文字サイズ

宮里 新之介(MIYAZATO, Shinnosuke)

所属: 総合文化学部 人間福祉学科

職階: 准教授
担当科目:  障害者・障害児心理学、福祉心理学、基礎演習A・B、
                   心理学基礎演習A・B、心理学専門演習IA・IB、
       心理的アセスメント
プロフィール
主要学歴九州大学大学院人間環境学府人間共生システム専攻臨床心理学指導
・研究コース博士後期課程 単位取得後退学
学位臨床心理修士(専門職)
研究分野臨床心理学、障害児・障害者心理学
所属学会・協会等日本心理臨床学会,日本リハビリティション心理学会,
日本臨床心理劇学会,日本特殊教育学会,日本臨床心理士会,
鹿児島県臨床心理士会
主要な社会的活動日本臨床心理劇学会 理事(2012年4月~現在)
日本リハビリテイション心理学会資格認定委員会 評議員(2016年4月~現在)
鹿児島県臨床心理士会 副会長・災害対策コーディネーター(2019年4月~現在)
E-mailmiyazato.s+okiu.ac.jp
【教育活動等】
年月日主な教育活動摘要
2010年4月~2021年9月鹿児島女子短期大学児童教育学科の授業「特別支援教育・保育」(1年次・後期開講)、「幼児理解」(2年次・後期開講)を担当した。幼稚園教諭、保育士、小学校教諭2種免許取得を目指す学生に対して、主に発達障がいに関する内容及び問題行動を呈するこどもの理解と対応の基本について概説した。
2010年4月~2021年9月鹿児島女子短期大学生活科学科生活福祉専攻の授業「発達と老化の理解」(1年次・前期開講)、「コミュニケーションの基礎」(1年次・後期開講)、「コミュニケーション演習」(2年次・前期開講)、「こころとからだのしくみⅡ(精神)」(2年次・後期五開講)を担当した。
2010年4月~2021年9月鹿児島女子短期大学生活科学科食物栄養学専攻の授業「教育心理学」(1年次開講)、「教育相談」(2年次・後期開講)を担当した。主に栄養教諭免許取得を目指す学生に対して、教育に関する心理学的観点からの諸学説や、学校現場での学校適応をめぐる諸問題について概説した。
2010年4月~2019年9月鹿児島女子短期大学食物栄養学専攻科の授業「臨床心理学特論」(前期開講)科目を担当した。管理栄養士を目指す学生への授業であるため、特に各ライフステージに見られる「食」を中心とした問題行動について概説した。

研究活動等(著書・論文等)

【著書(共著)】
1.『臨床動作法の実践をまなぶ』,針塚進(監修),遠矢浩一(編),実践7 認知症者への臨床動作法,pp.103-115,新曜社,2019.
【論文】
1.宮里新之介 2021 堂園・山喜論文「発達障がい児の抱える関係性へのアプローチについて-親子並行面接と映像を用いたコンサルテーションの面接過程を通して-」へのコメント,志學館大学心理臨床学研究紀要第10号,31-34.
2.宮里新之介,松元理恵子 2020 児童教育を専攻する短期大学生に対する心理劇を用いたアクティブ・ラーニングの試み―保育時の対応困難場面に焦点を当てて―,鹿児島女子短期大学紀要第57号,55-67.
3.黒原貴仁,沼田薫樹,濱田幸二,坂中美郷,宮里新之介,山口あずさ 2020 大学女子バレーボールチームにおけるコーチングとゲームスタッツに関する研究―鹿児島県4年制大学と短期大学の比較―,南九州地域科学研究所所報第36号,27-31.
4.宮里新之介,片平千智 2018 児童教育を専攻する短期大学生の実習における困難感の調査研究(2),鹿児島女子短期大学紀要第54号,103-109.
5.宮里新之介 2017 児童教育を専攻する短期大学生の実習における困難感の調査研究,鹿児島女子短期大学紀要第52号,145-152.
6.宮里新之介 2015 放課後児童クラブにおける指導員の発達障害児対応の困難感に関する調査研究,鹿児島女子短期大学紀要第50号,121-128.
7.松元理恵子,宮里新之介 2015 女子短期大学生の学生生活ストレッサ―と精神健康との関連について,鹿児島女子短期大学紀要第50号,111-120
8.宮里新之介,松元理恵子 2014 抑うつ傾向の高い女子短期大学生の学生生活上のストレス認知に関する研究 -3年間のデータの分析から-,鹿児島女子短期大学紀要第49号,121-128
9.松元理恵子,宮里新之介 2013 女子短期大学生学生生活におけるストレッサーと抑うつに関する縦断研究 -学生支援につなげるために-,鹿児島女子短期大学紀要第48号,151-162
10.宮里新之介,松元理恵子 2012 女子短期大学生の抑うつ感と学生生活上の多様なストレッサーとの関連,鹿児島女子短期大学紀要第47号,175-185.
11.松元理恵子,宮里新之介 他 2011 抑うつ感と身体不調感から見た女子短期大学生の精神的健康の現状と課題,鹿児島女子短期大学紀要第46号,193-203.
12.宮里新之介,細野康文,遠矢浩一,針塚進 2010 多動傾向を伴う小学校低・中学年児童のための集団心理療法プログラム,九州大学総合臨床心理研究,第2巻特別号「発達障害児のための集団心理療法」,21-31.
13.宮里新之介,財津康輔,遠矢浩一,針塚進 2010 多動性・衝動性の高い高機能広汎性発達障害児へのグループセラピー -他児および活動に対する注目と相互交流の促進を目的として-,九州大学総合臨床心理研究,第1巻,73-87.
14.宮里新之介 2010 重度アルツハイマー型認知症高齢者に対する情動制御不全の改善に向けた動作法の適用,リハビリティション心理学研究,第37巻1号.1-12
【学会発表】
1.山内悠加,後潟春菜,重信穂菜美,松尾弘佳,山野由貴,増田陽子,宮里新之介,服巻豊 2015 地域研修の心理劇体験が監督役割を取ることに及ぼす影響,第20回日本心理劇学会 第40回西日本心理劇学会合同福岡大会抄録集,52.
2.今村葉子,宮里新之介,飯田昌子,佐藤明美 2012 HIV陽性者へのグループアプローチの試み -地方において「長続きする場」をどう構築するか-,日本エイズ学会誌第14巻第4号,(第26回日本エイズ学会学術集会・総会抄録集),342(172).
3.宮里新之介,服巻豊,下池洸史朗 2012 心理劇勉強会における体験が専門職としての成長感と監督役割へのモチベーションにおよぼす影響,第37回西日本心理劇学会福岡大会抄録集,15.
4.細野康文,宮里新之介,遠矢浩一,針塚進 2011 多動傾向を伴う小学校低・中学年児童における心理劇的手法の導入,第36回西日本心理劇学会 沖縄大会抄録集,21
5.宮里新之介 2007 重度アルツハイマー型認知症高齢者における認知・情動の視点からみた動作法適用事例,2007年日本リハビリティション心理学会発表論文集,20-21.
6.宮里新之介 2005 自己弛緩課題と他動弛緩課題が四肢マヒ者の自体感・筋緊張に及ぼす影響 2005年日本リハビリティション心理学会発表論文集,16-17.
2021年9月15日現在