文字サイズ

田場 裕規(TABA,Yuuki)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 准教授
担当科目: 日本文学を読むⅠ・Ⅱ,古典に親しむ,古典に学ぶ,
      漢文学Ⅰ・Ⅱ,アカデミックライティング,
      ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ,卒業論文,
      国語科教育法Ⅱ,国語科教育法演習Ⅰ・Ⅱ,
      日本古典文学特論ⅠA,ⅠB(大学院)
      国語科教育学特論Ⅰ,Ⅱ(大学院)

プロフィール
主要学歴兵庫教育大学大学院 学校教育研究科
教科・領域教育学専攻言語系コース国語分野 修了
学位修士(学校教育学)
研究分野日本古典文学,万葉集研究,国語科教育学
所属学会・協会等萬葉学会,美夫君志会,言語表現学会,西行学会
日本国語教育学会,全国大学国語教育学会,日本文学協会,
奄美沖縄民間文芸学会、沖縄文化協会
主要な社会的活動沖縄県立首里東高等学校評議員(平成 27 年 5 月~)
沖縄県高等学校郷土芸能大会審査員(平成 28 年 11 月)
全国高等学校読書体験記コンクール沖縄選考会審査員
(平成 23 年 10 月~)
沖縄県高等学校総合文化祭弁論部門大会審査員(平成 27 年 9 月~)
沖縄県立那覇西高等学校評議員(平成 24 年 5 月~平成 25 年 3 月)
沖縄県立開邦高等学校評議員(平成 25 年 5 月~平成 26 年 3 月)
宜野湾市老人福祉センター後期教養講座講師
(平成 25 年 2 月、平成 26 年 2 月)
沖縄県高等学校図書館協議会事務局長(平成 17 年 4 月~平成 18 年 3 月)
沖縄県子どもの読書活動推進会議委員(平成 17 年 6 月~平成 18 年 3 月)
独立行政法人大学入試センター試験問題評価委員会委員
(平成 14 年 1 月~平成 15 年 12 月)
E-mail・ホームページ等ytaba@okiu.ac.jp
https://researchmap.jp/read0156823

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
教育活動・方法
2010 年 4 月~7月、9 月~1 月1)基礎演習Ⅰ・Ⅱ(2 単位)(前期)日本文化学科・1 年次、2クラス×2=92名
・本講は大学生として必要となる「アカデミック・スキル」の習得と養成を目的とする。即ち、情報収集力、分析力、思考力、批判力、発表力、論文記述力等、言語を中心とした能力を自律的かつ協同的に学ぶことを目指し、日本文化学科における学びの基礎を養成する。
*第1回~第9回までは、テキストを用いて講義及びグループワークを行い、第 10回~第 15 回まではグループ発表の予定。グループ発表は、古典文学や古典語に関する調査を踏まえた発表とし、テーマはグループ分け終了後に提示する。『宇治拾遺物語』「鬼に瘤取らるる事」の分析を行い、集団討議を行った。(2 単位)(前期)日本文化学科・2年次)、74名登録
2010 年 4 月~7月2)日本文学講読Ⅰ・本講は『源氏物語』桐壺巻の講読を行い、語彙、文法、表現等への理解を深め、古文読解力の養成をめざす。国語の教職免許状取得のために必要な科目でもあるので、高等学校において教えるうる読解力を想定して講義する。また本文(青表紙本の変体仮名)の読みに慣れることも目指す。
*テスト・レポート(10枚以上)を課している。学習支援を希望する学生4名に、基礎的な文法の課外活動を行った。
2012 年 3 月 、2013 年 3 月、 2014 年 3 月3)春季ゼミ研修旅行・古典文学の故地を実際に訪れ、文学に関する知見を深め卒業論文等の研究に生かし、ゼミナール活動の活性化を図る。研修後、旅行記を発刊する。
作成した教科書、教材、 参考書
2011 年 7 月1)基礎演習の共通教材の開発FD支援プログラムにおいて、『知をひらく新入生ブックガイドにちぶん羅針盤(こんぱす)』(169頁)を作成した。初年次教育の充実の観点から、本学科専任教員に本の紹介をしてもらい、夏季休業期間中に、最低 3 冊の読書を勧めた。
学生支援活動
2011 年 4 月1)面談専門ゼミ履修者全員に対して、年度はじめに、修学・キャリア・学生生活等に絞った面談を行った。特に学習不振の者には、数回の面談を行った。
2011 年2)サークル活動詩舞サークル顧問
格闘技サークル顧問
2012 年~現在琉球芸能文学研究会顧問
学外での活動
2010 年 6 月1)第 1 回留学生日本語弁論大会沖縄県代表選考会審査員沖縄県国際教育研究協議会
2011 年 1 月2)読谷村立図書館古典文学講座 講師『万葉を心の糧に-歌に親しむ・古典に学ぶ』(学外公開講座)
2011 年 6 月3)第 45 回沖縄県高等学校図書館協議会研修会 講師「新学習指導要領における読書指導」
2011 年 6 月4)沖縄県立那覇西高等学校学校評議員
2011 年 10 月5)沖縄県立開邦高等学校
PTA文化講演会 講師
『万葉を心の糧に-歌に親しむ・古典に学ぶ』(学外公開講座)
2011 年 10 月6)第 31 回全国高校生読書体験記コンクール 審査員
2012 年 10 月7)第 32 回全国高校生読書体験記コンクール 審査員
2013 年 10 月8)第 33 回全国高校生読書体験記コンクール 審査員

