文字サイズ

高 哲央(KOH,Akihiro )

所属: 経済学部 経済学科

職階: 講師
担当科目:  マクロ経済学、応用マクロ経済学、財政学、社会保障論


プロフィール
主要学歴明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了
学位博士(経済学)
研究分野財政学、地方財政論、租税論
所属学会・協会等日本地方自治研究学会、日本財政学会、沖縄経済学会
E-mail・ホームページ等a.koh@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2020年9月~マクロ経済学A2020年度、秋学期、1年生対象、講義形式、共通科目、2単位、授業回数15回、授業登録者数54名。マクロ経済済学の基本的な概念や基礎知識を身近な具体例を用いながら解説することで、難解になりがちなマクロ経済の諸問題を、受講生が理解することができるように努めている。毎回、授業後に小テストを実施することで、受講生の授業理解度を確認し、授業内容の改善に活かしている。
2020年9月~応用マクロ経済学2020年度、秋学期、2年生対象、講義形式、専門科目、2単位、授業回数15回、授業登録者数5名。マクロ経済学の基礎知識を用いて、現実の経済の動きを論理的に読み解く能力を養成することを目的とする。少人数の利点を活かして、双方向対話型授業を実施している。講義中に学生へ意見を求めることにより、授業参加の意欲を高め、講義への参加意欲を高めている。
2020年9月~財政学Ⅰ・Ⅱ2020年度、秋学期、3年生対象、講義形式、専門科目、4単位、授業回数15回、授業登録者数104名(Ⅰが49名、Ⅱが55名)。財政に関する理論・制度・実情の基礎知識を提供し、日本の財政の諸問題の背後にあるメカニズムを理解し、どこに問題があるのかを把握する力を養成することを目的とする。受講生の理解を深めるために、毎回課題を出し、質問に対してはフィードバックすることにより、財政に関する諸問題に対しての興味を高めるように努めている。
2020年9月~社会保障論2020年度、秋学期、2年生対象、講義形式、専門科目、2単位、授業回数15回、授業登録者数61名。社会保障の制度設計の背景にある考え方や、具体的な仕組みのみならず、国の経済や財政、社会全体との関わりや影響についても取り扱うことにより、受講者一人一人が、日本社会が直面している課題とその解決に向けての道筋を考察できる力を養成することを目的とする。受講生の理解を深めるために、毎回課題を出し、質問に対してはフィードバックすることにより、社会保障に関する諸問題に対しての興味を高めるように努めている。
2019年教科書・教材・参考書の作成
タイトル:「財政学」
本書は、学部向けの教材として、ミネルヴァ書房から出版された。

研究活動等(著書・論文等)

  1. 「沖縄県の人口密度の高さが固定資産税収に及ぼす影響」『經濟と社會』第33・34合併巻、沖縄経済学会、2020年。
  2. 「全国市町村における固定資産税の偏在とその要因」『地方自治研究』Vol.34, No.2、日本地方自治研究学会、2019年。
  3. 「土地保有税の変遷」『經濟と社會』第31・32合併巻、沖縄経済学会、2018年。
  4. 「固定資産税の課税標準に関する一考察」『経済学研究論集』第46号、明治大学大学院、2017年。
  5. 「固定資産税と地方税原則に関する一考察」『地方自治研究』Vol.31, No.1、日本地方自治研究学会、2016年。
2020年11月10日 現在