文字サイズ

李 相典(SANGJEON,LEE)

所属: 産業情報学部 企業システム学科

職階: 講師
担当科目: グローバル観光ビジネス、観光マーケティング

プロフィール
主要学歴KYUNGHEE大学(韓国)、観光学部
KYUNGHEE大学(韓国)、ホテル観光経営学(ホテル観光経営学、修士)
神戸大学 経営学研究科(経営学、博士)
学位博士(経営学)
研究分野Tourism Busines, Tourism Marketing,
Destination Brand Management,
Experience Marketing
所属学会・協会等日本商業学会、日本消費者行動研究学会、日本マーケティング学会
大韓経営学会
趣味旅行、音楽鑑賞
E-mail・ホームページ等i.sanjon@okiu.ac.jp

研究活動等(著書・論文等)

①「デスティネーション・ブランド・エクイティの特徴と研究課題」、『日本マーケティング学会』第38号(1)、2018年。単著。
②「観光客ベース・デスティネーション・ブランド・エクイティー・モデルの検証:リピート観光客の感情的信頼と経済的価値による違い」、『碩学舎ビジネス・ジャーナル』第39号、2016年。単著。
③「観光客ベース・デスティネーション・ブランド・エクイティーモデルの構築:CBBEのディメンションの検討とブランド信頼の適用可能性」、『日本国際観光学会論文集』第23号、pp.161-170、2016。 単著。
④「デスティネーション・ブランド・エクイティーの概念モデルの確立に向けたCBBEの再検討」、『神戸大学経営研究科六甲台論集』第61巻第4号、pp.19-37、平成27年。単著。
⑤「日本の旅行社ブランドの競争関係の研究」、『大韓経営学会論文集』、第26巻第4号、pp.869-889、2013。共著。
⑥「ポジショニング分析によるリゾートブランド資産価値の競争力に関する比較研究」、『観光研究ジャーナル』、第21巻第2号、pp.175-189、2007年、共著。
⑦「ブランド価値評価の属性が観光客の地域の祭りを訪問する際に及ぼす影響に関する研究」、『 国際地域研究』、第9巻第3号、pp.323-340、2005年、共著。
⑧「リゾート会員証(券)の所有に影響を与える要因に関する研究:ロジスティック回帰分析を用いて」、『韓国観光学会全国学術大会論文集』、2005年、共著。
⑨「韓国のファミリー・レストランに対するブランド・ポジショニングの研究:顧客の選択属性を中心に」、『 韓国観光学会全国学術大会論文集』、2004年、単著。