現在地: ホーム > 学部案内 > 産業情報学部 > 企業システム学科

産業情報学部 | 企業システム学科

ビジネスを科学する!

 ビジネスの現場で今起こっていることを題材に、ビジネスに必要な実践的な知識や技術を専門的・体系的に学びます。大学で学んだことをそのまま就職しても活かすことができ、また、講義内容が資格取得にリンクしているため、数多くの資格を取得することも可能です。

時代を読む。流れを読む

ビジネスセンスは得るものでなく、磨くもの。
多角的な視点から切り込むことで、新たな自分の可能性を発見しましょう。

現代社会の多様なニーズに対応できるビジネス・パーソンの育成

  • 企業活動・ビジネスに焦点をあてた実学指向の教育
  • 高度情報化社会・国際化時代に対応したカリキュラム
  • マーケティング・経営・会計を専門的・体系的に学べるコース制の導入
  • 資格取得にリンクした講義内容
中川 恵奈 企業システム学科 4年次 (読谷高校出身)
中川 恵奈 企業システム学科 4年次(読谷高校出身)

先生から見るOKIU

就職に強い学科

学科の魅力と個性は?
河田 賢一准教授

企業システム学科
河田 賢一准教授

 企業システム学科の魅力は、企業経営に必要とされる知識やビジネススキルを専門的に学ぶと共に、その知識を実践できるセンスと行動力を備えた人材を育成するところにあります。
 1年次には、ビジネスに必要な基礎知識を総合的かつバランスよく学びます。2年次からは、自分の関心や将来のニーズに合わせて3つのコース(マーケティング、経営、会計)から1つを選択してビジネスのスペシャリストとして望まれる専門知識を深めていきます。それと同時に情報化・国際化に対応した科目が設置されていて、さらに日商簿記検定や日商販売士検定といった資格取得にリンクした科目も設置されています。
 本学科で学んだ知識は、就職活動や就職後にも活かすことができるため、就職内定率が高いという特徴があります。さらに本学入学後に他学科から本学科への転籍希望者が多いことは、人気と実力の高さを示しています。

コース

マーケティングコース

 マーケティングの現場では商品発想力、企画力、コミュニケーション力などが必要とされます。現場で役に立つ調査分析手法や基礎的・実践的知識を学び、創造的戦略の設計能力を養成します。
  「中小企業診断士」「マーケティング・リサーチャー」「ベンチャー起業家」「経営者」「商業科教員」などビジネス最前線で活躍する人材を育成します。

経営コース

(1)経営感覚を身につけて既存の組織(企業や官公庁など)に入って活躍できる人材、(2)既存の組織に入るのではなく、起業家精神をもって自らビジネスを起こす人材を育成します。また、上記の(1)と(2)に共通して必要な経営情報処理能力を養成します。

会計コース

 会計数値を作り出す仕組みやその利用方法を学ぶことによって、企業の本当の姿をつかむ力、企業を管理する力、企業活動の先を読む力を養います。
  企業の経理・財務担当者の他、商業科教員、国税専門官、税理士・公認会計士など、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

学生から見たOKIU

楽しみながらモチベーション高く! 常に学ぶ姿勢で、海外事情にも敏感に。

安里 優太 企業システム学科 4年次(那覇西高校出身)

安里 優太 企業システム学科 4年次 (那覇西高校出身)

 高校時代にビジネス書の面白さにはまり、経営に興味を持ちはじめました。講義や学外セミナーなどで経営者のグローバルな視点や行動力を目の当たりにして刺激になります! 成功されてる方は考え方がポジティブで、何より自分が楽しんでるんですよね。“盗めることは何でも盗む!”で、講義が面白い先生の話術やプレゼン術も自分の力に変換させるよう励んでいます。プラス思考を武器に、グローバルに活躍する自分が目に浮かびます!

最後良ければすべて良し! やるべきことを、一歩ずつ大切に。

青田 蘭 企業システム学科 4年次 (八重山商工高校出身)

青田 蘭 企業システム学科 4年次 (八重山商工高校出身)

 入学時に決めた学年毎の目標、1年次では友人知人をたくさんつくる。2年次では人を楽しませる仕組みを学ぶべく課外活動に注力。3年次ではその活動の中心に。そして4年次で、やるべきことに集中! どれも夢である商業の高校教諭になるためのプランです。以前、高校生に大学紹介をしたことがあり、最初は反応の低さに戸惑いましたが、じっくり話して打ち解けることができました。その経験から工夫して伝えることの重要性にも気づきました。

