現在地: ホーム > 学部案内 > 経済学部 > 地域環境政策学科

経済学部 | 地域環境政策学科

経済の視点から地域と環境を考える!

 地域の経済問題を探る「地域経済」と人間社会にとって望ましい環境水準を作りだすための政策である「環境政策」の両分野を融合させ、経済学を基礎に、環境の保全と資源の利用やあり方について理解を深め、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。

人と自然、地理的環境と経済の橋渡し役になろう。

世界に誇る沖縄の自然、チャンプルー文化が育む地域経済、
観光立県ならではの人々の温かさ、
これらを沖縄の発展へ活かす方法を生み出す力を身につけます。

経済学を基礎に多様なカリキュラムと充実した環境関連科目

  • 科目の自由かつ柔軟な選択による進路の探求
  • 沖縄、日本、世界の最新の経済動向と環境問題を学ぶ
  • 体系的なカリキュラムによって経済学の基礎理論と応用・実践を学習
  • 地域経済と環境経済を考える広く深い視野を育成
  • 国際化・情報化に対応した実践的な科目を配置
  • 資格取得支援科目の提供
  • 大学院地域産業研究科との連携による教育研究の充実を目指す
津覇 実史 地域環境政策学科 4年次 (球陽高校出身)
津覇 実史 地域環境政策学科 4年次 (球陽高校出身)

先生から見るOKIU

地域経済や環境政策に関する理解を深める学びと出会いのステージ!

学科の魅力と個性は?
根路銘もえ子 准教授

地域環境政策学科
根路銘もえ子 准教授

 地域環境政策学科では、島嶼県独特の沖縄の環境と経済に関する知識や考え方を学びます。そのために様々な専門分野の講師陣が揃っています。講義としては、「地域セミナー」などのフィールドワークを取り入れた講義を設け、実際に自分の目で沖縄の環境・経済・産業について学ぶことができるのも魅力の一つです。また、環境・経済関係の資格取得に結びつく講義に特色があります。さらに、沖縄という地域に根ざした企業への就職サポートも万全です。地域環境政策学科には様々な個性を持つ学生がおり、実に多様性に富んでいます。全体的にいえることは、「元気があって、明るい学生が多いこと」です。学生が、本学科で勉強したことを「ecoクラブ」や「コネクションプロデュース」などのサークル活動に活かしています。本学科では皆さんの知的好奇心を満たしてくれる先生方を始め、様々な出会いが待っています。その出会いを糧に是非ステップアップを!

学生から見たOKIU

代替性のない沖縄の環境を通して、身近な視点での経済学を習得できます。

比嘉 知治 地域環境政策学科 4年次 (北中城高校出身)

比嘉 知治 地域環境政策学科 4年次 (北中城高校出身)

 フィールドワークをはじめ、課題について自分の足で情報収集したり、ビジネスの第一線で活躍する方の話を聞く機会があったりして学問オンリーでないところが楽しくもあり、環境保全と地域活性の両立をどう図るかも考えさせられます。教員志望だった考えもガラリと変わり、開発だけでなく将来の子どもたちのために、この環境を残したい思いが強くなりました。そのために自分ができること、すべきことを突き進めます。

地元の資源を生かした“循環型経済”に携われる仕事がしたい。

伊波 希美 地域環境政策学科 3年次(前原高校出身)

伊波 希美 地域環境政策学科 3年次(前原高校出身)

 2年次からフィールドワークが多くなり、「現場を知る重要性」を身をもって理解できました。学部学科で学べることって概ね限られてしまうけど、本学科は本当に幅広く学べます。観光業界や金融関係、教員などバラエティに富んだ先輩方の就職先を見ればわかるはず! 私自身、以前は海外に出て自分の可能性を試したかったけど、今は地元でがんばりたい思いが強くなりました。今やれることをしないと! という学びがそうさせたんですね。

4年間で学ぶ教育内容のカリキュラム

 本学科では、地域の経済・環境問題の経済的解決法について学ぶ「地域経済学」と「環境経済学」を専門必修科目として提供します。「演習I」では関心に合わせてゼミが選択でき、「演習II」では、学生の調査・研究の成果を卒業論文としてまとめます。さらに専門選択科目を履修することによって、沖縄の地域経済問題と地域環境問題について学び、それらに関わる施策に必要な実行・調整・評価を考察し、地域社会に提言する能力を養います。本学科のカリキュラムにより、幅広い教養を身につけることができます。

地域環境政策学科 (専門科目一覧)

