文字サイズ

知名 孝(CHINA, Takashi)

所属: 総合文化学部 人間福祉学科

職階: 准教授
担当科目:  精神保健福祉の理論と相談援助の方法他
      
プロフィール
主要学歴Smith College School of Social Work
学位Master's in Social Work (MSW)
研究分野精神保健福祉・児童思春期の精神保健福祉
所属学会・協会等家族療法学会他
主要な社会的活動(過去 5 年間)ひきこもり青年を抱える親の会「つどい」
NPO法人ぺあ・さぽーと(発達障害児をもつ親のペアトレ)他
E-mail・ホームページ等takashic@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
主要な担当科目
2014年4月1日~2019年月31日フレッシュマンセミナー・基礎演習沖縄国際大学人間福祉学科1年生対象のゼミの担当。大学初年次教育として学生に大学教育のパラダイムを根付かせるゼミ活動・学習を行う中で、そのことの重要性が認識できる取り組みとなった。
2014年4月1日~2019年月31日専門演習Ⅰ担当沖縄国際大学人間福祉学科2年生対象のゼミの担当。2018年度より「専門演習a・b」に名称変更。発達障害児童へのSST、そこに参加する子ども達の保護者を対象としたインタビューの取り組みから、発達障害児とその親たちの困りについて体験的に学ぶ取り組みを行ってきた。
2014年4月1日~2019年月31日専門演習Ⅱ担当沖縄国際大学人間福祉学科3年生対象のゼミの担当。2018年度より「専門演習c・d」に名称変更。2年次の専門演習Ⅰをふまえて、インタビュー調査の方法の学習、各学生の卒論テーマの絞り込み・先行研究の作成へと進む年度。自ら選んだテーマに関して思考を高めていく取り組みとなっている。
2014年4月1日~2019年月31日卒業演習沖縄国際大学人間福祉学科4年生対象のゼミの担当。卒業論文仕上げの年。3年次に引き続き、自ら選んだテーマへの思考を深めていく取り組みを行ってきている。
2014年4月1日~2019年月31日精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ・Ⅱ沖縄国際大学人間福祉学科専門科目、精神保健福祉士養成課程必修講義科目の担当。精神保健福祉士としての実践に関する基礎的な知識を講義する。養成課程の演習・実習指導の基礎となる講義。
2014年4月1日~2019年月31日精神保健福祉援助演習Ⅰ?Ⅲ沖縄国際大学人間福祉学科精神保健福祉士養成課程必修演習科目の担当。精神保健福祉士の養成課程の演習で、精神保健福祉士の実践そしてその認識の在り方について深めていく演習。
2014年4月1日~2019年月31日精神保健福祉援助実習指導Ⅰ?Ⅲ沖縄国際大学人間福祉学科精神保健福祉士養成課程必修演習科目の担当。精神保健福祉士の養成課程の演習で、精神保健福祉士の実践そしてその認識の在り方について深めていく演習。
2014年4月1日~2019年月31日相談援助の理論と方法Ⅱ沖縄国際大学人間福祉学科社会福祉士養成課程必修講義科目の担当。社会福祉士養成課程の講義として、社会福祉士の実践に関する基礎的な知識を講義する。
2006年~2018年精神保健福祉士実習報告会精神保健福祉士実習報告会の開催。年1回その年の実習学生が、自らの実習を振り返りつつその内容を報告する会。指導に当たった現場の指導者も招いて、シンポジウム方式で開催することで、ダイアログ形式で、指導された側・指導した側双方向の振り返りができてきている。
教科書・教材の作成
2018年2月教科書執筆
(第1版?3版執筆)
『新・精神保健福祉士養成講座2 精神保健の課題と支援(第3版)』(中央法規) 第7章第1節「発達障害者に対する対策」
2018年2月教科書執筆
(第1版?第6版執筆)
『新・精神保健福祉士養成講座6 精神保健福祉に関する制度とサービス(第6版)』(中央法規)第4章第3節9「発達障害者等支援施策」
2016年2月教科書執筆
(第1版?第2版執筆)
『新・精神保健福祉士養成講座8 精神保健福祉援助演習(基礎・専門 (第2版))』第7章事例27「発達障害(思春期・青年期)」
学生支援活動
2013年4月~2017年3月、2018年4月~2019年3月沖縄国際大学福祉ボランティア支援室(学生支援室)長障害学生支援、学内外ボランティア活動の調整を行う部署の室長。2019年4月より、沖縄国際大学学生支援室に改称。
