現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 社会文化学科

総合文化学部 |社会文化学科

「沖縄」と「人間」をより深く学び、「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を目指す!

社会文化学科は、東アジアを中心とする周辺世界との関係も視野にいれながら、琉球弧の島々の歴史と現在を徹底的に学ぶ学科です。「沖縄」と「人間」にこだわり、「日本・アジア・世界のなかの沖縄」を担う人材を育てます。

学科の特色

沖縄の歴史・文化・社会を総合的に学び、フィールド(現場)で得た知識と、グローバルな視座で未来を切り拓く人材を育成する!
  1. 沖縄の歴史・文化・社会を理解するスペシャリストの養成
  2. 現場を重視するフィールドワークの実践
  3. 人類社会・文化の仕組みに対する幅広い知識の修得
  4. 沖縄からアジア・世界へ広げる国際的視野
  5. 実践的英語能力の養成
  6. 4年間一貫ゼミによる少人数教育の充実
  7. 問題を発見し、解決できる人材の育成

学びのポイント

沖縄・アジア・世界を理解するための4つの領域と7つの専門ゼミ

社会・平和領域
社会学ゼミ、平和学ゼミ

民俗・人類学領域
民俗学ゼミ、人類学ゼミ

考古・先史領域
考古・先史学ゼミ

歴史領域
歴史学[前近代]ゼミ、歴史学[近現代]ゼミ

学生から見たOKIU

「沖縄」を広く・深く学び、発信する!

社会文化学科 4年次 美里高校出身 神谷 雛 [かみや ひな]

神谷 雛

社会文化学科は、「沖縄」というフィールドを、考古学・歴史学・民俗学・人類学・社会学・平和学の視点から総合的に学ぶことのできる学科です。1年次には各分野の基礎を学び、2年次・3年次に進級する際に、各自が関心をもつ領域・演習(ゼミ)を選択します。私は、沖縄社会の現状に関心をもち、社会学ゼミを選択しました。社会学ゼミに限ず、社会文化学科の各ゼミでは、3年次にフィールドワーク(現地調査)を実施し、文献だけでなく、現場を歩いて情報を入手し、現場から考えることの大切さを学んでいます。私は、ゼミ活動以外でも、新入生を対象とした研修・「メンバーシップ・トレーニング」(MT)で学生スタッフを務め、社会文化学科の学生のみで構成されるガイドサークル「スマイライフ」(SmiLife)でも、部長として平和ガイドに従事してきました。社会文化学科は、沖縄を知り、県外・海外へアピールすることに関心をもつ学生にとって、最適の学科だと思います。

【3年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30       国際平和論 沖縄近現代史U  
2 10:40〜12:10 アジア社会文化論U フランス語W   演習T フランス語W  
3 13:00〜14:30 沖縄の文学 アジア研究U   自然環境課題研究T 沖縄平和学  
4 14:40〜16:10 南島民俗学史U 文化人類学U        
5 16:20〜17:50 英語U     英語U    
6 18:00〜19:30            

社会文化学科教員

教授

石垣 直 【社会人類学、台湾地域研究、沖縄地域研究】
上原 靜 【沖縄考古学、鋳造史研究、遊戯史研究、文化財保護行政史】
澤田 佳世 【人口社会学、ジェンダー研究】
鳥山 淳 【現代沖縄政治社会研究、平和学】
深澤 秋人 【近世琉球の対外関係史、海域アジア史】

准教授

市川 智生 【日本近代史、医療社会史】
藤波 潔 【近現代イギリス外交史、歴史教育、史料論】

講師

及川 高 【民俗学、南島地域研究】
武田 優子 【スペイン語教育、ラテンアメリカ地域研究、文化人類学】
比嘉 理麻 【文化人類学、人と動物の関係論、沖縄研究、動物論から考える反戦争・反軍事論、諸存在のアート】
宮城 弘樹 【考古学(南島考古学、貝塚時代、グスク時代、出土銭貨、貿易陶磁、水中考古学、先島先史文化)】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 社会調査士
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
教員 国家公務員
地方公務員 博物館学芸員
国際機関職員 観光業
マスコミ 印刷・出版業
NPO・NGO職員  

主な就職先(2013年度〜2017年度卒業生)

卸・小売

青山商事/イオン琉球/沖縄教育出版/沖縄サントリー/沖縄ファミリーマート/沖縄ホンダ/沖縄メディコ/ガリバーインターナショナル/スズキ自販沖縄/西部ピアノ/コジマ/サンエー/スズキ自販沖縄/トヨタカローラ沖縄/パナソニックリビング九州

