現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 人間福祉学科(社会福祉専攻)

総合文化学部人間福祉学科(社会福祉専攻)

しなやかな心と鋭い視点で挑む!

 人間福祉学科・社会福祉専攻では、現場を重視した実践的教育を通して福祉・医療・保健・教育の各分野で中核として活躍できる豊かな人間性と能力を兼ね備えた人材を養成します。

学科の特色

社会で今起こっていることを題材に必要な知識・技術を習得し、センスを磨く

  1. 社会福祉専門職の育成
  2. 充実した教育内容の社会福祉士・精神保健福祉士養成課程
  3. 社会福祉関連資格取得のための積極的支援
  4. 社会福祉実習やボランティア活動を通した実践的学び
  5. 海外社会福祉実習等を通して国際性を育てる教育の重視
  6. 公開講座等を活かした生涯学習への積極的対応

学びのポイント

あなたの興味・関心・進路に合わせた充実した講義内容

【社会福祉関連科目】
 社会福祉に関する知識と技術とくにソーシャルワークの援助技術を身につけ、社会福祉施設や行政等において活躍できる人材の育成を目指します。社会福祉士国家受験資格に必要な科目を中心に学びます。とくに、相談援助に関する理論的な基礎を学びます。

【医療福祉関連科目】
 一般病院などにおける医療ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。医療福祉など、保健・医療に則した科目、公衆衛生に関する基礎的な理論を学びます。

【地域福祉関連科目】
 福祉のまちづくりを目指す機関やNPOなどで、福祉コミュニティづくりに参画できる人材の育成を目指します。社会学を基礎に、都市生活のあり方、家族問題、ジェンダーに関するテーマなどを学び、「社会」を捉える視点を学びます。社会調査士やスクールソーシャルワーク関連科目もあります。

【国際福祉関連科目】
 発展途上国の貧困や飢餓、人権問題、社会開発などの問題について学び、NGOや国連など、国際社会で活躍できる実践力のある人材の養成を目指します。北欧、アメリカ、アジアなど世界各国の福祉に関する制度や実情を学び、国際ソーシャルワークの理論を学びます。

【精神保健関連科目】
 精神科病院や心療内科クリニック、精神障害者の自立支援センターなどにおける精神科ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。精神保健福祉国家受験資格に必要な科目を中心に、現場で働き、実践する人たちの多彩な講義が受講できます。子どもメンタルヘルスについても学びます。

【福祉技術関連科目】
 介護技術、手話・点字、福祉レクリエーションなど、福祉コミュニケーションのあり方や、社会福祉にまつわる基本的な技術を身につけることを目指します。介助や福祉コミュニケーションを実践するうえで必要な基礎を学びます。

先生から見るOKIU

世界で活躍できる福祉実践家を育成する

ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授

ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 教授

 社会福祉専攻では、日本国内における福祉実践や問題について学ぶだけでなく、海外の福祉先進国や途上国で起こっている様々な社会福祉問題についても学びを深めていきます。グローバル化している現代社会において力強い人材となっていくでしょう。自ら興味を持つ分野へのボランティア活動などへ積極的に取り組み、自分の経験を増やし視野を広めていくことで有意義な学生生活ができるとともに、国際的な視点も養っていくことができます。それらをバックアップする授業として「海外社会福祉演習」などを行っています。海外の社会福祉へ知識を深め、各福祉先進国や途上国を肌で体感しながら社会福祉問題について理解を深めていく授業も行われています。このような特色のなる授業が行われているのも社会福祉専攻の魅力でもあります。

学生から見たOKIU

幅広い視点が自分の可能性を広げ、明るい未来を創る。

内間 翔平 人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 普天間高校出身

内間 翔平 人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 (普天間高校出身)

