現在地: ホーム > 学部案内 > 経済学部 > 地域環境政策学科

経済学部 | 地域環境政策学科

経済の視点から地域と環境を考える!

地域の経済問題を探る「地域経済」と人間社会にとって望ましい環境水準を作りだすための政策である「環境政策」の両分野を融合させ、経済学を基礎に、環境の保全と資源の利用やあり方について理解を深め、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。環境問題は自然科学的問題と思われがちですが、大量生産・大量消費・大量廃棄の現代社会のライフスタイルそのものが、環境への負荷を与えている根源となります。そのことを考えると環境問題は経済活動から引き起こされます。地域経済と環境政策の両分野を融合させて、様々な課題にアプローチしていくことは非常に有益であると言えます。地域環境政策学科では「21世紀の多様な現代社会において、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる高い見識と深い専門性を身につけた人材の育成」を目指し、地域社会のニーズに対応した充実した教育プログラムを提供しています。地域の経済・文化・歴史・自然をしっかり学ぶことから、あなた自身の足元を見つめ、地域経済と環境政策への理解を深めていきましょう。

経済学を基礎に多様なカリキュラムと充実した環境関連科目

  • 科目の自由かつ柔軟な選択による進路の探求
  • 沖縄、日本、世界の最新の経済動向と環境問題を学ぶ
  • 体系的なカリキュラムによって経済学の基礎理論と応用・実践を学習
  • 地域経済と環境経済を考える広く深い視野を育成
  • 国際化・情報化に対応した実践的な科目を配置
  • 資格取得支援科目の提供
  • 大学院地域産業研究科との連携による教育研究の充実を目指す
  • 経済活動を通して、環境を良くする理論や実践を学ぶ
授業の様子

先生から見るOKIU

地域経済や環境政策に関する理解を深める学びと出会いのステージ!

永田 伊津子 准教授

地域環境政策学科
永田 伊津子 准教授

地域環境政策学科では、島嶼県独特の沖縄の環境と経済に関する知識や考え方を学びます。そのために様々な専門分野の講師陣が揃っています。講義としては、「地域セミナー」などのフィールドワークを取り入れた講義を設け、実際に自分の目で沖縄の環境・経済・産業について学ぶことができるのも魅力の一つです。また、環境・経済関係の資格取得に結びつく講義に特色があります。さらに、沖縄という地域に根ざした企業への就職サポートも万全です。地域環境政策学科には様々な個性を持つ学生がおり、実に多様性に富んでいます。全体的にいえることは、「元気があって、明るい学生が多いこと」です。学生が、本学科で勉強したことを「ecoクラブ」や「コネクションプロデュース」などのサークル活動に活かしています。本学科では皆さんの知的好奇心を満たしてくれる先生方を始め、様々な出会いが待っています。その出会いを糧に是非ステップアップを!

学生から見たOKIU

代替性のない沖縄の環境を通して、身近な視点での経済学を習得できます。

呉屋 成美 地域環境政策学科 3年次 (普天間高校出身)

呉屋 成美 地域環境政策学科 3年次 (普天間高校出身)

将来私たちが行う経済活動と、破壊されていく自然環境との両立を図る環境コーディネーターになりたい!という目標から私はこの学科に進学しました。経済と自然環境の両方を学べ、またフィールドワーク実習という学科特有の授業内容がとても魅力的な学科です。実際に大学に入ってみると、環境に関連したエコビジネス論や環境法、また経済学を基礎とした環境統計学や金融論、社会問題を分析する社会調査論、観光経済学など、とてもバラエティーに富んでいます。学んでいくうちに私はより経済に興味を持ち、様々な分野で応用できるレベルまでマスターする事を目標とし頑張っています。他にも、コネクションプロデュースというサークルや課外活動も積極的に行うことで多くの学生や地域の人との繋がりもでき、様々な活動に参加しています。この学科に入学したからこそ出来た事が多くあると感じています。入学後は、自ら行動することを大切に、楽しみながら学生生活を送ってほしいです。

4年間で学ぶ教育内容のカリキュラム

本学科では、地域の経済・環境問題の経済的解決法について学ぶ「地域経済学」と「環境経済学」を専門必修科目として提供します。「演習I」では関心に合わせてゼミが選択でき、「演習II」では、個人の調査・研究の成果を卒業論文としてまとめます。さらに専門選択科目を履修することによって、沖縄の地域経済問題と地域環境問題について学び、それらに関わる施策に必要な実行・調整・評価を考察し、地域社会に提言する能力を養います。本学科のカリキュラムにより、幅広い教養を身につけることができます。