サービス業

沖縄ゼロックス/沖縄ツーリスト/沖縄ワタベウェディング/かりゆし/近畿日本ツーリスト沖縄/ジャンボツアーズ/JAおきなわ/ブライダルハウスチュチュ沖縄/碧/前田産業/リーガロイヤルグラン沖縄/りゅうせき商事

金融・保険

沖縄海邦銀行/沖縄銀行/かんぽ生命保険/コザ信用金庫/佐賀共栄銀行/全保連/大同火災海上保険/琉球銀行

運輸・郵便

ANA沖縄空港/JALスカイエアポート沖縄/日本郵便/ブルーエースグランドサービス/琉球バス交通

製造業

御菓子御殿/ホシザキ沖縄

印刷・広告

グラフィック/平山印刷/丸正印刷

建設・不動産

沖縄三和シヤッター/三和ペイント沖縄/大京リアルド/タマキホーム

エネルギー・環境

沖縄協同ガス/四国ガス燃料

公務員

沖縄県警察本部/恩納村役場

進学

沖縄国際大学大学院/琉球大学大学院

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2017年度卒業生については2018年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

人生の道標を見つけることができました!

大城 海翔

JAおきなわ
大城 海翔 [おおしろ かいと]
社会文化学科 2013年度卒業 普天間高校出身

私は「JAおきなわ」で営農指導員をしています。地域の農家の農業・経営をサポートするこの仕事は、農家のために、沖縄のために何ができるか、自分自身で考え実践できる仕事で、とてもやりがいを感じています。
私は「生まれ育った沖縄を知りたい」という思いから、社会文化学科に入学しました。在学中には、沖縄の歴史・文化・社会に関する知識を、そしてフィールドワークなどで「自ら考え行動する」重要性を学び、社会文化学科の平和学習ガイドサークル「スマイライフ」(SmiLife)では、協調性、企画力を鍛えることができました。講義・ゼミや様々なイベントを通じて、一生の友人、そして人生の道標を見つけることができた本学での4年間は、私にとって大きな糧となっています。

カリキュラム紹介

本学科のカリキュラムの第一の特色は、琉球弧の島々(奄美・沖縄・宮古・八重山諸島)で人々が歴史的にどのような生活を営み、いかなる社会・文化を形成し、現在どのような社会的現実を生きているのかを「全体的」(holistic)に学ぶことです。そのため本学科には、考古・先史学、歴史学、民俗・人類学、社会・平和学という領域(4領域)/専門演習ゼミ(7つの演習〔ゼミ〕)が設定されています。第二の特色は、各学年を通じてのゼミ教育を重視していることです。フレッシュマン・セミナー(1年次)では大学における学習・研究の基礎となる「作法」を学び、さらに領域演習(2年次)/演習T(3年次)/演習U(4年次)で専門分野に関する理解を段階的に深めていきます。特に3年次の実習では、沖縄県内各地(場合によっては県外・海外)でフィールドワークや研修を実施し、実体験に基づいた「沖縄」の理解を通じて、「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を育成しています。

卒業必要単位数

  • 共通科目 32単位以上
    ※外国語12単位を含む
  • 専門必修科目 44単位
  • 専門選択必修科目 2単位以上
  • 専門選択科目 28単位以上
  • 自由選択科目 18単位以上
  • 合計 124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 「フレッシュマンセミナー」での学習を通して、大学生活の目標や計画を明確にします。また、南島地域社会を理解するための基礎的な知識・方法論を学びます。 自らの専門領域を選択し、専門分野における学問体系の基本を理解します。指定されたテーマのもと自分の関心領域について深く探求していきます。
専門必修科目 フレッシュマンセミナー
沖縄社会入門
沖縄文化入門
琉球・沖縄史入門
社会学概論
平和学概論
民俗学概論
文化人類学概論
考古学概論
歴史学概論
領域演習※1
外国語資料講読演習T・U
社会調査法T・U
専門選択必修科目   アジア社会論
国際平和論
比較民俗学
アジア文化概論
アジア考古学
アジア史
専門選択科目 人文地理学概論
人文地理学特講
自然地理学概論
自然地理学特講
地誌T・U
外国史T・U
日本史
社会統計学T・U
古文書講読T・U
南島社会学
都市社会学
国際社会学
家族社会学
ジェンダー論
マスコミ論
社会学理論
環境開発論
平和思想
平和教育学
平和運動史
国際関係論
沖縄平和学
南島民俗学T・U・V・W
南島民俗学史T・U
琉球アジア文化論
アジア社会文化論T・U・V
文化人類学理論
南島考古学T・U
南島先史学T・U
考古学特講T・U
日本史概論T・U
沖縄前近代史T・U
沖縄近現代史T・U
琉中交流史
平和・社会学特殊講義T・U
民俗・人類学特殊講義T・U
考古学特殊講義T・U
歴史学特殊講義T・U
社会科・地理歴史科教育法
社会科・公民科教育法
インターンシップT・U

