現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 人間福祉学科(社会福祉専攻)

総合文化学部人間福祉学科(社会福祉専攻)

しなやかな心と鋭い視点で挑む!

人間福祉学科・社会福祉専攻では、現場を重視した実践的教育を通して福祉・医療・保健・教育の各分野で中核として活躍できる豊かな人間性と能力を兼ね備えた人材を養成します。

社会問題は、私たちの問題

年々多様化・複雑化している、私たちを取り巻く社会問題。それらとどう接するか、どう解決するかを様々な角度からアプローチします。

社会で今、起こっていることを題材に必要な知識・技術を習得し、センスを磨く

  • ・社会福祉専門職の育成
  • ・充実した教育内容の社会福祉士・精神保健福祉士養成課程
  • ・社会福祉関連資格取得のための積極的支援
  • ・社会福祉実習やボランティア活動を通した実践的学び
  • ・海外社会福祉研修等を通して国際性を育てる教育の重視
  • ・公開講座等を活かした生涯学習への積極的対応
人間福祉学科(社会福祉専攻)イメージ

先生から見るOKIU

世界で活躍できる福祉実践家を育成する

ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授

人間福祉学科 社会福祉専攻主任
ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授

社会福祉専攻では、日本国内における福祉実践や問題について学ぶだけでなく、海外の福祉先進国や途上国で起こっている様々な社会福祉問題についても学びを深めていきます。それらを学びつつ、日本の社会福祉問題に目を向けていくことはグローバル化している現代社会において力強い人材となっていくことでしょう。在学中は大学の授業だけではなく、自ら興味を持つ分野へのボランティア活動などへ積極的に取り組み、自分の経験を増やし視野を広めていくことで有意義な学生生活ができるとともに、国際的な視点も養っていくことができます。それらをバックアップする授業として社会福祉専攻では、「海外社会福祉演習」などを行っています。海外の社会福祉へ知識を広め、各福祉先進国や途上国を肌で体感しながら社会福祉問題について理解を深めていく授業も行われています。このような特色のある授業が行われているのも社会福祉専攻の魅力でもあります。

6つの専門領域

あなたの興味・関心・進路に合わせた充実した講義内容

社会福祉関連科目

社会福祉に関する知識と技術とくにソーシャルワークの援助技術を身につけ、社会福祉施設や行政等において活躍できる人材の育成を目指します。社会福祉士国家受験資格に必要な科目を中心に学びます。とくに、相談援助に関する理論的な基礎を学びます。

医療福祉関連科目

一般病院などにおける医療ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。医療福祉など、保健・医療に則した科目、公衆衛生に関する基礎的な理論を学びます。

地域福祉関連科目

福祉のまちづくりを目指す機関やNPOなどで、福祉コミュニティづくりに参画できる人材の育成を目指します。社会学を基礎に、都市生活のあり方、家族問題、ジェンダーに関するテーマなどを学び、「社会」を捉える視点を学びます。社会調査士やスクールソーシャルワーク関連科目もあります。

国際福祉関連科目

発展途上国の貧困や飢餓、人権問題、社会開発などの問題について学び、NGOや国連など、国際社会で活躍できる実践力のある人材の養成を目指します。北欧、アメリカ、アジアなど世界各国の福祉に関する制度や実情を学び、国際ソーシャルワークの理論を学びます。

精神保健関連科目

精神科病院や心療内科クリニック、精神障害者の自立支援センターなどにおける精神科ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。精神保健福祉国家受験資格に必要な科目を中心に、現場で働き、実践する人たちの多彩な講義が受講できます。子どもメンタルヘルスについても学びます。

福祉技術関連科目

介護技術、手話・点字、福祉レクリエーションなど、福祉コミュニケーションのあり方や、社会福祉にまつわる基本的な技術を身につけることを目指します。介助や福祉コミュニケーションを実践するうえで必要な基礎を学びます。

学生から見たOKIU

学びと経験、自分の感性を高める日々

黒島 颯  人間福祉学科 社会福祉専攻 3年次 (那覇西高校出身)

