文字サイズ

三村 和則(MIMURA, Kazunori)

所属: 総合文化学部 人間福祉学科

職階: 教授
担当科目:  教育課程・教育方法、特別活動研究、道徳教育の研究、
      教職論Ⅰ・教職研究Ⅰ、教職実践演習(中・高)、
      社会科・公民科教育法、同 演習

プロフィール
主要学歴広島大学大学院教育学研究科教育学専攻博士課程
後期単位取得退学
学位教育学修士
研究分野教育方法学(授業研究方法論、学級集団づくり方法論、
ドイツにおける総合技術教育の遺産)
所属学会・協会等日本教育学会、日本教育方法学会、日本カリキュラム学会、
日本教師教育学会、日本特別活動学会、中国四国教育学会、
九州教育学会、歴史教育者協議会、全国生活指導研究協議会、
日本生活教育連盟、技術教育研究会 他
主要な社会的活動日本教師教育学会理事(2008年~)
日本教育方法学会理事(2015年~)
日本生活教育連盟全国委員(1995年~)
沖縄県教育委員会点検・評価のための学識経験者委員(2013年)
沖縄県県外進学大学生奨学金検討委員会委員(2016年~)
日本生活教育連盟第69回夏季全国研究集会実行委員長(2017年)
中央教育審議会初等中等教育分科会教員養成部会課程認定委員会委員(2017年~2018年)
E-mail・ホームページ等mimura@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
~2019年度学級総会原案づくりコンテスト(アクティブ・ラーニング)教職に関する科目「特別活動研究」で、学級総会に提案することを想定した、学級行事についての原案を作成させ、ノミネートした作品から投票により優勝作品を決め、表彰を行うというユニークな実践を行っている。その結果、討議(話し合い)の出発点となる原案を作成する技能が育っている。
~2019年度道徳の時間の指導案の「復元」(アクティブ・ラーニング)教職に関する科目「道徳教育の研究」で、道徳の時間の授業記録と使用された資料を与え、そこからその授業のために作成されたであろう指導案を推測させ復元させるという、ユニークな指導を行っている。その結果、教育実習時の道徳の時間・道徳科の指導案づくりへの移行が円滑になっている。
~2019年度「学びの共有」の時間の設定(アクティブ・ラーニング)教職に関する科目「教育課程・教育方法」「特別活動研究」「道徳教育の研究」の講義で、最後の10分間、4~5人のグループの中の1人が他の者にその時間の講義内容の概要を説明するという取り組みを行っている。その結果、講義内容についての理解が深まり、思考力や表現力の形成が実現できている。
2015年1月2018年1月高校公民科教育実習研究授業指導案集担当科目「社会科・公民科教育法演習」を経て教育実習を行った学生が教育実習校で行った研究授業について、学習指導案・配付資料・ワークシート等及び学生の振り返りで構成している。その結果、教科教育法の教材として使用することができ、受講生に好評である。
~2015年度教員採用試験対策講座
-教職教養-
キャリア支援課主催
教職教養の教育原理、教育方法及び時事問題を担当。2月又は3月に3コマ実施。その結果、受講生が教員採用試験に本格的に取り組むきっかけになっている。
2016年4月、2017年3月、2017年12月、2019年4月教員採用試験シンポジウムin沖縄、協同出版主催「合格体験談から見えること」について、「今日的な教育課題は今年の試験でどう問われるか?」、「沖縄県の教員採用試験のポイントと対策」、「沖縄県の教員採用試験の傾向と対策」。その結果、受講者から合格者が出て好評だった。
2011年~2015年教員免許状更新講習講師「教育の最新事情」についての講習を行った。その結果、沖縄県内では全国学力・学習状況調査の成績が振るわなかったことから、特に学力の捉え方や学力をめぐる最新の動向についての関心が高く、その関心に応えることができた。
2014年3月協同出版社シンポジウム 「沖縄の学力向上に向けて」 登壇者「沖縄の学校教育の在り方」について考えを述べた。『沖縄の学力追跡分析』の出版記念シンポジウムで、同著がデータ分析を中心にした学校経営と授業指導についての提案をしている中にあって、沖縄の学校教育を下支える様々な条件について論じたことで、それらの提案の理解をサポートすることになった。
2016年4月協同出版セミナーin沖縄「沖縄の特徴を活かした教育」登壇者「沖縄の地域特性を踏まえた教育と教員養成の在り方」について述べた。沖縄県が海洋県であること、基地跡地が平和教育の場やトレッキングの場になることなどを取り上げた。その結果、海洋スポーツの振興に関するアイディアについて体育関係者に多くの示唆を与えた。
2016年5月沖縄県立総合教育センター友の会主催定期講演「児童・生徒の学力向上を目指して -教師・行政に望むこと」の演題で講演した。その結果、沖縄県の学力向上を妨げている要因としての地理的条件や米軍基地の存在、それと関連した貧困問題等を取り上げたことで、教育条件整備の必要性という観点からの学力向上のヒントや示唆を、今後沖縄の教育の中枢を担う教職員に多く与えることができた。
2016年6月沖縄県立高等学校校長会講演「生徒の学力向上を目指して -教師・行政に望むこと」の演題で講演した。その結果、沖縄県の学力向上を妨げている要因としての地理的条件や米軍基地の存在、それと関連した貧困問題等を取り上げたことで、教育条件整備の必要性という観点からの学力向上のヒントや示唆を多く与えることができた。
2016年7月うるま市立あげな中学校校内研修会講演・沖縄国際大学学外講座「どうする、どう考える 沖縄の学力」の演題で講演した。その結果、学力についての理解と今日の求められている学力についての認識が深まり、また、学力向上のための授業方法や家庭と地域の連携の仕方についての理解や中学生のうちから大学進学を展望させることの必要性の認識が共有された。
2017年7月那覇市立真和志中学校   校内研修会講演・沖縄国際大学学外講座
「どうする、どう考える 沖縄の学力」の演題で講演した。その結果、学力についての理解と今日の求められている学力についての認識が深まり、また、学力向上のための授業方法や家庭と地域の連携の仕方についての理解や中学生のうちから大学進学を展望させることの必要性の認識が共有された。
2018年4月沖縄市小中学校教職員及び臨時的任用辞令交付式・教職員研修会「児童・生徒の学力向上を目指して教師に望むこと」の演題で講演した。その結果、沖縄県の学力向上を妨げる要因や貧困問題に対抗する学力向上の方法の具体的実践例や、ブルーナーを援用した自己肯定感の重要性の指摘は、教職員に多くの示唆やヒントを与えた。
~2018年学生による授業評価アンケート3つの講義科目について実施。「よく研究されていて一番わかりやすいと思います」(「教育課程・教育方法」)「知識が豊富ですごく尊敬できた」(「特別活動研究」)「後期の授業の中で一番おもしろかったです。今まで、教科教育法の授業を受けながら、分かっていなかった部分が目からうろこが落ちるように理解できた」(「道徳教育の研究」)などの感想が見られた。声が小さくなったり単調になったりする点が課題として指摘されている。改善を行いたい。