地域環境政策学科 (専門科目一覧)

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 地域経済・環境政策を学ぶ上で必要な基礎学力の習得を目指します。 フィールドワーク等の科目を通して、地域経済と環境問題の関わりをより深く学び、基礎的知識を身につけます。 経済活動や環境問題など地域を取り巻く諸問題を解決するために必要な専門的知識を身につけます。 地域経済や環境政策に対する見識と深い専門性を習得し、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる能力を養います。
専門必修科目 基礎演習
環境統計学T
経済学入門T・U
情報リテラシー演習
地域セミナーI・II
地域経済学I・II
環境経済学I・II
演習I 演習II
専門選択科目 簿記原理T・U
環境統計学U
ファイナンシャル・プランニングT・U
経済数学T・U
経済地理T・U
人文地理学概論
人文地理学特講
自然地理学概論
自然地理学特講
地誌T・U
環境科学実験
エコビジネス論
プログラミング演習
情報処理概論
ミクロ経済学T・U
マクロ経済学T・U
アジア経済と環境
近代沖縄経済史
現代沖縄経済史
農業と経済
統計情報処理T・U
沖縄社会統計論
都市経済論
地域経済書講読T・U
経済学史T・U
地域財政論T・U
環境政策論T・U
環境政策書講読T・U
環境資源論
島嶼環境論
都市環境論
農業と環境
産業と環境
交通と環境
エネルギーと社会
環境教育論
環境文化論
人口食糧論
環境法
生態学概論
土壌学概論
集落地理論T・U
社会調査論T・U
行政学
行政法T
経営学T・U
外書講読T・U
インターンシップT・U
キャリアデザイン論
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法
沖縄経済論T・U
島嶼経済論T・U
国際経済論T・U
労働経済学T・U
公共経済学
経済政策総論T・U
証券市場論T・U
産業連関論の基礎
産業連関論の応用
計量経済学T・U
金融論T・U
政策金融論
不動産評価論
観光経済論
観光情報論
地域開発論
環境アセスメントT・U
環境評価入門
環境評価実践論
廃棄物論
公害概論
環境会計
環境経営
情報産業論
情報社会論
地理情報システム論T・U
社会調査演習
地域経済特別講義T・U
環境政策特別講義T・U
社会科・地理歴史科教育法演習
社会科・公民科教育法演習
 

卒業必要単位数

共通科目 30単位以上 ※英語I・IIを含む外国語8単位 環境科学I・IIを含む
専門必修科目 32単位以上
専門選択科目 46単位以上
自由選択科目 16単位以上

合計 124単位以上

カリキュラムピックアップ

地域セミナーI・II

環境問題、地域経済を本質的に理解するためには、問題意識をもってフィールドに出て、観察、調査することが重要です。「地域セミナー」では野外実習と屋内での分析・データ整理とを通じて、実践的なアプローチの基礎を学びます。

エコビジネス論

エコビジネスの概要とエコビジネスに関連する法律・利害関係者・環境経営などとの関連性を学び、また、外部講師の講話や企業見学も実施します。

環境政策論I・II

近年の環境問題は、地球規模へと拡大しているのが現状です。そのため将来世代の持続可能な発展が求められ、環境政策が重要視されています。「環境政策論」では環境問題全体を考え、理想的な環境政策とは何かについて探ります。

沖縄経済論I・II

沖縄は、日本の中で歴史も風土も異なるユニークな地域です。その沖縄の経済と産業について、その成り立ちと、現状と課題を考えましょう。沖縄に住み、沖縄で暮らす我々は、そのような沖縄経済を考えることが求められます。そして、沖縄経済の動向に、皆の未来が託されているのです。

地域環境政策学科の先輩の声

メンバーシップトレーニングで交流

比嘉 祐作 (向陽高校出身)
比嘉 祐作 (向陽高校出身)

入学後、不安も多い時期でしたが交流しながら友達ができ、寝食を共にする事で仲良くなれました。友達を介して更に友達の輪が広がり嬉しかったです。また、先輩方との交流もでき内容の濃い日程でした。