黒島 颯 人間福祉学科 社会福祉専攻 3年次 (那覇西高校出身)

私が高校生の頃に児童虐待のニュースが取りざたされ、子どもが好きだった私は虐待がなぜ起こるのか、どうすれば子どもたちにとってより良い社会をつくれるのかを学びたいと思い、この学科に入学しました。福祉は難しいこともありますが、実習などで利用者の温かい笑顔が福祉をやっててよかったと思わせてくれます。また、大学に入学したもう一つの理由が色々な活動をしたいというものでした。世界若者ウチナーンチュ連合会(WYUA)に入った私は、ヨーロッパで現地にいるウチナーンチュとの交流や、インターンの一環でラジオに出演など、充実した日々を過ごしています。将来について今は考えていません。やりたいことをやり、自分の感性を高めることに集中したいと思っています。好きなことを好きなだけできるのは若いうちだけだと思っているので、ぜひ沖縄国際大学に入学し、自分のやりたいことを思う存分やってみてください。

人間福祉学科(社会福祉専攻)カリキュラム

現在、社会福祉の現場では、医療・保健・福祉の連携が求められています。社会福祉専攻には、他の専門職と協働していく専門性を持つ人材を養成するため、社会福祉、医療福祉、地域福祉、国際福祉、精神保健、福祉技術などにかかわるさまざまな専門科目が開講されています。また、各学年に演習や実習などの各種の専門ゼミが配置されており、2年次には、医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学、社会哲学、ケア論といった教員の専門性をいかした専門ゼミに配属されます。さらに、社会福祉士、精神保健福祉士といった資格をめざす学生は、現場実習を通して専門職としての素養を身につけます。それと共に、実践的活動や国際貢献を通して社会福祉分野で必要とされる技術・知識・考え方などを体系的に学ぶことができます。

人間福祉学科(社会福祉専攻)カリキュラム (専門科目一覧)

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 社会福祉について学ぶ上で基礎となる科目を、必修科目として重点的に学びます。また、共通科目を通して社会福祉を理解する上で必要となる教養を身につけていきます。 2年次以降は各専門領域の科目を履修していくことで高度な専門知識と相談援助技術の習得を目指していきます。 フィールドワークなどを通して、これまでに得た知識や技術をより実践的なものへと深めていきます。 卒業論文などを通して、専門領域での学びの総括を行い、進路選択に活かしていきます。また、同時に国家資格の取得を目指します。
専門必修科目 フレッシュマンセミナー
基礎演習
社会福祉の基礎
専門演習A(※1)
専門演習B
専門演習C
専門演習D
卒業演習A
卒業演習B
専門選択必修科目 社会科学研究法
社会調査の基礎
現代社会と福祉T・U
老年学概論T
社会科学概論T・U
心理学理論と心理的支援
相談援助の理論と方法T
精神保健学T
保健福祉政策論
哲学的人間論
障害学
現代の市民社会
地域連携演習T
障害者支援実践演習A
障害者支援実践演習B
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
精神保健福祉の理論と相談援助の展開T
専門選択科目 海外社会福祉演習T
海外社会福祉演習U(※2)
相談援助の基盤と専門職T・U
老年学U
高齢者に対する支援と介護保険制度T・U
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
福祉と倫理
低所得者に対する支援と生活保護制度
福祉サービス組織と経営
就労支援サービス
権利擁護と成年後見制度
更生保護制度
公衆衛生学
社会保障T・U
人体の構造と機能及び疾病
ケアマネジメント論
医療福祉論
保健医療サービス
社会事業史
社会調査の企画と設計
現代の社会病理
社会理論と社会システム
ジェンダー論
都市社会学
地域福祉の理論と方法T・U
福祉行財政と福祉計画
臨床社会学
家族社会学
福祉英語U
精神保健学U
精神医学
精神保健福祉に関する制度とサービス
精神保健福祉相談援助の基礎(専門)
精神障害者の生活支援システム
ケアの理論と実践
地域連携演習U
地域コーディネート演習
福祉レクリエーション技術T・U
介護技術T・U
介護概論
介護技術実習
レクリエーション理論
国際フィールドワーク
社会福祉学特講A・B・C
社会科・公民科教育法
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法演習
社会科・地理歴史科教育法演習
福祉科教育法
インターンシップT・U
社会福祉援助実習
福祉科教育法演習
卒業研究発表

