現在地: ホーム > 学部案内 > 経済学部 > 地域環境政策学科

経済学部 | 地域環境政策学科

経済の視点から地域と環境を考える!

地域の経済問題を探る「地域経済」と人間社会にとって望ましい環境水準を作りだすための政策である「環境政策」の両分野を融合させ、経済学を基礎に、環境の保全と資源の利用やあり方について理解を深め、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。
環境問題は自然科学的問題と思われがちですが、大量生産・大量消費・大量廃棄の現代社会のライフスタイルそのものが、環境への負荷を与えている根源となります。そのことを考えると環境問題は経済活動から引き起こされます。地域経済と環境政策の両分野を融合させて、様々な課題にアプローチしていくことは非常に有益であると言えます。
地域環境政策学科では「21世紀の多様な現代社会において、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる高い見識と深い専門性を身につけた人材の育成」を目指し、地域社会のニーズに対応した充実した教育プログラムを提供しています。地域の経済・文化・歴史・自然をしっかり学ぶことから、あなた自身の足元を見つめ、地域経済と環境政策への理解を深めていきましょう。

学科の特色

経済学を基礎に多様なカリキュラムと充実した環境関連科目
  1. 科目の自由かつ柔軟な選択による進路の探求
  2. 沖縄、日本、世界の最新の経済動向と環境問題を学ぶ
  3. 体系的なカリキュラムによって経済学の基礎理論と応用・実践を学習
  4. 地域経済と環境経済を考える広く深い視野を育成
  5. 国際化・情報化に対応した実践的な科目を配置
  6. 資格取得支援科目の提供
  7. 大学院地域産業研究科との連携による教育研究の充実を目指す
  8. 経済活動を通して、環境を良くする理論や実践を学ぶ

学びのポイント

学生から見たOKIU

アクティブな仲間と刺激しあえる日々

地域環境政策学科 3年次 知念高校出身 比嘉 亮太 [ひが りょうた]

比嘉 亮太

入学の際、経済に興味があったので経済学部に入ろうと決めていました。その中で地域環境政策学科を選んだのはオープンキャンパスで先輩方から就職に関する取り組みやインターンシップが充実していることを聞いたからです。本学科の魅力の一つにフィールドワークがあり、実際に現地に行って調査をしたりします。本学科で学ぶ中で刺激を受けたことがアクティブな学生がとても多いことです。海外・県外インターンシップに参加した人や海外・国内留学に参加した人が周りには多くいます。私も海外短期留学に参加しました。留学に行ったことで一歩踏み出す勇気を持てるようになりました。アクティブな仲間と共に刺激しあえる日々を過ごしてみませんか?

【2年次 前期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30 環境経済学T 英語V   生物学T 英語V  
2 10:40〜12:10 外書講読T(※) 社会調査論T ミクロ経済学T   地域セミナーT  
3 13:00〜14:30 地学T 地域経済学T   近代沖縄経済史    
4 14:40〜16:10   マクロ経済学T        
5 16:20〜17:50            
6 18:00〜19:30            

※現在、開講されていません。

地域環境政策学科教員紹介

教授

新垣 武 【環境科学、海洋化学、地球化学、水質汚染、海洋汚染】
小川 護 【農業地理学、島嶼地域の土地利用と地域振興】
呉 錫畢 【環境の経済評価、コモンズと地域発展、環境政策の経済分析】
友知 政樹 【ゲーム理論、数理社会科学、琉球独立論】
前泊 博盛 【沖縄経済研究、基地・軍事経済が与える地域経済への影響、経済安全保障、島嶼経済研究】

准教授

上江洲 薫 【観光地振興、観光地運営、エコツーリズム、観光地理学】
上江洲 律子 【フランス語教育、フランス文学】
島 袋 伊津子 【金融論】
根路銘 もえ子 【観光情報システム、進化型計算、マルチエージェントシステム】
山川(矢敷)彩子 【海洋生物学、保全生物学】

講師

砂川 かおり 【環境法、米軍基地と環境問題、環境教育、環境と文化】
渡久地 朝央 【地域経済学、環境経済学】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士
  • 社会調査士
  • 環境マネジメント実務士
  • 上級環境マネジメント実務士
  • GIS学術士
また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を用意しています。
  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • 不動産鑑定士
  • プロジェクトワイルドエデュケーター
  • 生物分類技能検定
  • 統計士
  • 簿記検定
  • 経済学検定試験
  • ITパスポート試験
  • 消費生活アドバイザー
  • eco検定

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
国家公務員 地方公務員
中・高教員 NPO・NGO
エコカウンセラー 大学院進学
環境・リサイクル業 博物館学芸員
廃棄物処理業 観光業
金融・保険業 他民間企業