交流の様子

沖縄の経済の今が学べる

寺松 春菜(魚津高校出身)
寺松 春菜(魚津高校出身)

地域セミナーでは、「沖縄の経済」について調査しました。実際に調査に行くことで沖縄の経済の実態を知ると共に、これからの経済発展について考えることができました。本土にはない沖縄独自の強みを感じることができ、貴重な時間であったと思います。

授業の様子

視野の広がる海外インターンシップ

知花 真希(名護高校出身)
知花 真希(名護高校出身)

地域環境政策学科では積極的に海外研修に参加する学生が多いです。私はシンガポールでの研修プログラムに参加し、10日間の研修期間で企業訪問や職場体験、学生交流等を通じて就職についての意識・視野が広がりました。

授業の様子

海外や県外での学外活動で自分磨き

小山内 祐司(豊見城南高校出身)
小山内 祐司(豊見城南高校出身)

大学生活では、海外や県外インターンシップ、カリフォルニア州への語学留学など、主に学外活動に力を入れました。ゼミで金融を学び、県外での就活の末、みずほ証券へ内定を頂き、希望だった金融業界への一歩を踏み出します!

海外研修の様子

地域環境政策学科ゼミナールの研究テーマ

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

基礎演習(1年次対象)

先生と学生のコミュニケーションを深め、基本的な読解力・情報収集能力・分析力をつけます。さらに、基本的なプレゼンテーション能力を身につけます。また、4月には1泊2日の合宿型ガイダンスを行い、親睦を深めます。

地域セミナー(2年次対象)

フィールドに出て、実際の環境問題・地域経済の一端について学びます。3年次の「演習T」の基礎として位置づけられます。

演習I(3年次対象)

「演習T」を土台にして自分自身が決めたテーマについて深く考え調べます。それを「卒業論文」として提出します。

演習II(4年次対象)

「演習I」を土台にして自分自身が決めたテーマについて深く考え調べる。それを「卒業論文」として提出する。

各ゼミのテーマ
  • ■呉ゼミ(環境経済学演習)「経済からみる環境の姿を探る」
  • ■前泊ゼミ(沖縄経済論演習)「今日の沖縄経済について学ぶ」
  • ■友知ゼミ(計量社会科学演習)「経済を定量的に分析する手法について学習する」
  • ■永田(島袋)ゼミ(金融論演習)「金融理論、金融制度及び金融政策について学ぶ」
  • ■渡久地ゼミ(地域経済学演習)「地域経済を対象に調査・分析方法について学ぶ」
  • ■名城ゼミ(地域環境科学演習)「地域環境の現状と保全の自然科学的方策について学ぶ」
  • ■新垣ゼミ(環境アセスメント演習)「環境アセスメントの目的と実施方法について学ぶ」
  • ■山川(矢敷)ゼミ(海洋生物学演習)「海洋生物と環境保全について学ぶ」
  • ■砂川ゼミ(環境法演習)「環境保全のための法的手段について学ぶ」
  • ■小川ゼミ(経済地理学演習)「文献・フィールドワークを中心に地理学を学ぶ」
  • ■上江洲ゼミ(観光環境演習)「観光地の活性化と環境の取り組みを学ぶ」
  • ■根路銘ゼミ(観光情報演習)「観光産業と情報技術の融合について学ぶ」

ゼミの様子

卒業生から見たOKIU

もっと色んな場所へ行き、見聞を広めたい

高橋 寛貴

株式会社日本旅行沖縄
高橋 寛貴
地域環境政策学科
2011年度卒業生(八重山高校出身)

私は日本旅行沖縄で旅行関係の業務全般を行っています。チケット一枚の手配から、修学旅行や社員旅行などの団体旅行の手配や行程の作成、添乗員として同行などを行っています。
また、営業として色々な方と出会い、お客様の要望等を聞き、企画提案などを行います。お客様と一緒に行程を作成し、実際に添乗員としてお客様の安全や円滑な行程が進むよう配慮し、お客様に満足してもらえる。その時の達成感は得るものは大きく、原動力になります!
在学中は様々な経験をしました。最初は同じ地元出身の友達が少なくて不安でしたが、同じ学科の人達がとてもフレンドリーに接してくれて、すぐ友達を作ることができました。他の学科にも友達ができ、テスト前には助け合うことができました。大学で出来た友達は今でも連絡を取り合い、一生の付き合いになるだろうと思っています。
今は、もっと色んな場所へ行き、見聞を広めたいです。お客様に魅力ある情報や、スムーズな企画提案が出来るために、とにかく経験を積みたいです。尊敬する上司に『一人前になるためには10年かかる』と言われたので、10年以内に『一人前になったな』と言われるよう精進していきます!

