現在地: ホーム > 学部案内 > 産業情報学部 > 企業システム学科

産業情報学部 | 企業システム学科

ビジネスを科学する!

企業システム学科では、ビジネスの現場で今起こっていることを題材に、ビジネスに必要な実践的な知識や技術を専門的・体系的に学びます。
大学で学んだことをそのまま就職しても活かすことができ、また、講義内容が資格取得にリンクしているため、数多くの資格を取得することも可能です。

学科の特色

現代社会の多様なニーズに対応できるビジネス・パーソンの育成
  1. 企業活動・ビジネスに焦点をあてた実学指向の教育
  2. 高度情報化社会・国際化時代に対応したカリキュラム
  3. マーケティング・経営・会計を専門的・体系的に学べるコース制の導入
  4. 資格取得にリンクした講義内容

学びのポイント

専門知識を深める3つのコース
  • マーケティングコース
    マーケティングの現場では商品発想力、企画力、コミュニケーション力などが必要とされます。現場で役に立つ調査分析手法や基礎的・実践的知識を学び、創造的戦略の設計能力を養成します。「商品開発担当者」「マーケティング・リサーチャー」「ベンチャー起業家」「経営者」「商業科教員」などビジネス最前線で活躍する人材を育成します。
  • 経営コース
    (1)経営感覚を身につけて既存の組織(企業や官公庁など)に入って活躍できる人材、
    (2)既存の組織に入るのではなく、起業家精神をもって自らビジネスを起こす人材を育成します。経営の全体像を把握し、未来像を描く能力を養います。
  • 会計コース
    会計数値を作り出す仕組みやその利用方法を学ぶことによって、企業の本当の姿をつかむ力、企業を管理する力、企業活動の先を読む力を養います。
    企業の経理・財務担当者の他、商業科教員、国税専門官、税理士・公認会計士など、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

学生から見たOKIU

ビジネスに必要な実践的知識が身につけられるのが魅力!

企業システム学科 4年次 宮古高校出身 野原 榎乃 [のはら かの]

野原 榎乃

企業システム学科では、ビジネスに関する知識を専門的に学ぶことができます。ビジネスに必要な実務的な知識を実践的に学べる講義が多いため、就職してもすぐに活かすことができるのが本学科の魅力です。また、インターンシップに積極的に参加するなど将来に対して意識の高い学生が多いので、互いに刺激し合いながら成長できる学科でもあります。私は企業活動の基礎的な知識や会計技法など、ビジネスの分野で活躍できるような技術的能力や実践的能力を仲間と共に楽しく学んでおり、将来は本学科で学んだ会計知識を活かせる職業に就きたいと考えています。皆さんも目標を持った仲間と切磋琢磨しながら充実した学生生活を送ってみませんか。

【3年次 前期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30 税法 原価計算T 経営管理論T 沖縄の経済    
2 10:40〜12:10 国際経営論T 専門演習T 資金会計 財務会計T    
3 13:00〜14:30 経営分析 プログラミング演習A 心理学T      
4 14:40〜16:10            
5 16:20〜17:50            
6 18:00〜19:30            

企業システム学科教員紹介

教授

李 R 【年少者日本語教育、韓国語教育、外国語教育政策】
鵜池 幸雄 【財務会計論、資金会計論】
清村 英之 【簿記理論、財務会計、財務分析、商業教育】
佐久本 朝一 【比較経営論】
仲地 健 【地域の発展と財政】
原田 優也 【消費者行動論、マーケティング、グローバルマーケティング、アジア研究】
宮森 正樹 【マーケティング、広告、市場調査】

准教授

岩橋 建治 【人的資源管理論、企業者史】

講師

天野 敦央 【経営管理論、国際経営論】
慶田花 英太 【地域スポーツ、スポーツビジネス、スポーツ政策】
髭白 晃宜 【流通論、販売管理論】

資格・卒業後の進路

資格取得

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(商業)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 博物館学芸員資格
また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を用意しています。
  • 日商販売士検定
  • BATIC(国際会計検定)
  • パーソナルコンピュータ利用技術者試験
  • 日商文書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 日商ビジネス・コンピューティング
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • 公認会計士 等

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
経営コンサルタント 中小企業診断士
民間企業 税理士
公認会計士 教員
国家公務員( 国税庁:国税専門官) 地方公務員
マーケティング・リサーチャー 起業(自らビジネスを起こす)

主な就職先(2012年度〜2016年度卒業生)

