現在地: ホーム > 学部案内

学部案内

学びを支える3つの要素

共通科目

学部学科関係なくすべての学生が自由に学ぶことができる「共通科目」では、さまざまな事柄に興味を持ちながら学ぶことができます。

専門科目

4学部10学科2専攻それぞれの専門分野の体系的な「学び」を徹底的に追求できます。

オリジナルサポート体制

本学ならではの力強いサポート体制で、充実した学びの4年間を約束します。

■語学教育サポート ■資格取得サポート ■情報教育サポート 
■奨学金サポート ■海外・国内留学サポート ■就職サポート

学科の概要

法学部 法律学科 地域行政学科
経済学部 経済学科 地域環境制作学科
産業情報学部 企業システム学科 産業情報学科
総合文化学部 日本文化学科 英米言語文化学科社会文化学科人間福祉学科(社会福祉専攻)人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)

共通科目

共通科目は、人文系列・社会系列・自然系列の教育内容に加えて、本学の教育理念である「国際化」「情報化」「地域化」に対応する9つの科目群から構成されており、幅広く多様な学習の場を提供し、学生の興味に対応できるようになっています。

人間文化科目群 社会生活科目群 自然環境科目群

人間や文化のありかたを、さまざまな角度から多面的に学んでいきます。

  • 哲学T・U
  • 倫理学T・U
  • 環境の倫理学
  • 文学T・U
  • 日本の歴史T・U
  • 世界の歴史T・U
  • 芸術学T・U
  • 心理学T・U
  • コミュニケーション論
  • 女性と文化
  • フェミニズム思想
  • 女性と歴史
  • エコロジーの思想
  • 平和と文化
  • 人間文化課題研究T・U

複雑な社会の仕組みを的確に捉え、自分自身の生活にどのように直結しているかを理解していきます。

  • 地理学T・U
  • 社会学T・U
  • 法学
  • 日本国憲法
  • 経済学T・U
  • 政治学T・U
  • 教育学T・U
  • 文化人類学T・U
  • 男性学
  • 女性学
  • NPO入門
  • 協働社会論
  • ビジネスの倫理
  • 社会福祉入門T・U
  • ボランティア論
  • 生涯学習概論
  • 社会生活課題研究T・U

自然の摂理と環境問題に向きあうための知識を深めていきます。

  • 生物学T・U
  • 化学T・U
  • 地学T・U
  • 自然科学概論T・U
  • 環境科学T・U
  • 数学T・U
  • 統計学T・U
  • 自然環境課題研究T・U
国際理解科目群 情報科目群 沖縄科目群

異文化に対する理解および国際関係の理解を通じて、大学生として必要な教養を深めていきます。

  • 国際政治
  • 国際経済
  • 国際平和学T・U
  • 多民族論
  • アメリカ研究
  • ヨーロッパ研究T・U
  • アジア研究T・U
  • アラブ研究T・U
  • ミクロネシア研究T・U
  • ラテンアメリカ研究
  • 海外語学・文化セミナーT〜X
  • 国際理解課題研究T・U

情報化社会に対応するために必要となる技術や知識を養成していきます。

  • 情報科学
  • 情報処理基礎
  • インターネットと情報倫理

「日本」の中の「沖縄」だけではなく、アジアという地域的な広がりの中で、自然・文化・歴史などを学んでいきます。

  • 沖縄の自然環境T・U
  • 沖縄の地理
  • 沖縄の歴史T(前近代)
  • 沖縄の歴史U(近現代)
  • 沖縄の考古学
  • 沖縄の文学
  • 沖縄の民話
  • 沖縄の言語
  • 沖縄の民俗
  • 沖縄の芸能
  • 沖縄の美術・工芸
  • 沖縄の社会
  • 沖縄の経済
  • 沖縄の宗教
  • 沖縄の政治
  • 沖縄の観光
  • 沖縄戦
  • 沖縄の基地問題A・B
健康科目群 外国語科目群(英語英語以外 キャリア教育科目群