ニュース

ドイツ研修に参加

「日独学生青年リーダー交流派遣事業 研修テーマ:若者の社会参画」に本学科の兼久博矢杜くんが参加しました。東京での研修後、15日間滞在したドイツでは、ドイツの文化や社会制度、青少年の団体活動や社会参画、リーダーシップについて学びました。

写真イメージ

ブログで情報発信!

地域環境政策学科では、ブログを利用して学科の先生方や講義を紹介しています。特に、学科の特徴であるフィールドワークの報告も載せており、講義室内の座学とは異なる講義であることが良くわかります。また、在学生の活動や卒業生の紹介もおこなっており、学生同士の繋がりや学科の雰囲気を感じられます。是非、一度訪れてみて下さい。

地域環境政策学科のブログ

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士
  • 社会調査士
  • 環境マネジメント実務士
  • 上級環境マネジメント実務士
  • GIS学術士

また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を用意しています。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • 不動産鑑定士
  • プロジェクトワイルドエデュケーター
  • 生物分類技能検定
  • 統計士
  • 簿記検定
  • 経済学検定試験
  • ITパスポート試験
  • 消費生活アドバイザー
  • eco検定

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■国家公務員
  • ■地方公務員
  • ■中・高教員
  • ■NPO・NGO
  • ■エコカウンセラー
  • ■大学院進学
  • ■環境・リサイクル業
  • ■博物館学芸員
  • ■廃棄物処理業
  • ■観光業
  • ■民間企業

誰もが経済・環境問題を無視できない今、経済活動と環境問題の関係性、経済的アプローチで環境を良くする方法等について学び、幅広い専門性を持ち、沖縄を愛する本学科の卒業生は、様々な分野で活躍しています。また、専門性のさらなる深化を目指して、大学院へ進学する人もいます。

主な就職先

卸・小売

東江メガネ/イオン琉球/沖縄サントリー/沖縄トヨタ自動車/沖縄パナソニック特機/沖縄ホンダ/沖縄マツダ販売/沖縄ヤクルト/金秀商事/サンエー/ジーマ/スズキ自販沖縄/ダイコー沖縄/トミー沖縄ノボサイエンス/ベイブルック/宮脇書店/メイクマン/琉球日産自動車/りゅうせき商事/琉薬

サービス業

エイアンドダブリュ沖縄/沖縄ツーリスト/求人おきなわ/近畿日本ツーリスト沖縄/KPG HOTEL&RESORT/ザ・テラスホテルズ/サンレー/JAおきなわ/ソラーレホテルズアンドリゾーツ/ダイワロイヤル/日本旅行沖縄/ラウンドワン/リザンコーポレーション

金融・保険

岡三証券/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/コザ信用金庫/大同火災海上保険/みずほ証券/琉球銀行

建設・不動産

FJネクスト/沖創建設/住宅情報センター/大鏡建設/タマキホーム/徳里産業/パナホーム/レオパレス21/レキオス

通信・IT

エヌ・テック・システムズ/コンピュータ沖縄/プロトデータセンター

製造

ぐしけん/ザ・リアルマッコイズ・インターナショナル/サン食品/東京コンテナ工業/日本エレベーター製造/ホクガン

医療・福祉

中部徳洲会/ベネッセスタイルケア

運輸・郵便

沖縄急送/グランドシステム沖縄/日新コーポレーション/日本郵政グループ

印刷・広告

近代美術/グラフィック/光文堂コミュニケーションズ/新星出版

公務員

内閣府沖縄総合事務局/沖縄県警察官/嘉手納町役場/久米島町役場/南風原町役場

電気・ガス・水道

沖縄ガス/沖縄協同ガス/沖縄新エネ開発

環境関係

アイマーク環境/沖縄環境分析センター/Tsudoi Company/非破壊検査

その他

沖縄国際大学

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る