卸・小売

イオン琉球/沖電企業/沖縄ゼロックス/沖縄ファミリーマート/沖縄ホンダ/沖縄ヤクルト/オンデーズ/金秀商事/カネボウ化粧品/サンエー/サントリーフーズ沖縄/スズキ自販沖縄/大創産業/パナソニックリビング九州/はるやま商事/ファイブフォックス/ブルガリジャパン/ホシザキ沖縄/リウボウストア/リコージャパン/琉球ダイハツ販売/琉球日産自動車

サービス業

エイチ・アイ・エス沖縄/JAおきなわ/ヒルトングループ/星野リゾート/ブライダルハウスチュチュ沖縄/碧/マイナビ/りゅうせき/税理士事務所

金融・保険

あいおいニッセイ同和損害保険/安藤証券/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/コザ信用金庫/シティバンク銀行/住友生命保険/損害保険ジャパン日本興亜/大同火災海上保険/大和証券株式会社/東京海上日動火災保険/三井住友海上火災保険/琉球銀行

運輸・郵便

日本トランスオーシャン航空/日本郵便

通信・IT

沖縄セルラー電話/沖縄日立ネットワークシステムズ/沖縄富士通システムエンジニアリング

製造業

オリオンビール

印刷・広告

アドスタッフ博報堂/近代美術/光文堂コミュニケーションズ

建設・不動産

金秀本社/大鏡建設/大東建託株式会社

エネルギー・環境

マルヰ産業

公務員

沖縄県警察本部/竹富町役場

進学

奈良先端科学技術大学院大学

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2016年度卒業生については2017年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

とにかく何事にも“挑戦”

並里 康次郎

農業生産法人株式会社アセローラフレッシュ
並里 康次郎 [なみさと やすじろう]
企業システム学科 2011年度卒業 本部高校出身

アセローラの6次産業を推進している会社です。契約農家と連携を組み、自社工場等で商品を製造し県内外へ販売をしています。小さな会社ですが力を合わせて全力で仕事に取り組んでいます。大学では何事にも“挑戦”し、学内外での活動や県内外でのインターンシップ、海外経験など、多くの経験をさせていただきました。沖国大で出逢った方々から、たくさんの刺激と学びを頂きました。ここで培った経験が今の私の糧になっていると自信を持って言えます。大学は自分の可能性を広げられる最高の学び舎です。限られた時間でどれだけ動けたかが鍵を握ると思います。常に主体性を持ち、アンテナを張り、多くの事に挑戦してください。共に頑張りましょう。

カリキュラム紹介

選択性にすぐれたカリキュラム
 「マーケティング」「経営」「会計」を幅広く学ぶことも、また、特定の分野について専門的に深く学ぶことも可能なカリキュラムが編成されています。

高度情報化社会・国際化時代に対応
情報社会に対応する科目(「マーケティング情報処理」「経営情報処理」「コンピュータ会計」)と、グローバル市場に対応する科目(「グローバル・マーケティング総論」「マーケティング英語」「国際関係論」「英文簿記・会計」など)を開設しています。

充実したキャリア教育
社会の第一線で活躍している企業人が講義する科目(「ビジネス特別講義」など)を設け、教室の中だけでは得られない実践的な知識や経験を学べます。

卒業必要単位数

  • 共通科目※英語4単位を含む
    24単位以上
  • 専門必修科目
    26単位
  • 専門選択科目
    60単位以上
    ※自コース専門選択科目及び
    他コース専門選択科目
  • 自由選択科目
    14単位以上
  • 合計
    124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ ビジネスの基礎を学ぶと同時に、共通科目で教養を身につけます。2年次に進級する際、コースの選択を行います。 「マーケティング」「経営」「会計」のいずれかのコースを選択すると同時に、幅広い専門科目で視野を広げます。
専門必修科目 マーケティング入門T・U
経営学総論T・U
商業簿記T
フレッシュマン・セミナー※1
基礎演習T・U
専門選択科目
(各コース専門)
商業簿記U
簿記演習T
グローバル観光ビジネス
販売管理論
マーケティング総論
マーケティング演習
市場調査総論
市場調査演習
マーケティング情報処理T・U
消費者行動概論
消費者行動演習
グローバル・マーケティング総論
グローバル・マーケティング演習
日本流通論
マーケティング特別講義
経営管理論T・U
人的資源管理論T・U
経営情報処理T・U
オフィス・マネジメントT・U
企業者史
経営学特別講義
簿記演習U
英文簿記・会計
会計学T・U
コンピュータ会計
工業簿記T・U
会計学特別講義
専門選択科目
(各コース共通)
経済原論T・U
情報リテラシー演習
情報概論
プログラミング演習A・B
インターンシップT・U※2
データベース
ビジネス特別講義
経営数学
アジアビジネス事情
外書講読T・U

