文字サイズ

学部・学科

経済学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

経済学科では、「社会経済の自立と国際社会の発展に寄与すること」の教育研究目標のもと、社会人として諸問題を解決していくために求められる基本的な資質である「知識」、「考察力」、「表現力」を有することを学位授与の方針としています。具体的には以下のようになります。

1.「 知識」経済学の基礎的・専門的知識を修得している人物。
2.「 考察力」経済・社会の問題を論理的に考察する力を有している人物。
3.「 表現力」自らの意見を明確に筋道立てて説明する能力を有している人物。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

経済学科のカリキュラムは、ディプロマ・ポリシーを保証するため、以下のような方針のもとに編成されています。
  1. 1年次は、専門分野を学ぶための基礎学力を身につけることに重点を置く。また、専門分野以外の多様な知識を学びます。
  2. 2年次は、経済学の専門科目を学ぶ上で必要となる経済学の基礎を修得します。
  3. 3年次・4年次は、経済に関する幅広い科目を修得する。また、主体的に調査・研究し、報告・議論する能力を身につけます。

アドミション・ポリシー(入学者受入方針)

経済学科は、社会経済における諸問題に、目的意識を持ち意欲的に取り組む人材の育成に努めています。そのために、以下のような志願者を求めます。

1. 高等学校卒業程度の基礎学力を有する人物。
2. 経済・社会を含めた諸問題に関心がある人物。

 
AO型入学試験では上記に加えて、経済・社会を含めた諸問題に強い関心をもち、何らかの解決策を導き出すための「想像力・創造力・表現力」を有する人物を求めます。