現在地: ホーム > 学部案内 > 産業情報学部 > 企業システム学科

産業情報学部 | 企業システム学科

ビジネスを科学する!

ビジネスの現場で今起こっていることを題材に、ビジネスに必要な実践的な知識や技術を専門的・体系的に学びます。大学で学んだことをそのまま就職しても活かすことができ、また、講義内容が資格取得にリンクしているため、数多くの資格を取得することも可能です。

現代社会の多様なニーズに対応できるビジネス・パーソンの育成

  • 企業活動・ビジネスに焦点をあてた実学指向の教育
  • 高度情報化社会・国際化時代に対応したカリキュラム
  • マーケティング・経営・会計を専門的・体系的に学べるコース制の導入
  • 資格取得にリンクした講義内容
上原 里奈 企業システム学科 2年次 (小禄高校出身)
上原 里奈 企業システム学科 2年次 (小禄高校出身)

先生から見るOKIU

ビジネスを理解し、問題を解決する

学科の魅力と個性は?
鵜池 幸雄 教授

企業システム学科
李ヒョンジョン 准教授

企業システム学科の魅力は、企業経営に必要とされる知識やビジネス・スキルを専門的に学ぶことはもちろん、学んだ知識を実践できるセンスと行動力まで備えた人材として育成するところにあります。カリキュラムとしては、1年次はまずビジネス社会に必要な基礎知識を総合的かつバランスよく学びます。その後2年次からは、自分の関心や将来のニーズに合わせて3つのコース(マーケティング・経営・会計)から一つを選択し、ビジネスのスペシャリストとして望まれる専門の知識を深めていくことになります。同時に、情報化・国際化時代に対応した科目の設置や、資格取得とリンクした科目の設置、また社会の第一線で活躍している企業人による講義科目の設置などを通して、知識と実践を結ぶ教育環境を提供しています。このような、実際の企業活動・ビジネスに直結した実践的な学問を中心としたカリキュラムの編成によって、大学で学んだことが就職後も十分活かせるという点が企業システム学科の強みであり、変動しつつある現代ビジネス社会において柔軟に対応できる人材として多くの卒業生が県内外で活躍しています。

コース

マーケティングコース

マーケティングの現場では商品発想力、企画力、コミュニケーション力などが必要とされます。現場で役に立つ調査分析手法や基礎的・実践的知識を学び、創造的戦略の設計能力を養成します。「中小企業診断士」「マーケティング・リサーチャー」「ベンチャー起業家」「経営者」「商業科教員」などビジネス最前線で活躍する人材を育成します。

経営コース

(1)経営感覚を身につけて既存の組織(企業や官公庁など)に入って活躍できる人材、(2)既存の組織に入るのではなく、起業家精神をもって自らビジネスを起こす人材を育成します。また、上記の(1)と(2)に共通して必要な経営情報処理能力を養成します。

会計コース

会計数値を作り出す仕組みやその利用方法を学ぶことによって、企業の本当の姿をつかむ力、企業を管理する力、企業活動の先を読む力を養います。企業の経理・財務担当者の他、商業科教員、国税専門官、税理士・公認会計士など、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

学生から見たOKIU

最初から目標を持つことで、4年間の過ごし方が変わります!

島 かんな 企業システム学科 4年次 (具志川商業高校出身)

島 かんな 企業システム学科 4年次 (具志川商業高校出身)

専門学校と迷いましたが、沖国大に進学した先輩がイキイキしてたのが決め手でした。ここはテンション高い人が多くて。毎日楽しいです!会計コースは普通科出身も多いですよ。最初は大変そうだけど、いつの間にか関係なくなってますね。ハンデがあるほどがんばれるのかも。会計とは、=簿記でなく、経済活動や分析、管理など重要かつ幅広い意味を持ちます。ここで得た学びを生かして、県内企業の役に立ちたいです!

大学で、将来の夢が目標に。そのための基礎作りに大忙し!

新里 雅志 企業システム学科 3年次 (中部商業高校出身)

新里 雅志 企業システム学科 3年次 (中部商業高校出身)

「学P」に憧れてマーケティング希望で入学。でも経営やマネジメントに興味がわき、今は良い選択だと実感できます。元プロ野球選手が指導する野球塾スタッフとしての学びが役立っています。卒業後はグローブ職人を希望。試合映像の分析やショップ店員さんからの情報収集、OB訪問など。もちろんキャンプ見学も外せません!多くの方のお陰で夢が着実に目標になっています。「慣れているからの慎重さ」を教訓に、自分が納得したことを突き詰めます。

自分がかっこいいと思うことを貫くかっこよさを持とう!

