文字サイズ

月野 楓子(TSUKINO,Fuko)

所属: 総合文化学部 社会文化学科

職階: 講師
担当科目: スペイン語、外国語研究、外国語資料購読演習、フレッシュマンセミナー

プロフィール
主要学歴法政大学大学院国際文化研究科博士後期課程修了
学位博士(国際文化)
研究分野沖縄移民研究、ラテンアメリカ地域研究、国際文化学
所属学会・協会等日本移民学会、ラテンアメリカ学会、国際文化学会、法政大学沖縄文化研究所
主要な社会的活動沖縄空手会館 企画展監修委員
E-mailfuko@okiu.ac.jp

教育活動等

【教育活動等】
年月日主な教育活動摘要
2021年4月~フレッシュマン・セミナー
2020年9月〜スペイン語 I・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
2020年9月〜外国語研究 IA・ⅠB・ⅡA・ⅡB
2020年9月〜外国語資料購読演習
2020年9月〜留学前教育・研修
2019年4月〜2020年8月スペイン語 基礎文法Ⅰ・Ⅱ(関西外国語大学)
2019年4月〜2020年8月スペイン語 リーディングⅠ・Ⅱ(関西外国語大学)
2019年4月〜2020年8月ラテンアメリカ学研究(関西外国語大学)
2016年4月〜2019年3月スペイン語(法政大学)
2017年4月〜2018年3月国際社会演習 「トランスナショナルヒストリー研究」(法政大学)
その他
2021年2月JICA横浜海外移住資料館講演 『らぷらた報知』の創刊と「在亜沖縄県人連合会」の設立
2019年8月日亜学院(Instituto Argentino Japonés Nichia Gakuin)招聘講師
2017年2月千葉国際コンベンションビューロー、JICA東京主催 国際理解セミナー「日本とアルゼンチン」

研究活動等(著書・論文等)

【研究論文等】
1. 月野楓子「中南米地域の邦字新聞を活用した日本人移住に関する諸研究ー『らぷらた報知』の創刊と『在亜沖縄県人連合会』の設立ー」 『研究紀要』15、JICA横浜 海外移住資料館、2021年3月。
2. 月野楓子「アルゼンチン・ブエノスアイレスにおける沖縄移民社会の形成と社会団体 ―『在亜沖縄県人連合会』の設立までを中心に(1908-1951)―」法政大学学位論文、2019年。
3. 月野楓子「『呼寄期成同盟』にみる第二次世界大戦直後の在亜邦人社会―1950年代初頭までを中心に―」『移民研究年報』24号、日本移民学会、2018年。
4. 月野楓子「『呼寄期成同盟』の役割―戦後の在亜邦人社会における子弟呼び戻しと移民の再開―」『平成24年度~26年度科学研究費助成事業「中南米日系移民および韓国系移民による文学に関する総合的研究」報告書』、2017年。
5. 月野楓子「『アルゼンチン日本人移民史』からみる沖縄移民の組織化―1909年から1931年までのブエノスアイレスを中心に―」『異文化』18号、法政大学国際文化学部、2017年。
6. 月野楓子「アルゼンチンにおける沖縄移民の救済活動と芸能」『沖縄文化研究』44号、沖縄文化研究所、2017年。
7. 月野楓子「在亜邦人による『救済活動』の展開―第二次世界大戦後のアルゼンチンにおける沖縄移民の組織形成―」『異文化』17号、法政大学国際文化学部、2016年。
8. 月野楓子「Ryukyu Sapukaiにみる沖縄文化の「継承」―アルゼンチンの沖縄系下位世代に関する一考察―」『インターカルチュラル』14号、日本国際文化学会、2015年。

【研究資金等】 
1. 科学研究費助成金 若手研究 研究代表者
「第二次世界大戦後のアルゼンチン沖縄移民社会と「祖国復帰」をめぐる運動の展開」(2021年〜2024年)
2. 科学研究費助成金 研究活動スタート支援 研究代表者
「アルゼンチンにおける沖縄移民社会と『復帰運動』―在亜沖縄県人連合会を中心に-」(2019年〜2020年)
3. 科学研究費助成金 基盤研究(C) 研究協力者(研究代表者:川村湊)
「南米日系移民および韓国系移民による文学に関する総合的研究」(2013年~2016年)
4. 平成25年度公益財団法人おきぎんふるさと振興基金 学術部門
「アルゼンチンの沖縄系移民の文化をめぐる活動に関する研究」(2013年6月〜一年間)

【その他】
・e-magazine Latina 「連載 アルゼンチンの沖縄移民史」(2020年8月〜)
・「食と嗜好品 チリ・アルゼンチン」 『ラテンアメリカ文化事典』丸善出版(2021年)
2022年4月1日現在