※1 一年次の終了時に希望するコースを選択します。
※2 「インターンシップT・U」夏期休業中に実施されるインターンシップに参加することによって、教室では得られない実践的な知識・技能を学びます。就職活動にも役立ちます。

  3年次 4年次
学びのステップ 科目の専門性が高度になると同時に、企画や調査などの実践的な機会が増えます。問題解決能力を高めます。 これまでの学修成果をまとめ、将来のキャリアに活かせるようにします。
専門必修科目 専門演習T・U 卒業論文演習T・U
専門選択科目
(各コース専門)
アジアの企業と文化
貿易ビジネス論
グローバル流通論
サービス・マーケティング
ソーシャル・マーケティング
広告論
セールス・プロモーション
中小企業マーケティング
マーケティング英語
アジア消費・流通論
観光マーケティング
比較経営論T・U
中小企業診断T・U
国際経営論T・U
経営戦略論T・U
ビジネスプレゼンテーション
ベンチャー経営論T・U
国際関係論
中小企業経営論
原価計算T・U
財務会計T・U
資金会計
業績管理会計
戦略管理会計
経営分析
経営分析演習
税法
税務会計
非営利会計
会計監査
 
専門選択科目
(各コース共通)
民法
商法
会社法
国際経済学
マルチメディア論
企業情報論T・U
ツーリズムビジネス論T・U
商業科教育法
商業科教育法演習
 

3コース共通 マーケティングコース 経営コース 会計コース

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次「フレッシュマン・セミナー」 ビジネスのセンスを養います。そして、大学生として必要な学習能力、コミュニケーション能力、表現力を高めます。
2年次「基礎演習T・U」 主として専攻する分野の基礎理論を学び、企業研究、フィールドワークなどを通じ、ビジネスの視点を得ます。
3年次「専門演習T・U」 ゼミの担当教員と密接なコミュニケーションを通じて、専攻する分野のより専門的な知識・理論・技術を習得します。
4年次「卒業論文演習T・U」 各自のテーマに基づき学修成果をまとめます。

授業紹介

経営分析

就活にも役立ちます!!

宮城 佳織

「経営分析」の授業では、財務諸表の数値から会社の経営状態を分析する方法を学びます。実際にマックと吉野家を例に挙げて、さまざまな視点から分析し、会社は儲かっているのか、安定した経営を行っているのかなどを考えていきます。また、就職活動にも活かすことができるのもこの授業の魅力です。経営分析をすると、会社の本当の姿を知ることができるので、就職活動で会社選びに失敗しないためにもこの講義はおすすめです!!

【企業システム学科 4年次 浦添商業高校出身】宮城 佳織 [みやぎ かおり]

フレッシュマン・セミナー

これであなたも立派な大学生!!

上原 和也

フレッシュマン・セミナーでは、大学生になったばかりの皆さんにレポート作成のやり方、プレゼンテーション方法、施設の利用の仕方など大学生活で必要なことを教えてくれます。そのため、最初はとまどっていたレポートの作成やプレゼンの準備も今では自信を持って行うことができます。また、担当の先生方がそれぞれの進路の悩みから大学生活の悩みまでさまざまな相談にも乗ってくれるので安心して大学生活を送ることができます。

【企業システム学科 2年次 那覇商業高校出身】上原 和也 [うえはら かずや]

企業者史

「企業」とは何かを先人から学ぶ!

友利 安唯希

「企業者史」は日本または世界における企業を創った経営者の「歴史」の講義です。企業の経営はすべて同じではありません。経営者、いわゆる企業者は創意工夫を重ね、どうすれば商品は売れるのか、顧客満足や従業員満足についても考えます。そういった工夫や企業が成長する過程を先人の企業者の歴史を基に学びます。企業とは何か、企業を創りたい、といった「なに?」「どうやって?」などの疑問を持つ学生にオススメな講義です。

【企業システム学科 4年次 宮古高校出身】友利 安唯希 [ともり あいき]

消費者行動概論

日常に溢れているマーケティングを知る講義です!

上原 沙梨

私たち消費者は何気なく購買行動を行っていますが、それは企業側の思惑の通りに購買させられているのです。テレビでやっているコマーシャルの見せた方であったり、商品の価格の見せ方だったりと方法は様々です。なぜ私たち消費者は商品を買いたいと思うのか、企業側は商品を手に取ってもらうためにどのようなことを行っているのか、この講義を受けると知ることができます。この講義を受けて物を売り買いする仕組みを知りましょう!

【企業システム学科 4年次 小禄高校出身】上原 沙梨 [うえはら さり]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る