4年間で学ぶ教育内容のカリキュラム

選択性にすぐれたカリキュラム

 「マーケティング」「経営」「会計」を幅広く学ぶことも、また、特定の分野について専門的に深く学ぶことも可能なカリキュラムが編成されています。

高度情報化社会・国際化時代に対応

 情報社会に対応する科目(「マーケティング情報処理」「経営情報処理」「コンピュータ会計」)と、グローバル市場に対応する科目(「グローバル・マーケティング総論」「マーケティング英語」「国際関係論」「英文簿記・会計」など)を開設しています。

充実したキャリア教育

 社会の第一線で活躍している企業人が講義する科目(「ビジネス特別講義」など)を設け、教室の中だけでは得られない実践的な知識や経験を学べます。

企業システム学科 (専門科目一覧)

1年次 2年次 3年次 4年次
専門必修科目 マーケティング入門I・II
商業簿記I
経営学総論I・II
フレッシュマン・セミナー
基礎演習I・II
専門演習I・II 卒業論文演習I・II
各コ
ース専門選択科目
商業簿記II
簿記演習I
マーケティング総論
マーケティング演習
流通総論
マーケティング情報処理I・II
グローバル・マーケティング総論
グローバル・マーケティング演習
消費者行動概論
消費者行動演習
市場調査総論
市場調査演習
販売管理論
商業史
マーケティング特別講義
人的資源管理論I・II
企業者史
経営管理論I・II
オフィス・マネジメント
労働経済学
経営情報処理I・II
経営学特別講義
会計学I・II
コンピュータ会計
簿記演習II
英文簿記・会計
工業簿記I・II
会計学特別講義
アジアの企業と文化
マーケティング英語
サービス・マーケティング
eコマース・マーケティング
広告論
セールス・プロモーション
ソーシャル・マーケティング
小売流通論I・II
流通政策論
国際関係論
中小企業経営論
比較経営論I・II
中小企業診断I・II
国際経営論I・II
ベンチャー経営論I・II
経営戦略論
ビジネスプレゼンテーション
財務会計I・II
資金会計
原価計算I・II
戦略管理会計
業績管理会計
経営分析
経営分析演習
税法
税務会計
会計監査
非営利会計
 
専門選択科目 経済原論I・II
情報概論
情報リテラシー演習
プログラミング演習A・B
データベース
経営数学
外書講読
ビジネス実務総論
インターンシップI・II
ビジネス特別講義
民法
商法
会社法
国際経済学
 

3コース共通 マーケティングコース 経営コース 会計コース

卒業必要単位数

共通科目 24単位以上 ※英語4単位を含む
専門必修科目 26単位以上
自コース専門選択科目及び他コース専門選択科目 60単位以上

合計 124単位以上 ※計104単位を含む

カリキュラム紹介

マーケティング総論

 「消費者が望んでいる商品を、生産者から消費者に届ける企業活動」を「マーケティング」といいます。本講義では、消費者の為にどのような商品を作ればよいのか、商品を届けるためにはどのような流通経路を構築すべきかなどを、県内企業の事例を交えて解説します。

グローバル・マーケティング総論

 わが国の企業は積極的に海外市場へ投資し、商品開発・生産・販売活動を行っています。「グローバル・マーケティング総論」では、海外市場環境や顧客ニーズ、ビジネスの仕組みなど海外市場を読む力を実践的に養い、海外進出・展開戦略を事例を通して考えます。

英文簿記・会計

 ビジネスに国境がないように、簿記・会計の世界でも徐々に国境がなくなりつつあります。国境がなくなった時、世界標準の決算書は英語で作成されます。「英文簿記・会計」では、簿記一巡の手続を英語で行えるように、国際会計検定の取得も目指します。

人的資源管理論

 よりよく働くためには何が必要なのかを学びます。人間関係での集団心理、チームワークの長所と短所、やる気を高めさせる工夫、状況に応じたリーダーシップなどについて、経営学だけではなく社会学・心理学を援用して考えます。

私の時間割

高江洲 琴美 (企業システム学科 3年次/普天間高校出身)

高江洲 琴美 (企業システム学科 3年次/普天間高校出身)

 1年次に経営・マーケティング・会計の基礎を学びますが、経営コース希望の私はここでマーケの面白さに目覚めてしまいました。消費者行動概論での買い物時の心理行動が自分に置き換えやすく、わかりやすいを通り越して面白い! 課題は大変ですが、言葉では言い表せないほどの達成感を味わえます。

企業システム学科ゼミナールの研究テーマ

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

基礎科目の習得(1年次対象)

1年次でビジネスの基礎科目を学んだ後、2年次に進級する際、コースの選択を行います。

基礎演習I・II(2年次対象)

