文字サイズ

月野 楓子(TSUKINO,Fuko)

所属: 総合文化学部 社会文化学科

職階: 講師
担当科目: スペイン語、外国語研究、外国語資料購読演習

プロフィール
主要学歴法政大学大学院国際文化研究科博士後期課程修了
学位博士(国際文化)
研究分野沖縄移民研究、ラテンアメリカ地域研究、国際文化学
所属学会・協会等日本移民学会、ラテンアメリカ学会、国際文化学会、法政大学沖縄文化研究所
E-mailfuko@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
学内
2020年9月~スペイン語Ⅱ1年次学生対象の共通科目であるが、前期と担当者が異なるためクラスによる進度に差が出ないよう配慮した。学習済み範囲の復習に時間をかけ、新しい内容についても受講者の理解度を確認しながら進めている。
2020年9月~外国語研究ⅠB・ⅡB留学からの帰国者が中心のクラスであるため、通常のスペイン語クラスよりも上級の文章読解や語学試験問題などに取り組んでいる。また、語学力の維持にとどまらず言葉を駆使して歴史や文化への関心を広げるため、映像の鑑賞や関連事項について調べ発表する場も設けている。
2020年9月~外国語資料購読演習Ⅱ学科の専門科目としての位置付けから、歴史教育の中で見落とされがちである移民に関する英語文献を購読した。オンラインでの課題の授受に加えzoomによるリアルタイムの授業も行い、購読資料の内容に関する解説も行っている。
2020年9月~留学前教育・研修新型コロナウィルス感染症の影響により留学が延期になっている学生と渡航前の事前学習を行なっている。語学の学習を進める一方で、必要書類や現地での生活面での相談など、学生の必要・関心に合わせて内容を決めながら進めている。
学外
2019年4月~2020年8月スペイン語 基礎文法Ⅰ・Ⅱ(関西外国語大学)
2019年4月~2020年8月スペイン語 リーディングⅠ・Ⅱ(関西外国語大学)
2019年4月~2020年8月ラテンアメリカ学研究(関西外国語大学)
2016年4月~2019年3月スペイン語Ⅰ・Ⅱ(法政大学)
2017年4月~2018年3月国際社会演習 「トランスナショナルヒストリー研究」(法政大学)
2017年4月~現在FD関連研修・授業評価への参加
その他
2019年8月日亜学院(Instituto Argentino Japonés Nichia Gakuin)招聘講師 「日本人移民の歴史とアルゼンチンのウチナーンチュ」に関する内容で、同校の教員及び小学校高学年クラスを対象に授業を行なった。
2017年2月千葉国際コンベンションビューロー、JICA東京主催 国際理解セミナー講師「日本とアルゼンチン―ふたつの故郷への想い」のタイトルで、大城クラウディア氏と共同講演を行なった。

研究活動等(著書・論文等)

【研究論文等】
  • 月野楓子「『らぷらた報知』の創刊と『在亜沖縄県人連合会』の設立」 JICA海外移住懸賞論文・優秀賞、独立行政法人国際協力機構、2020年。
  • 月野楓子「アルゼンチン・ブエノスアイレスにおける沖縄移民社会の形成と社会団体 ―『在亜沖縄県人連合会』の設立までを中心に(1908-1951)―」法政大学学位論文、2019年。
  • 月野楓子「『呼寄期成同盟』にみる第二次世界大戦直後の在亜邦人社会―1950年代初頭までを中心に―」『移民研究年報』24号、日本移民学会、2018年。
  • 月野楓子「『呼寄期成同盟』の役割―戦後の在亜邦人社会における子弟呼び戻しと移民の再開―」『平成24年度~26年度科学研究費助成事業「中南米日系移民および韓国系移民による文学に関する総合的研究」報告書』、2017年。
  • 月野楓子「『アルゼンチン日本人移民史』からみる沖縄移民の組織化―1909年から1931年までのブエノスアイレスを中心に―」『異文化』18号、法政大学国際文化学部、2017年。
  • 月野楓子「アルゼンチンにおける沖縄移民の救済活動と芸能」『沖縄文化研究』44号、沖縄文化研究所、2017年。
  • 月野楓子「在亜邦人による『救済活動』の展開―第二次世界大戦後のアルゼンチンにおける沖縄移民の組織形成―」『異文化』17号、法政大学国際文化学部、2016年。
  • 月野楓子「Ryukyu Sapukaiにみる沖縄文化の「継承」―アルゼンチンの沖縄系下位世代に関する一考察―」『インターカルチュラル』14号、日本国際文化学会、2015年。
【研究資金等】
  • 科学研究費助成金 研究活動スタート支援 研究代表者
    「アルゼンチンにおける沖縄移民社会と『復帰運動』―在亜沖縄県人連合会を中心に-」(2019年〜2020年)
  • 科学研究費助成金 基盤研究(C) 研究協力者(研究代表者:川村湊)
    「南米日系移民および韓国系移民による文学に関する総合的研究」(2013年~2016年)
  • 平成25年度公益財団法人おきぎんふるさと振興基金 学術部門
    「アルゼンチンの沖縄系移民の文化をめぐる活動に関する研究」(2013年6月〜一年間)
【その他】
  • e-magazine Latina 「連載 アルゼンチンの沖縄移民史」(2020年8月〜)
  • 「食と嗜好品 チリ・アルゼンチン」 『ラテンアメリカ文化事典』丸善出版(2021年刊行予定)
2020年11月1日現在