文字サイズ

学部・学科

社会文化学科

「沖縄」と「人間」をより深く学び、「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を目指す!

社会文化学科は、東アジアを中心とする周辺世界との関係も視野にいれながら、琉球弧の島々の歴史と現在を徹底的に学ぶ学科です。「沖縄」と「人間」にこだわり、「日本・アジア・世界のなかの沖縄」を担う人材を育てます。

学科の特色

沖縄の歴史・文化・社会を総合的に学び、フィールド(現場)で得た知識と、グローバルな視座で未来を切り拓く人材を育成する!
  1. 沖縄の歴史・文化・社会を理解するスペシャリストの養成
  2. 現場を重視するフィールドワークの実践
  3. 人類社会・文化の仕組みに対する幅広い知識の修得
  4. 沖縄からアジア・世界へ広げる国際的視野
  5. 実践的英語能力の養成
  6. 4年間一貫ゼミによる少人数教育の充実
  7. 問題を発見し、解決できる人材の育成

学びのポイント

沖縄・アジア・世界を理解するための4つの領域と7つの専門ゼミ
社会・平和領域
社会学ゼミ、平和学ゼミ

民俗・人類学領域
民俗学ゼミ、人類学ゼミ

考古・先史領域
考古・先史学ゼミ

歴史領域
歴史学[前近代]ゼミ、歴史学[近現代]ゼミ
授業の様子
授業の様子

学生から見たOKIU

様々な力を身につけ自分を高めることができます

座間味 可奈代
社会文化学科 3年次 浦添高校出身 座間味 可奈代[ ざまみ かなよ ]

 社会文化学科は沖縄を、考古学・歴史学・民俗学・人類学・社会学・平和学の六つの分野から学ぶ学科です。1年生ではそれぞれの分野を総合的に学び、2年生から領域に分かれ専門的に学びます。また、フィールドワークを重視し、現地でしか知ることができない知識が得られます。さらに、毎年「メンバーシップ・トレーニング」が行われており、同級生や先輩とも交流をもつこともできます。現在は、社会文化学科の学生のみで構成されている「SmiLife」というサークルに所属しており、その活動に力を注いでいます。沖縄を学ぶのはもちろん、いろいろな活動を通して様々な力を身につけ発信することができ、自分を高める事ができる素晴らしい学科です。
サンプル画像

社会文化学科教員紹介

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 社会調査士
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。

教員国家公務員
地方公務員博物館学芸員
国際機関職員観光業
マスコミ印刷・出版業
NPO・NGO職員

主な就職先(2014年度~2018年度卒業生)

卸・小売

イオン琉球/コジマ/サンエー/スズキ自販沖縄/ドラッグストアモリ/ドンキホーテ/パナソニックリビング九州/ブリジストンタイヤ販売沖縄/沖縄ゼロックス/御菓子御殿

サービス業

JAおきなわ/PHR沖縄ホテルマネジメント/WBFリゾート沖縄/エアー沖縄/エイチ・アイ・エス沖縄/りゅうせき/レキオス/ロワジール・ホテルズ沖縄/沖縄ツーリスト/沖縄ワタベウェディング/沖縄県観光事業協同組合/求人おきなわ/近畿日本ツーリスト沖縄/北谷ホテルアンドリゾート

金融・保険

イントラスト/かんぽ生命保険/コザ信用金庫/フィナンシャル・エージェンシー/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/琉球銀行

運輸・郵便

ANA沖縄空港/JALスカイエアポート沖縄/日本郵便

通信・IT

シーエー・アドバンス/すかいらーく 沖縄テレフォンセンター/トランスコスモス/フリーフォームカンパニー/琉球インタラクティブ

製造業

グリーンフィールド/パラダイスプラン/沖縄ユーシーシーコーヒー 

印刷・広告

丸正印刷/平山印刷

建設・不動産

アイエー住宅販売/ニッシンあっとリフォーム/三和エステート

エネルギー・環境

沖縄協同ガス/四国ガス燃料

医療・福祉

かりゆし会/就学援助児童支援NPO法人 エンカレッジ 

公務員

沖縄県警察/沖縄県職員/恩納村役場/法務局

進学

沖縄国際大学大学院地域文化研究科

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2018年度卒業生については2019年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

「あたり前を疑う」という視点

大城 海翔
 沖縄海邦銀行に入行し約2年の営業店配属後、現在証券国際部で外貨に関わる業務を担当しています。お客様のお役にたてるよう資格を習得するなど知識を増やし、日々勉強を重ねています。私は沖縄について様々な面から学びたいと思い、社会文化学科を選びました。この学科での講義やゼミでの活動を通していく中で「あたり前を疑う」という視点が私にとってとても印象に残りました。それからはいろんなものを実際に肌で感じたいと思い、施設でのボランティアや他学科の生徒とのフィールドワークなど、多くの経験をすることができました。大学にはいろんなキッカケが転がっているので、興味や好奇心を大事にして、実りのある大学生活を送って下さい。
沖縄海邦銀行
仲里 有紀美[ なかざと ゆきみ ]
社会文化学科 2 015年度卒業 那覇高校出身