研究活動等(著書・論文等)

『教師教育研究ハンドブック』学文社、2018年(共著)
『沖縄で教師をめざす人のために』協同出版、2015年(共著) 
『教育方法技術論 教師教育講座第9巻』協同出版、2014年(共著)
『沖縄の学力 追跡分析―学力向上の要因と指導法―』協同出版、2014年(共著)
“ Lesson Study in Japan”,Keisuisha,2011(共著)
『沖縄・学力向上のための提言-島を育てる学力をめざして-』ボーダーインク、2010年(単著)
『日本の授業研究〈上巻〉授業研究の歴史と教師教育』学文社、2009年(共著)
『教育実習事前・中間・事後指導DVD(全5巻)』沖縄国際大学、2008年(監修・共同)
『国語科教職課程の展開―国語科教育実践力の探求―』 沖縄国際大学、2006年(共著)
『沖縄における教育の課題』編集工房東洋企画、2002年(共著)
『沖縄・生活指導を切り拓く』国土社、2001年(共著)
『教育の方法-明日の学びを演出する-』ミネルヴァ書房、2001年(共著)
『学校教師の探求』学文社、2001年(共著)
『現代教育の争点』八千代出版、2000年(共著)
『教育方法の基礎と展開』コレール社、1999年(共著)
『道徳教育の基礎と展望』 福村出版、1999年(共著)
『授業の構成と展開のタクト』ぎょうせい、1987年(共著)
2019年7月1日現在