2013年4月~2017年3月、2018年4月~2019年3月沖縄国際大学社会福祉実習指導室長人間福祉学科社会福祉専攻社会福祉士・精神保健福祉士・スクールソーシャルワーカー現場実習調整を行う部署の室長。
学外での教育活動
2015年7月16日沖縄県社会福祉士会地域支援委員会公開事例検討公開事例検討での事例提供者
(沖縄県総合福祉センター)
2015年7月6日屋我地小学校校内研修講師小学校校内研修会で子どものソーシャルスキルトレーニングについて講話
(屋我地小学校)
2015年9月9日沖縄音楽療法研究会研修会講師研修会にて心理療法についての講話
(うるま市栄野比・いずみ病院)
2015年9月16日沖縄市ファミリーサポートセンター研修会講師研修会にて子どもの心の発達についての講話(沖縄市男女参画センター)
2015年11月7日第22回日本学校教育相談学会九州・沖縄地区研修会分科会企画学会のワークショップ企画「発達障害児支援のための『面接』」を行う
(沖縄県総合福祉センター)
2015年12月12日・13日放送大学講師放送大学講義「子どもから大人への精神保健学」を担当
(放送大学・琉球大学内)
2016年2月6日子ども若者みらい相談プラザSoraeシンポジウムシンポジスト子ども若者支援を考えるシンポジウム(宮古開催)のシンポジスト
(宮古合同庁舎2階講堂)
2016年2月2日中城村・西原町就労支援事業所職員研修講師中城村・西原町合同の就労支援事業所職員研修で「発達障害の理論と実践」というテーマで講話
(西原町社会福祉協議会)
2016年3月17日 おきなわ学生相談フォーラム・シンポジスト琉球大学主催の「おきなわ学生相談フォーラム」においてシンポジスト
(琉球大学大学会館3階特別会議室)
2016年5月17日学童期・思春期出前講座講師名護市在住の保護者や教職員に対してペアレント・トレーニングについての講話を行う(屋我地ひるぎ学園)
2016年4月28日宮古教育事務所特別支援コーディネーター養成研修会講師宮古教育事務所区内の教職員に対してティーチャーズ・トレーニングの講話を行う
(宮古合同庁舎2階講堂)
2016年7月27日沖縄市ファミリーサポートセンター研修会講師研修会にて子どもの心の発達についての講話(沖縄市男女参画センター)
2016年8月10日沖縄県高等学校カウンセリング研究協議会夏季研修会指定討論沖縄県高等学校カウンセリング研究協議会夏季研修会において指定討論者として登壇する 
(北中城村立中央公民館)
2016年9月1日平成28年度福祉事務所等生活保護担当職員研修(中堅)講師生活保護担当中堅職員対象に「精神障害者への支援」というテーマで講話を行う
(沖縄県総合福祉センター)
2016年10月8日八重瀬町の子育てを考える座談会パネリスト八重瀬町の子育て・保育園問題についてのシンポジウム
(八重瀬町中央公民館2階ホール)
2016年9月14日沖縄音楽療法研究会研修会講師研修会にて心理療法についての講話
(うるま市栄野比・いずみ病院)
2016年10月18日ケアセンターきらめき職員研修障害福祉サービス事業所きらめきの職員研修にて「自己肯定感を高める」についての講話
2016年12月3日嘉手納町障がい福祉事業所連絡かい主催子育て講演会一般町民を対象に嘉手納町主催子育て講話講師
2017年2月10日沖縄県高等学校養護教諭研究会研究発表大会・研修会講師沖縄県内公立高校養護教諭を対象に「発達障害や心因性疾患を持つ生徒の社会資源へのつなげ方」について講話
2017年5月11日中頭教育事務所特別支援教育コーディネーター養成研修会講師沖縄県内の公立学校特別支援教育コーディネーターを対象に「発達障害児の支援に向けて」というテーマで講話を行う
2017年5月19日那覇市教育委員会子ども寄添支援員(SSW)研修会講師那覇市スクールソーシャルワーカーを対象に「精神疾患の理解と対応について」というテーマで講話
(那覇市役所真和志支所3階会議室)
2017年8月9日沖縄県総合教育センター平成29年度夏季短期研修講師「発達障害を持つ子ども達の育ちを支援する-必要なのは『配慮』だけだろうか?」というテーマで講話を行う(沖縄県立総合教育センター特別支援教育棟本館3階講義室)
2017年9月1日南風原高等学校支援学校職員研修会講師南風原高等支援学校教職員対象の研修会にて「発達障害者の地域支援について」というテーマで講義を行った。
