現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 人間福祉学科(社会福祉専攻)

総合文化学部人間福祉学科(社会福祉専攻)

しなやかな心と鋭い視点で社会福祉課題に挑む!

人間福祉学科 社会福祉専攻では、現場を重視した実践的教育を通して福祉・医療・保健・教育の各分野で中核として活躍できる豊かな人間性と能力を兼ね備えた人材を養成します。

専攻の特色

社会で今起こっていることを題材に必要な知識・技術を習得し、センスを磨く
  1. 社会福祉専門職の育成
  2. 充実した教育内容の社会福祉士・精神保健福祉士養成課程
  3. 社会福祉関連資格取得のための積極的支援
  4. 社会福祉実習やボランティア活動を通した実践的学び
  5. 海外社会福祉実習等を通して国際性を育てる教育の重視
  6. 実践を踏まえながら卒業論文を作成

学びのポイント

あなたの興味・関心・進路に合わせた充実した講義内容

【社会福祉関連科目】
社会福祉に関する知識と技術、特にソーシャルワークの援助技術を身につけ、地域や社会福祉施設、行政等において活躍できる人材の育成を目指します。社会福祉士国家試験受験資格に必要な科目と合わせて、地域をコーディネートするための知識や実践を身につけます。

【医療福祉関連科目】
一般病院などにおける医療ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。医療福祉など、保健・医療に則した科目、公衆衛生に関する基礎的な理論を学びます。

【地域福祉関連科目】
福祉のまちづくりを目指す機関やNPOなどで、福祉コミュニティづくりに参画できる人材の育成を目指します。社会学を基礎に、都市生活のあり方、家族問題、ジェンダーに関するテーマなどを学び、「社会」を捉える視点を学びます。社会調査士やスクールソーシャルワーク関連科目もあります。

【国際福祉関連科目】
発展途上国の貧困や飢餓、人権問題、社会開発などの問題について学び、NGOや国連など、国際社会で活躍できる実践力のある人材の養成を目指します。北欧、アメリカ、アジアなど世界各国の福祉に関する制度や実情を学び、国際ソーシャルワークの理論を学びます。

【精神保健関連科目】
精神科病院や心療内科クリニック、精神障害者の自立支援センターなどにおける精神科ソーシャルワーカーとして活躍できる実践力のある人材の育成を目指します。精神保健福祉士国家試験受験資格に必要な科目を中心に、現場で働き、実践する人たちの多彩な講義が受講できます。子どもメンタルヘルスについても学びます。

【福祉技術関連科目】
介護技術、手話・点字、福祉レクリエーションなど、福祉コミュニケーションのあり方や、社会福祉にまつわる基本的な技術を身につけることを目指します。介助や福祉コミュニケーションを実践するうえで必要な基礎を学びます。

学生から見たOKIU

多くの人の支えとなれる人材に!

人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 那覇高校出身 運天 さくら [うんてん さくら]

運天 さくら

社会福祉専攻では、児童、医療、高齢者、障害児者、精神保健などの様々な分野を専門的に学ぶことはもちろん、哲学や社会学等の分野を通して広く社会や個人について学ぶことができます。また、社会福祉士や精神保健福祉士を目指すためのカリキュラムがとても充実しています。さらに、学外では実習やボランティア活動を通して沖縄の福祉サービスを学んだり、海外研修では海外の福祉を実際に体感することでグローバルな視点を身につけることができます。将来は、社会福祉専攻で学んだことを活かして、多くの人の支えとなれるような人になりたいと考えています。専門的な知識を身につけて社会に貢献する人になるために、ぜひ沖国大で一緒に学びましょう。

【3年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30     環境アセスメントU 地域福祉の理論と方法U    
2 10:40〜12:10   健康と運動の科学 政治学原論 専門演習U    
3 13:00〜14:30 福祉英語U 相談援助実習指導 老年学概論U 沖縄の政治    
4 14:40〜16:10 相談援助実習指導     保健医療サービス    
5 16:20〜17:50 社会保障U   社会科・公民科教育法演習   権利擁護と成年後見制度  
6 18:00〜19:30            