私が高校生の頃に児童虐待のニュースが取りざたされ、子どもが好きだった私は虐待がなぜ起こるのか、どうすれば子どもたちにとってより良い社会をつくれるのかを学びたいと思い、この学科に入学しました。福祉は難しいこともありますが、実習などで利用者の温かい笑顔が福祉をやっててよかったと思わせてくれます。また、大学に入学したもう一つの理由が色々な活動をしたいというものでした。世界若者ウチナーンチュ連合会(WYUA)に入った私は、ヨーロッパで現地にいるウチナーンチュとの交流や、インターンの一環でラジオに出演など、充実した日々を過ごしています。将来について今は考えていません。やりたいことをやり、自分の感性を高めることに集中したいと思っています。好きなことを好きなだけできるのは若いうちだけだと思っているので、ぜひ沖縄国際大学に入学し、自分のやりたいことを思う存分やってみてください。

【My Class Schedule 3年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30       地域福祉の理論と方法    
2 10:40〜12:10       専門演習 U    
3 13:00〜14:30 社会調査の企画と設計 相談援助実習指導 老年学概論 U     ボランティア・NPO論
4 14:40〜16:10     障害学 保健医療サービス    
5 16:20〜17:50 社会保障   福祉サービス組織と経営      
6 18:00〜19:30            
人間福祉学科
社会福祉専攻教員
教 授
安次富 郁哉 【老・成年保健学、地域ケア、保健政策】
岩田  直子 【障害者福祉論、障害学】
ドナルド・C・ウィルコックス 【老年学、国際保健福祉、公衆衛生学】
小柳  正弘 【社会哲学、倫理学、障害と支援】
保良  昌徳 【社会福祉原論、高齢者福祉論】
准教授
知名   孝 【精神保健福祉】
桃原  一彦 【社会学(都市とコロニアリズム研究)】
比嘉  昌哉 【スクールソーシャルワーク論、児童家庭福祉論】

カリキュラム紹介

 現在、社会福祉の現場では、医療・保健・福祉の連携が求められています。社会福祉専攻には、他の専門職と協働していく専門性を持つ人材を養成するため、社会福祉、医療福祉、地域福祉、国際福祉、精神保健、福祉技術などにかかわるさまざまな専門科目が開講されています。また、各学年に演習や実習などの各種の専門ゼミが配置されており、2年次には、医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学、社会哲学、ケア論といった教員の専門性をいかした専門ゼミに配属されます。さらに、社会福祉士、精神保健福祉士といった資格をめざす学生は、現場実習を通して専門職としての素養を身につけます。それと共に、実践的活動や国際貢献を通して社会福祉分野で必要とされる技術・知識・考え方などを体系的に学ぶことができます。

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 社会福祉について学ぶ上で基礎となる科目を、必修科目として重点的に学びます。また、共通科目を通して社会福祉を理解する上で必要となる教養を身につけていきます。 2年次以降は各専門領域の科目を履修していくことで高度な専門知識と相談援助技術の習得を目指していきます。 フィールドワークなどを通して、これまでに得た知識や技術をより実践的なものへと深めていきます。 卒業論文などを通して、専門領域での学びの総括を行い、進路選択に活かしていきます。また、同時に国家資格の取得を目指します。
専門必修科目 フレッシュマンセミナー
基礎演習
社会福祉の基礎
専門演習a(※1)
専門演習b
専門演習c
専門演習d
卒業演習a
卒業演習b
専門選択必修科目 社会科学研究法
社会調査の基礎
現代社会と福祉T・U
老年学概論T
社会科学概論T・U
心理学理論と心理的支援
相談援助の理論と方法T
精神保健学T
保健福祉政策論
哲学的人間論
障害学
現代の市民社会
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
精神保健福祉の理論と相談援助の展開 T
地域連携演習 T
障害者支援実践演習 A
障害者支援実践演習 B
専門選択科目 海外社会福祉演習T
海外社会福祉演習U(※2)
相談援助の基盤と専門職T・U
老年学概論 U
高齢者に対する支援と介護保険制度T・U
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
福祉と倫理
低所得者に対する支援と生活保護制度
福祉サービス組織と経営
就労支援サービス
権利擁護と成年後見制度
更生保護制度
公衆衛生学
社会保障T・U
ケアマネジメント論
医療福祉論
保健医療サービス
社会事業史
社会調査の企画と設計
現代の社会病理
社会理論と社会システム
ジェンダー論
都市社会学
地域福祉の理論と方法T・U
福祉行財政と福祉計画
臨床社会学
家族社会学
社会統計学 T・U
スクールソーシャルワーク論
国際福祉論
海外の社会福祉
国際関係論
福祉英語 T
福祉英語 U
精神保健学 U
精神医学
精神保健福祉に関する制度とサービス
精神保健福祉相談援助の基礎(専門)
精神障害者の生活支援システム
ケアの理論と実践
地域連携演習 U
地域コーディネート演習
福祉レクリエーション技術 T・U
介護技術 T・U
介護概論
介護技術実習
レクリエーション理論
国際フィールドワーク
社会福祉学特講 A・B・C
社会科・公民科教育法
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法演習
社会科・地理歴史科教育法演習
福祉科教育法
インターンシップ T・U
社会福祉援助実習
卒業研究発表