2017年12月9日インクルーシブ教育フォーラムin 沖縄シンポジスト「琉球大学・沖縄県自立生活支援センターイルカ共同企画 インクルーシブ教育フォーラムin 沖縄」にてインクルーシブ教育に関するシンポジウムのシンポジストをつとめた。
2017年12月26日金武町教育委員会特別支援教育支援員研修会講師金武町内の公立学校特別支援担当職員対象に「思春期の発達障害について考える」というテーマで講義を行った。
2018年3月20日うるま市学童保育連絡協議会研修会講師うるま市の学童保育職員対象に「配慮を要する子ども達への関わり」というテーマで講話
2018年5月21日~23日平成30年度特別支援教育新任管理職悉皆研修(沖縄県教育委員会)平成30年度から公立小中高校・特別支援学校で新任管理職(校長・教頭)となる教員を対象に特別支援に関する講義を行う(沖縄本島・石垣市・宮古島市にて実施)
2018年7月13日那覇市教育委員会子ども寄添支援委員(SSW)研修会講師那覇市教育委員会子ども寄添支援員・スクールソーシャルワーカーを対象に「大人の子どものメンタルヘルスについて」というタイトルで講義を行った。
2018年8月8日沖縄県子どもの貧困緊急対策に関する研修会講師沖縄県労働者福祉基金協会主催の研修会で「精神障害についての理解・精神障害を持つ保護者への対応」というテーマで講義を行った。
2018年8月29日平成30年度福祉事務所等生活保護担当職員研修講師沖縄県社会福祉協議会福祉人材研修センターによる生活保護担当職員の研修会「精神障害者への支援」というテーマで講義を行った。
2018年9月5日平成30年度子ども・若者育成支援に係る市町村担当者研修会講師沖縄県子ども生活福祉部青少年・子ども家庭課主催による研修会。子ども若者みらい相談プラザsoraeの職員と共に「地域の中の子ども・若者支援について考えるワークショップ」を行った。
2018年10月10日平成30年度 児童養護施設等基幹的職員研修会講師沖縄県社会福祉協議会による児童養護施設やその他児童関連施設職員の研修会にて「子どもの発達と発達上の課題について」というテーマで講義を行った。
2018年10月12日那覇市教育委員会子ども寄添支援委員(SSW)研修会講師那覇市教育委員会子ども寄添支援員・スクールソーシャルワーカーを対象に発達障害のケースに対する関わりについて講義を行った。
2018年11月22日石垣市教育委員会子ども若者総合相談担当者研修会講師石垣市子ども若者総合相談窓口の相談担当者、石垣市青少年センター職員を対象に「発達障害児者支援のこれまでとこれから」というタイトルで講義を行った。
2018年11月24日琉球大学公開講座講師琉球大学公開講座(地域こども総合支援者養成講座および地域の子どもを支援するインクルーシブ教育推進人材育成プログラム)にて、「コンサルテーションに必要な理論」というタイトルで講義を行った。
2019年1月25日那覇市教育委員会子ども寄添支援委員(SSW)研修会講師那覇市教育委員会子ども寄添支援員・スクールソーシャルワーカーを対象に実践的な思考・技術習得ための事例検討ということで、リフレクティブアプローチ、オープンダイアログのワークショップを行う。
2019年2月9日Normalization-seminar2019シンポジスト株式会社アソシア主催のNormalization-seminar2019にてシンポジストをつとめた。
2019年2月26日平成30年度沖縄県青少年育成者研修会シンポジスト沖縄県青少年育成県民会議主催の「平成30年度沖縄県青少年育成者研修会シンポジウム」でシンポジストをつとめた。
学会発表等
2018年2月23日日本心理教育・家族教室ネットワーク研究集会シンポジウム座長(企画者)日本心理教育・家族教室ネットワーク第21回研究集会沖縄大会シンポジウム座長および企画者。「沖縄県内の発達障害児者に対する心理教育のこれまでとこれから」というテーマでシンポジウムを行った。
2018年9月12日~14日国際学会ポスター発表50th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference (Kota Kinabaru, Sabah, Malaysia)にて "Mental health and well-being of university students in Okinawa" (ID:PO0021MH)というテーマでポスター発表。

