文字サイズ

阿嘉 奈月(AKA,NATSUKI)

所属: 総合文化学部 英米言語文化学科

職階: 講師
担当科目: 英語Ⅲ・Ⅳ, 基礎演習, 専門演習(主に英語教育・言語習得)

プロフィール
主要学歴熊本学園大学 国際文化研究科 国際文化専攻(博士課程在学中, 2019年現在)
学位琉球大学大学院 教育学研究科 英語教育専修(修士課程修了, 2011年)
研究分野英語教育学, 外国語リーディング, 読みの流暢性に関する研究
所属学会・協会等全国英語教育学会, 九州英語教育, 沖縄英語教育学会, 日本多読学会,
主要な社会的活動沖縄英語教育学会役員
モットー好きこそ物の上手なれ〜
E-mail・ホームページ等natsuki@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
学内での教育活動
2019年4月〜英語Ⅲ・Ⅳ(共通英語)本講義では主に(1)主にやさしい英文で書かれた多読用図書を通して読解力を伸ばし(2)学んだ知識を活用して実践的なコミュニケーション能力を身につけます。
2019年4月〜基礎演習(英米言語文化学科)
本演習では、読む・話す・聞く・書くの4技能の実践的な練習を通して、大学で学ぶために必要な基礎学力の育成を目標とします。
2019年4月〜専門演習(英米言語文化学科)
本演習では、卒業論文を見据えた授業を行います。具体的には、1)英語教育や外国語学習に関する文献や論文を読んで英語教育の課題を把握し、2)自分の興味のある分野について探求します。

研究活動等(著書・論文等)

1. Aka, N. (2019). Reading performance of Japanese high school learners following a one-year extensive reading program. Reading in a Foreign Language, 31(1), 1-18. [査読有].
2. Grumbine, R., Aka, N., Hirano, R. (2018). Providing meaningful interactions at KOSEN between Japanese and international students. SHS Web of Conferences 53, 1-9. DOI: https://doi.org/10.1051/shsconf/20185301003 [査読有].
3. 阿嘉奈月・焼山廣志(2016).「図書館を活用したアクティブ・ラーニング実践例—英語と文学のコラボレーションを通して—」日本高専学会誌 22(2), 25-30. [査読なし].
4. 阿嘉奈月(2015).「英語学習における意識調査と多読指導の可能性について」有明工業高等専門学校紀要 51, 11-17. [査読なし].
5. 阿嘉奈月(2014a).「中学生の英語学習における『つまずき』の要因分析」九州英語教育学会紀要 41, 113-120. [査読有].
6. 阿嘉奈月(2014b).「文法能力向上を企図した教科書本文暗記テストの効果」沖縄英語教育学会紀要 12, 71-87. [査読有].

【外部資金】
1. 多読のメカニズムについてー低次レベル処理能力の活性化に焦点を当ててー, 文部科学省・科学研究費・若手研究, 2018〜2020年度(3年間)
2. 多読を通した“アクティブ・リーディング”が導く自律した英語学習者の養成, 文部科学省・科学研究費・若手研究B, 2016〜2018年度(3年間)

2019年5月19日現在