文字サイズ

下地 賀代子(SHIMOJI, Kayoko)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 准教授
担当科目:日本語学入門、日本語学概論、琉球語学概論、
     琉球語学特講、卒論(4年次)、ゼミ(3年次・4年次)、
     日本語文法論、認知言語学

プロフィール
主要学歴千葉大学大学院 社会文化科学研究科(博士課程)修了
学位博士(文学)
研究分野日本語および琉球語(特に南琉球)の文法論
所属学会・協会等日本語学会、日本言語学会、日本語文法学会、
千葉大学日本文化学会、琉球大学言語文化研究会、
奄美沖縄民間文芸学会、沖縄文化協会、沖縄言語研究センター
主要な社会的活動1) 学外:新沖縄県史編集委員会各論編言語専門部会委員(H30.8.10-H32.8.9)
恩納村史「言語編」専門部会委員(H27.4.11-)
八重瀬町史専門部会委員(H29.3.22-H31.3.21)
放送大学面接授業講師(2019年度第1学期)
2) 受賞歴:2004年度沖縄言語研究センター仲宗根政善記念研究奨励賞(2004.7)
第28回沖縄文化協会賞金城朝永賞(言語部門) 受賞(2006.9)
E-mail・ホームページ等kshimoji@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2011.4~2015.3CALL教室の活用(科目名:琉球方言学概論)1言語としての琉球語の語学教育に、他の外国語科目と同じくCALL教室を活用した。またe-Learningを利用して、授業内はもちろん授業外の学生の自主学習にも役立つように琉球語の教材・課題を作成した。
2011.2~卒業論文報告会の開催ゼミ活動の一環として、毎年2月に卒業論文報告会を行っている。4年次全員がパワーポイントなどを用いて資料を作成し、各自の研究の成果について発表する。
2012.2~琉球語スピーチコンテストの開催外国語センター(現)主催のイベントとして、全学対象に琉球語スピーチコンテストを毎年2月に開催している。詞や絵本の朗読、スピーチなどを、いずれも琉球語に翻訳した詩、文章によって行う。
2012.5~就職試験対策講座の担当(講座名:就職論作文対策)就職論作文の対策講座を担当している。論作文の目的などの概要を説明した後、文章の基礎的知識の確認と練習、また文章構成の作り方と発想法の解説、実践練習などを行う。また、沖縄県内企業の過去の論作文テーマの一覧表を作成し(キャリア支援課調べ)、紹介している。

研究活動等(著書・論文等)

「琉球・多良間島方言の「移動の表現」に関わる動詞の類型(2)―モノの移動の表現―」2018.3『南島文化』40
『つかえる!たらまふつ辞典―多良間方言基礎語彙』(編著)2017.3多良間村教育委員会
「琉球・多良間島方言の「移動の表現」に関わる動詞の類型(1)―ヒト=イキモノの移動の表現―」2016.3『琉球大学 言語文化論叢』13
『琉球のことばの書き方』 (共著、第2部8章「多良間方言」担当)2015.11くろしお出版
「南琉球・多良間島方言の格再考―ni:格,Nka格を中心に―」2014.5『国立国語研究所論集』7
「南琉球・多良間島方言のオノマトペの形式」2013.10『沖縄国際大学日本語日本文学研究』17-2
「南琉球・多良間水納島方言の名詞の格形式」2012.3『沖縄国際大学日本語日本文学研究』17-1
「南琉球・多良間水納島方言資料:民話「マディの知恵」」2011.10 『日本語日本文学研究』16-1
「南琉球・多良間島方言の基本的なja構文について」2011.5 『国立国語研究所論集』1
「石垣・宮良方言の係助辞-duの文法的意味役割」2010.9 『日本語文法』10-2
「形容詞の語彙的意味と形式の相関―琉球・多良間島方言―」2008.3 千葉大学文学部 『人文研究』37
「琉球・多良間島方言のパーフェクトの形式」2006.10 『日本語の研究』2-4
「多良間方言の空間と時間の表現」2006.9 学位論文(千葉大学)