文字サイズ

宮城 弘樹(MIYAGI,Hiroki)

所属: 総合文化学部 社会文化学科

職階: 准教授
担当科目: 沖縄の考古学、考古学概論2、博物館資料論、
                 生涯学習概論、領域演習、社会生活課題研究Ⅰ・Ⅱ

プロフィール
主要学歴沖縄国際大学大学院地域文化研究科
南島文化専攻修士課程修了
学位修士 2009年
研究分野考古学
所属学会・協会等沖縄考古学会、日本考古学協会、東洋陶磁学会、出土銭貨研究会、
首里城研究会、南西諸島水中文化遺産研究会、沖縄文化協会、
沖縄県博物館協会
主要な社会的活動沖縄県文化財保護審議会第二専門部会(2017~)
うるま市文化財保護審議会委員(2016~)
国頭村文化財保存調査委員会(2017~)
糸数城跡整備委員会(2017~)
今帰仁村文化財保存調査委員会(2017~)
伊是名村文化財保護審議会(2018~)
宜野湾市文化財保護審議委会(2018~)
E-mail・ホームページ等h.miyagi@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2015年度~沖縄の考古学授業形態講義形式・共通科目2単位、前期・後期、授業登録者数約100人~40人
2015年度~2019年度考古学概論授業形態講義形式・専門科目2単位、後期、授業登録者数約110人
2015年度~考古学概論2授業形態講義形式・資格科目2単位、前期、授業登録者数約30人
2015~2020年度考古学特講Ⅰ・Ⅱ授業形態講義形式・専門科目2単位、前期(Ⅰ)・後期(Ⅱ)、授業登録者数約20人
2015年度~博物館資料論授業形態講義形式・資格科目2単位、前期、授業登録者数約30人
2015年度~生涯学習概論授業形態講義形式・共通科目2単位、後期、授業登録者数約30人
2018~2020年度南島先史学Ⅰ・Ⅱ授業形態講義形式・専門科目2単位、前期(Ⅰ)・後期(Ⅱ)、授業登録者数約40人
2016~2020年度アジア考古学授業形態講義形式(オムニバス)・専門科目2単位、前期、授業登録者数約30人
2016年12.17~22考古学特講2016年度後期 愛媛大学集中講義・講義形式登録者数13人
2017年8月26日2018年7月28日免許状更新講習認フィールドで学ぶ沖縄の歴史と文化 登録者数約20人
2021年3.23~26芸術表現総合比較研究Ⅱ2020年度後期 沖縄県立芸術大学集中講義・講義形式・登録者数2人
学外での教育活動
2015年11月5日 12月1日中城村文化財ボランティアガイド養成講座「琉球のグスクの成立」「グスクの構造~グスク社会の多様性とグスクの構造」(於:中城村中央公民館)
2016年8月13日宮古島市教育委員会「グスク時代に拓かれた新たな交易ルート-出土陶磁器から考えるグスク時代の物流-」(於:宮古島市中央公民館研修室)
2016年12月17日読谷村埋蔵文化財講座「座喜味城跡と今帰仁城跡~今帰仁城跡の発掘調査からみた沖縄のグスク~」(於:読谷村文化センター)
2017年7月13日今帰仁グスクガイド養成講座「遺跡整備の歴史~今帰仁城跡を中心として」「グスク出土銭貨からみた琉球王国の貨幣史」(於:今帰仁村歴史文化センター)
2020年7月12日宜野湾市立博物館市民講座「あの世からみる近世琉球社会~お墓を調べてわかる事」(於:宜野湾市立博物館)
2020年9月12日名護市教育委員会「ナングシクの実像を探る」(於:城公民館)
2020年11月11日今帰仁グスクガイド養成講座「今帰仁グスクが城として整備されるまでの琉球社会」(於:今帰仁村歴史文化センター)

研究活動等(著書・論文等)

主要論文【単著】
・2014年3月「貿易陶磁器出現期の琉球列島における土器文化」『琉球列島・先史原史時代における環境と
   文化の変遷に関する実証的研究 研究論文集』高宮広土・新里貴之(編) 六一書房pp.199-214
・2016年3月「グスク時代初期における出土滑石からみた集団関係」『南島文化』第38号沖縄国際大学
   南島文化研究所pp.89-99
・2016年11月「沖縄先史文化の特徴」『平成28年度博物館特別展 港川人の時代とその後―琉球弧を
   めぐる人類史の起源と展開―』沖縄県立博物館・美術館pp.102-108
・2017年5月「琉球列島における水中文化遺産の調査の動向と展望」『日本考古学協会第83回総会研究
   発表要旨』pp120-121
・2017年7月「琉球列島における貨幣認識と貨幣利用の多様性」『南島考古』No.36pp.281-290
・2018年3月「宮古・八重山諸島の人類史」『古代文化』第69巻第4号 古代学協会pp104-112
・2018年9月「グスク時代の枠組みと時期区分の課題」『琉大史学』第20号pp.13-38
・2018年11月「南島・沖縄」『日本考古学・最前線』雄山閣pp.149-163
・2019年3月「グスク時代初期の土坑墓-喜界島城久遺跡群の土坑墓との比較を中心として-」
 『地域調査』45号南島文化研究所pp.1-14
・2019年6月「御殿形厨子の研究(1)―紀年銘資料を中心として―」『南島考古』第38号
   沖縄考古学会pp.1-20
・2019年11月「琉球列島」『季刊考古学(特集:墓石の考古学)』第149号 雄山閣pp.89-91
・2020年8月「御殿形厨子の研究(2)―赤焼・荒焼御殿形厨子の編年―」『南島考古』第39号
   沖縄考古学会pp.1-20
・2020年2月「葬墓制と葬送儀礼を考える」『季刊考古学(特集:考古学はどこへ行くのか)』第150号
   雄山閣pp.94-97
・2020年12月「御殿形厨子の研究(3)―上焼御殿形厨子の編年―」『沖縄国際大学総合学術研究紀要』
   第22巻第1号(通巻29号) 沖縄国際大学総合学術学会pp.23-29
・2021年3月「御殿形厨子の研究(4)―陶製御殿形厨子の底孔に着目して―」『壺屋焼物博物館紀要』
   第22号 壺屋焼物博物館pp.1-10

書籍【共著】
・片桐千亜紀・宮城弘樹・渡辺美季2014年11月『南西諸島の水中文化遺産~青い海に沈んだ歴史の
   カケラ』   ボーダーインク
2021年4月5日現在