1年次 2年次 3年次 4年次
専門必修科目 基礎演習
情報リテラシー演習
環境統計学I
経済学入門I・II
地域セミナーI・II
地域経済学I・II
環境経済学I・II
演習I 演習II
専門選択科目 経済数学I・II
経済地理I・II
環境統計学II
簿記原理I・II
人文地理学概論
人文地理学特講
自然地理学概論
自然地理学特講
地誌I・II
情報処理概論
環境科学実験
ファイナンシャルプラニングI・II
プログラミング演習
エコビジネス論
外書講読I・II
生態学概論
土壌学概論
アジア経済と環境
環境文化論
人口食糧論
統計情報処理I・II
産業と環境
地域経済書講読I・II
経済学史I・II
農業と経済
環境資源論
島嶼環境論
近代沖縄経済史
現代沖縄経済史
環境政策書講読I・II
地域財政論I・II
集落地理論I・II
都市経済論
都市環境論
農業と環境
環境教育論
行政学
行政法I
環境法
ミクロ経済学I・II
マクロ経済学I・II
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法
沖縄社会統計論
経営学I・II
インターンシップI・II
キャリアデザイン論
社会調査論I・II
環境政策論I・II
交通と環境
エネルギーと社会
沖縄経済論I・II
廃棄物論
環境会計
地域開発論
環境アセスメントI・II
情報産業論
社会調査演習
政策金融論
環境政策特別講義I・II
国際経済論I・II
労働経済学I・II
社会科・地理歴史科教育法演習
社会科・公民科教育法演習
公害概論
環境経営
環境評価入門
情報社会論
地理情報システム論I・II
不動産評価論
観光経済論
産業連関論の基礎
島嶼経済論I・II
地方自治法
都市環境論
環境評価実践論
観光情報論
地域経済特別講義I・II
計量経済学I・II
金融論I・II
経済政策総論I・II
証券市場論I・II
産業連関論の応用
公共経済学
 

卒業必要単位数

共通科目 30単位以上 ※英語I・IIを含む外国語8単位 環境科学I・IIを含む
専門必修科目 32単位以上
専門選択科目 46単位以上

合計 124単位以上 ※計108単位を含む

カリキュラムピックアップ

地域セミナーI・II

環境問題、地域経済を本質的に理解するためには、問題意識をもってフィールドに出て、観察、調査することが重要です。「地域セミナー」では野外実習と屋内での分析・データ整理とを通じて、実践的なアプローチの基礎を学びます。

エコビジネス論

エコビジネスの概要とエコビジネスに関連する法律・利害関係者・環境経営などとの関連性を学び、また、外部講師の講話や企業見学も実施します。

環境政策論I・II

近年の環境問題は、地球規模へと拡大しているのが現状です。そのため将来世代の持続可能な発展が求められ、環境政策が重要とされています。「環境政策論」では環境問題全体を考え、理想的な環境政策とは何かについて探ります。

沖縄経済論I・II

沖縄は、日本の中で歴史も風土も異なるユニークな地域です。その沖縄の経済と産業について、その成り立ちと、現状と課題を考えましょう。沖縄に住み、沖縄で暮らす我々は、そのような沖縄経済を考えることが求められます。そして、沖縄経済の動向に、皆の未来が託されていくのです。

私の時間割

渡眞利 美保 (地域環境政策学科 3年次/西原高校出身)

渡眞利 美保 (地域環境政策学科 3年次/西原高校出身)

 経済と環境のつながりに特化した本学科はフィールドワークが多く、沖縄だからこそ学べることばかり。地域セミナーではニュースや文献に頼らず現地へ足を運ぶ重要性を教わりました。机上では見えない問題点や新たな視点を発見できた経験は貴重です!

地域環境政策学科ゼミナールの研究テーマ

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

基礎演習(1年次対象)

先生と学生のコミュニケーションを深め、基本的な読解力・情報収集能力・分析力をつける。さらに、基本的なプレゼンテーション能力を身につける。4月には1泊2日の合宿型ガイダンスを行い、親睦を深める。

地域セミナー(2年次対象)

フィールドに出て、実際の環境問題・地域経済の一端について学ぶ。3年次の「演習T」の基礎として位置づけられる。

演習I(3年次対象)

より深く学びたいテーマについて指導教員を選ぶ。4年次の「演習U」の土台として共通のテーマについて、ゼミの仲間とともに学ぶ。

演習II(4年次対象)

