文字サイズ

法学部教員一覧

中野 正剛(NAKANO,Seigo)

中野 正剛
所属: 法学部 法律学科

職階: 教授
担当科目: 刑法総論、刑事訴訟法、刑法各論、裁判法、少年法


プロフィール
学位博士(法学)
研究分野刑事法学:未遂犯論、刑法理論史研究、現代刑事司法改革の推移と課題
所属学会・協会等日本刑法学会、刑法読書会、刑事判例研究会(東京大学)
日本犯罪心理学会、日本犯罪社会学会、日本矯正医学会
少年法研究会、そのほか沖縄法政学会理事
主要な社会的活動那覇地方裁判所簡易裁判所判事推薦委員会委員
E-mailseigo@okiu.ac.jp

教育活動等


年月日主な教育活動摘要
1. 教育活動・方法の実践例
2005年から毎年専門科目
(刑法・刑事訴訟法)
2から4年生
●那覇地裁で実際の裁判を傍聴しながら刑事手続きの流れを学生に解説し、刑事法の理解を深めさせている
2005年から隔年専門演習、基礎演習
2から4年生
●大学の模擬裁判法廷で公開模擬裁判をさせている。また、近隣の少年院、刑務所に出かけて矯正実務の現状も学ばせている。
2005年度以降2014年度論文審査(大学院)件数修士論文審査 1 件
以降各年度 1 件づつ審査を行っている
2. 作成した教科書、教材、参考書
1998年刑法通論(単著)伊藤書店
●同書は、法学部専門科目刑法総論・刑法各論向けの教科書として作成され、現在に至るまで2版を重ねている。
2012年刑法総論講義(単著)成文堂刑法の基本原理から叙述し、私見を交えながら、刑法の解釈学を展開している。
2000年現代基礎法学(共著)●おもに初学者向けの教科書として作成された。
*私の担当部分は、刑法・刑事訴訟法・少年法の学習で必要不可欠な「罪刑法定主義」、「侵害原理・パターナリズム・モラリズム」について基本的な説明を加えている。
2005年刑事訴訟法講義録(単著)●専門科目・刑事訴訟法の教科書として作成され現在に至る。刑事訴訟法典全体を網羅しており、例題に加え参考論文などを紹介して受講生の学習をバックアップする内容になっている。
3. 学生支援活動
2005年度以降サークル・部活動 法学研究会顧問
2006年度~2008年度キッキンジャムセレクターズ(音楽クラブ)顧問
2009年度国際研究クラブ顧問
2009年度以降ビーチバレー部顧問
2011年度以降男子バレーボール部顧問
5. 教育改善活動
2010年財団法人日本高等教育評価
機構主催説明会への出席
大学院等委員会委員長として、翌年度本学が大学認証評価を受審するので、審査報告書作成のための説明会に、学部等委員会委員長、広報企画課長、経営政策室職員らと参加した。その結果、大学の認証評価の実情、大学への予算配分の実情などを子細に見聞することができた。今後の大学認証評価が円滑に進むよう検討する。



研究活動等(著書・論文等)

【口頭報告】
日本刑法学会第 93 回大会
研究報告「オルトランの未遂犯論」(専修大学・2015 年 5 月 23 日)
日本刑法学会九州部会
第 116 回例会・個人報告「オルトランの未遂犯論の基本構造について」(九州大学・2014 年 12 月 13 日)
日本刑法学会九州部会
第 113 回例会・個人報告「応報刑のロジックと死刑存廃論」(琉球大学・2013 年 6 月 28 日)
【単著】
『未遂犯論の基礎』成文堂 2014 年
An Essay about the Development of Japanese Early Modern Theories on CRIMINAL ATTEMPTS at the Dawn
of Modernization and Civilization in Meiji era (1868-1912),UMI-ProQuest(Michigan,USA),2002
『刑法通論』伊藤書店 1998年、ほか
【共編著】
浅野裕司ほか編著『現代基礎法学』八千代出版 2000 年
【共訳】
日本弁護士連合会第34回人権擁護大会シンポジウム第三分科会実行委員会編『子どもの人権オンブズマン』日本弁護士連合会1991年
【論文】
「オルトランの未遂犯論」刑法雑誌 55 巻 2 号
「日本未遂論の展開」森下忠・香川達夫・斎藤誠二編『日本刑事法の理論と展望』(佐藤司先生古希記念論集上巻)2002 年、ほか
「刑法上の責任とは被告人を処罰≪非難≫することか処遇≪支援≫することか?―少年の場合」(沖縄法学42 号)2013 年
「1号裁判員裁判(沖縄)を素材に―中止未遂の要件の解釈と裁判員の評議を考える」(沖縄法学39号)2010年
「罪刑法定主義」(沖縄法学論叢 2 号)2009 年
「偶然防衛」(沖縄法政研究 11 号、12 号)2008、2009 年