文字サイズ

李 イニッド(LEE, Enid) (a.k.a. Waiching Enid Mok)

所属: 総合文化学部 英米言語文化学科

職階: 教授
担当科目: 学部: 英語音声学、Pronunciation Workshop、
          英語学概論、英語学特殊講義、基礎演習
          Ⅲ・Ⅳ、専門演習Ⅰ・Ⅱ、卒業論文Ⅰ・Ⅱ
     大学院: 言語教育特殊研究IA・IIA、社会言語学特論、
          マルチリンガル教育特論

プロフィール
主要学歴米国ハワイ大学(University of Hawaiʻi at Mānoa)大学院
言語学科博士課程修了
同大学院英語教育学科修士課程修了
学位言語学博士 (PhD in Linguistics)
英語教育修士 (MA in English as a Second Language)
研究分野英語教育、音韻論、社会言語学、語用論、
非言語コミュニケーション、異文化理解
所属学会・協会等国際異文化間コミュニケーション研究学会、
環太平洋応用言語学会、日本中国学会
主要な社会的活動文科省教員免許状更新講習担当(2013~)
講習名:「英語音声実践トレーニング」
沖縄国際大学主催公開講座(おきなわ県民カレッジ連携講座)(2016.7)
講座名:「香港における言語状況:トライグロシアへの軌跡と課題」
モットー「海納百川、有容乃大。 山高千仞、 無欲則剛。」
E-mail・ホームページ等e.lee@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
1. 教育活動・方法の実践例
2009年4月よりPronunciation Workshop平成29年度後期。英米言語文化学科2年次以上。週2回。CALL教室使用。演習。専門科目。履修者数55名。語学学習ソフトを使って音声練習やクイズをするほか、個別指導も行う。
2008年4月より英語音声学平成29年度前期。英米言語文化学科3年次以上。週2回。講義。専門科目。履修者数82名。英語音声に関する専門知識を学ぶほか、様々なWorld Englishesの音声を体験する。
2007年4月より基礎演習Ⅲ・Ⅳ平成29年度前期・後期(2クラスずつ)。英米言語文化学科2年次以上。週1回。演習。専門科目。履修者数23名(Ⅲ)・24(Ⅳ)。Academic reading & writingとoral presentationの基礎を学び、英語で実践する。
2008年4月より専門演習 Ⅰ・Ⅱ平成29年度前期・後期。英米言語文化学科3年次。週1回(隔年開講)。演習。専門科目(必修)。履修者数27名(I)・27名(II)。非言語コミュニケーションの基礎から学び、英語・日本語の文献を精読した上、オリジナルなレポートを作成する。
2011年4月より卒業論文Ⅰ・Ⅱ平成28年度前期・後期。英米言語文化学科4年次。週1回(隔年開講)。演習。専門科目(必修)。履修者数名23名(Ⅰ)・24名(Ⅱ)。卒論の書き方を学び、オリジナルな卒業論文を作成する。
2007年4月~2016年3月異文化理解Ⅰ・Ⅱ平成27年度前期・後期。英米言語文化学科3年次以上。週1回。講義。専門科目。履修者数150名(Ⅰ)・134名(Ⅱ)。異文化の事例研究や比較研究、時事分析など。
2013年4月より英語教育学特殊研究Ⅰ・Ⅱ(大学院)(平成29年度より、「言語教育特殊研究ⅠA・ⅡB」へ名称変更)平成28-29年度通年。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻専門科目。週1回。講義。言語教育学領域(英語教育)必修。履修者数2名。英語教育学の研究法や理論を学び、オリジナルな修士論文を作成する。
2014年4月よりマルチリンガル教育特論(大学院)平成29度前期。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻言語教育学領域専門科目。週1回。講義。履修者数3名。多言語教育のあり方をめぐって、その可能性や諸課題も含め、総体的に考察する。
2016年9月より社会言語学特論(大学院)平成29年度後期。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻言語教育学領域専門科目。週1回。講義。履修者数3名。社会言語学の諸分野に関する基礎知識、理論及び研究方法を学び、研究実践に繋げる。
2014年4月~2016年9月英語学特論(大学院)平成26年度後期。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻言語教育学領域(英語教育系列)専門科目。週1回。講義。履修者数1名。英語教師に必要とされる英語学の専門知識を学ぶ。
