文字サイズ

法学部教員一覧

野見 収(NOMI, Osamu)

所属: 法学部 地域行政学科

職階: 准教授
担当科目:  教育学Ⅰ・Ⅱ、教育の思想と原則、道徳教育の研究、
       社会科・公民科教育法演習、社会科・地理歴史科教育法、
       社会科・地理歴史科教育法演習


プロフィール
主要学歴東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学
学位教育学修士
研究分野教育人間学(人間形成論)、教育哲学
所属学会・協会等日本教育学会、教育哲学会、教育思想史学会
教師教育学会、唯物論研究協会
E-mail・ホームページ等onomi@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2008年4月~現在教育活動・方法の実践例

1)教育学Ⅰ・Ⅱ
教育学Ⅰは前期開講、教育学Ⅱは後期開講。いずれも共通科目。講義形式。
「教育」という営みにまつわる問いを総合人間学的な視点から考える。
2008年10月~現在2)教育の思想と原則後期開講。教職科目。講義形式。
おもに歴史的な観点から、近代公教育理念・原則の意義とその実現をめぐる問題について考える。
2008年4月~現在3)道徳教育の研究前期開講。教職科目。講義形式。
道徳教育の歴史を整理し、これまで学校教育において求められてきた「道徳」なるものの性質について考える。
2010年4月~現在4)社会科公民科教育法・同演習
社会科地理歴史科教育法・同演習
社会科公民科教育法演習と社会科地理歴史科教育法演習は前期開講、社会科地理歴史科教育法は後期開講。教職科目。演習形式。模擬授業実践を軸としながら、授業技術のみならず、参加者全員の相互協力、相互批評による総合的教職実践力の練成をめざす。

研究活動等(著書・論文等)

・ 「信じさせることから距離をとるために―アルチュセール理論と精神分析理論の接合の試み―」、『総合学術研究紀要』第19巻1号、沖縄国際大学総合学術学会、2017年、107—109頁。
・ 「イデオロギーの「もっとも弱い環」から脱‐イデオロギー的主体形成論にむかって―アルチュセールとフロイトの理論的交錯―」、『理想』第694号、理想社、2015年、93-108頁。
・ 『ケアと人間―心理・教育・宗教―』(講座ケア 新たな人間-社会像に向けて 第3巻)、ミネルヴァ書房、2013年(分担執筆)
・ 「「発達教育学」の今日的可能性に関する覚書」、『総合学術研究紀要』第16巻第1号、沖縄国  際大学総合学術学会、2012年、79-97頁
・ 「「断絶rupture」としての教育―L.アルチュセールにおける科学認識論―」、『総合学術研究紀要』第15巻第1号、沖縄国際大学総合学術学会、2011年、25-44頁
・ 「公教育における今日的課題と社会科教員養成―社会認識形成論のための一考察―」、『総合学術研究紀要』第14号第2号、沖縄国際大学総合学術学会、2011年、1-35頁
・ 「教育は自由の〈意図的〉拘束か?―I.カント、S.フロイト、H.コフートの比較による検討」、『総合学術研究紀要』第12巻第2号、沖縄国際大学総合学術学会、2009年、29-45頁
・ 「精神分析と教育―エディプスコンプレックスをめぐって―」、『近代教育フォーラム』第15号、教育思想史学会、2006年、191-202頁(共著)
・ 「教育における〈他者〉承認への課題―H.コフートにおける「自己対象」概念の検討を通じた考察―」、『研究室紀要』第31号、東京大学大学院教育学研究科教育学研究室、2005年、1-11頁
・ 「「発達教育学」の再検討」、『東京大学教育学研究科紀要』第44巻、東京大学教育学研究科、2005年、49-57頁
・ 「精神分析学における自他関係論」、『東京大学教育学研究科紀要』第44巻、東京大学教育学研究科、2005年、31-48頁(共著)