※1 1年次終了時に専門領域を選択します。

  3年次 4年次
学びのステップ 専門分野における個別事象をフィールドワークを通して実践的に理解します。専門的な知識・理論を習得していくとともに、調査研究に必要とされる技術を実践的に学びます。 これまで培った専門分野の知的成果をもとに、自主的・創造的な発想に基づいた卒業論文を作成します。自らの学問的思考・技術の総括を行い、進路選択に活かしていきます。
専門必修科目 演習T※2
実習※3
演習U※4
専門選択必修科目    
専門選択科目 社会科・地理歴史科教育法演習
社会科・公民科教育法演習
卒業論文

※2 2年次終了時に各自が専門とする演習Tを選択します。
※3 沖縄県各地、ゼミによっては県外あるいは海外でフィールドワークや研修を行い、調査結果を報告書にまとめます。2・3年次連続してフィールドワークを行うゼミもあります(例えば、先史・考古学ゼミ)。
※4 演習Tでの学びを踏まえ、各自でテーマを設定して、卒業論文の作成に取り組みます。

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次「フレッシュマンセミナー」 大学生として、読み、書き、調べ、発表し、議論する能力を養成します。
2年次「領域演習」 専門領域に分かれ、専門分野における学問体系の基本、調査・研究能力の基礎を習得します。
3年次「演習T」「実習」 領域演習で培った知識と方法を活用し、専門分野の個別テーマについて深く学んでいきます。フィールドワーク(実習)を通じて、専門分野における調査・研究能力を向上させ、地域理解能力を育成します。
4年次「演習U」「卒業論文」 4年間の学びの集大成として、各自がテーマを設定し、専門分野における知識と方法に基づき、卒業論文を仕上げ、その内容を社会に発信します。

授業紹介

フレッシュマンセミナー

充実したキャンパスライフ!

金城 奈菜美

1年生の必修となるフレッシュマンセミナーでは、20名規模の5つのゼミが編成されています。高校までの授業とは違い、大学では100人前後の講義形式の授業も多いですが、このゼミでは、担任の先生の指導の下、少人数でのグループワークを中心として、大学での学びにおいて必要となる「読む」・「調べる」・「書く」・「発表する」といった能力を身に着けていきます。
また、1年生の4月に実施されるメンバーシップ・トレーニング(MT)でのゼミ対抗の綱引き大会やレクレーション、学生スタッフとなった先輩方との交流を通じてタテ/ヨコの交流関係を築くことができ、充実したキャンパスライフをおくることができています。

【社会文化学科 2年次 糸満高校出身】金城 奈菜美 [きんじょう ななみ]

社会調査法T・U

社会調査の面白さと奥深さを知りました

仲座 伶

「社会調査法T・U」では、社会調査の意義や目的、基本ルール、歴史、量的調査と質的調査などを学びます。調査倫理に基づき、身近な高齢者の生活史の聞き取り調査やファッション誌のドキュメント分析、職業観の調査票調査やSPSSでの集計分析方法を実践的に学びました。社会調査の基本倫理と方法を学んだことで、社会調査の面白さと奥深さを知り、社会に対する問題意識と視野を広げ、自分なりの考えを持つようになりました。

【社会文化学科 4年次 糸満高校出身】仲座 伶 [なかざ りょう]

演習T(民俗学)

沖縄をもっと知りたい人へ

山城 皆人

演習Tは3年生の必修ゼミです。社会文化学科は様々な視点から「沖縄」を研究する学科ですが、私は他の都道府県と比較しても独特な要素を多くもつ沖縄の文化に関心があったので、演習Tでは「民俗学」のゼミを選択しました。
民俗学は、人々の暮らし、文化、習慣などに注目する、地域の生活に密着した学問です。夏休みに実施する「実習」(フィールドワーク)では、直接「沖縄の文化」に触れることができます。民俗学ゼミは、「沖縄の文化についてもっと知りたい」という人にピッタリのゼミです。

【社会文化学科 4年次 那覇高校出身】山城 皆人 [やましろ みなと]

アジア考古学

考古学を通した沖縄とアジアの比較

古堅 智恵美

アジア考古学は、沖縄だけでなく周辺のアジア地域と比較をしながら学んでいく講義です。
また、当講義は数人の先生で授業を展開するオムニバス形式をとっているため、各先生方の専門の分野を深く学んでいくことができます。
内側からではなく、外側から沖縄と周辺アジアを比較することで多くの類似点が見つかり、古くからのアジアとの深い関係性を理解することができます。

【社会文化学科 3年次 那覇高校出身】古堅 智恵美 [ふるげん ちえみ]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る