文字サイズ

里 麻奈美(SATO, Manami)

所属: 総合文化学部 英米言語文化学科

職階: 准教授
担当科目: 言語学概論Ⅰ・Ⅱ,日英語比較研究,
      Pronunciation workshop, 日本語現代文法Ⅰ・Ⅱ,
      基礎演習Ⅲ・Ⅳ(2年次),専門演習Ⅰ・Ⅱ(3年次),
      卒業論文Ⅰ・Ⅱ

プロフィール
主要学歴米国ハワイ大学大学院言語学科博士課程 修了 (Ph.D.)
米国ハワイ大学大学院言語学科修士課程 修了 (MA)
米国カリフォルニア大学バークレー校学士 (BA, graduated with honors)
学位言語学博士(Ph.D. in Linguistics)
研究分野実験心理言語学,認知言語学,ジェスチャー,フィールド心理言語学, 危機言語
所属学会・協会等Cognitive Science, Linguistic Society of America
E-mail・ホームページ等m.sato@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
学内での教育活動
2015 年4月〜2016 年 3 月1) 特別聴講生の受け入れ京都学園大学より特別聴講生を1名受け入れた。
学外での教育活動【講演】
2011 年 4 月 20 日1) カリフォルニア大学サンディエゴ校の講師
カリフォルニア大学サンディエゴ校にて「Does our mind generate thoughts or does our motion/body?」というタイトルの講演を行った。
2011 年 9 月 27 日2) ハワイ大学の講師
ハワイ大学にて「Can we experience emotionalevents through another person’s eyes?」というタイトルの講演を行った。
2013 年 1 月 28 日3) ナンヤン工科大学の講師ナンヤン工科大学において「Mental simulation in language understanding: How do we understand each other?」というタイトルの講演を行った。
2013 年 3 月 4 日4) シンガポール国立大学の講師
シンガポール国立大学にて 「Interface between language processing and sociocultural cognition」というタイトルの講演を行った。
2014 年 12 月 21 日5) 民族博物館でのシンポジウムの講師
民族博物館にて「Language, thought, and brain in Mayan language」シンポジウムで講演を行った。
2015 年 1 月 10 日6) 慶応大学でのシンポジウムの講師
慶応大学にて「Language, thought, and brain in Mayan language」シンポジウムで講演を行った。
2015 年 2 月 19 日7) 広島大学でのコロキアムの講師
第 99 回広島大学かがみやま言語科学コロキアムにおいて「Language and thought: Evidence frommental simulation」というタイトルの講演を行った。
2015 年 3 月 4 日8) 金沢大学の講師
金沢大学において企画された「言語と認知」金沢認知科学シンポジウムで「言語理解と言語産出」というタイトルの講演を行った。
学外での論文審査
2014 年 12 月 26 日(1) 名古屋大学大学院博士論文の審査委員
名古屋大学大学院・国際言語文化研究科にて博士論文の審査委員(副査)を務めた。
学術論文の査読委員
2015 年4月〜(1) 心理学研究会心理学研究の査読委員を務めている。
2015 年4月〜(2) 言語科学会
言語科学会の査読委員を務めている。

研究活動等(著書・論文等)

【主要論文】
Sato, M., Niikuni, K., Schafer, A., & Koizumi, M. (2018). Agent versus non-agent motions influence language production: Word order and perspective in a VOS language. Proceedings of the 40th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci 2018), p. 1033–1038
Sato, M. (2017). Speakers of VOS and SO word order languages interpret the world differently: A gesture study with Truku (VOS) speakers. 『沖縄国際大学外国語研究』 第20巻 第2号 pp. 1-14.
Sato, M. & Bergen, B. (2015). Metaphor priming in sentence production: Concrete pictures affect abstract language production. Acta Psychologica, p.136-142.DOI: 10.1016/j.actpsy.2014.09.010
Sato, M., Schafer, A., & Bergen, B. (2013). One word at a time: Mental representations of object shape change incrementally during sentence processing, Language and Cognition, 5(4), p.345-373. DOI: 10.1515/langcog-2013-0022
Sato, M., & Bergen, B. (2013). The case of the missing pronouns: does mentally simulated perspective play a functional role in the comprehension of person? Cognition, 127, p.361-374. DOI: 10.1016/j.cognition.2013.02.004.
Luo, Y., Sato, M., & Sakai, H. (2013). Temporal distance between the cause and the effect affects the    reading of causality sentences: Eye-tracking evidence. The Technical Report of Language and Thought of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, p.139-144.
Sato, M., Sakai, H., Wu, J., & Bergen, B. (2012). Towards a cognitive science of literary style: Perspective-taking in processing omniscient versus objective voice. In N. Miyake, D. Peebles, & R.P. Cooper (Eds.), Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society, Austin, TX: Cognitive Science Society, p.959-964.

【研究費実績】
① 文部科学省科学研究費補助金
(1) 基盤研究 S「OS 言語の文処理メカニズムに関するフィールド言語認知脳科学的研究」(研究代表者:東北大学 小泉政利)(2010-2014)
(2) 基盤研究 A「OS 言語の談話処理メカニズムに関するフィールド心理言語学的研究」(研究代表者:東北大学 小泉政利)(2015-2018)
(3) 若手研究 A(研究代表者) 「動詞先行型危機言語の場面認識・記憶に関わる認知メカニズムの解明」 (2016-2019)
(4) 基盤研究 B (研究代表者)「動詞先行型危機言語と日英語から見る 身体運動・言語・認知の関係とその普遍性」 (2019-2022)

【学術振興会組織的な若手研究者海外派遣プログラム】
(カリフォルニア大学サンディエゴ校認知科学学部にて客員研究員)
【National Science Foundation (NSF): Dissertation Research Improvement Grants】
(米国科学財団の博士論文執筆のためのリサーチグラント)