文字サイズ

池宮城 尚也(IKEMIYAGI,Naoya )

所属: 産業情報学部 産業情報学科

職階: 教授

担当科目: 基礎数学,経済数学,経済原論,金融経済論,
      国際金融論,ファイナンシャルエコノミクス,基礎演習,
      専門演習,卒業論文演習
プロフィール
主要学歴 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得
学位修士(経済学) 神戸大学
研究分野金融政策の実証分析,および金融に関連する諸理論
所属学会・協会等日本金融学会,アジア市場経済学会,沖縄経済学会,神戸大学金融研究会
主要な社会的活動2008 年~2015 年 沖縄県信用保証協会外部評価委員
2014 年 日本金融学会 2014 年度秋季大会プログラム委員
2017 年 日本金融学会 2017 年度秋季大会プログラム委員
E-mail・ホームページ等ikemiyagi@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
教育活動・方法の実践例
2017年4月~2018年2月1) 基礎数学・経済数学
2017年度,前・後学期,1年次,一般講義,専門科目。数学の習熟度が出身校で異なることを考慮し,学習内容の説明や教材プリントの作成に工夫をした。
2017年4月~2018年2月2) 経済原論Ⅰ・Ⅱ2017年度,前・後学期,1年次,一般講義,専門科目。初学者にとって難解な経済学を理解するために,学習対象が,身の周りの何処のことなのか,受講生に具体的にイメージさせる様,努めた。
2017年4月~2017年8月3) 金融経済論2017 年度,前学期,2 年次,一般講義,専門科目。身近な金融行動を例にするところから解説をはじめ,実生活に役立つ金融論の講義を目指した。
2017年10月~2018年2月4) 国際金融論2017年度,後学期,2年次,一般講義,専門科目。外国為替レートが決定する様々な仕組みを主に説明し,実生活に役立つ国際金融論の講義を目指した。。
2017年4月~2018年2月5) ファイナンシャルエコノミクスⅠ・Ⅱ2017度,前・後学期,3年次,実習講義,専門科目。ファイナンスが実生活の「貯める・借りる」を考える様々な計算であることを常にイメージすることで,Excel実習内容が実生活と関わりがあることを意識させた。
2017年10月~2018年2月5) 専門演習基礎2017年度,後学期,演習,専門科目。計量経済分析の手法を,できるだけ数式を使わずに説明し,理解が得られるように工夫した。
2017年4月~2018年2月6) 専門演習Ⅰ・Ⅱ2017度,前・後学期,演習,専門科目。Excelを利用した計量経済分析に習熟するだけでなく,金融経済論の学習に興味を持ち続けられる様,工夫した。
2017年4月~2018年2月7) 卒業論文演習Ⅰ・Ⅱ2017年度,前・後学期,演習,専門科目。問題意識をもって仮説をたてるための資料選び・読解に時間をかけた後,Excel分析を進めて卒業研究の報告原稿を作成する指導をした。
2017年10月~2018年2月8) 基礎演習Ⅱ2017年度,後学期,演習,専門科目。国(県)民経済計算のデータを利用し,Excel分析の基本とマクロ経済学の基礎が学べるように工夫した。
作成した教科書・教材
2017年10月~2018年2月1) 経済数学における教材の作成教科書の利用が半期の講義に適しないため,講義の展開計画から学習内容を精選して教材プリントを作成した。
2017年4月~2018年2月2)ファイナンシャルエコノミクスⅠ・Ⅱにおける教材の作成一般のファイナンスの教科書とは異なる内容を実習するため,諸教科書・諸データを参照し,実習用の教材を作成した。
学生支援活動
2005年~2017年4) サークル・部活動
空手道部顧問
教育改善活動(FD)など
2017年1) 2017年年度授業評価アンケート「板書が早く,説明を聞くのが困難」という指摘があった。受講生のノート記述状況を観察しながら説明を進めるよう,改善を試みた。

研究活動等(著書・論文等)

【論文】
 [1]「資産市場一般均衡モデルの共和分分析:資産価格経路の日米比較」沖縄国際大学『産業情報論集』第14巻第1・2号,pp.43-58,2018年。
 [2]「日米のIS曲線の共和分分析:株価を通じた総需要の拡大の前提について」沖縄国際大学『産業情報論集』第14巻第1・2号,pp.29-42,2018年。
 [3]「非伝統的金融政策の日米比較:世界金融危機後の政策効果」沖縄国際大学『産業総合研究』,第25号,pp.19-30,2017年。
 [4]「日本経済におけるIS-LM関係:Cointegrated VARによる検証」沖縄国際大学『産業総合研究』,第24号,pp.1-14,2016年。
 [5]「量的緩和政策期の物価動向とマネーの役割」沖縄国際大学『産業総合研究』,第20号,pp.67-78,2012年。
 [6]「物価安定の目標と金融政策運営―量的緩和政策期の日本銀行―」沖縄国際大学『産業総合研究』,第19号,pp.21-36,2011年。
 [7]「テイラー・ルール型政策反応関数の再検討:構造変化と係数シフト」沖縄国際大学『産業総合研究』,第17号,pp.29-43,2009年。
 [8]「日本の金融政策における利子率スムージング―1980年代後半以後の政策反応関数について―」沖縄国際大学『産業情報論集』第5巻第1号,pp.53-68,2008年。
2019年7月12日 現在