研究活動等(著書・論文等)

【 主要論文及び主要著書 】
(論文)
① 瀬戸内の万葉ノート(1)
沖縄国際大学日本語日本文学研究 22(2) 127-137 2018 年 3 月
② 意匠としての文字―「人相鴨」考―
沖縄国際大学日本語日本文学研究 22(1) 15-27 2017 年 9 月
③ 沖縄・地域から考える「伝統的な言語文化」-〈声〉と〈身体〉をどうするか
月刊国語教育研究 537(1 月) 4-9 2017 年 1 月
④ 組踊をめぐる諸問題―新作組踊・教育・〈シマクトゥバ〉―
武蔵野文学 特集沖縄方言とその周辺 63 24-28 2015 年 12 月
⑤ 組踊「執心鐘入」の教材開発――沖縄の国語教育を考える(2)――
沖縄国際大学日本語日本文学研究 20(1) 左 17-左 25 2015 年 11 月
⑥ 万葉集の学習と関連画像――〈見ること〉・身体感覚・共感
沖縄国際大学日本語日本文学研究 19(2) 左 25-左 30 2015 年 2 月
⑦ 組踊の身体―身体感覚・身体技法の継承―
南島文化 (35) 7-18 2013 年 3 月
⑧ 地域の言語文化と教育―沖縄の国語教育を考える(1)―
沖縄国際大学日本語日本文学研究 16(1) 79-92 2011 年 10 月
⑨ 万葉集歌の文字遣い―「灼然」を中心に―
沖縄国際大学日本語日本文学研究 15(2) 1-14 2011 年 3 月
⑩ 対話と演劇的表現活動―人間関係形成能力を育成する視点を活かして―
『月刊国語教育研究』 421(5 月) 22-27 2007 年
⑪ 「言語活動例」を取り入れた指導法の研究
平成 13 年度沖縄県立総合教育センター協力員共同研究紀要 14 2002 年

(著書)
①『沖縄から考える「伝統的な言語文化」の学び論』(村上呂里・萩野敦子編)
「 第三章 国語科における沖縄古典芸能の教材化の視点と意義―「伝統的な身体文化」と「伝統
的な言語文化」―」溪 水社 2014 年 2 月 28 日 ISBN978-4-86327-250-7
平成 25 年度科学研究費補助金研究公開促進費(学術図書)採択(課題番号 255218)
②『教師が学び生徒が活きる国語科授業づくりの視点と実践(中学・高校版)』(沖縄県・国語科の授業づくり研究会編)
(担当:分担執筆,範囲:1.第 2 章授業づくりのポイント高等学校編「〈話すこと聞くこと〉〈読むこと(古典)〉+『伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項』」)沖縄タイムス社 2013 年 2 月
ISBN:978-4-87127-650-4
③「帯単元で鍛える話す力・聞く力-授業開始 5 分間を活かす」、『月刊国語教育 2004 年 6 月号』特集
「話すこと・聞くこと」の力を鍛える、pp.40-43 東京法令出版 2004 年
④『指導を高める評価改善の決め手』第二章 提案編高等学校における指導と評価の改善・「書くこと」
の領域、児玉 忠・國場 厚子・田場 裕規・島仲由美子・砂川裕佐子、『月刊国語教育 2002・5 別冊』
(東京法令出版)、田中孝一・河野庸介編集、pp.114-117 東京法令出版 2002 年
⑤「座標軸でとらえる下人の心情の変化」、『実践国語研究 2001 年 10-11 月号』225 号、全国国語教育
実践研究会編集『一人一人が的確に「読むこと」の学習課題の工夫』、pp.56-60、明治図書 2001 年(学会発表・講演等)
① 伝統文化と学校教育 平成 28 年度奄美沖縄民間文芸学会沖縄大会、2016 年 9 月 11 日、
奄美沖縄民間文芸学会「伝統文化と学校教育」
コーディネーター:田場 裕規(沖縄国際大学准教授)
パネリスト:村上 呂里(琉球大学教育学部教授) 「伝統的な言語文化」と国語科
辻 雄二(琉球大学教育学部教授) 地域と「民俗的知」の活用
田名 裕治(那覇国際高校教頭) しまくとぅばと学校教育
大城 貞俊(沖縄国際大学非常勤講師) 地域教材の開発
② 第5分科会 地域の言語文化の継承と学び 第 2 回日本国語教育学会沖縄大会、2016 年 8 月 10 日、
主催:日本国語教育学会・沖縄小学校国語教育研究会
第5分科会 地域の言語文化の継承と学び
コーディネーター 田場 裕規(沖縄国際大学)
提案者 酒井 里見(喜如嘉小学校)
米嵩 睦子(琉大附属小学校)
伊野波盛人(普天間高等学校)