「演習I」を土台にして自分自身が決めたテーマについて深く考え調べる。それを「卒業論文」として提出する。

各ゼミのテーマ
  • ■永田(島袋)ゼミ(金融論演習)「金融理論、金融制度及び金融政策について学ぶ」
  • ■友知ゼミ(計量経済学演習)「経済を定量的に分析する手法について学習する」
  • ■呉ゼミ(環境経済学演習)「経済からみる環境の姿を探る」
  • ■前泊ゼミ(沖縄経済論演習)「今日の沖縄経済について学ぶ」
  • ■小川ゼミ(経済地理学演習)「文献・フィールドワークを中心に地理学を学ぶ」
  • ■上江洲ゼミ(観光環境演習)「観光地の活性化と環境の取り組みを学ぶ」
  • ■新垣ゼミ(環境アセスメント演習)「環境アセスメントの目的と実施方法について学ぶ」
  • ■名城ゼミ(地域環境科学演習)「地域環境の現状と保全の自然科学的方策について学ぶ」
  • ■砂川ゼミ(環境法演習)「環境保全のための法的手段について学ぶ」
  • ■根路銘ゼミ(観光情報演習)「観光産業と情報技術の融合について学ぶ」
  • ■山川(矢敷)ゼミ(海洋生物学演習)「海洋生物と環境保全について学ぶ」
  • ■渡久地ゼミ(地域経済学演習)「地域経済を対象に調査・分析方法について学ぶ」

ゼミの様子

ゼミナール紹介(ゼミ生に聞きました!!)

前泊ゼミ (ゼミ員構成:男性16名 女性2名)

前泊 博盛 教授 
専門分野:沖縄経済、基地経済、日米地位協定 担当科目:沖縄経済論、近・現代沖縄経済史、島嶼経済論T・U

 前泊ゼミでは、沖縄県で売り上げ上位100社に入っている企業をグループに分かれて実際に訪問し、得た情報をゼミの授業で報告し、沖縄県の企業の情報を共有しています。また、月に一度企業の社員や経営者の方々などゲストが来て、普段では聞けないことを直接聞くことができ、毎回多くのいい刺激をもらっています。その他にも、今の経済を学ぶためにゼミで株を買って、卒業旅行の資金を貯めながら日本経済について学んでいます。前泊先生はとても優しく、授業以外でも私たちに親身になって教えてくれます。ゼミ生はとても明るく仲が良くていい雰囲気で、毎回楽しく授業を受けています。
(ゼミ生:比嘉 昂也 美里高校出身)

卒業生から見たOKIU

学びたい思いを大切にしたからこそ、環境に携わっている今の自分がいます。

比嘉 竜太

株式会社Tsudoi Company
(ツドイカンパニー)
研究員
比嘉 竜太
地域環境政策学科
2010年度卒業(北中城高校出身)

現在のお仕事について

 動植物を対象とした環境調査や環境アセスメントに係る業務として、海や山、川に入って現地調査を行っています。生物の種類や数から水質調査まで様々です。離島はもちろん、未開拓の川や海など、依頼があればどこへでも!天候や潮の満ち引きに左右されたり、夜間の生態を調査したりすることもあるので、いわゆる“会社員”とは異なりますが、自然を相手に楽しく日々奮闘しています。

大学時代について

 幼い頃から自然の中が遊び場で、環境への興味も自然のなりゆき。就職云々より、環境と経済の関連性を学びたかったので、こういう職種の存在を大学で知りました。企業出身である山川先生のゼミで行うフィールドワークや動向調査、分布調査がとても楽しくて、この頃から就職を意識しました。本学科は経済も、生物や環境についても学べるのが強み。最近は環境教育に力を入れている企業も増えているので、チャンスの入口は多いと思います。

今後について

 今は未熟ですが、各種資格取得をはじめ仕事の幅が広がるスキルを身につけながら、社会人として、そして研究員として与えられた仕事としっかり向き合うことが目標です。この仕事に必要なのは、体力と何事にも動じないこと、そして瞬時の判断力。調査方法やスケジュールは決まっているけど、自然が相手なのでハプニングはつきものですから。今でも大学や先生とつながりを持てて、どんな経験も無駄ではなかったと実感できます。

ニュース

フィールドワークの魅力を堪能する! 地域セミナー

 「そうなんだ〜」「うっ」。地域セミナーの野外実習である巡検では、このような声が学生から聞こえる。先生や地域の人々から教えられ、また、都市河川の臭いで息が詰まり声が出る。教室では積極的に発言しない学生でも、巡検中には目を輝かせて質問したり、調査を実施したりして生き生きしている。地域セミナーは2年次を対象とし、各学生が巡検中に受講者に琉球石灰岩などを説明したり、聞き取り調査や自然環境調査などにより地域環境や地域経済などの現状や課題を明らかにし、その課題をどのように改善したらいいか考え、提言・発表するなど、現場中心のゼミとなっている。また、地域セミナーでは2名の先生が担当し、例えば前期には経済系の先生が「地域産業と地域活性化」、後期には環境系の先生が「地域の環境問題」をテーマにゼミを展開している。

写真イメージ

ブログで情報発信!