※1. 希望するゼミを選択し、その専門知識と技術を学んでいきます。
※2. スウェーデン、イギリス、タイ、ベトナム、米国(ハワイ)等訪問先の福祉実践を学ぶだけでなく、日常生活を垣間見ることによって視野を広げる機会となります。

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次『フレッシュマンセミナ―』『基礎演習』 大学生活に必要な基礎的スキルを身につけ、またボランティア活動などを通して社会福祉実践の基礎を学びます。
2年次『専門演習 a・b』 医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学及び、社会哲学の各専門領域から希望するゼミを選択し、その専門知識と技術の基礎を学びます。
3年次『専門演習 c・d』 各専門領域を引き続き学び、その理論的学習とフィールドワークを通して、より専門性の高い社会福祉実践への理解を深めます。
4年次『卒業演習 a・b』 これまでの学習をもとに各自がテーマを設定し、調査・実験、分析、発表を行い自他の研究への理解を深め、最終的に卒業論文としてまとめます。

【卒業必要単位数】
共通科目 28単位以上 ※外国語8単位を含む
必修科目 18単位以上
選択必修科目 22単位以上
選択科目 36単位以上
自由科目 20単位以上

合計 124単位以上

授業紹介

スクールソーシャルワーク論

スクールソーシャルワークを学んでみませんか。

謝名堂 鼓

 スクールソーシャルワークをご存知ですか。近年、少年非行や不登校等の増加を受け、子どもに対する支援が注目されています。支援は、子どものみでなく、特に児童虐待や貧困の場合には家庭・保護者支援も求められます。その際、スクールソーシャルワーカーは学校や家庭、地域と連携し支援を行います。本講義では、なぜ学校現場にソーシャルワークが必要なのかという基本的なところから、専門性を高める為の展開過程や実践を考えていきます。比嘉先生のわかりやすい講義で、スクールソーシャルワークについて学びませんか。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 普天間高校出身】謝名堂 鼓

科目名:海外社会福祉演習

海外社会福祉演習を通して多くの事を経験し素晴らしい思い出を作りましょう!!

佐久川 華林

 海外社会福祉演習は社会福祉専攻特有の講義であり、私自身昨年の夏休みにハワイ研修に参加させていただきました。そこでは、私たちがイメージしていた南国のハワイとは異なったホームレス問題や高齢者や障がい者の問題などを目の当たりにしハワイ特有の社会問題について学べたと同時にハワイの歴史や文化を感じ、学ぶことができました。ハワイの他にも北欧やアジアコースも選択でき、訪れる国や地域も学生の希望により決定していきます。学内の講義では中々学べない事を経験しながら、参加する先生方や友人達とも絆を深めることができるとても魅力的な講義です。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 陽明高校出身】佐久川 華林

科目名:精神疾患とその治療

精神保健福祉士を目指すために必要な科目です!

藤田 伊作

 「精神疾患とその治療」の講義では、精神科医などの専門家を講師に招いて、さまざまな精神疾患の特徴やその治療、支援の方法について学んでいきます。実際にあったエピソードや講師の方が現場で遭遇したことを交えて話してくださるので、理解が深まりやすく、刺激を受ける内容ばかりです。この充実した講義の中で、精神疾患に関する知識を深めていけることが、この講義の最大の魅力です。精神保健福祉士を目指す学生にとって必要な科目であると同時に、とても学びがいのある内容です。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 3年次 精華学園高校出身】藤田 伊作

科目名:相談援助実習

福祉現場で働きたい学生におすすめ!

