文字サイズ

上田 幸彦(UEDA, Yukihiko)

所属: 総合文化学部 人間福祉学科

職階: 教授
担当科目: 学部・・・行動療法、心理学基礎演習、心理学史(分担)
      ストレスマネジメント(分担)、専門演習、卒業論文演習
      大学院・・・臨床心理面接特論Ⅰ、臨床心理査定演習Ⅰ、
      臨床心理実習、臨床心理事例検討実習、 臨床心理学
      特殊研究 A

プロフィール
主要学歴早稲田大学社会科学部卒業、早稲田大学大学院修士課程心理学専攻修了、
久留米大学大学院心理学研究科博士後期課程単位取得満期退学
学位博士(心理学)
研究分野臨床心理学
所属学会・協会等日本心理臨床学会、日本行動療法学会、日本高次脳機能障害学会、
日本健康心理学会、日本心理学会、日本ストレス学会、日本行動科学学会
主要な社会的活動臨床心理士、沖縄県臨床心理士会理事、
リハビリテーション心理職会運営委員、
日本行動科学学会運営委員
E-mail・ホームページ等y.ueda@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
教育活動・方法の 実践例
2011 年 10 月~1) 行動療法専門科目
2011 年 4 月~7 月心理学史専門科目、オムニバス形式
2012 年 10 月~ストレスマネジメント
専門科目、オムニバス形式
2011 年 10 月~臨床心理学面接特論
大学院
2011 年 4 月~臨床心理学査定演習
大学院
2011 年 4 月~2) 心理学基礎演習
2011 年 4 月~心理学演習
2011 年 4 月~2 月卒業論文演習卒業論文指導 16 名(‘11 年度)、12 名(!12 年度)、10 名(’13 年度)
2011 年 4 月~臨床心理学特殊研究
大学院修士論文指導 2 名(’11 年度)、2 名(‘12 年度)、2 名(’13 年度)
修士学位取得者 3 名(’11 年度)、2 名 (‘12年度)、2 名(’13 年度)
2011 年 4 月~3) 臨床心理実習
2011 年 4 月~ケースカンファレンス
2011 年 4 月~心理相談室ケース指導
臨床心理士合格者数 10 名(’11 年度)
4 名(‘12 年度)
3 名(‘13 年度)
4) 論文審査修士論文審査数(主査)2010 年度 2 名
2011 年度 2 名
2012 年度 1 名
2013 年度 2 名
作成した参考書
2009 年 3 月「心と体のストレス -生活習慣病の予防としてのストレス管理-」
沖縄国際大学公開講座 18
元気が出るワークショップ
学外での教育活動
2014 年 3 月研修・セミナー講師
フォーラム助言者
沖縄学生相談フォーラム講師
2013 年 9 月「マインドフルネスについて」沖縄障害者ショック業センター「事業主ワークショップ」講師
2013 年 6 月「こころと体のリラクセーション」南部保健所難病医療講演会・相談会講師
2013 年 6 月 、2014 年 2 月メンタルヘルス講習会国立病院機構沖縄病院職員研修
2013 年 8 月行動療法特論
久留米大学集中講義講師
2013 年 3 月「高次脳機能障害の臨床心理学的理解と対処」
沖縄心理学会総会講演会講師
2013 年 2 月「難病患者・家族のこころのケア」
沖縄県難病相談支援センター アンビシャス相談会講師
2012 年 11 月、 2013 年 1 月「ピアカウンセリングについて」全国膠原病友の会高知支部研修会講師
2012 年 12 月「高次脳機能障害について」新垣病院職員研修講師
2012 年 11 月「気管切開を選択しないALS 患者及び家族の心理的援助」中央保健所在宅難病療養者支援関係者研修会講師
2012 年 7 月「ピアサポートの成功事例と失敗事例 Part2」ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会沖縄学習会講師
2012 年 7 月「ストレス管理と健康」沖縄県断酒協議会講演会講師
2012 年 7 月 、2013 年 3 月メンタルヘルス講習会国立病院機構沖縄病院職員研修
2012 年 7 月応用行動分析について浦添市教育相談員等研修会講師
2012 年 6 月「メンタルヘルスケア」
もやの会沖縄ブロック講演会講師
2012 年 3 月「ピアサポートの成功事例と失敗事例」
ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会沖縄学習会講師
2012 年 2 月「ストレスと病気」膠原病友の会沖縄県支部講演会
2011 年 7 月「ピアカウンセリングの技術2」
ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会沖縄学習会講師
2011 年 6 月、2012 年 2 月「メンタルヘルス講習会」
国立病院機構沖縄病院職員研修
2011 年 5 月「心理的ケアをめざしたグループカウンセリング」
NPO 法人東京高次脳機能障害協議会講習会講師
2011 年 3 月「ストレス対処法、セルフコントロールについて」ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会沖縄学習会講師
2010 年 2 月、6 月、12 月「メンタルヘルス講習会」国立病院機構沖縄病院職員研修
2010 年 3 月「カウンセリングの基礎技術」ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会沖縄学習会講師
2010 年 1 月「入院生活とQOLについて」
国立病院機構沖縄病院文化祭
2009 年 9 月「行動障害への対応」名古屋市総合リハビリテーションセンター高次脳機能障害者生活適応援助者(生活版ジョブコーチ)養成研修講師
2009 年 2 月「高次脳機能障害者への理解と対応 事例を通して」北九州市高次脳機能障害支援者研修会講師
教育改善活動
2011 年度授業評価アンケート
「行動療法」 総合平均 3.7(全学平均 3.5)
2012 年度総合平均 4.3(全学平均 3.9)

研究活動等(著書・論文等)

論文:
1.”Differential outcomes of skill training, group counseling, and individual cognitive therapy for persons with acquired visual impairments”(共著) Japanese Psychological Research, Vol.55,(3),229-240,2013
2.「高次脳機能障害の臨床心理学的理解と対処」(単著) 『沖縄心理学研究』第 36 号 26-32,2014
3.「家族会による高次脳機能障害者専用作業所」(共著) 『総合リハビリテーション』第 40 巻第 1 号,79-83,2012
4.「高次脳機能障害者の家族への支援 -認知行動療法的グループカウンセリングのこころみ-」 『沖縄国際大学人間福祉研究』第 7 巻第 1 号,1-11, 2009
5.「高齢者への認知行動療法の適用」 『沖縄国際大学心理相談室紀要』第3巻,-1-10
6. 「包括的・全体論的リハビリテーションの効果に関する調査」 (共著) 『総合リハビリテーション』 第35巻4号,389-396, 2007
7.「中途視覚障害者の障害者イメージの修正」(共著) 『健康心理学研究』 第 19 巻, 第 1 号, 67-76, 2006

著書:
1.『リハビリテーションにおける認知行動療法的アプローチ』 風間書房,2011
2.『高次脳機能障害のための認知リハビリテーション』(監訳)協同医書出版社,2012
3. 「学習」「強化」「嫌悪条件づけ」「条件づけ」 日本ストレス学会『ストレス科学事典』実務教育出版,2011
4. 「心理的ケアをめざしたグループカウンセリング」 中島恵子編『高次脳機能障害者のグループ訓練』三輪書店,2009
5. 「認知リハビリテーション」「認知訓練」「グループワーク」「コーチング」「心理教育」 伊藤利之他編『リハビリテーション事典』 中央法規, 2009