誰もが経済・環境問題を無視できない今、経済活動と環境問題の関係性、経済的アプローチで環境を良くする方法等について学び、幅広い専門性を持ち、沖縄を愛する本学科の卒業生は、様々な分野で活躍しています。また、専門性のさらなる深化を目指して、大学院へ進学する人もいます。

主な就職先(2012年度〜2016年度卒業生)

卸・小売

青山商事/イオン琉球/エッカ石油/沖縄サントリー/沖縄パナソニック特機/沖縄ホンダ/沖縄マツダ販売/沖縄ヤクルト/金秀商事/キタムラ/ザ・リアルマッコイズ・インターナショナル/サンエー/ジーマ/ダイコー沖縄/トヨタカローラ沖縄/はるやま商事/ベイブルック/ヨドバシカメラ/リウボウストア/ローソン/琉球日産自動車

サービス業

沖縄県中小企業家同友会/沖縄ツーリスト/近畿日本ツーリスト沖縄/JAおきなわ/富士ツーリスト/りゅうせき

金融・保険

いちよし証券/岡三証券/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/おきなわ証券/コザ信用金庫/全保連/大同火災海上保険/富山第一銀行/フィナンシャル・エージェンシー/みずほ証券/琉球銀行

運輸・郵便

ANA沖縄空港株式会社/沖縄ヤマト運輸/佐川急便/JALスカイエアポート沖縄株式会社/日本郵便

通信・IT

沖縄セルラー電話

製造業

御菓子御殿/フォーモストブルーシール

印刷・広告

近代美術/光文堂コミュニケーションズ

建設・不動産

エールクリエイト

エネルギー・環境

沖縄ガス/沖縄協同ガス/沖縄新エネ開発/ひまわりガス

医療・福祉

中部徳洲会病院/ベネッセスタイルケア

公務員

沖縄県警察本部/久米島町役場/警視庁/座間味村役場

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2016年度卒業生については2017年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

幅広い分野で経営者をサポートしています!

中山 翔太

沖縄県中小企業家同友会
中山 翔太 [なかやま しょうた]
地域環境政策学科 2012年度卒業 首里東高校出身

「よい会社・よい経営者・よい経営環境をめざす」経営から採用、教育、政策まで幅広い活動で中小企業の経営者をサポートする仕事をしています。経営者と同じ立ち位置で相談ができるよう、幅広い知識、様々な挑戦、経験を活かし共に歩んでおります。学生時代は学業とアルバイトの両立、空いている時間で資格取得にも挑戦しました。その経験を活かし、今の職場では早期採用という形で、大学4年次の半年間は仕事と学業を両立させながら過ごしました。大学4年間はあっという間ですが、大学生活は自分自身の行動力で経験も知識も異なってきます。様々なことに積極的に挑戦し、自分なりのやりがいを見つけてほしいと思います。

カリキュラム紹介

本学科では、地域の経済・環境問題の経済的解決法について学ぶ「地域経済学」と「環境経済学」を専門必修科目として提供します。「演習T」では個々人の関心に合わせてゼミが選択でき、「演習U」では、学生の調査・研究の成果を卒業論文としてまとめます。さらに専門選択科目を履修することによって、沖縄の地域経済問題と地域環境問題について学び、それらに関わる施策に必要な実行・調整・評価を考察し、地域社会に提言する能力を養います。本学科のカリキュラムにより、幅広い教養を身につけることができます。

卒業必要単位数

  • 共通科目※英語T・Uを含む外国語8単位、環境科学T・Uを含む
    30単位以上
  • 専門必修科目
    34単位
  • 専門選択科目
    46単位以上
  • 自由選択科目
    14単位以上
  • 合計
    124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 地域経済・環境政策を学ぶ上で必要な基礎学力の習得を目指します。 フィールドワーク等の科目を通して、地域経済と環境問題の関わりをより深く学び、基礎的知識を身につけます。
専門必修科目 基礎演習T・U
情報リテラシー演習
環境統計学T
地域環境政策入門
経済学入門T・U
地域セミナーT・U
地域経済学T・U
環境経済学T・U
専門選択科目 プログラミング演習
経済数学T・U
経済地理T・U
環境統計学U
簿記原理T・U
情報処理概論
ファイナンシャル・プランニングT・U
エコビジネス論
環境科学実験
人文地理学概論
人文地理学特講
自然地理学概論
自然地理学特講
地誌T・U
社会調査論T・U
統計情報処理T・U
環境法
環境政策論T・U
アジア経済と環境
農業と環境
農業と経済
産業と環境
交通と環境
環境文化論
環境教育論
エネルギーと社会
都市経済論
都市環境論
グローカルセミナーT・U
ミクロ経済学T・U
マクロ経済学T・U
環境資源論
島嶼環境論
生態学概論
土壌学概論
地域経済書講読T・U
環境政策書講読T・U
公害概論
人口食糧論
近代沖縄経済史
現代沖縄経済史
集落地理論T・U
沖縄社会統計論
キャリアデザイン論
インターンシップT・U
経済学史T・U
経営学T・U
行政学
行政法T
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法
  3年次 4年次
学びのステップ 経済活動や環境問題など地域を取り巻く諸問題を解決するために必要な専門的知識を身につけます。 地域経済や環境政策に対する見識と深い専門性を習得し、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる能力を養います。
専門必修科目 演習T・U 演習V・W
専門選択科目 計量経済学T・U
国際経済論T・U
観光経済論
金融論T・U
情報産業論
情報社会論
観光情報論
地理情報システム論T・U
不動産評価論
産業連関論の基礎
産業連関論の応用
環境会計
環境経営
地域開発論
環境評価入門
環境評価実践論
環境アセスメントT・U
島嶼経済論T・U
沖縄経済論T・U
廃棄物論
社会調査演習
地域経済特別講義T・U
環境政策特別講義T・U
経済政策総論T・U
労働経済学T・U
証券市場論T・U
公共経済学
地域財政論T・U
地方自治法
社会科・地理歴史科教育法演習
社会科・公民科教育法演習
 