※1 希望するゼミを選択し、その専門知識と技術を学んでいきます。
※2 スウェーデン、イギリス、タイ、ベトナム、米国(ハワイ)等訪問先の福祉実践を学ぶだけでなく、日常生活を垣間見ることによって視野を広げる機会となります。

卒業必要単位数

共通科目 28単位以上 ※外国語8単位を含む
必修科目 22単位
選択必修科目 22単位
選択科目 32単位以上
自由科目 20単位

合計 124単位以上

カリキュラム紹介

保健福祉政策論

人口高齢化を背景として起こる様々な諸問題、生活習慣病を惹起させるメタボリックシンドローム、がんによる死亡者の増大、認知症患者の増加など保健・福祉の問題に焦点を絞り、国の重点政策についてわかりやすく講義します。

都市社会学

都市化、都市空間のありようは私たちの行為、人間関係、社会生活、心的性向にどのような影響をあたえているのか。その仕組みについて社会学的に理解する学問です。都市のコミュニティ、貧困や差別など具体的な諸問題を取り上げて学習します。

障害学
 

障害は身体的な特性(個性)、欠損、損傷、障壁というふうに考えられてきましたが、障害学では、むしろ社会・環境の状態、あるいは環境と個人の間の関係のあり方が障害であると考えられています。本講義では、「障害」は個人の問題ではなく社会が作り出したという「障害の社会モデル」を中心として講義します。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

現在の児童の置かれている社会環境はもちろんのこと、児童福祉の理念、発展、制度・サービス、児童が抱える諸問題、児童家庭福祉分野の専門職及び援助活動の実際等について学びます。社会の子育て家庭へのさまざまな支援が児童家庭福祉の重要な課題となっていることを理解しましょう。

福祉の問題解決能力に優れた人材を育む社会福祉専攻教員

1.専門領域 2.担当科目名称 3.現在進めている研究テーマ 4.好きな言葉 5.趣味など

安次富 郁哉 教授

安次富 郁哉 教授
1. 老・成年保健学、保健医療政策学
2. 保健医療政策論 他
3. 感情労働従事者の心身健康度
4. 絆は情感
5. 写真撮影・釣り

岩田 直子 教授

岩田 直子 教授
1. 障害者福祉、障害学
2. 障害学 他
3. 島嶼地域における障害者の社会参画
 〜インクルーシブなコミュニティ形成と島の活性化に向けて〜
4. 自分の弱さを誇る
5. 旅行、スポーツ観戦

小柳 正弘 教授

小柳 正弘 教授
1. 社会哲学、倫理学、障害と支援
2. 倫理学概論、哲学的人間論 他
3. 障害児支援における「現場の理念」の探索・構築
4. 進歩、芋を洗ふ如し(田中正造)
5. 寝る前に横になって本を読むこと

知名 孝 准教授

知名 孝 准教授
1. 精神保健福祉
2. 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 他
3. 発達障害児者・ひきこもり支援と保護者(家族)支援
4. Stay hungry, stay foolish. (Steve Jobs)
5. 自転車、ギター

桃原 一彦 准教授

桃原 一彦 准教授
1. 社会学
2. 社会学概論T・U 他
3. 「沖縄」をめぐる語りの権力性について
4. ノイズ(雑音)にこそヒントあり
5. 読書(小説など)

ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授

ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授
1. 老年保健学
2. 老年学概論T・U 他
3. 超高齢者における要介護状態・健康障害の傾向−3カ国の百寿者の比較−
4. Life is a Journey
5. アイスホッケー、ダイビング

