現在地: ホーム > 学部案内 > 経済学部 > 地域環境政策学科

経済学部 | 地域環境政策学科

経済の視点から地域と環境を考える!

地域の経済問題を探る「地域経済」と人間社会にとって望ましい環境水準を作りだすための政策である「環境政策」の両分野を融合させ、経済学を基礎に、環境の保全と資源の利用やあり方について理解を深め、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。
環境問題は自然科学的問題と思われがちですが、大量生産・大量消費・大量廃棄の現代社会のライフスタイルそのものが、環境への負荷を与えている根源となります。そのことを考えると環境問題は経済活動から引き起こされます。地域経済と環境政策の両分野を融合させて、様々な課題にアプローチしていくことは非常に有益であると言えます。
地域環境政策学科では「21世紀の多様な現代社会において、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる高い見識と深い専門性を身につけた人材の育成」を目指し、地域社会のニーズに対応した充実した教育プログラムを提供しています。地域の経済・文化・歴史・自然をしっかり学ぶことから、あなた自身の足元を見つめ、地域経済と環境政策への理解を深めていきましょう。

学科の特色

経済学を基礎に多様なカリキュラムと充実した環境関連科目
  1. 科目の自由かつ柔軟な選択による進路の探求
  2. 沖縄、日本、世界の最新の経済動向と環境問題を学ぶ
  3. 体系的なカリキュラムによって経済学の基礎理論と応用・実践を学習
  4. 地域経済と環境経済を考える広く深い視野を育成
  5. 国際化・情報化に対応した実践的な科目を配置
  6. 資格取得支援科目の提供
  7. 大学院地域産業研究科との連携による教育研究の充実を目指す
  8. 経済活動を通して、環境を良くする理論や実践を学ぶ

学びのポイント

学生から見たOKIU

沖縄の魅力を感じながら、夢に向かってチャレンジ出来る学科です!

地域環境政策学科 3年次 北谷高校出身 平良 奈津子 [たいら なつこ]

平良 奈津子

私は沖縄県の自然や観光産業に関心があり、地域環境政策学科に入学しました。志望した理由は、フィールドワークなどを通して、地域密着型で経済や自然環境の知識を得ることで沖縄の魅力を最大限に学べると考えたからです。経済から環境資源、自然環境と1つの学科においての学びの選択肢が多いことや、留学へ挑戦するなどアクティブな学生が多いことも魅力です。ここでの学びを活かし将来は、東南アジアや発展途上国の豊かな自然をそのまま活かしながら観光の発展から経済成長へと繋がるサポートをしたいです。沖縄の魅力を感じながら学び、将来を考え、夢に向かってチャレンジ出来る学科です。自分の可能性を信じ、本学科で多くのことに挑戦して下さい!

【2年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30   コミュニケーション論   環境経済学U 交通と環境  
2 10:40〜12:10   産業と環境 ジョブ・インタビュー入門   地域セミナーU  
3 13:00〜14:30   地域経済学U 都市環境論 現代沖縄経済史    
4 14:40〜16:10            
5 16:20〜17:50            
6 18:00〜19:30            

※現在、開講されていません。

地域環境政策学科教員紹介

教授

新垣 武 【環境科学、海洋化学、地球化学、水質汚染、海洋汚染、海洋中の炭酸物質の化学】
上江洲 薫 【観光地振興、観光地運営、エコツーリズム、観光地理学】
小川 護 【農業地理学、島嶼地域の土地利用と地域振興】
呉 錫畢 【環境の経済評価、コモンズと地域発展、入会と環境保全、干潟の経済学分析】
島袋 伊津子 【金融論】
友知 政樹 【琉球独立論、在沖米軍基地問題、数理社会学、ゲーム理論、社会ネットワーク分析、計量社会科学】
前泊 博盛 【沖縄経済研究、基地・軍事経済が与える地域経済への影響、経済安全保障、島嶼経済研究】

准教授

上江洲 律子 【アンドレ・マルローの作品研究】
齋藤 星耕 【土壌動物の群集生態学、生物地理学、ゲノム及び転写産物の生物情報分析】
根路銘 もえ子 【観光情報システム、進化型計算、マルチエージェントシステム】
山川(矢敷)彩子 【海洋生物学、底生生物学、動物考古学】

講師

砂川 かおり 【環境法、環境政策、 安全保障と環境、湿地の保全とワイズユース、アジアの環境問題】
渡久地 朝央 【地域経済学、環境経済学】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士
  • 社会調査士
  • 環境マネジメント実務士
  • 上級環境マネジメント実務士
  • GIS学術士
また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を用意しています。
  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • 不動産鑑定士
  • プロジェクトワイルドエデュケーター
  • 統計士
  • 簿記検定
  • 経済学検定試験
  • ITパスポート試験
  • 消費生活アドバイザー
  • eco検定

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
国家公務員 エコビジネス業
地方公務員 博物館学芸員
中・高教員 観光・エコツーリズム業
エネルギー関連業 海外青年協力隊
環境調査業 金融・保険業
大学院進学 他民間企業