安達 晴香

 相談援助実習は、障害者・児童・高齢者・地域福祉・医療・行政の分野で実習を行う科目です。教室で受講する授業とは異なり、実際にそこで働く職員や利用者との関わりの中から、現場でしか知り得ない支援方法を学ぶことができます。
 私は障害者福祉施設で実習を行いましたが、利用者への声掛けの仕方や施設と家族、地域との連携の重要さを理解することができました。また、実習中は先生方が個別に面談を行ってくれますし、ゼミ活動では友人たちと切磋琢磨することができます。
 将来、社会福祉士を目指す人・福祉現場で働きたい人にピッタリの科目です。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 小禄高校出身】安達 晴香

TOPICS!

海外社会福祉演習

 本専攻が開催する海外社会福祉演習は、1990年代から続いています。現在は、北欧コース、ハワイコース、アジアコースの3つのコースがあります。訪問地に関する事前学習をした学生達がおおよそ2週間にわたりそれぞれの訪問地の福祉実践を学びます。実践を学ぶだけではなく日常生活を垣間見ることもでき、視野を広げる機会となっています。

 北欧コースでは、主に、英国、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーを訪問します。訪問先では、ソーシャルワーカーから話しを伺ったり、利用者の皆さんと交流したりします。充実した社会福祉政策が実際に展開されていることを目の当たりにし、学生達は国の仕組みのどこに違いがあるのか、ソーシャルワーカーの働き方のどこに違いのあるのかを考えています。

 ハワイコースでは、ハワイ州オアフ島に滞在しながら米国の先進的な福祉実践を学びます。沖縄県人会を訪問するなど、ハワイと沖縄の関係を学ぶ機会にもなっています。沖縄との共通点が多いハワイでの福祉実践はとても身近に感じられ、たくさんの気づきを得ています。

 アジアコースは主にタイを訪問します。バンコクやパタヤを訪問して女性の自立支援やストリートチルドレンの支援、障害児の支援など多様な福祉実践を学んでいます。また、ラオスとの国境近くの村でホームステイを体験したりします。学生は異なる生活習慣を経験したり交流を楽しんだりしています。

資格・卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • スクールソーシャルワーカー認定資格
  • 社会調査士資格
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)(福祉)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 社会福祉主事資格(任用資格)

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。

  • ■高齢者施設(生活相談員)
  • ■社会福祉協議会(ボランティアコーディネータ等)
  • ■障害児・者施設(生活指導員等)
  • ■障害者就労支援支援施設(相談員・指導員)
  • ■地域生活支援センター(社会復帰指導員等)
  • ■婦人保護施設(相談員)
  • ■母子生活支援施設(生活相談員等)
  • ■児童養護施設ほか児童福祉施設(生活指導員)
  • ■児童自立支援施設(児童自立支援専門員等)
  • ■児童相談所(児童福祉司・指導員等)
  • ■精神科病院(精神保健福祉士等)
  • ■一般病院(医療ソーシャルワーカー・医事主事)
  • ■高等学校(福祉・公民担当教員)
  • ■福祉系専門学校(講師)
  • ■官公庁(沖縄県:地方公務員)
  • ■官公庁(市町村:地方公務員)
  • ■沖縄県警察(警察官)
  • ■教育委員会(スクールソーシャルワーカー)
  • ■福祉事務所(社会福祉主事)
  • ■海外の福祉施設(生活指導員等)
  • ■一般企業(医薬品・医療機器販売プロパー等)
  • ■マスコミ関係(社会部新聞記者)
  • ■金融機関(銀行行員)
  • ■総合事業機関(JA:事務職員)
  • ■宿泊業(ホテルスタッフ)