人間福祉学科/社会福祉専攻教員および教職課程担当教員

教授

安次富 郁哉 【老・成年保険学、地域ケア、保険政策】
岩田 直子 【障害者福祉論、障害学】
ドナルド・クレイグ・ウィルコックス 【老年学、国際保健福祉、公衆衛生学】
片本 恵利 【教育心理学、臨床心理学】
小柳 正弘 【社会哲学、倫理学、障害と支援】
比嘉 昌哉 【スクールソーシャルワーク、児童家庭福祉】
三村 和則 【教育方法学(授業研究方法論、ドイツにおける総合技術教育の遺産、学級集団づくり方法論)】
保良 昌徳 【社会福祉原論、高齢者福祉論】

准教授

知名 孝 【発達障害児者への地域・学校支援とソーシャルワーク実践、ひきこもりの地域支援とソーシャルワーク実践、子どものメンタルヘルスと地域支援】
桃原 一彦 【社会学(都市とコロニアリズム研究)】

講師

安原 陽平 【教育法学、憲法学】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士 国家試験受験資格
  • スクールソーシャルワーカー 認定資格
  • 社会調査士資格
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 社会福祉主事資格(任用資格)

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
社会福祉協議会 福祉系専門学校(講師)
高齢者施設 児童相談所(児童福祉司・指導員等)
障害児デイサービス 福祉事務所(社会福祉主事)
障害児者相談事業所 教育委員会(スクールソーシャルワーカー)
地域生活支援センター 沖縄県庁、市町村行政
婦人保護施設(相談員) 海外の福祉施設
母子生活支援施設(生活相談員等) 一般企業
児童養護施設・児童福祉施設 マスコミ関係(社会部新聞記者)
児童自立支援施設 金融機関
精神科病院(精神保健福祉士等) 総合事業機関(JA:事務職員)
一般病院(医療ソーシャルワーカー・医事主事) 宿泊業(ホテルスタッフ)
高等学校(公民担当教員)  

主な就職先(2013年度〜2017年度卒業生)

医療・福祉

愛隣園/アソシア/いっしん/浦添市社会福祉協議会/沖縄医療生活/沖縄県社会福祉協議会/沖縄病院医療相談室/海邦福祉会/宜野湾記念病院/宜野湾市社会福祉協議会/久田病院/児童介護施設オアシス/自立生活センターイルカ/児童デイサービスアンナ/聖隷福祉事業団/玉木病院/中部徳洲会病院/南部徳洲会病院/日本赤十字社/美咲保育園/宮里病院/その他多数

公務員

沖縄県警/沖縄県庁/那覇市役所/若夏学院

卸・小売

イオンフォレスト/イオン琉球/沖縄パナソニック特機/サンエー/すこやかホールディングス/スズキ自販沖縄/セブン-イレブン・ジャパン/日本トイザらス/トヨタカローラ沖縄/ヨドバシカメラ/リウボウインダストリー/琉球補聴器

サービス業

エムズ/大戸屋/沖縄ツーリスト/オリエンタルリゾートアソシエイツ/かりゆし/KPG HOTEL&RESORT/JAおきなわ/北谷ホテルアンドリゾート/碧/前田産業/ユニマットプレシャス/りゅうせき商事

金融・保険

コザ信用金庫/フィナンシャル・エージェンシー/大同火災海上保険

運輸・郵便

ANA沖縄空港/沖縄ヤマト運輸

通信・IT

SCSKニアショアシステムズ/カルク/プロトデータセンター

製造業

沖縄特産販売/ホクガン

建設・不動産

沖創工/仲本工業

進学

琉球大学大学院

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2017年度卒業生については2018年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

大学は「アンテナを広げる訓練の場」です!