比嘉 昌哉 准教授

比嘉 昌哉 准教授
1. 児童家庭福祉論
2. スクールソーシャルワーク論 他
3. スクールソーシャルワーカーのスーパービジョン
4. 己の欲せざる所は人に施すなかれ
5. スポーツ観戦等

保良 昌徳 教授

保良 昌徳 教授
1. 社会福祉学 高齢者福祉
2. 現代社会と福祉 高齢者福祉特論
3. 老年期のあり方 福祉従事者の専門性
4. 日々是好日 結果自然成
5. 歴史・古都めぐり 他

人間福祉学科(社会福祉専攻)ゼミナールの研究テーマ一覧

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

フレッシュマンセミナーと基礎演習(1年次対象)

大学生活に必要な基礎的スキルを身につけ、またボランティア活動などを通して社会福祉実践の基礎を学びます。

専門演習A・B(2年次対象)

医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学及び、社会哲学の各専門領域から希望するゼミを選択し、その専門知識と技術の基礎を学びます。

専門演習C・D(3年次対象)

各専門領域を引き続き学び、その理論的学習とフィールドワークを通して、より専門性の高い社会福祉実践への理解を深めます。

卒業演習A・B (4年次対象)

これまでの学習をもとに各自がテーマを設定し、調査・実験、分析、発表を行い自他の研究への理解を深め、最終的に卒業論文としてまとめます。

ゼミの様子

各専門ゼミの研究テーマ

安次富ゼミ : 医療の出口に福祉あり

岩田ゼミ : インクルーシブ社会の実現に向けて

小柳ゼミ : ケアの理論と実践

知名ゼミ : 子どもの発達を支える支援

桃原ゼミ : 現代社会の仕組みを解読する

比嘉ゼミ : 児童家庭福祉

卒業生から見たOKIU

患者様や家族の抱える問題解決に努めています

照屋 由梨香

中部徳洲会病院 地域医療連携室
照屋 由梨香
人間福祉学科 社会福祉専攻
2012年度卒業生
(読谷高校出身)

在学中の実習で今の職場にお世話になりました。病院の雰囲気やスタッフの人柄に魅力を感じたのがきっかけで、現在MSW※として働いています。退院援助や医療費の相談、介護保険や身障手帳など各制度の案内を行っています。医師、看護師、リハビリスタッフなど院内の様々な職種との連携だけでなく、近隣の病院、施設、公的機関、ケアマネージャーなどとも連携を図り、患者様やその家族を取り巻く環境を理解し、問題解決に努めています。
在学中は、海外福祉研修(英国・北欧コース)に参加しました。各国の福祉施設を見学し、歴史や文化に直接触れ、講義だけでは学ぶ事が出来ない、とても貴重な体験をする事が出来ました。ゼミでは医療福祉を専攻し、MSWになる為の基礎知識や医療用語、疾患について学びました。大学での四年間はあっという間に過ぎていきます。興味がある事には積極的にチャレンジし、有意義な大学生活を送って欲しいです。
現在、中部徳洲会病院は新病院建設中です。大きな病院になる分、今まで以上に多くの方が来院されます。安心して医療が受けられるように、患者様、その家族の立場に立ち支援出来るよう日々努力していきたいと思います。

※MSW = Medical Social Worker(医療ソーシャルワーカー)の略。医療福祉分野におけるソーシャルワーカーのことで、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題を解決するための調整や援助を行う専門職のこと。

ニュース

海外社会福祉研修

本学科が開催する社会福祉研修は、1990年代から続いています。現在は、北欧コース、ハワイコース、タイを中心とするアジアコースの3つのコースがあります。訪問地に関する事前学習をした学生達がおよそ2週間にわたりそれぞれの訪問地の福祉実践を学ぶのですが、実践を学ぶだけではなく日常生活を垣間見ることもでき、視野を広げる機会となっています。