2012年4月~2013年3月英語教育学特論 Ⅲ・Ⅳ(大学院)平成24年度前期・後期。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻専門科目。週1回。講義。専門科目。履修者数3名(I)・3名(Ⅱ)。英語教授法や理論を学ぶ。
2011年4月~2012年3月言語学特殊研究Ⅰ(大学院)平成23年度通年。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻専門科目。週1回。講義。言語学領域必修。履修者数2名。言語学の研究法や理論を学び、オリジナルな修士論文を作成する。
2007年~2014年
外国人留学生の受入・世話役
台湾東海大学及び中国マカオ大学から派遣された交換留学生の世話役。
マカオ大学へ派遣する学生の事前学習を担当する
2010年より修士論文審査・指導H22年度1名(副査)。H24年度2名(主査)。H27年度2名(主査)。H28、H29年度各1名(指導教員)。大学院地域文化研究科英米言語文化専攻(英語教育)修士論文。
2.作成した教科書、教材、参考書
2009年よりPronunciation
Workshop
英語の歌、早口言葉、有名人のスピーチのCD・ビデオ及び学生の音声ファイルを精選し、教材として使用する。
2008年より英語音声学指定教材以外に、教員自ら精選・編集したビデオやオーディオ教材を使用する。
2007年~2011年Oral CommunicationⅡ クイズや歌、ビデオ、新聞記事、社説などを精選し、教材として使用する。
2007年~2016年異文化理解Ⅰ・Ⅱ教員自ら作成・編集したビデオや話題性のあるニュースや社会現象を教材として使用する。
2007年より基礎演習Ⅲ・Ⅳ指定教材以外に、学生のニーズや興味に応じて補助資料を精選し、学生へ配布する。
2008年より卒業論文Ⅰ・Ⅱ 指定教材以外に、学生のニーズや興味に応じて補助資料を精選し、学生へ配布する。
2008年~2013年英語教育学特論Ⅲ・Ⅳ (大学院)指定教材以外に、院生の研究テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
2011年~2012年言語学特殊研究Ⅰ(大学院)院生の修論テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
2013年より英語教育学特殊研究Ⅰ・Ⅱ(大学院)院生の修論テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
2014年よりマルチリンガル教育特論(大学院)指定教材以外に、院生の研究テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
2014年~2016年英語学特論
(大学院)
指定教材以外に、院生の研究テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
2014年より社会言語学特論
(大学院)
指定教材以外に、院生の研究テーマに関連する補助資料を精選し、学生へ配布する。
3. 学生支援活動
学習支援学習不振者への指導(留学生を含む)。
海外留学指導(交換留学生を含む)。
生活支援学生数:ゼミ生全員。
オフィスアワー:週2回x90分。
キャリア支援学内アルバイト生の推薦及び採用(留学生を含む)。 インターンシップの推薦
就職相談、面接指導、進学指導
4.教育改善活動(FDなど)
2007年より授業評価アンケート毎学期実施している。授業内容について高い評価を得た。大人数のクラスにおける私語に不満な声があったため、授業中頻繁に
指導するようになった。
2007年より科目別のアンケート及びリアクションペーパー全学共通の授業評価アンケートを実施するほか、授業の改善点や学生のニーズなどを早期に把握し、授業改善に役立てるため、開講科目の内容や性質に応じて独自で考案したアンケートやリアクションペーパーを実施する。
2009年
学内CALL ワークショップの講師(公開)
2009年12月に、本学外国語センター主催のCALLワークショップで講師として「CALLによる学習者中心型授業の実践例~English Pronunciation~」を発表した。
2011年, 2013年FD研修会への参加「共通英語」、「Moodle」に関するFD研修会へ参加した。

研究活動等(著書・論文等)