伊藝 匠 企業システム学科 4年次 (知念高校出身)

伊藝 匠 企業システム学科 4年次 (知念高校出身)

中3から始めたダンスを続けたくて、ダンスサークルOSSFが有名な沖国大へ。起業に興味があり経営コースを選択してますが、同じ考えを持つ仲間から、毎日刺激を受けてます。よく後輩から進路相談されるけど、まず聞くのは「何をやりたいか」名前で大学を決めたり、公務員志望だから法学部、でなく。そうすれば自ずと将来が見えるはず。僕の野望は、海外からもエントリーされるダンスイベントを企画することです!

企業システム学科カリキュラム

選択性にすぐれたカリキュラム

「マーケティング」「経営」「会計」を幅広く学ぶことも、また、特定の分野について専門的に深く学ぶことも可能なカリキュラムが編成されています。

高度情報化社会・国際化時代に対応

情報社会に対応する科目(「マーケティング情報処理」「経営情報処理」「コンピュータ会計」)と、グローバル市場に対応する科目(「グローバル・マーケティング総論」「マーケティング英語」「国際関係論」「英文簿記・会計」など)を開設しています。

充実したキャリア教育

社会の第一線で活躍している企業人が講義する科目(「eコマース・マーケティング」「ビジネス特別講義」など)を設け、教室の中だけでは得られない実践的な知識や経験を学べます。

企業システム学科 (専門科目一覧)

1年次 2年次 3年次 4年次
専門必修科目 マーケティング入門I・II
商業簿記I
経営学総論I・II
フレッシュマン・セミナー
基礎演習I・II
専門演習I・II 卒業論文演習I・II
各コース専門選択科目 商業簿記II
簿記演習I
マーケティング総論
マーケティング演習
流通総論
マーケティング情報処理I・II
グローバル・マーケティング総論
グローバル・マーケティング演習
消費者行動概論
消費者行動演習
市場調査総論
市場調査演習
販売管理論
商業史
マーケティング特別講義
人的資源管理論I・II
企業者史
経営管理論I・II
オフィス・マネジメント
労働経済学
経営情報処理I・II
経営学特別講義
会計学I・II
コンピュータ会計
簿記演習II
英文簿記・会計
工業簿記I・II
会計学特別講義
アジアの企業と文化
マーケティング英語
サービス・マーケティング
eコマース・マーケティング
広告論
セールス・プロモーション
ソーシャル・マーケティング
小売流通論I・II
流通政策論
国際関係論
中小企業経営論
比較経営論I・II
中小企業診断I・II
国際経営論I・II
ベンチャー経営論I・II
経営戦略論
ビジネスプレゼンテーション
財務会計I・II
資金会計
原価計算I・II
戦略管理会計
業績管理会計
経営分析
経営分析演習
税法
税務会計
会計監査
非営利会計
 
専門選択科目 経済原論I・II
情報概論
情報リテラシー演習
プログラミング演習A・B
データベース
経営数学
外書講読
ビジネス実務総論
インターンシップI・II
ビジネス特別講義
民法
商法
会社法
国際経済学
 

3コース共通 マーケティングコース 経営コース 会計コース

卒業必要単位数

共通科目 24単位以上 ※英語4単位を含む
専門必修科目 26単位以上
自コース専門選択科目及び他コース専門選択科目 60単位以上

合計 124単位以上 ※計104単位を含む

カリキュラムピックアップ

マーケティング総論

「消費者が望んでいる商品を、生産者から消費者に届ける企業活動」を「マーケティング」といいます。本講義では、消費者の為にどのような商品を作ればよいのか、商品を届けるためにはどのような流通経路を構築すべきかなどを、県内企業の事例を交えて解説します。

グローバル・マーケティング総論

わが国の企業は積極的に海外市場へ投資し、商品開発・生産・販売活動を行っています。「グローバル・マーケティング総論」では、海外市場環境や顧客ニーズ、ビジネスの仕組みなど海外市場を読む力を実践的に養い、海外進出・展開戦略を事例を通して考えます。

英文簿記・会計

ビジネスに国境がないように、簿記・会計の世界でも徐々に国境がなくなりつつあります。国境がなくなった時、世界標準の決算書は英語で作成されます。「英文簿記・会計」では、簿記一巡の手続を英語で行えるように、国際会計検定の取得も目指します。

人的資源管理論

よりよく働くためには何が必要なのかを学びます。人間関係での集団心理、チームワークの長所と短所、やる気を高めさせる工夫、状況に応じたリーダーシップなどについて、経営学だけではなく社会学・心理学を援用して考えます。

