現在地: ホーム > 学部案内 > 法学部

法学部

法学部における人材の養成と教育研究上の目的

人間の営みである法律や政治を通して「現在」を見つめ、より公正な社会を支える法的な思考の訓練に取り組む

 法学部は、法の解釈を通じて論理的な思考力・表現技法を身につけるとともに、良識ある政治・法・社会のあり方への理解を深め、責任ある市民意識を涵養することを教育研究上の目的として、豊かな人間性と専門的知性を備えた人材を養成する。

法律学科

法律学科は、わが国の法制度の理解を教育研究上の目的とし、論理的に考えて妥当な結論を導ける人材を養成する。

地域行政学科

地域行政学科は、21世紀の高度化かつ多様化する社会において必要とされる基礎的技能を修得させることを教育研究上の目的とし、法律を基礎に行政・民間部門における政策の企画、実務処理のできる人材を養成する。

法学部の特色・特徴

法と政治は、日常のすべてにつながっている。
確かな知識をもとに幅広い視点から物事を多面的にとらえ、人や社会に貢献できる能力を磨いてほしい。

法的思考力(リーガルマインド)の修得

 多種多様な主義・主張や利益が錯綜する現代社会において、利害関係を調整し、秩序ある社会の形成・維持・発展を確保するためには、単なる直感ではなく、法的な理念や論理をふまえたものの見方・考え方と、それに裏づけられた知識や経験が必要になってきます。法学部の教育の中心は、このリーガルマインドを修得することにあります。

体験・感動の重視――「生きた教材」で学ぶ

 法学部では、夏期休業中の約3週間、法律事務所、司法書士事務所や行政書士事務所、市役所などでのインターンシップを実施し、実習は卒業単位としても認められています。現場が抱える問題の発見、講義室で学んだことと行政の実際との結びつきを知り、社会人としての自覚や職業観を明確にします。さらに、法律実務論、行政実務論では、県内自治体の前・現首長や公務員、弁護士の方などを講師に招き、「生きた授業」を聴くことができます。

少人数のゼミナールで個々の個性や関心に向き合う

 1年生から少人数のゼミナールで学びながら各自の個性を発揮し、個々の学習状況をアカデミックアドバイザーが把握していくという体制をとっています。グループワークや議論を通じて、法学部生として説得力ある落ち着いた表現のスタイルを模索し、専門分野にかかわる基礎的な文献や資料の読解力を向上させます。

ページの先頭へ戻る