文字サイズ

里 麻奈美(SATO, Manami)

所属: 総合文化学部 英米言語文化学科

職階: 准教授
担当科目: 言語学概論Ⅰ・Ⅱ,日英語比較研究,
      Pronunciation workshop, 日本語現代文法Ⅰ・Ⅱ,
      基礎演習Ⅲ・Ⅳ(2年次),専門演習Ⅰ・Ⅱ(3年次),
      卒業論文Ⅰ・Ⅱ

プロフィール
主要学歴米国ハワイ大学大学院言語学科博士課程 修了 (Ph.D.)
米国ハワイ大学大学院言語学科修士課程 修了 (MA)
米国カリフォルニア大学バークレー校学士 (BA, graduated with honors)
学位言語学博士(Ph.D. in Linguistics)
研究分野イギリス文学
所属学会・協会等Cognitive Science, Linguistic Society of America
E-mail・ホームページ等m.sato@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
学内での教育活動
2015 年4月〜2016 年 3 月1) 特別聴講生の受け入れ京都学園大学より特別聴講生を1名受け入れた。
学外での教育活動【講演】
2011 年 4 月 20 日1) カリフォルニア大学サンディエゴ校の講師
カリフォルニア大学サンディエゴ校にて「Does our mind generate thoughts or does our motion/body?」というタイトルの講演を行った。
2011 年 9 月 27 日2) ハワイ大学の講師
ハワイ大学にて「Can we experience emotionalevents through another person’s eyes?」というタイトルの講演を行った。
2013 年 1 月 28 日3) ナンヤン工科大学の講師ナンヤン工科大学において「Mental simulation in language understanding: How do we understand each other?」というタイトルの講演を行った。
2013 年 3 月 4 日4) シンガポール国立大学の講師
シンガポール国立大学にて 「Interface between language processing and sociocultural cognition」というタイトルの講演を行った。
2014 年 12 月 21 日5) 民族博物館でのシンポジウムの講師
民族博物館にて「Language, thought, and brain in Mayan language」シンポジウムで講演を行った。
2015 年 1 月 10 日6) 慶応大学でのシンポジウムの講師
慶応大学にて「Language, thought, and brain in Mayan language」シンポジウムで講演を行った。
2015 年 2 月 19 日7) 広島大学でのコロキアムの講師
第 99 回広島大学かがみやま言語科学コロキアムにおいて「Language and thought: Evidence frommental simulation」というタイトルの講演を行った。
2015 年 3 月 4 日8) 金沢大学の講師
金沢大学において企画された「言語と認知」金沢認知科学シンポジウムで「言語理解と言語産出」というタイトルの講演を行った。
学外での論文審査
2014 年 12 月 26 日(1) 名古屋大学大学院博士論文の審査委員
名古屋大学大学院・国際言語文化研究科にて博士論文の審査委員(副査)を務めた。
学術論文の査読委員
2015 年4月〜(1) 心理学研究会心理学研究の査読委員を務めている。
2015 年4月〜(2) 言語科学会
言語科学会の査読委員を務めている。

研究活動等(著書・論文等)

【主要論文】
Sato, M., Schafer, A., & Bergen, B. (2015). Metaphor priming in sentence production: Concretepictures affect abstract language production. Acta Psychologica, p.136-142.DOI: 10.1016/j.actpsy.2014.09.010
Sato, M., Schafer, A., & Bergen, B. (2013). One word at a time: Mental representations of object shap change incrementally during sentence processing, Language and Cognition, 5(4), p.345-373.DOI: 10.1515/langcog-2013-0022
Sato, M., & Bergen, B. (2013). The case of the missing pronouns: does mentally simulated perspective play a functional role in the comprehension of person? Cognition, 127, p.361-374.DOI: 10.1016/j.cognition.2013.02.004.
Luo, Y., Sato, M.reading of causality sentences: Eye-tracking evidence. The Technical Report of Language and, & Sakai, H. (2013). Temporal distance between the cause and the effect affects theThought of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, p.139144.
Sato, M., Sakai, H., Wu, J., & Bergen, B. (2012). Towards a cognitive science of literary style:Perspective-taking in processing omniscient versus objective voice. In N. Miyake, D. Peebles,& R.P. Cooper (Eds.), Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society,Austin, TX: Cognitive Science Society, p.959-964.

【研究費実績】
① 文部科学省科学研究費補助金
(1) 基盤研究 S「OS 言語の文処理メカニズムに関するフィールド言語認知脳科学的研究」(研究代表者:東北大学 小泉政利)(2010-2014)
(2) 基盤研究 A「OS 言語の談話処理メカニズムに関するフィールド心理言語学的研究」(研究代表者:東北大学 小泉政利)(2015-2018)
② 学術振興会組織的な若手研究者海外派遣プログラム(カリフォルニア大学サンディエゴ校認知科学学部にて客員研究員)
③ National Science Foundation (NSF): Dissertation Research Improvement Grants(米国科学財団の博士論文執筆のためのリサーチグラント)