2年次では、「マーケティング」「経営」「会計」の中から選択したコースの「基礎演習I・II」を履修し、主として専攻する分野の基礎理論を学びます。

専門演習I・II(3年次対象)

3年次のゼミナール(専門演習I・II)では、ゼミの担当教員との密接なコミュニケーションを通じて、専攻する分野のより専門的な知識・理論・技術を習得します。

卒業論文演習I・II(4年次対象)

4年次のゼミナールでは、各自のテーマに基づき卒業論文をまとめます。

各ゼミのテーマ
  • ■河田ゼミ「小売流通論」
  • ■原田ゼミ「消費者行動論・ブランド戦略・キャラクター商品の研究・企業戦略分析」
  • ■宮森ゼミ「マーケティングの実社会への活用」   ※宮森ゼミブログ
  • ■天野ゼミ「経営管理論」
  • ■岩橋ゼミ「経営学・人的資源管理論」
  • ■佐久本ゼミ「国際経営・日本的経営の理論と実践」
  • ■鵜池ゼミ「財務会計の研究」
  • ■清村ゼミ「企業分析・経営分析」
  • ■木村ゼミ「原価計算・管理会計論」
  • ■仲地ゼミ「島おこし・地域活性化」

企業システム学科ゼミナールの様子

ゼミナール紹介(ゼミ生に聞きました!!)

岩橋ゼミ (ゼミ員構成:男性8名 女性12名)

岩橋 建治 准教授 専門分野:人的資源管理論
担当科目:人的資源管理論・企業者史など

 岩橋ゼミでは、「リーダーシップとは何か」などのような経営学を学んでいます。一人ひとりが卒業論文のテーマに沿ったスライドを作って発表をし、質疑応答を行って皆でより深く勉強しています。とくに岩橋先生の補足説明は、将来経営者になりたいと考える私にとって、非常に為になる話ばかりです。また、日頃から就職活動に関する情報をメールで教えてくれるので就活の計画が立てやすく、とても助かっています。勉強だけでなく交流会やゼミ合宿など、楽しいイベントがいっぱいあるのでかなり賑やかです。優しくて個性あふれるゼミメンバーに出会えて良かったと心の底から思っています。勉強も遊びも真面目に取り組む岩橋ゼミで、皆さんも学んでみませんか。
(ゼミ生:照屋 梢 具志川商業高校出身)

卒業生から見たOKIU

失敗から覚えることで成長し、やる気がさらなる行動力へとつながります。

伊良波 杏乃

メイクマン 浦添本店
伊良波 杏乃
企業システム学科
2012年度卒業(沖縄水産高校出身)

現在のお仕事について

 家庭用品担当として、お客様の対応をメインに担当しています。年配のお客様も多いので、よりわかりやすく説明できるようにするため、実際に商品を購入して使用感を確かめることもあります。毎日大変ですが、同じ環境にいる同期は貴重な存在。相談相手になってくれたり互いに励まし合いながら、来店されるお客様のために接客スキルに磨きをかけがんばっています。

大学時代について

 「もっと人脈を広げたかった」「国内留学制度を利用したかった」「外国語をもっと勉強すればよかった」と反省ばかり。でも大学で培った力は、今の私の土台になっています。企業研究で、いきなり企業にアポを入れてお話を聞かせてもらった経験では“電話嫌い”を克服することができました。業務上で使う専門用語もマーケティングコースで学んだおかげで役立っています。学生時代の自分に会えるなら「もっと勉強して!」と言いたいです。

今後について

 この仕事のやりがいは、お客様にお礼を言われること。名前を呼ばれて感謝されることほど嬉しいことはありません。これからも初心を忘れず、売場の責任者、そしてバイヤーを目指したいです。そのためにも売場毎に求められる資格の取得という目標を掲げながら、外国人のお客様へも対応できるよう外国語の習得にも励みたいです。でも、あくまで“楽しみながら”を大切に。人生楽しんだもの勝ちですから!

ニュース

大人気の実践型インターンシップ、今年もやります!

 企業システム学科の学生達は6年連続で、ファミリーマート主催の学生プロデュース弁当リーグ(以後、ガクPリーグ)に大学代表として参加しております。今回も弁当ではなくスイーツ部門での参加となり、「うむい」という健康志向のスイーツを開発して販売しました。

 そのコンセプトは、「豆乳、ゴマ、紅イモの3つを組合わせてスイーツ感覚で食べられる健康志向のお客様や女性に喜んでいただける商品とし、メインターゲットは、仕事や家事に一生懸命打ち込む女性」としました。そして売上金額では2位となりましたが、「ベストオーディエンス賞」というすばらしい賞をいただきました。