著書・論文(一部)
2017. 「香港における言語状況:トライグロシアへの軌跡と課題」『しまくぅとばルネッサンス』沖縄国際大学公開講座委員会発行149-190頁
2016. From television to real life: Hai? as an innovative change in Modern Japanese. Global Communication and Beyond:Language, Culture, Pedagogy and Translation, pp. 52-80. National Taipei University of Science and Technology.
2015. What do tongue twisters tell us about L2 receptive competence? Studies in English Language and Literature 35:131-144.
2015. Native and non-native interpretations of a co-verbal facial gesture in Japanese conversation: An experimental study.『沖縄国際大学外国語研究』 第18巻第2号31-50頁
2014. The use of the interlocutor’s L1 fillers in foreigner talk: Evidence from English conversations with Japanese EFL learners. 『沖縄国際大学外国語研究』 第17巻 第2号43-54頁
2012. Linguistic landscape in the discourse of citizen aesthetics: Code-mixing on public and commercial signs.『公民美學與當代社會』洪泉湖(編)(第4章 57-90頁)
2012. Revitalizing the Hakka language in Taiwan: Achievements, problems and prospects. 沖縄国際大学 南島研究所『台湾調査報告書』11-38頁
2011. Use and maintenance of heritage language among Chinese immigrant families: Some observations in Okinawa. 『語言、社會與藝術』謝登旺(編)(第3章 33-62頁)
2011. Use and acquisition of L2 gestures: A learner attitude survey. 『沖縄国際大学外国語研究』 第14巻 第2号 1-17頁
2010. Defossilization of the Japanese flap for English /r/: An empirical study. Journal of Applied English 3: 113-124.
2009. Human classifiers in Cantonese: The speaker’s choice and its implications. 『沖縄国際大学外国語研究』 第12巻第1号105-121頁
2008. Teachers’ questions in team-teaching: A case study of CSL. 『沖縄国際大学外国語研究』 第11巻 第1号101-111頁


2008. On the evolution of lip features. 北海道教育大学『人文論究』 第77号177-197頁
2007. Socio-cultural perspectives on sound symbolism. 北海道教育大学『人文論究』 第76号 155-174頁
2006. Chinese onomatopoeia and ideophones: Some descriptive and theoretical issues. 北海道教育大学 『人文論究』 第75号117 -131頁
2005. New segments, clusters and syllables in the sound-symbolic vocabulary of Mandarin, Cantonese and Hakka. 北海道教育大学『人文論究』第74 号109-128頁
2004. Tone in Chinese onomatopoeia and ideophones. 北海道教育大学『人文論究』 第73 号1-15頁.
2003. Interlanguage phonology: A review of recent research with implications for theory and pedagogy. 北海道教育大学『函館英文学』 第42号33-49頁
2003. Synchronic variations in Chinese onomatopoeia and ideophones. 北海道教育大学『人文論究』 第72 号31-56頁
2002. Nonverbal behavior in cross-cultural perspective: A study with Japanese college students. JALT Hokkaido Proceedings
2002 (pp. 51-60).
2001. Chinese Sound Symbolism: A Phonological Perspective. Ph.D. Dissertation, The University of Hawaiʻi at Mānoa (UMI Number: 3005218).
2000. Code-mixing between Cantonese and English. 北海道教育大学『函館英文学』第39号 53-68頁
1996. Colors talk: Some examples of Cantonese ideophones. In Cynthia M. Reves, Caroline Steele & Cathy S. P. Wong (eds.), Linguistics and Language Teaching, pp.1-20. Second Language Teaching and Curriculum Center, University of Hawaii.
1995. The phonology of Cantonese onomatopoeia. Papers from the Annual Meeting of the Atlantic Provinces Linguistic Association 19: 173-186
1994. Reflecting on reflections: A case study of experienced and inexperienced ESL teachers. System 22(1): 93-112.
1993. Contrastive rhetoric and the Japanese writer of EFL. JALT Journal 15(2): 151-162.
1992. A poetry lesson for an ESL reading course. The Language Teacher 26(7): 3-7.

外部研究費補助金
2018.4-2021.3 文部科学省・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) (課題番号: 18K00813)Nonverbal information as a source of intercultural miscommunication.
2008.4-2010.3 文部科学省・日本学術振興会科学研究費補助金 若手スタートアップ(課題番号:20820064)外国語非言語伝達の習得と運用についてー
2018年11月20日現在