北欧コースは、主に、英国、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーを訪問します。訪問先では、ソーシャルワーカーからお話を伺ったり利用者の皆さんと交流をしたりします。充実した社会福祉政策が実際に展開されていることを目の当たりにし、学生達は国の仕組みのどこに違いがあるのか、ソーシャルワーカーの働き方のどこに違いがあるのか考えています。

ハワイコースは、ハワイ州オワフ島に滞在しながら米国の先進的な福祉実践を学びます。また、沖縄県人会を訪問するなど、ハワイと沖縄の関係を学ぶ機会にもなっています。沖縄との共通点が多いハワイでの福祉実践はとても身近に感じられ、たくさんの気づきを得ています。

アジアコースは主にタイを訪問します。バンコクやパタヤを訪問して女性の自立支援やストリートチルドレンの支援、障害児の支援など多様な福祉実践を学んでいます。また、ラオスとの国境近くの村でホームステイを体験したりもします。学生は異なる生活習慣を経験したり交流を楽しんだりしています。

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • スクールソーシャルワーカー認定資格
  • 社会調査士資格
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)(福祉)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 社会福祉主事資格(任用資格)

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■高齢者施設(生活相談員)
  • ■社会福祉協議会 (ボランティアコーディネータ等)
  • ■障害児・者施設(生活指導員等)
  • ■障害者就労支援支援施設(相談員・指導員)
  • ■地域生活支援センター(社会復帰指導員等)
  • ■婦人保護施設(相談員)
  • ■母子生活支援施設(生活相談員等)
  • ■児童養護施設ほか児童福祉施設(生活指導員)
  • ■児童自立支援施設(児童自立支援専門員等)
  • ■児童相談所(児童福祉司・指導員等)
  • ■精神科病院(精神保健福祉士等)
  • ■一般病院(医療ソーシャルワーカー・医事主事)
  • ■高等学校(福祉・公民担当教員)
  • ■福祉系専門学校(講師)
  • ■官公庁(沖縄県:地方公務員)
  • ■官公庁(市町村:地方公務員)
  • ■沖縄県警察(警察官)
  • ■教育委員会(スクールソーシャルワーカー)
  • ■福祉事務所(社会福祉主事)
  • ■海外の福祉施設(生活指導員等)
  • ■一般企業(医薬品・医療機器販売プロパー等)
  • ■マスコミ関係(社会部新聞記者)
  • ■金融機関(銀行行員)
  • ■総合事業機関(JA:事務職員)
  • ■宿泊業(ホテルスタッフ)

主な就職先

医療・福祉

愛知慈恵会/いっしん/ウェルネスフロンティア/沖縄医療生活/沖縄第一病院/沖縄徳洲会/沖縄病院/海邦福祉会/亀の里/残波かりゆし会/聖隷福祉事業団/大道中央病院/チットチャット・スポーツ塾/チャスキ/中部徳洲会/トゥムヌイ福祉会/那覇学園/ニライハート/はなまるおきなわ/バリアフリーネットワーク会議(NPO)/美咲保育園/みぬま福祉会/宮里病院/やさしい手/友愛会/わくわくの会(NPO)

卸・小売

アルビジア/イオンフォレスト/イオン琉球/沖縄パナソニック特機/沖縄ファミリーマート/沖縄メディコ/光貴/スズキ自販沖縄/スズケン沖縄薬品/ダイコー沖縄/トヨタカローラ沖縄/日本トイザらス

サービス業

沖縄ツーリスト/オリエンタルリゾートアソシエイツ/かりゆし/KPG HOTEL&RESORT/JAおきなわ/JCC/ディーバ沖縄/フェアトレード東北(NPO)/碧/ホテルオリオンモトブリゾート&スパ/ポラリス

通信・IT

イー・コード/カルク/プロトデータセンター

金融・保険

コザ信用金庫/大同火災海上保険

製造

沖縄特産販売/ぐしけん

建設・不動産

沖創工/レオパレス21

公務員

沖縄県警察官/那覇市役所

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る