誰もが経済・環境問題を無視できない今、経済活動と環境問題の関係性、経済的アプローチで環境を良くする方法等について学び、幅広い専門性を持ち、沖縄を愛する本学科の卒業生は、様々な分野で活躍しています。また、専門性のさらなる深化を目指して、大学院へ進学する人もいます。

主な就職先(2013年度〜2017年度卒業生)

卸・小売

青山商事/イオン琉球/エッカ石油/御菓子御殿/沖縄サントリー/沖縄パナソニック特機/沖縄ファミリーマート/沖縄ホンダ/沖縄マツダ販売/沖縄ヤクルト/金秀商事/サンエー/スズキ自販沖縄/ダイコー沖縄/トヨタカローラ沖縄/はるやま商事/ヨドバシカメラ/リウボウストア/ローソン本社/琉球日産自動車

サービス業

沖縄県中小企業家同友会/沖縄ツーリスト/近畿日本ツーリスト沖縄/ザ・テラスホテルズ/JAおきなわ/りゅうせき/ロワジール・ホテルズ沖縄

金融・保険

あいおいニッセイ同和損害保険/アメリカンホームダイレクト医療・損害保険/いちよし証券/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/琉球銀行/おきなわ証券/全保連/大同火災海上保険/富山第一銀行/フィナンシャル・エージェンシー/みずほ証券

運輸・郵便

ANA沖縄空港/沖縄ヤマト運輸/佐川急便/JALスカイエアポート沖縄/日本郵便

通信・IT

沖縄セルラー電話/沖縄通信ネットワーク

製造業

オキコ/サン食品/沖縄伊藤園

印刷・広告

近代美術/光文堂コミュニケーションズ/丸正印刷

建設・不動産

エールクリエイト/金秀本社/大和ハウス工業/タマキホーム/レオパレス21

エネルギー・環境

沖縄ガス/沖縄協同ガス/沖縄新エネ開発/ひまわりガス

医療・福祉

中部徳洲会病院

公務員

浦添市立美術館/沖縄県警察本部/宜野湾市役所/熊本国税局/警視庁/座間味村役場

進学

沖縄国際大学大学院

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2017年度卒業生については2018年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

自分が成長できる環境が地域環境政策学科にはあります!

春田 晃嘉

南風原町役場
春田 晃嘉 [はるた あきよし]
地域環境政策学科 2010年度卒業 沖縄尚学高校出身

地域環境政策学科では良き友人たちと出会い、自ら考えて学ぶ楽しさや、充実したキャリア教育、伝統ある教職課程等、やる気を出した分バックアップをしてくれる環境があり、大きく成長することができました。その大学生活のなかで、「おせっかいが好き」ということに気づかされ、それを活かせる職場はここだ!と思い、現在の仕事に就いています。窓口では税や生活に密着した相談が多いので、業務終了後に資格取得に励み1年前にAFPの資格を取得し、町民の皆さまにより良いご案内ができるよう日々勉強中です。本学科の魅力はどう努力すれば良いのかを教えてくれる先生方と環境が豊富にあるところです。是非、本学科で実りある大学生活を謳歌されてください♪

カリキュラム紹介

地域環境政策学科では、地域の経済・環境問題の経済的解決法について学ぶ「地域経済学T・U」と「環境経済学T・U」を専門必修科目として提供します。さらに専門選択科目を履修することにより、沖縄の地域経済問題と地域環境問題についての学びを深め、それらに関わる施策に必要な実行・調整・評価を考察し、地域社会に貢献する能力を養います。3年次の「演習I・U」では個々人の関心に合わせてゼミが選択でき、4年次の「演習V・W」では学生の調査・研究の成果を卒業論文としてまとめます。本学科のカリキュラムにより、幅広い教養を身につけることができます。