私の時間割

仲里 美紀 (企業システム学科 4年次/小禄高校出身)

仲里 美紀 (企業システム学科 4年次/小禄高校出身)

専らの関心はマーケティング。毎日の生活に密着した内容に興味津々です。受け身な私は、基礎演習で「自分が動かないと何事も始まらない」ということを学びました。ゼミでは業界研究や企業訪問など、授業外での活動が多くて忙しいですが、いろんな人と出会え、知識も深まって楽しいです!本学科を選んで良かったです。

企業システム学科ゼミナールの研究テーマ一覧

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

基礎科目の習得(1年次対象)

1年次でビジネスの基礎科目を学んだ後、2年次に進級する際、コースの選択を行います。

基礎演習I・II(2年次対象)

2年次では、「マーケティング」「経営」「会計」の中から選択したコースの「基礎演習I・II」を履修し、主として専攻する分野の基礎理論を学びます。

専門演習I・II(3年次対象)

3年次のゼミナール(専門演習I・II)では、ゼミの担当教員との密接なコミュニケーションを通じて、専攻する分野のより専門的な知識・理論・技術を習得します。

卒業論文演習I・II(4年次対象)

4年次のゼミナールでは、各自のテーマに基づき卒業論文をまとめます。

各ゼミのテーマ
  • ■河田ゼミ「小売流通論」
  • ■原田ゼミ「消費者行動論・ブランド戦略・キャラクター商品の研究・企業戦略分析」
  • ■宮森ゼミ「マーケティングの実社会への活用」   ※宮森ゼミブログ
  • ■天野ゼミ「経営管理論」
  • ■岩橋ゼミ「経営学・人的資源管理論」
  • ■佐久本ゼミ「国際経営・日本的経営の理論と実践」
  • ■鵜池ゼミ「財務会計の研究」
  • ■大城ゼミ「簿記・会計の理論と応用」
  • ■清村ゼミ「企業分析・経営分析」

ゼミナール紹介(ゼミ生に聞きました!!)

河田ゼミ (ゼミ員構成:男性11名 女性9名)

河田 賢一 准教授 専門分野:流通システム論・百貨店の取引慣行・コンビニエンスストアのロイヤルティシステム
担当科目:小売流通論・eコマース・マーケティング・販売管理論 など

河田ゼミでは、自分達で選んだテキストの中身を各自でまとめて発表します。発表した内容について質問し、発表者はそれに答える、といった感じで進められていきます。そのため、発表者以外のゼミ生も積極的に参加できる仕組みになっています。
また、先生は企業説明会や合同説明会などの情報を常にメールで教えてくれます。就活に関する新聞記事をコピーして配付したり、模擬面接をしたりと、就活に力を貸してくれます。そのため、就活への意識が高いゼミだと思います。しかし、学ぶばかりではありません。学生同士で飲み会やスポーツ大会、セミナーハウスでの研修など、様々な計画を立てて交流できるため、すぐに仲良くなれます。遊びも学びも全力!が河田ゼミです。皆さんも、そんな河田ゼミで学んでみませんか。(ゼミ生:照屋 梢 具志川商業高校出身)

卒業生から見たOKIU

大学での学びが今の基礎に。 数字を読む力を今後に生かしたいです。

當銘 彩加

琉球銀行 糸満支店
當銘 彩加
企業システム学科
2011年度卒業(那覇高校出身)

現在のお仕事について

貸付窓口担当として個人向けローンのご相談が主な業務です。窓口業務に必要な生保・損保、証券に関する資格や、FPや銀行業務に関わる資格等が多く、先輩や同期と勉強会を開きながらスキルアップに励んでいます。琉球銀行は研修制度が整っており、正行員になっても次のステップに向けた月1回の研修があるので有り難いですね。銀行業務という特性から異動も多く、その調整で係変えもあり、係が変わるごとに、先輩に手を止めて教えてもらうという状況で、周りの方々にお世話になりっぱなしです。

大学時代について

本学科では会計コースを選択、清村ゼミに所属していました。就職活動で悩んでいた時に、先生に紹介された先輩のお話を聞いて琉球銀行に決めた経緯があるので、清村先生には感謝しかありません。私にとって沖国大は、社会人への準備期間。就職活動はとても大変だったけれど、学部学科を超えた就活仲間のおかげでがんばり遂げたと実感できます。今でも辛い時は、当時を思い出して「あの時あんなにがんばったんだから、まだまだやれる!」と自分を鼓舞しています。

今後について

 入行3年目から営業か融資貸付調査かに分かれますが、貸付調査の仕事をするうえで、簿記3級レベルの知識が必要となります。私は大学在学中に取得していて、その分次のステップに早く進めるので、業務を覚えてさらに資格を取得し、いろんな担当を経験しながら“貢献できる人材”になりたいです。琉球銀行はとても素敵な先輩が多く、人事部長の「入行を後悔させない」という言葉は嘘じゃないと感じています。そして、将来は琉球銀行の中で「ありがとう」を一番言われる行員になりたいです!

