文字サイズ

村上 陽子(MURAKAMI,Yoko)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 准教授
担当科目: 卒業論文Ⅰ・Ⅱ、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、
      日本近代文学史Ⅰ・Ⅱ、日本文学を読むⅢ・Ⅳ、
      現代文学理論I・Ⅱ、リテラシー入門Ⅰ・Ⅱ、
      日本言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ(大学院)、
      アカデミック・ライティング、
      日本近現代文学特論ⅡA・ⅡB(大学院)

プロフィール
主要学歴東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻(博士課程)修了
学位博士(学術)
研究分野沖縄・日本近現代文学
所属学会・協会等日本近代文学会、昭和文学会、日本文学協会、日本社会文学会、原爆文学研究会
主要な社会的活動日本社会文学会理事(2019年4月〜現在)、『社会文学』第53号編集委員(2020年8月〜2021年3月)
趣味手紙を書くこと
E-mail・ホームページ等y.murakami@okiu.ac.jp
https://researchmap.jp/sun-drops22/

教育活動等

【教育活動等】
年月日主な教育活動摘要
2016年4月〜現代文学理論Ⅰ・Ⅱ3〜4年次対象専門科目、講義、前期・後期、各2単位、各15回、授業登録者数100名前後。
2021年度はMicrosoft Teamsを使ったオンデマンド・オンライン併用形式の講義を実施した。
2021年4月〜日本近代文学史Ⅰ1〜4年次対象専門科目、講義、前期、2単位、16回(テストを含む)、授業登録者数100名前後。近代文学の流れを追うのみではなく実際の作品に触れることを重視し、短編小説の分析を行った。
2021年度は対面式の授業を実施したが、感染状況拡大に伴いMicrosoft Teamsを使ったオンデマンド・オンライン併用形式の講義に転換した。
2016年9月〜日本近代文学史Ⅱ1〜4年次対象専門科目、講義、後期、2単位、16回(テストを含む)、授業登録者数100名前後。近代文学の流れを追うのみではなく実際の作品に触れることを重視し、短編小説の分析や中・長編小説の一部抜粋の分析、映像資料の活用などを取り入れている。
2021年度は対面式の授業を実施したが、感染状況拡大に伴いMicrosoft Teamsを使ったオンデマンド・オンライン併用形式の講義に転換した。
2021年4月〜日本文学を読むⅢ・Ⅳ2〜4年次対象専門科目、講義、前期・後期、各2単位、各15回、授業登録者数60名前後。事前学習としてのテクストの読み込みは十分とは言えないが、講義での精読を通して受講生の理解を深めることを目指した。
2021年度は非対面式の特例授業とし、Microsoft Teamsを使ったオンデマンド・オンライン併用形式の講義を実施した。
2016年4月〜ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ3〜4年次対象専門科目、演習、前期・後期、各2単位、各15回、授業登録者数各学年14〜15名。各自がテーマを設定し、発表・討論することを通して論理的思考やプレゼンテーション能力を育成する。ま多くの学生が、2年間を通して他学生の卒論テーマについて具体的で有効な指摘を行えるようになっていく。
2021年度は感染防止対策を徹底した上での対面授業とオンライン授業を実施し、学生のモチベーション向上に努めた。
2017年4月〜卒業論文Ⅰ・Ⅱ4年次対象専門科目、演習、前期・後期、各2単位、各15回、授業登録者数14名。学生の授業外における学習促進のための取組として、オンラインでの個別指導を取り入れた。
2021年度はは感染防止対策を徹底した上ので対面授業とオンライン授業を実施し、学生のモチベーション向上に努めた。
学生支援活動
2016年4月〜文芸部顧問文芸部の学生の創作に対するアドバイスや講評を行うとともに、県内文学賞への積極的な投稿を促している。

研究活動等(著書・論文等)

【主な論文】
「イクサの記憶を生きる身体―崎山多美「うんじゅが、ナサキ」論」、『沖縄国際大学日本語日本文学研究』 25巻1号、2021年2月。
「傍観者的立場の揺らぎ―井伏鱒二「かきつばた」論」、『日本文学』 66巻11号、2017年11月。
「沖縄・海洋博の爪痕―大城立裕『華々しき宴のあとに』をめぐって」、『昭和文学研究』 75集、 2017年9月。
「植民者二世と銃―小林勝「フォード・一九二七年」について」、『沖縄国際大学日本語日本文学研究』 21巻1号、 2016年11月。
「孤独の諸相―佐多稲子『樹影』における被爆意識の変遷」、『原爆文学研究』 14号、2015年12月。
「記憶の痛み、物語の力―井上ひさし「父と暮せば」論」、『アジア太平洋研究』 40号、2015年11月。

【著書(共著含む)】
又吉栄喜・山里勝己・大城貞俊・崎浜慎編『沖縄を求めて沖縄を生きる―大城立裕追悼論集』インパクト出版会、2022年5月。
千葉一幹・西川史子・松田浩・中丸貴史編著『日本文学の見取り図―宮崎駿から古事記まで』2022年2月。
紅野謙介・内藤千珠子・成田龍一編著『〈戦後文学〉の現在形』平凡社、2020年10月。
坪井秀人編『戦後日本を読みかえる5 東アジアの中の戦後日本』臨川書店、2018年8月。
日本社会文学会編『社会文学の三〇年―バブル経済 冷戦崩壊 3・11』菁柿堂、2016年8月。
高雄きくえ編『被爆70年ジェンダー・フォーラムin広島「全記録」―ヒロシマという視座の可能性をひらく』 ひろしま女性学研究所、2016年11月。
村上陽子『出来事の残響―原爆文学と沖縄文学』インパクト出版会、2015年7月。

2022年5月9日現在