文字サイズ

学部・学科

英米言語文化学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 英米言語文化学科は、本学科の教育課程において所定の卒業要件を満たした学生に対し、以下の資質を有するものと判断し、<学士>を授与します。
  1. 実践的な英語運用能力。
  2. 情報処理技術に関する基礎的知識とその運用能力。
  3. 英語圏の言語や文化に関する専門的知識。
  4. 多様な文化的背景を持つ人々と相互に協力し、自立的に判断し行動する力。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

 英米言語文化学科における教育目標は、「国際社会において求められる実践的英語力と情報処理技術を身に付け、多様な文化的背景を持つ人々と対話・交流しながら広い視野で考え、自立的に行動できる人材」を育成することです。この目標を達成するために、以下の方針に基づいて教育課程を編成します。
  1. 英語コミュニケーション能力を養う科目の提供
  2. 英語の4技能を総合的に鍛える科目の提供
  3. 情報処理技術の基礎について学ぶための関連科目の提供
  4. 英語圏の言語や文化について専門的に学ぶための発展科目の提供
  5. 理解力・創造力・プレゼンテーション力・論文作成能力を養うための少人数制演習科目の提供
  6. 観光・ビジネス分野において活用可能な実用的英語科目の提供
  7. 英語教員を目指す者を対象とした、英語教育領域に関する専門科目の提供
  8. 日本語教員を目指す者を対象とした、日本語教育領域に関する専門科目の提供

アドミション・ポリシー(入学者受入方針)

英米言語文化学科は、沖縄国際大学のアドミッション・ポリシーおよび学科の教育目標に照らし、以下のような志願者を求めます。

1. チャレンジ精神と意欲に満ちた人物。
2. 英語力の向上に積極的に努力する人物。
3. 英語圏の言語や文化に強い関心を抱く人物。
4. 他者とのコミュニケーションを大切にし、理想的な人間関係の構築に努力する人物。
 英米言語文化学科は、言葉と人間との深いかかわりについて学び、言語や文化の多様性を理解することをモットーにして、世界の人々と対話・交流するために必要な「真に国際的に通用する実践的な英語力」と、益々グローバル化する社会に対応できる「情報処理技術」を身につけた人材の育成を目指しています。
 特に、AO型入学試験では、次のような学生を求めます。

(1)チャレンジ精神と意欲に満ちた人
(2)地域や社会活動に関心のある人
(3)語学と異文化理解能力を身につけ、国内外で活躍したいという志を持った人
(4)英検2級程度の英語力のある人が望ましい
*二次審査では、日本語による面談のほかに、英語による5分程度の面談も行います。