文字サイズ

我部 大和(GABU,Hirochika)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 講師
担当科目: ゼミナールⅠ・Ⅱ、琉球文化論、日本芸能史、琉球芸能史

プロフィール
主要学歴琉球大学大学院人文社会科学研究科国際言語文化専攻(修士課程)修了
琉球大学大学院人文社会科学研究科比較地域文化専攻(博士課程)修了
学位博士(学術)
研究分野琉球芸能史、琉球文化
所属学会・協会等沖縄文化協会、琉球沖縄歴史学会、藝能史研究會、藝能学会、楽劇学会、日本演劇学会
趣味・モットー等趣味:琉球舞踊、琉球古典音楽太鼓
E-mail・ホームページ等h.gabu@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2020年4月~8月ゼミナールⅠ2020年度・前期、3年次のゼミ学生、演習形式、専門科目、2単位、15回、今期は「琉歌百控」という史料を講読してもらった。くずし字の基礎的な字の読み方を講義した後、学生には、教員から与えられた琉歌を翻字した内容を発表してもらった。翻字した琉歌がどのような内容かを講義した。遠隔授業の中、学生が翻刻した文字の検討などを行い、学生の史料の読解力などを高めた。しかし、学生自身は翻字を行うだけで大変であった、という意見もあり、来年度以降は別の演習形式を検討予定。
2020年4月~琉球文化論2020年度・前期、主に1年次対象の講義、講義形式、専門科目、2単位、15回、琉球における言語文化について講義した。本講義では学生に対し「コロナ歌」という琉歌を作る実践を行った。遠隔授業の中、琉歌を書くことで琉球文化が身近になったという、受講者の意見もあった。そのため、講義内で継続し琉歌を作るなど受講者にとって琉球文化が身近になる実践を継続していきたい。
2020年4月~日本芸能史2020年度・前期、主に2年次対象の講義、講義形式、専門科目、2単位、15回、日本芸能を通史的にみることで、どのように日本における種々の芸能が創作されたのかを講義した。今期は講義資料を中心に配布した講義となってしまった。そのため、今後は日本芸能に関するディスカッションできるような講義を行いたい。
2020年9月~琉球芸能史2020年度・後期、主に2年次対象の講義、講義形式、専門科目、2単位、15回、琉球芸能について、芸能と「歴史」(外交・内政・社会など)を理解しながら、琉球芸能の「過去」を知り、「今」を考え、「未来」につなぐかを意識した。また、視聴覚資料などで理解を深めた。最終回では、これまでの講義を通して、これからの琉球芸能をどのように考えるかという検討もしながら学生自身で考えるように行った。しかし、議論内容が多くあり、散発的になったのでテーマを絞って講義のみならず、学生自身で考えるような講義をしていきたい。
2020年9月~ゼミナールⅡ2020年度・後期、3年次のゼミ学生、演習形式、専門科目、2単位、15回、卒業論文を意識して、文献収集・整理を学生自身が行う。また、その整理したことでの成果や自らのテーマを振り返りながら、学生達のディスカッション等を通して、卒論内容の深化を試みた。発表することで、学生自身が考えている研究テーマの振り返りや方向性を考える機会となっている。今後も可能であれば継続して行きたい。
2020年9月~比較文化演習2020年度・前期、3年次のゼミ学生、演習形式、専門科目、2単位、15回、くずし字で書かれた琉歌もしくは組踊台本の史料を講読してもらった。まず、文字と方音の対照、くずし字の基礎的な字の読み方を講義行った。その後、学生には、教員から与えられた史料を翻字した内容などを発表させた。学生が翻刻した文字の検討などを行い、学生の史料の読解力などが高まり、琉球の言語文化への理解も深まった。

研究活動等(著書・論文等)

【論文】
・我部大和「琉歌の創作からみえるコロナ禍における大学生の思い―「コロナ歌」に謡われた「コロナ」を中心に―」、『沖縄国際大学日本語日本文化研究』第46号、2021年2月。
・我部大和「「冊封琉球国記略」に記された組踊「銘苅子」に関する考察―「演戯故事」との内容比較を中心に―」、『沖縄芸術の科学』第32号、2020年3月。
・我部大和「冠船芸能で催された組踊「銘苅子」の検討―演戯故事により付加された内容を中心に―」、『藝能』第25号、2019年3月。
・我部大和「組踊台本に記載された〈歌〉の演戯故事における漢文訳―組踊台本の出羽歌・道行歌・入羽歌を中心に―」、『源遠流長:中琉関係史研究の深層を探る―福建沖縄歴史文化教育国際シンポジウム論文集』、2019年3月。
・我部大和「〈演戯故事〉に記された組踊〈大城崩〉に関する一考察―組踊台本・冊封使録との内容比較を中心に―」、『沖縄文化』121号、2017年8月。
・我部大和「冊封使に供された組踊〈孝行の巻〉に関する一考察―演戯故事に記された組踊の内容と周辺史料の比較を通して―」、『国際琉球沖縄論集』6号、2017年3月。
【その他】
・我部大和「【新刊紹介】麻生伸一、茂木仁史編『「火花方日記」の研究』」、『琉球沖縄歴史』第2号、2020年8月。
2021年4月27日現在