ゼミナールの概要

ゼミナールとは担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次『 基礎演習T・U 』 先生と学生のコミュニケーションを深め、基本的な読解力・情報収集能力・分析力をつけます。さらに、基本的なプレゼンテーション能力を身につけていきます。また、4月には1泊2日の合宿型ガイダンスを行い、親睦を深めていきます。
2年次『 地域セミナーT・U 』 フィールドに出て、実際の環境問題・地域経済の一端について学んでいきます。3年次の「演習T・U」の基礎として位置づけられます。
3年次『 演習T・U 』 より深く学びたいテーマについて指導教員を選びます。4年次の「演習V・W」の土台として共通のテーマについて、ゼミの仲間とともに学んでいきます。
4年次『 演習U・V 』 「演習T・U」を土台にして自分自身が決めたテーマについて深く考え調べます。それを「卒業論文」として提出します。

授業紹介

演習T(渡久地ゼミ)

フィールドワークを通して楽しく学べる!

渡口 愛林

渡久地ゼミでは毎年、離島で調査を行っています。近年、観光客が増加する一方で環境問題が悪化しています。島民の方々がこの問題をどう感じ、対策しているのか調査を行うことで島の現状を知り、解決策などを考えます。ネットで調べるだけでなく、現地に赴くことで離島の環境問題の特徴など身をもって感じます。本学科では、フィールドワークを取り入れている授業が多く、楽しく沖縄の環境問題や経済活動を学ぶことが出来ます。

【地域環境政策学科 4年次 宜野湾高校出身】渡口 愛林 [とぐち あいりーん]

地域セミナーT

アクティブに経済を学べる

大城 愛音

地域セミナーでは各グループでテーマを決め、あらゆる視点から沖縄の経済について調べます。私達は泡盛やビール産業について調べました。インターネットで情報を集め、アポ取りを行い、実際に企業に訪問しインタビューを行います。企業訪問では企業の問題点や努力している事などを教えてもらいました。また、社会人と接する機会も多いため、働くことについても学ぶ事ができます。地域環境政策学科では地元を良くするために何が出来るかを深く考える事ができると思います。

【地域環境政策学科 3年次 名護高校出身】大城 愛音 [おおしろ あいね]

観光経済論

観光をあらゆる視点で考える

與島 優貴

日常生活の中で外国人観光客を見る機会が増えてきていませんか?観光は沖縄の経済をリードする産業の一つでもあり、金融や環境など様々な分野にも繋がる複合産業でもあります。本講義では、観光を使った地域活性化の取り組みや海外のユニークな事例などを取り入れながら、様々な形でこれからの観光のあり方について考えていきます。私は観光を通して社会問題の解決にも繋げられる事を知ってより興味を持つきっかけになりました!

【地域環境政策学科 4年次 興南高校出身】與島 優貴 [よじま ゆうき]

環境科学実験

実験を通して環境問題を学ぶ!

上原 涼弥

環境問題に興味がある方におすすめの授業です。この授業では、赤潮やアオコなどの水質汚染の原因になる溶存酸素の測定を行ったり、日常生活で飲んでいる飲料水からpHの度数を測定する方法などを教わります。また、ヘリの騒音問題について、騒音の測定なども行ったりします。少人数形式の授業なので先生に質問がしやすく、一人一人に丁寧に対応して説明してくださるので、いつも楽しんで実験を行うことが出来る授業です!

【地域環境政策学科 2年次 那覇西高校出身】上原 涼弥 [うえはら すずや]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る