体育・スポーツに関する理論と実践能力の習得などを通して、豊かな人間性の育成にあたる。

  • 健康と運動の科学
  • スポーツ演習
  • テニスT・U
  • フライングディスクT・U
  • サッカーT・U
  • 卓球T・U
  • バドミントンT・U
  • バスケットボールT・U
  • 空手T・U
  • エアロビクスダンスT・U
  • ゴルフT・U
  • バレーボールT・U

多様な言語学習を通して、国際交流に役立つコミュニケーション能力を磨いていきます。

  • 英語T〜[
  • ドイツ語T〜W
  • フランス語T〜W
  • スペイン語T〜W
  • 中国語T〜W
  • 韓国語T〜W
  • 外国語研究T・U

卒業後の進路選択・進路決定に必要となる多様な価値観を様々な学習プログラムを通して学びとっていきます。

  • キャリア入門
  • 文章表現入門
  • ジョブ・インタビュー入門
  • キャリア・デザインA・B

上記の記載は、平成27年4月1日現在の科目一覧です。

キャリア教育科目群

本科目群は、本学に入学当初から自らの卒業後の進路や就業観を育成するために2014年度に開設されました。科目は、「キャリア入門」(1年次以上)、「ジョブインタビュー入門」(2年次以上)、「文章表現入門」(2年次以上)、「キャリア・デザインA」(3年次以上)、「キャリア・デザインB」(3年次以上)の5科目から構成されます。
今回ピックアップするキャリア・デザインAでは、14回にわたって沖縄県内の企業経営者ならびに法人理事長を招聘して、講義+質疑応答を行いました。学生も積極的な姿勢で臨んでいました。2014年度に招聘した企業は、沖縄ツーリスト、タイガー産業、沖縄トヨタ自動車、沖縄セルラー電話、赤マルソウ、上間菓子店、前田産業ホテルズ、フォーモストブルーシール、みたのクリエイト、佐久本工機、医療法人杏月会、レキオファーマ、ヒューマン&アソシエイツ、SMBCコンシューマファイナンスの各社です。なお、履修者以外の学生も聴講可能にしています。入学後、上記の5科目は、学部学科を問わずに履修できますので、是非受講してください。そして大学に入学する意味や自分の進路について考えてみてください。

講義の様子

沖縄科目群〈沖縄の観光〉

企業による講義の様子

共通科目の「沖縄科目群」には、沖縄の自然環境、地理、歴史、考古学、文学、言語、民話、民俗、芸能、美術・工芸、社会、経済、宗教、政治、沖縄戦、基地問題などの講義があり、その中で比較的新しい科目が「沖縄の観光」です。
「沖縄の観光」では、沖縄観光の歴史、観光資源、観光産業、観光の影響、持続可能な観光などを学んでいます。観光資源ではカジノやエイサーを観光資源化していいか否かなどを討論したり、観光産業ではホテルやダイビングサービス、旅行業、レンタカー業などの現状と課題を学び、ホテルや空港などの現場で働く学外講師を招いたりして、観光産業を身近に感じることが出来ます。エコツーリズムやグリーンツーリズムなどの持続可能な観光の現状を知り、地域活性化や地域振興についても考えます。
沖縄国際大学では観光関連科目が少ないですが、多くの卒業生が観光関連産業に就職しています。沖縄のリーディング産業である観光を学び、沖縄の将来を考えよう。

専門科目

オフィスアワーとアカデミック・アドバイザー

沖縄国際大学では、すべての学生に学習指導教員を配置するアカデミック・アドバイザー制度を導入し、学生のあらゆる相談について専任教員が直接対応します。アカデミック・アドバイザーは、授業の他にオフィスアワーという学生の相談を受ける時間を設けています。
履修方法や講義内容の質問、学生生活での悩み等、相談が必要になった場合は、アカデミック・アドバイザーの先生に相談してみましょう。

オフィスアワー

教員は週最低1コマ分の時間を研究室で待機。学生の相談に教員が直接対応するシステムです。

アカデミック・アドバイザー

1〜4年次まで、すべての学生に対して一人ひとりの学修目的に適した履修ができるよう細かい指導を行います。

ページの先頭へ戻る