沖縄芸能の可能性」目次
タイトル著者名
国立劇場と沖縄芸能の可能性大城 學
琉球舞踊と玉城盛義玉城節子
沖縄の民話と芸能遠藤庄治
琉球芸能の可能性狩俣恵一
沖縄芝居と沖縄方言八木政男
琉歌を語る、歌う島袋正雄
祭祀芸能の地理的基盤崎浜 靖
本土芸能と琉球芸能葛綿正一
琉球舞踊と初代宮城能造宮城能造
創作組踊の可能性大野隆之
組踊、いまむかし島袋光晴


発行:2005年12月5日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税
ISBN:4-938984-37-7