指定討論者 五十井 美知子(日本国語教育学会事務局長)
指定討論者 村上 呂里(琉球大学)
③ 組踊「執心鐘入」の対話
兵庫教育大学言語表現学会
平成二十七年度 第 2 回研究発表会 2015 年 10 月 3 日
④ 万葉を心の糧に~歌に親しむ・古典に学ぶ~
第 52 回南部学校図書館協議会講演会 2015 年 6 月 24 日 南部学校図書館協議会
⑰ 万葉を心の糧に―歌に親しむ・古典に学ぶ― 読谷村立図書館古典文学講座 2011 年 1 月

(その他)
① 琉球新報 読書欄寄稿(2018 年 1 月 14 日)「一九四五年チムグリサ沖縄」書評 2018 年 1 月
② (解説)人の心に人を住まわせる―大城貞俊の聴く力
大城貞俊『奪われた物語─大兼久の戦争犠牲者たち』 2016 年 6 月
③ 琉球新報(芸能)13 面 寄稿 組踊の継承 琉球新報 2015 年 2 月 4 日 2015 年 2 月
④ 琉球新報(教育)14・15 面「子どもの読書を考える座談会」琉球新報 2014 年 1 月 3 日
⑤ 琉球新報(芸能)15 面「古典芸能の要件」
琉球新報 2013 年 11 月 20 日 2013 年 11 月
⑥ 琉球新報 松竹大歌舞伎インタビュー「菊之助の女形注目」
琉球新報 2013 年 10 月 29 日 2013 年 10 月
⑦ 琉球新報(芸能)11 面「新作組踊への戸惑い―玉三郎の身体」
琉球新報 2013 年 6 月 12 日 2013 年 6 月
⑧ 国立劇場おきなわステージガイド 華風 2 月号 第 58 回組踊公演「矢蔵之比屋」解説「第一部琉球
舞踊」「第二部『矢蔵之比屋』鑑賞のてびき―組踊学びの放射線―」PP8-12 2013 年 1 月
⑨ 琉球新報「『沖縄の昔話研究を拓く』講演会に寄せて」
琉球新報 2012 年 12 月 14 日 2012 年 12 月
⑩ 画廊沖縄 The Gallery Voice №50「身体と記憶」金城満展 シリーズ「免疫」
画廊沖縄 The Gallery Voice №50 2012 年 9 月 12 日 2012 年 9 月
⑪ 沖縄タイムス(芸能)評「新作能『ひめゆりの乙女達』」
沖縄タイムス 2012 年 8 月 17 日 2012 年 8 月
⑫ 琉球新報(芸能・文化)書評『きむたかの翼』 地域教育、結実への記録
琉球新報 2011 年 12 月 11 日 2011 年 12 月
⑬ 〔伝統的な言語文化に関する事項〕の指導―地域の教材と万葉集歌をつなぐ視点をいかす―
おきなわ国語教育(沖縄県高等学校国語教育研究会) (13) 17-24 2010 年 3 月
⑭ 「テスト問題・解答解説」の作成で培う読解力の育成
おきなわ国語教育(沖縄県高等学校国語教育研究会) (9) 11-15 2006 年 3 月
【競争的資金等の研究課題】
・琉球・沖縄の伝統文化の継承と琉球語学習の基礎的研究(課題番号:17K02669)
文部科学省: 平成 29 年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)一般
研究期間: 2017 年 4 月 - 2019 年 3 月 代表者: 狩俣 恵一
・〈見ること〉と〈読むこと〉をつなぐ「デジタル教材」に関する研究 研究課題番号:26381295
文部科学省: 2014 年度科学研究費補助金事業 基盤研究(C)26381295
研究期間: 2014 年 4 月 - 2015 年 3 月 代表者: 田場 裕規
・琉球言語資料のデジタル化とその活用方法に関する研究
文部科学省: 2012 年度科学研究費補助金基盤研究(A)24242036
研究期間: 2012 年 11 月 - 2015 年 3 月 代表者: 狩俣恵一