文字サイズ

我部 大和(GABU,Hirochika)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 講師
担当科目: ゼミナールⅠ・Ⅱ、琉球文化論、日本芸能史、琉球芸能史

プロフィール
主要学歴琉球大学大学院人文社会科学研究科国際言語文化専攻(修士課程)修了
琉球大学大学院人文社会科学研究科比較地域文化専攻(博士課程)修了
学位博士(学術)
研究分野琉球芸能史、琉球文化
所属学会・協会等沖縄文化協会、琉球沖縄歴史学会、藝能史研究會、藝能学会、楽劇学会、日本演劇学会
主要な社会的活動
E-mail・ホームページ等h.gabu@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2020年4月~ゼミナールⅠ
2020年度・前期、3年次のゼミ学生、演習形式、専門科目、2単位、15回、今期は「琉歌百控」という史料を講読してもらった。くずし字の基礎的な字の読み方を講義した後、学生には、教員から与えられた琉歌を翻字した内容を発表してもらった。翻字した琉歌がどのような内容かを講義した。遠隔授業の中、学生が翻刻した文字の検討などを行い、学生の史料の読解力などを高めた。しかし、学生自身は翻字を行うだけで大変であった、という意見もあり、来年度以降は別の演習形式を検討予定。
2020年4月~琉球文化論
2020年度・前期、主に1年次対象の講義、講義形式、専門科目、2単位、15回、琉球における言語文化について講義した。本講義では学生に対し「コロナ歌」という琉歌を作る実践を行った。遠隔授業の中、琉歌を書くことで琉球文化が身近になったという、受講者の意見もあった。そのため、講義内で継続し琉歌を作るなど受講者にとって琉球文化が身近になる実践を継続していきたい。
2020年4月~日本芸能史
2020年度・前期、主に2年次対象の講義、講義形式、専門科目、2単位、15回、日本芸能を通史的にみることで、どのように日本における種々の芸能が創作されたのかを講義した。今期は講義資料を中心に配布した講義となってしまった。そのため、今後は日本芸能に関するディスカッションできるような講義を行いたい。
2020年9月~琉球芸能史
2020年9月~ゼミナールⅡ
2020年9月~比較文化演習

研究活動等(著書・論文等)

【論文】
・我部大和「「冊封琉球国記略」に記された組踊「銘苅子」に関する考察―「演戯故事」との内容比較を中心に―」、『沖縄芸術の科学』第32号、2020年3月。
・我部大和「冠船芸能で催された組踊「銘苅子」の検討―演戯故事により付加された内容を中心に―」、『藝能』第25号、2019年3月。
・我部大和「組踊台本に記載された〈歌〉の演戯故事における漢文訳―組踊台本の出羽歌・道行歌・入羽歌を中心に―」、『源遠流長:中琉関係史研究の深層を探る―福建沖縄歴史文化教育国際シンポジウム論文集』、2019年3月。
・我部大和「〈演戯故事〉に記された組踊〈大城崩〉に関する一考察―組踊台本・冊封使録との内容比較を中心に―」、『沖縄文化』121号、2017年8月。
・我部大和「冊封使に供された組踊〈孝行の巻〉に関する一考察―演戯故事に記された組踊の内容と周辺史料の比較を通して―」、『国際琉球沖縄論集』6号、2017年3月。
・我部大和「冊封使に供された組踊〈雪払い〉の一考察―演戯故事・組踊台本の詞章との比較を通して」、『越境する東アジア島嶼世界―第15回琉中歴史関係国際学術検討会論文集―』、2016年2月。
・我部大和「演戯故事から見る近世琉球の組踊りの世界」、『トランスナショナルな文化伝播 東アジア文化交流の学術的研究―琉球大学法文学部・台湾大学文学院国際学術交流シンポジウム論文集』2015年3月。
2020年9月23日現在