文字サイズ

大学概要

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の策定について

次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定いたしました。
一般事業主行動計画とは、職員が仕事と子育てを両立させ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするためのものです。
次世代育成の一翼を担う職場であることは、次世代を教育し社会に送り出すという大学の役割を、足もとから支えることになります。

学校法人沖縄国際大学一般事業主行動計画 (第2期)

 沖縄国際大学は、平成23年4月から第1期の行動計画をスタートさせ、職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることを目指してきた。
 第2期の行動計画においては、第1期の計画を引き継ぐとともに、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
 1.計画期間 平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間

 2.内容
 目標1 出産・育児・介護に関する学内制度の周知方法の改善を図る
〈対策〉
 平成27年度~ 学内制度の職員への周知方法、有効な状況提供のあり方等を検討し改善を図る。

 目標2 計画期間内に、男性職員の育児休業の取得率向上を図る
〈対策〉
 平成27年度~ 育児休業の取得促進の方策について検討を継続する。男性の育児休業についての理解を深め、職場における理解が得られるように、パンフレットの配布等を通じて周知徹底する。

 目標3 毎週月曜日をノー残業デーとする
〈対策〉
 平成27年度~ 毎週月曜日の定時退勤日の実施を目指し、周知・啓発を図る。
 業務の簡素化・効率化を推進し、時間外労働の削減を目指すとともに、仕事と家庭の両立を図る。

                                                         
平成27年4月1日