運天 都子

(公財)沖縄県労働者福祉基金協会 沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター中部
運天 都子 [うんてん みやこ]
人間福祉学科 社会福祉専攻 2009年度卒業 那覇高校出身

病気や障がい、借金滞納やホームレスなど、様々な理由で生活に困っている人に対して、複雑な課題を一緒に整理しながら自立に向かう支援をしています。多様な課題の解決には、広い視野と価値観を受け止めることが大切です。大学は、自分の力でアンテナを広げていく練習の場です。私も在学中は、聴覚障がいのある学生に対する情報保障支援ボランティアグループを設立したり、海外福祉研修に参加したりするなど、数多くの経験をしました。このように沖縄国際大学には、皆さんの興味・関心を広げていくためのプログラムやチャンスがあり、それを応援してくれる先生方や仲間と出会うことができます。広い視野と多くの価値観に触れながら、充実した大学生活を送ってください。

カリキュラム紹介

現在、社会福祉の現場では、医療・保健・行政・地域・企業等との連携が求められています。社会福祉専攻は、他の専門職と協働していく専門性を持つ人材を養成するため、社会福祉、医療福祉、地域福祉、国際福祉、精神保健、福祉技術などにかかわるさまざまな専門科目を開講しています。また、各学年に演習や実習などの各種の専門ゼミが配置されており、医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学、社会哲学、ケア論といった教員の専門性をいかした専門ゼミに配属されます。さらに、社会福祉士、精神保健福祉士といった資格をめざす学生は、現場実習を通して専門職としての素養を身につけます。それと共に、実践的活動や国際貢献を通して社会福祉分野で必要とされる技術・知識・考え方などを体系的に学ぶことができます。

卒業必要単位数

  • 共通科目  28単位以上
    ※外国語12単位を含む
  • 専門基礎必修科目 18単位
  • 専門選択必修科目 22単位以上
  • 専門選択科目 36単位以上
  • 自由選択科目 20単位以上
  • 合計 124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 社会福祉について学ぶ上で基礎となる科目を、必修科目として重点的に学びます。また、共通科目を通して社会福祉を理解する上で必要となる教養を身につけていきます。 2年次以降は各専門領域の科目を履修していくことで高度な専門知識と相談援助技術の習得を目指していきます。
専門基礎必修科目 フレッシュマンセミナー
基礎演習
社会福祉の基礎
専門演習a・b※1
専門選択必修科目 社会科学研究法
社会調査の基礎
心理学概論
精神保健学T
社会学概論T・U
心理学理論と心理的支援
現代社会と福祉T・U
相談援助の理論と方法T
現代の市民社会※2
地域連携演習T※2
障害者支援実践演習A・B※2
老年学概論T
保健福祉政策論
哲学的人間論
障害学
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
精神保健福祉の理論と相談援助の展開T
専門選択科目※4 海外社会福祉演習T・U※3 相談援助の基盤と専門職T・U
低所得者に対する支援と生活保護制度
社会保障T・U
地域福祉の理論と方法T・U
福祉行財政と福祉計画
保健医療サービス
人体の構造と機能及び疾病
社会理論と社会システム
高齢者に対する支援と介護保険制度T・U
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
精神保健福祉に関する制度とサービス
精神保健福祉相談援助の基礎(専門)
精神保健学U
精神医学
精神障害者の生活支援システム
国際フィールドワーク
国際福祉論
海外の社会福祉
老年学概論U
国際関係論
福祉英語T・U
社会調査の企画と設計
都市社会学
ジェンダー論
臨床社会学
家族社会学
社会統計学T・U
スクールソーシャルワーク論
福祉と倫理
ケアの理論と実践
公衆衛生学
レクリエーション理論
福祉レクリエーション技術T・U
介護概論
介護技術T・U
介護技術実習
社会福祉学特講A・B・C

※1 希望するゼミを選択し、その専門知識と技術を学んでいきます。
※2 フィールドワークを含め地域の生活課題を解決する手法を学びます。
※3 スウェーデン、デンマーク、英国、タイ、ベトナム、米国(ハワイ)等訪問先の福祉実践を学ぶだけでなく、日常生活を垣間見ることによって視野を広げる機会となります。
※4 右記、科目以外に心理カウンセリング専攻開設科目も含む。

  3年次 4年次
学びのステップ フィールドワークなどを通して、これまでに得た知識や技術をより実践的なものへと深めていきます。 卒業論文などを通して、専門領域での学びの総括を行い、進路選択に活かしていきます。また、同時に国家資格の取得を目指します。
専門基礎必修科目 専門演習c・d※5 卒業演習a・b
専門選択必修科目    
専門選択科目 相談援助実習※6
精神保健福祉援助実習※7
就労支援サービス
権利擁護と成年後見制度
更生保護制度
福祉サービス組織と経営
保健医療サービス
医療福祉論
社会科・公民科教育法演習
社会科・地理歴史科教育法演習
インターンシップT・U
地域連携演習U
地域コーディネーター養成演習
ケアマネジメント論
卒業研究発表※8
スクールソーシャルワーク実習※9