ニュース

他大学との真剣勝負こそが成長の源 沖縄ファミリーマートの弁当企画学Pリーグ

沖縄国際大学 企業システム学科の学生達は6年連続で、ファミリーマート主催の学生プロデュース弁当リーグ(以後、学Pリーグ)に大学代表として参加しております。昨年は弁当ではなくスイーツ部門での参加となり、「パッションの想い」という高級スイーツを開発しました。

学Pリーグに参加する学生達は、夜遅くまでファーストフード店や大学、自宅などに集まり企画を詰めていきます。目が回るほど忙しいのですが、沖縄ファミリーマートさんや食品会社の方々とのプロフェッショナル的やりとりがとても刺激的なようです。

学生達にこの忙しさは大変ではないかと尋ねたところ、「はい、大変でした」と答えます。そして続けて、「でも、一生の思い出に残る夏休みとなりました」と一様に言うのでした。この学Pリーグに参加したことで、だらだら過ごしていた夏休みが、ワクワクする毎日となり、そして実務を通してビジネスを学んでいるという充実感を得ることができたのです。

 今年も学Pリーグが夏休みから始まります。ビジネスを専門に学ぶ「企業システム学科」では、今年も参加予定です。学生達は、授業で学ぶビジネス理論、インターンシップで学ぶ実践的手法により、今夏も多くの成長をしていくことでしょう。

沖縄ファミリーマート様、本当にありがとうございます。

学Pリーグ

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(商業)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 図書館司書資格
  • 博物館学芸員資格
  • 学校図書館司書教諭資格

また、講義科目と連動して、下記の資格取得に役立つ科目を提供しています。

  • 日商販売士検定
  • BATIC(国際会計検定)
  • 日商文書技能検定
  • パーソナルコンピュータ利用技術者試験
  • 中小企業診断士
  • 日商ビジネス・コンピューティング
  • 日商簿記検定
  • 税理士
  • 公認会計士 等

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■マーケティング・リサーチャー
  • ■経営コンサルタント
  • ■民間企業 (メーカー、流通、金融・保険・証券、サービスなど)
  • ■教員(高校:商業・公民、中学:社会)
  • ■国家公務員(国税庁:国税専門官)
  • ■中小企業診断士
  • ■起業(自らビジネスを起こす)
  • ■地方公務員(県庁、市町村役場)
  • ■税理士・公認会計士

主な就職先

電気

沖縄電力

金融・保険業

琉球銀行、沖縄銀行、沖縄県労働金庫、郵便局(株)、沖縄海邦銀行、大同火災海上保険、日本生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社

卸売・小売業

サンエー、トヨタカローラ沖縄、リウボウインダストリー、イオン琉球、沖縄ファミリーマート

建設業・運輸業・製造業

全日空、日本トランスオーシャン航空、金秀建設、琉球セメント

サービス業その他

沖縄セルラー電話、ザ・テラスホテルズ、ルネッサンスリゾートオキナワ、税理士・会計事務所

公務員関係

中学校・高等学校(教員・学校事務)、沖縄県庁、市町村役場

コラム

学びと就職

岩橋 建治 准教授 (企業システム学科)

大学3年生後期から実質始まる就職活動では、志望する企業についての「企業研究」、その企業の属する業界についての「業界研究」、そして自分自身についての「自己分析」が求められます。「企業研究」と「業界研究」について、企業システム学科ではマーケティング、経営、会計の多様な角度から学ぶことができます。企業・業界・消費者の行動パターンの体系ともいえるさまざまな理論を押さえ、学生同士のディスカッションを通じて特定の企業事例を分析し、ときには学外で調査をします。また発表の機会も多いので、表現力や説得力も身につきます。おかげさまで企業の方々から高い評価を頂いています。多くの学生が苦戦するのは「自己分析」です。誰でも、自分自身を知ることが一番難しいのです。「自己分析」では、学生時代に何に打ち込んできたのか、その企業で自分が何をしたいのか、どのような貢献ができるのかについて、自分なりの答えが求められます。そこでの一つのヒントは、他人と比べて優れているか劣っているかではなく、過去と比べて自分自身がどれだけ成長したかを知ることです。ひとは学ぶことで成長します。大学では勉学も含め、すべてが学びの対象です。楽しみにしていてください。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る