研究活動等(著書・論文等)

1. 「『弾力性』(レジリエンス)について」 発達教育9月号(巻頭言)2015年8月25日
2. 「発達障害のある子どもと精神保健福祉士の実践 (特集 子どものメンタルヘルスと精神保健福祉士)」精神保健福祉47(2), 107-109, 2016年6月
3. 「特別支援学級急増の背景と課題」 『共育者』15号 2017年6月
4. 「Mental Health and Well-Being of University Students in Okinawa」
Hindawi Education Research International Volume 2018, Article ID 4231836, 7 pages, https://doi.org/10.1155/2018/4231836

5. 沖縄タイムスプラス コラム連載 
1) 「アンパンマン」と「正義」の功罪
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=180) 2014年12月8日
2) 発達障害の「診断」が、学校を「医療」の場にしている!?~教育の医療化(1)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=188) 2014年12月16日
3) 発達障害の「診断」による思わぬ副作用とは?~教育の医療化(2)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=196) 2015年1月7日
4) 発達障害の診断名を生徒らに伝えるべきか?~教育の医療化(3)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=205) 2015年1月24日
5) 発達障害児を適切に支援できる親と教師の「試し力」―教育の医療化(4)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=215) 2015年2月23日
6) 子どもをあえて苦労させる支援のあり方~教育の医療化(5)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=225) 2015年3月18日
7) 発達障害、昔はなかった?~教育の医療化(6)
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=247) 2015年4月23日
8) 「地域支援」と「上江田紫寿江」~子ども達に寄り添い応援し続けた生涯
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=261) 2015年5月5日
9) 子ども達の地域支援から見えてくる「実践文化」のちがい
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=269) 2015年6月16日
10) コミュニケーションの「ズレ」としての「いじめ」
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=280) 2015年7月15日
11) 子どもの虐待死事件の根本にあるもの(上)―DVと児童虐待併存の困難さ
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=290) 2015年8月27日
12) 子どもの虐待死事件の根本にあるもの(下)―児童福祉の「資源」欠乏を補うには?(http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/50132) 2015年9月12日
13) 「子どもの貧困」に向き合うために押さえておきたい3つのポイント
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/50020) 2016年3月14日
14) 日米の児童虐待への介入の違い~三権分立は日常生活に機能しているか?
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/50016) 2016年4月16日
15) 保育ニーズのアップデートを置き去りにした公立保育園廃止問題~八重瀬町の座談会から (http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70816
2019年5月20日現在