 地域環境政策学科では、ブログを利用して学科の先生方や講義を紹介しています。特に、学科の特徴であるフィールドワークの報告も載せており、講義室内の座学とは異なる講義であることが良くわかります。また、在学生の活動や卒業生の紹介も行っており、学生同士の繋がりや学科の雰囲気を感じられます。是非、一度訪れてみて下さい。

地域環境政策学科のブログ

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士
  • 社会調査士
  • 環境マネジメント実務士
  • 上級環境マネジメント実務士
  • GIS学術士

また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を用意しています。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • 不動産鑑定士
  • プロジェクトワイルドエデュケーター
  • 生物分類技能検定
  • 統計士
  • 簿記検定
  • 経済学検定試験
  • ITパスポート試験
  • 消費生活アドバイザー
  • eco検定

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■国家公務員
  • ■地方公務員
  • ■中・高教員
  • ■NPO・NGO
  • ■エコカウンセラー
  • ■大学院進学
  • ■環境・リサイクル業
  • ■博物館学芸員
  • ■廃棄物処理業
  • ■観光業
  • ■民間企業

主な就職先

金融・保険業

琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行、沖縄県労働金庫、コザ信用金庫、日本郵政グループ、JAおきなわ、岡三証券、外為どっとコム、日本生命保険、三井住友海上火災保険、大同火災海上保険

卸売・小売業

サンエー、イオン琉球、ホクガン、ホシザキ、伊藤園、琉球光和、東江メガネ、朝日硝子、島袋、タイガー産業、沖縄ゼロックス、ダイコー沖縄、ジーユー、金秀商事、金秀鋼材、沖縄パナソニック特機

建設・不動産業

大鏡建設、全保連、レオパレス21、パナホーム沖縄、琉信ハウジング、タマキホーム、エールクリエイト

公務員・公的機関

大阪府警、沖縄県警察本部、内閣府沖縄総合事務局、南風原町役場、嘉手納町役場、久米島町役場、北中城村役場、読谷村役場、恩納村役場、航空自衛隊、陸上自衛隊、沖縄県信用保証協会

環境関係

沖縄環境分析センター、Tsudoi Company、アイマーク環境、非破壊検査

観光関係

ヒルトングループ、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、ホテル日航アリビラ、瀬長島ホテル、KPG HOTEL & RESORT、オキナワSHRオペレーションズ、グランドシステム沖縄、アシアナ航空、日本旅行

販売・サービス業

日野自動車、南九州沖縄クボタ、沖縄トヨタ自動車、トヨタカローラ沖縄、琉球日産自動車、沖縄ホンダ、スズキ自販沖縄、ラウンドワン、クレイン、オータ、センショー、パム

出版業

光文堂コミュニケーションズ、近代美術、新星出版

情報処理関係

OCC、インデックス沖縄、エスアールアイ、システムアイ、シンセベース、リセ、ワークソリューションズ、コンピュータ沖縄、ファースト、グラフィック、イーコード、ディーティーエス、プロトデータセンター、さうすウェーブ、フォーラムエンジニアリング

その他

NTT東日本、バンダイ、りゅうせき、レキオス、YKK AP、サンレー、沖縄ヤマト運輸、マルヰ産業、沖縄協同ガス、琉球補聴器、BMC、ヒューマンアカデミー、医療法人 誠愛会、MCヘルスケア、沖縄国際大学

進学先

沖縄国際大学大学院地域産業研究科、琉球大学大学院教育学研究科

コラム

学びと就職

呉錫畢 教授 (地域環境政策学科)

 大学で年々寂しくなるときがあります。その理由は、高校3年間、一生懸命勉強したのに、入学するやいなや就活に関する講演やその準備に備えなければならない環境となっているからです。避けて通れない就職。なぜ就職するのか、なぜ就職しなければならないのか。もちろん、答えは明快で、就職しなければ生活できなくなってしまうからです。一般に就職できたら、人はよい配偶者をみつけ幸せな家庭を作り、豊かな生活を望みます。しかし、皆が豊かな生活を送るとは限りません。またさらに質の高い豊かさを望みます。そのために就活を頑張るのです。就職のことを俗に言うと、生活のためのお金を稼ぐためです。現代においてお金がないと生きていけなくはないが、不便だし、お金を借りると借主に束縛されます。つまり、心の自由が奪われるのです。98年度ノーベル経済学賞受賞者、A・セン教授の言葉をかりると経済的自由が失われることになるのです。つまり、就活は人々が享受する自由を拡大させるための行為なのです。この自由をどれくらい確保できるかが、よい就職の尺度となります。よい大学を選び、学ぶことはより豊かな人生を送るためです。しかし、学びは単なる就活のためだけではありません。人間の知的欲求を満たすためでもあります。近年寂しく感じる大学ではありますが、J.S.ミルの言葉「太った豚になるよりは、痩せたソクラテスになれ」、いまこそ、先輩たちが残した名言の深さを味わいながら学びと就職のことを考えることもよいでしょう。

講義の様子

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る