主な就職先

医療・福祉

愛知慈恵会/愛隣園/ウェルネスフロンティア/沖縄第一病院/沖縄徳洲会/沖縄病院/沖縄肢体不自由児協会/海邦福祉会/残波かりゆし会/児童デイサービスアンナ/児童介護施設オアシス/聖隷福祉事業団/大道中央病院/中部徳洲会/トゥムヌイ福祉会/那覇学園/日本赤十字社/ニライハート/はなまるおきなわ/バリアフリーネットワーク会議(NPO)/美咲保育園/みぬま福祉会/宮里病院/やさしい手/友愛会/わくわくの会(NPO)

卸・小売

イオン琉球/沖縄パナソニック特機/沖縄ファミリーマート/沖縄メディコ/光貴/スズキ自販沖縄/スズケン沖縄薬品/ダイコー沖縄/トヨタカローラ沖縄/日本トイザらス/ヨドバシカメラ/琉球補聴器

サービス業

沖縄ツーリスト/オリエンタルリゾートアソシエイツ/かりゆし/KPG HOTEL&RESORT/JAおきなわ/JCC/フェアトレード東北(NPO)/碧/ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

通信・IT

イー・コード/カルク/光通信/プロトデータセンター

金融・保険

コザ信用金庫/大同火災海上保険/琉球銀行

製造

沖縄特産販売/ぐしけん

建設・不動産

沖創工

公務員

沖縄県警察官/那覇市役所/若夏学院(児童自立支援施設)

卒業生から見たOKIU MESSAGE

患者様や家族の抱える問題解決に努めています

照屋 由梨香

中部徳洲会病院 地域医療連携室
照屋 由梨香
社会福祉専攻 2012年度卒業
読谷高校出身

 在学中の実習で今の職場にお世話になりました。病院の雰囲気やスタッフの人柄に魅力を感じたのがきっかけで、現在MSW※として働いています。退院援助や医療費の相談、介護保険や身障手帳など各制度の案内を行っています。医師、看護師、リハビリスタッフなど院内の様々な職種との連携だけでなく、近隣の病院、施設、公的機関、ケアマネージャーなどとも連携を図り、患者様やその家族を取り巻く環境を理解し、問題解決に努めています。
 在学中は、海外福祉研修(英国・北欧コース)に参加しました。各国の福祉施設を見学し、歴史や文化に直接触れ、講義だけでは学ぶ事が出来ない、とても貴重な体験をする事が出来ました。ゼミでは医療福祉を専攻し、MSWになる為の基礎知識や医療用語、疾患について学びました。大学での四年間はあっという間に過ぎていきます。興味がある事には積極的にチャレンジし、有意義な大学生活を送って欲しいです。
 現在、中部徳洲会病院は新築移転しました。大きな病院になる分、今まで以上に多くの方が来院されます。安心して医療が受けられるように、患者様、その家族の立場に立ち支援出来るよう日々努力していきたいと思います。

※MSW = Medical Social Worker(医療ソーシャルワーカー)の略。医療福祉分野におけるソーシャルワーカーのことで、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題を解決するための調整や援助を行う専門職のこと。

「子どもの安心・安全のため」に何が出来るかを日々模索しています

屋嘉 翔伍

沖縄県コザ児童相談所
屋嘉 翔伍
社会福祉専攻 2008年度卒業
首里高校出身

 精神保健福祉士国家資格を活かし、相談・支援業務を中心に精神病院で6年間勤務していました。「その他の福祉分野の仕事もしてみたい」との思いから、現在はコザ児童相談所で児童指導員として「子どもの安心・安全のため」に自分に何が出来るかを日々模索しながら働いています。
 大学では様々な「刺激」を受け、自身の「成長」を感じることが出来ます。私自身、仲間と出会ったことで人見知りを克服し、先生方からの励ましにより前向きになり、知識を身につけることで自信が持てるようになりました。
 大学で過ごす時間はあっという間に過ぎていきます。後悔しないように自分が「やりたい」と思ったことには挑戦することをお勧めします。「挑戦すること」を身につけておけば社会人になってからも、やりたいことを諦めない「攻めの人生」を歩んでいけるはずです。「後悔よりも航海」。海洋冒険家のような大学生活を送ってくださいね。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る