※5 社会調査士のカリキュラムに沿って実習を行うゼミもあります。
※6 社会福祉施設や機関において実習を行います。実習指導者の指導のもと実際に支援をしたり計画を立てたりします。
※7 精神科のある病院や地域生活支援施設などで実習を行います。
※8 ゼミ内外に向けて研究成果を発表します。活発な質疑応答があります。
※9 教育現場で実習を行います。

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次「フレッシュマンセミナー」「基礎演習」 大学生活に必要な基礎的スキルを身につけ、またボランティア活動などを通して社会福祉実践の基礎を学びます。
2年次「専門演習 a・b」 医療福祉、児童家庭福祉、国際福祉、障害学、まちづくり、子どもメンタルヘルス、現代社会学及び、社会哲学の各専門領域から希望するゼミを選択し、その専門知識と技術の基礎を学びます。
3年次「専門演習 c・d」 各専門領域を引き続き学び、その理論的学習とフィールドワークを通して、より専門性の高い社会福祉実践への理解を深めます。
4年次「卒業演習 a・b」 これまでの学習をもとに各自がテーマを設定し、調査・実験、分析、発表を行い自他の研究への理解を深め、最終的に卒業論文としてまとめます。

授業紹介

相談援助の理論と方法

理論と実践がつながる講義です。

平安名 常耶

この講義では、実際に福祉の現場で働いている方を講師として招きます。それぞれの社会福祉分野における社会福祉士としての役割や、実際に起こった出来事を基に援助理論を教えて下さいます。また、実際の支援の話から専門職者の視点や分析方法を学ぶことができます。医療ソーシャルワーカーを目指している私が実習を通して患者さんを多面的に理解することができたのはこの講義を受講したからです。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 宜野湾高校】平安名 常耶 [へんな じょうや]

精神医学

精神保健分野を学びたい方にオススメです。

池原 留萌

この講義は、精神保健福祉士、カウンセラーなど、将来、精神保健や社会福祉を分野として活躍できる専門員を目指すための講義です。ストレス関連や精神疾患の症状と種類など、主に人間の精神障害について、それぞれ実際に精神科医で活躍されている講師の方々から学ぶことができます。同じ夢、同じ専門分野で働きたいという仲間たちと、互いにコミュニケーションを取り合い、刺激し合えることができる点も魅力の一つです。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 3年次 与勝高校出身】池原 留萌 [いけはら るもい]

相談援助実習

社会福祉の現場を経験し世界が広がりました。

伊良皆 彩蘭

実際に福祉現場で実習を行うこの科目は、現場の雰囲気や業務を体験する事が出来ます。実習指導者と一緒に課題解決に取り組む中で、各施設の考え方を学べます。私は、障害福祉事業所で実習を行い、自閉症や知的障害の人と関わる上での考え方や地域生活支援のあり方など、たくさんの事を学ぶ事が出来ました。実習を通して様々な人々と出会い、関わる事で自己理解や自己覚知にも繋がり、とても貴重な経験となりました。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 豊見城南高校出身】伊良皆 彩蘭 [いらみな さら]

スクールソーシャルワーク論

児童家庭福祉の基礎が学べます。

金城 幸奈

スクールソーシャルワーカーは、悩みや困りごとを抱える子どもたちに寄り添い、福祉の視点から支援する専門職です。学校を活動拠点とし、家庭、地域の関係機関と連携しながら、子ども本人や保護者に対応するとともに、子どもたちを取り巻く「環境」に働きかけていきます。本科目では、子どもたちが置かれている様々な現状について理解を深めながら、スクールソーシャルワークの基礎理論を学んでいきます。

【人間福祉学科 社会福祉専攻 4年次 真和志高校出身】金城 幸奈 [きんじょう ゆきな]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る