 ガクPリーグに参加する学生達は、夜遅くまでファーストフード店や大学、自宅などに集まり企画を詰めていきます。目が回るほど忙しいのですが、ファミリーマートさんや食品会社の方々とのプロフェッショナル的やりとりがとても刺激的なようです。

 学生達にこの忙しさは大変ではないかと尋ねたところ、「はい、大変でした」と答えます。そして続けて「でも、一生の思い出に残る夏休みとなりました」と一様に言うのでした。このガクPリーグに参加したことで、だらだら過ごしていた夏休みが、ワクワクする毎日となり、そして実務を通してビジネスを学んでいるという充実感を得ることができたのです。

 今年もガクPリーグが夏休みから始まります。ビジネスを専門に学ぶ「企業システム学科」では、今年も参加予定です。学生達は、授業で学ぶビジネス理論、インターンシップで学ぶ実践的手法により、今夏もこれまで以上に成長していくことでしょう。

学Pリーグ

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(商業)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 図書館司書資格
  • 博物館学芸員資格
  • 学校図書館司書教諭資格

また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を提供しています。

  • 日商販売士検定
  • BATIC(国際会計検定)
  • 日商文書技能検定
  • パーソナルコンピュータ利用技術者試験
  • 中小企業診断士
  • 日商ビジネス・コンピューティング
  • 日商簿記検定
  • 税理士
  • 公認会計士 等

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■マーケティング・リサーチャー
  • ■経営コンサルタント
  • ■民間企業 (メーカー、流通、金融・保険・証券、サービスなど)
  • ■教員(高校:商業・公民、中学:社会)
  • ■国家公務員(国税庁:国税専門官)
  • ■中小企業診断士
  • ■起業(自らビジネスを起こす)
  • ■地方公務員(県庁、市町村役場)
  • ■税理士・公認会計士

主な就職先

電気

沖縄電力

金融・保険業

琉球銀行、沖縄銀行、沖縄県労働金庫、郵便局(株)、沖縄海邦銀行、大同火災海上保険、日本生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社、コザ信用金庫、沖縄振興開発金融公庫

卸売・小売業

サンエー、メイクマン、トヨタカローラ沖縄、リウボウインダストリー、イオン琉球、沖縄ファミリーマート、ヤンマー沖縄株式会社、沖縄ホンダ、東江メガネ、ネッツトヨタ沖縄、日本マクドナルド、琉球光和、琉薬

建設業・運輸業・製造業

全日空、日本トランスオーシャン航空、金秀建設、琉球セメント、平和(パチンコメーカー)

サービス業その他

沖縄セルラー電話、ザ・テラスホテルズ、ルネッサンスリゾートオキナワ、税理士・会計事務所、沖縄コンピュータ販売、沖縄ゼロックス、ホシザキ沖縄、東京第一ホテル、かりゆしホテルズ、沖縄ツーリスト、アドスタッフ博報堂、ブリングアップ史(TV番組制作)、玉野総合コンサルタント、沖縄ワタベウェディング、沖縄コンベンションビューロー

公務員関係

中学校・高等学校(教員・学校事務)、沖縄県庁、市町村役場、沖縄県商工会連合会、小学校(事務)、沖縄県警察

コラム

学びと就職

木村 眞実 准教授 (企業システム学科)

 大学3年次になると就職活動が本格的に始まります。その時には、経済活動、業界・企業に関する知識、自己分析の能力が必要となります。そのような知識・能力が今の自分にはないな…と思う方もいると思いますが、大丈夫です。企業システム学科では、皆さんの知識習得、能力向上に向けたカリキュラムを用意しています。
 まず、1年次にはビジネスの基礎科目を学び、2年次には「マーケティング」「経営」「会計」の中からコースを選択し、主専攻分野の基礎知識を習得します。そして、3年次にはゼミナール(専門演習I・II)で専攻分野のより専門的な知識・理論を学びます。さらに4年次では、これまでの勉強の集大成である卒業論文をまとめます。
 たとえば、木村ゼミナールでは、講義時間内での学習に加えて、企業見学、自主ゼミの開催、ゼミ合宿等の学外学習を実施しています。これらを通じて、資料収集・分析の能力、課題に対する粘り強さ、他者と議論を行う能力を修得します。
 講義、ゼミナールのほかに、検定試験や資格試験につながる講義も充実しています。たとえば、日商販売士検定、日商簿記検定、中小企業診断士があります。
 企業システム学科の卒業生は、企業の方々からも高い評価を得ており、金融・保険業から、卸・小売業、サービス業など、各業界へ就職をしています。
 あなたも、企業システム学科で学び、将来へとつながる知識と能力を身に付けましょう。

講義の様子

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る