カリキュラム紹介

本学科のカリキュラムの第一の特色は、琉球弧の島々(奄美・沖縄・宮古・八重山諸島)で人々が歴史的にどのような生活を営み、いかなる社会・文化を形成し、現在どのような社会的現実を生きているのかを「全体的」(holistic)に学ぶことです。そのため本学科には、考古・先史学、歴史学、民俗・人類学、社会・平和学という領域(4領域)/専門演習ゼミ(7つの演習〔ゼミ〕)が設定されています。第二の特色は、各学年を通じてのゼミ教育を重視していることです。フレッシュマン・セミナー(1年次)では大学における学習・研究の基礎となる「作法」を学び、さらに領域演習(2年次)/演習Ⅰ(3年次)/演習Ⅱ(4年次)で専門分野に関する理解を段階的に深めていきます。特に3年次の実習では、沖縄県内各地(場合によっては県外・海外)でフィールドワークや研修を実施し、実体験に基づいた「沖縄」の理解を通じて、「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を育成しています。

卒業必要単位数

  • 共通科目 32単位以上
    ※外国語12単位を含む
  • 専門必修科目 44単位
  • 専門選択必修科目 2単位以上
  • 専門選択科目 28単位以上
  • 自由選択科目 18単位以上
  • 合計 124単位以上
  • 学科履修モデル(クリックするとPDFファイルで閲覧できます)

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。
1年次「フレッシュマンセミナー」大学生として、読み、書き、調べ、発表し、議論する能力を養成します。
2年次「領域演習」専門領域に分かれ、専門分野における学問体系の基本、調査・研究能力の基礎を習得します。
3年次「演習Ⅰ」「実習」領域演習で培った知識と方法を活用し、専門分野の個別テーマについて深く学んでいきます。フィールドワーク(実習)を通じて、専門分野における調査・研究能力を向上させ、地域理解能力を育成します。
4年次「演習Ⅱ」「卒業論文」4年間の学びの集大成として、各自がテーマを設定し、専門分野における知識と方法に基づき、卒業論文を仕上げ、その内容を社会に発信します。

授業紹介

演習Ⅰ

玉城 亜門
考古学をもっと学びたい方に向けて
 演習Ⅰは3年次の必修ゼミとなっています。考古・先史学ゼミでは、琉球列島を中心に様々な生活文化について学びます。夏休みに実施される実習では、実際に遺跡へ出向いて発掘調査を2週間行います。現場で実践的な知識を学ぶことができ、土器や石器といった本物の遺物に触れることで、さらに考古学に対して関心を持つ良いきっかけになります。学芸員や沖縄の考古学について興味があるという方にはピッタリなゼミです。
社会文化学科 4 年次 知念高校出身 玉城 亜門 [ たましろ あもん ]

古文書講読Ⅰ

城間 美希
少しずつ解読していく楽しみがあります!
 この講義では、琉球時代の当時の日記を読みながら、くずし字や候文を学んで解読していきます。一見、文字が崩れすぎて何を書いているか分からないものでも、講義を重ねるごとに解読できるようになります。1文字ずつ読める文字が増えるにつれて、日記の内容も理解できるようになるので、楽しみながら学ぶことができました。琉球時代の歴史について知りたい方や、くずし字で書かれた古い資料に興味のある方におすすめです。
社会文化学科 3 年次 浦添高校出身 城間 美希 [ しろま みき ]

沖縄社会入門

比嘉 七星
小中高で学習したことの点と点が繋がりました!
 この講義では、たえず進む沖縄社会を多様な視点から紐解いていきます。前半は沖縄戦の爪痕など過去に遡り、日常に潜む暴力に光をあてて考察します。後半は、沖縄の内側と外側から現代の問題と向き合います。私にとって、小中高で学習した歴史・社会・文化の点と点が繋がる瞬間でした。地域課題を見つめ直すことで改善策を見出す問題解決能力を養い、多方面から見る"目"を持つことができるようになりました。
社会文化学科 2年次 コザ高校出身 比嘉 七星 [ ひが ななせ ]

フレッシュマンセミナー

石川 寛人
大学生活の目標や計画を明確に決めることが出来る!
 フレッシュマンセミナーでは、5つのゼミに分かれて、大学における学習・研究の基礎となる、読む・調べる・書く・発表するという能力を身につけます。担当の先生の指導の下、グループワークを中心に、コラムの要約や2年次以降の専門領域選択に必要な知識や情報を集めています。私は、社会・平和領域に進みたいと考え、その中でも最も関心のある「沖縄戦」を切り口に、様々な観点から学ぶことを意識しています。
社会文化学科 2年次 首里高校出身 石川 寛人 [ いしかわ ひろと ]