卒業必要単位数

  • 共通科目 30単位以上
    ※英語T・Uを含む外国語8単位、環境科学T・Uを含む
  • 専門必修科目 34単位
  • 専門選択科目 46単位以上
  • 自由選択科目 14単位以上
  • 合計 124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 地域経済・環境政策を学ぶ上で必要な基礎学力の習得を目指します。 フィールドワーク等の科目を通して、地域経済と環境問題の関わりをより深く学び、基礎的知識を身につけます。
専門必修科目 基礎演習T・U
地域環境政策入門
情報リテラシー演習
経済学入門T・U
環境統計学T
地域セミナーT・U
地域経済学T・U
環境経済学T・U
専門選択科目 エコビジネス論
環境科学実験
環境統計学U
経済地理T・U
経済数学T・U
プログラミング演習
情報処理概論
簿記原理T・U
人文地理学概論
人文地理学特講
自然地理学概論
自然地理学特講
地誌T・U
外国史T・U
哲学概論
倫理学概論
心理学概論
日本史
ミクロ経済学T・U
マクロ経済学T・U
環境政策論T・U
琉球・沖縄経済史T・U
金融論T・U
ファイナンシャル・プランニングT・U
アジア経済と環境
農業と経済
島嶼環境論
環境資源論
環境法
農業と環境
産業と環境
交通と環境
生態学概論
土壌学概論
人口食糧論
エネルギーと社会
公害概論
集落地理論T・U
社会調査論T・U
統計情報処理T・U
沖縄社会統計セミナー
グローカルセミナーT・U
インターンシップT・U
キャリアデザイン論
経済学史T・U
経営学T・U
行政学
行政法T
都市経済論
都市環境論
環境文化論
環境教育論
地域経済書講読T・U
環境政策書講読T・U
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法
  3年次 4年次
学びのステップ 経済問題や環境問題など地域を取り巻く諸問題を解決するために必要な専門的知識を身につけます。 地域経済や環境政策に対する見識と深い専門性を習得し、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる能力を磨きます。
専門必修科目 演習T・U 演習V・W
専門選択科目 沖縄経済論T・U
島嶼経済論T・U
国際経済論T・U
計量経済学T・U
産業連関論の基礎
産業連関論の応用
観光経済論
地域開発論
環境アセスメントT・U
環境評価入門
環境評価実践論
環境会計
環境経営
廃棄物論
情報社会論
情報産業論
観光情報論
地理情報システム論T・U
不動産評価論
社会調査演習
地域経済と産業
地域経済と社会
開発と環境
環境と経済政策
経済政策総論T・U
労働経済学T・U
証券市場論T・U
公共経済学
地域財政論T・U
地方自治法
社会科・地理歴史科教育法演習
社会科・公民科教育法演習
 

ゼミナールの概要

ゼミナールとは担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次『 基礎演習T・U 』 先生と学生のコミュニケーションを深め、基本的な読解力・情報収集能力・分析力をつけます。さらに、基本的なプレゼンテーション能力を身につけていきます。また、4月には1泊2日の合宿型ガイダンス(MT)を行い、親睦を深めます。
2年次『 地域セミナーT・U 』 様々なフィールドに出て、実際の経済問題・環境問題とそれらの解決法について学んでいきます。3年次の「演習T・U」の基礎として位置づけられます。
3年次『 演習T・U 』 より深く学びたいテーマについてゼミの指導教員を選びます。4年次の「演習V・W」の土台として、ゼミの仲間とともに学んでいきます。
4年次『 演習U・V 』 3 年次の「演習T・U」を土台に、自分自身が決めたテーマについて深く考え、調べます。それを「卒業論文」としてまとめ、提出します。

授業紹介

金融論T

金融を楽しく学びたい方へ

盛 達哉

講義当初は基礎的な部分の学びを進めていきますが、徐々に「フィンテック」や「サービサー」など専門的な知識についても学んでいきます。グループワークなどを通して仲間たちと話し合うアウトプットの場もありますし、先生も個性的な方で難しい内容でも面白おかしく教えてくれます。金融について楽しくわかりやすく学ぶことができます。

【地域環境政策学科 4年次 浦添高校出身】盛 達哉 [もり たつや]

人口食糧論

途上国の問題をとおしてグローバルな課題を学べます

知花 佳那子

この講義では、人口と食糧の関係について学んでいきます。人口はどのようにして増えるのか、またそれをまかなうための食糧生産はどのように変化していったのか。さらに、人口移動や発展途上国の人口問題など、グローバルな課題にも目を向け、考えることができます。様々な課題に、各国がどのようにして取り組んだのかを知ることで、興味の幅がさらに広がると思います。

【地域環境政策学科 4年次 読谷高校出身】知花 佳那子 [ちばな かなこ]

地域セミナーU

地域の課題に向き合いプレゼン能力を身につけませんか?

水谷 ゆりな

この講義では、本部町・沖縄市・南城市の観光協会協力のもと地域の観光課題に対して解決策をプレゼンするPBL(Project Based Learning)を行います。それぞれ担当の地域をグループで視察し、何が必要で、どう地域の特性を活かすのか、発表に向けて何度も話し合い完成させます。実際にある課題を考えることで地域の現状を身近に捉えることができ、地域経済や観光状態について深く知ることができます。

【地域環境政策学科 4年次 那覇西高校出身】水谷 ゆりな [みずたに ゆりな]

環境資源論

自然環境のリアルな現状を知ることができます。

竹場 蓮

沖縄独自の自然環境は、日常生活から観光産業まで幅広く密接な関係にあります。本講義は、その自然環境の中でもサンゴ礁、干潟、海草藻場などにフィールドワークへ行き、そこに棲む生物や環境が担う役割を理解しながら、環境資源の有効利用と保全について学びます。実際に現地へ足を運ぶことで、開発に伴った環境変化などリアルな現状を知ることができるため、自然に興味のある方におすすめです!

【地域環境政策学科 4年次 不来方高校(岩手県)出身】竹場 蓮 [たけば れん]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る